2010年11月 4日 (木)

エロマンガの感想を書き終わって人様のブログを拝見しようと、人様のはてなアンテナを使って新着記事を見ていると、ネットを始めて以来の友人である俊哉さんの訃報についてちらほら。

今月の1日にジリさんから一報があり、先月14日に亡くなったのが分かって他の方にも連絡をしているところとお聞きしていました。mixiの更新も止まってたし、ほぼ休みなく参加いただいていたGI予想もお休みされていたので心配していた最中のことでした。30を過ぎると、面識のある方が亡くなるというのがそうそう頻繁にあるわけでないものの、かといってそんなに珍しいわけでもなく……なんて思ってたんですけどね、やっぱり悲しいですよ。連絡があった当日から今日未明に他の方の日記を見るまでなんだかポカンとしててまるで実感がなかったのに、目でそれを確認しちゃうともうダメですね。

 

2003年より前の記録が残っていないので不確かですが、僕がますざぶに投稿し始めて、ますざぶHPのリンクをたどって投稿者の方々のHPにお邪魔していた頃ですから2001年ごろ。当時俊哉さんが運営されていたHPのキリ番(たしか3000だった)を踏んでご挨拶したのが始まりでした。初めての書き込みで書いては消し書いては消しを繰り返したのを覚えています。

そこから、HPのゲーム企画に参加したり、チャットしたり。2003年からはこのブログの原形になる日記をHP内に設置させてもらって『合同日記』に参加したり。合同日記は遅れながらも最後までお付き合いさせてもらいましたし、後継企画の『うまライダー』も毎月いろいろ頭をひねりながら楽しく書いておりました。風邪だかインフルエンザでダウンした俊哉さんの代わりにHPの告知をやったりも。日記のネタがないからと突然電話がかかってきてお話したこともありました。

今やっている『全開!!GI予想』は、俊哉さんがやっていたGI予想大会を引き継ぎ、優勝するために自分有利のルールにしたのが始まりです。その第一回で俊哉さんが優勝して「ルール変えても予想の上手さは変わらないなぁ」などと感嘆したものです。病気のことを知ったのも、高松宮記念予想への参加のついでみたいに「胃癌でした。てへっ☆」なんてメールがあったからでした。思えば心配しないようにと考えてくれたんですね。

金杯オフも俊哉さんが誘ってくれたからです。mixiもそうです。自分で考えて始めながらも放置気味だった『100質100答』はもっとやれって言ってくださいましたし、くだらない下ネタは鋭いツッコミがあったから活きたのです。細々ながらもいくつかのことを続けていたり、ますざぶ周辺の皆さんとのつながりがあるのも俊哉さんがいたからです。なのにその俊哉さんがいなくなるなんて。

今でも、くだらないネタを書いたら「あんたバカだよ」とか、GI予想のところに「忘れてた」とか書いてくれそうな気がしてなりません。理屈ではそんなことはないと分かっているのに。いやでも事実として受け止めざるをえないんでしょうね。

競馬とバカとエロ、好みの違いはあってもこれらの趣味を通じてできた大切な友達でした。10年に満たない時間で直接会ったことも数えるほどしかありませんが、楽しい日々があったのは俊哉さんのおかげです。

 

本当に、本当に、ありがとうございました。宝塚記念オフで交わした「じゃあ、また」という約束はいつかきっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

マンピーのGスポット

 うまライダー、今回のお題は『心のGI』です。


 心のGIといえば筆頭は京都金杯です。ますざぶ投稿者の方々と初めてお会いしたのがこのレース。可能な限り参加していますが、JRAが年始の開催まで土日にしようとするから参加が難しくなるんですよ。それでも参加しますけども。同日開催の中山金杯のほうが馬券の相性はいいような気がしますけど、直接競馬場に行くわけではないので残念ながら心のGIとまでは呼べないですね。

 もう一つ年始の恒例が福山競馬のレース。福山大賞典は福山の有力古馬が集結する大レースです。このレースはユノフォーティーンとバクシンオーがガリガリやりあうだけで充分楽しめます。先行馬総崩れの中この二頭は残りますから追込みの有力馬と絡めてれば当てやすいと思います。僕は当たらないですけど。

 同じく福山のタマツバキ記念。今年で最後となりましたが、全国のアラブが最後を飾るため終結。結果も前述のユノフォーティーンとバクシンオーがらしさを発揮した素晴らしいレースでした。

 競馬のレースではないものの、ますざぶダービーも心のGIです。以前は若林GIの活付けだったと記憶しているのですが、直近のダービーはGエの格付けでした。チームろくでなしの空自体はハンデ込みであったとはいえ、出ることすら叶わなかった頃を考えれば優勝チームの一員に入れただけでもよかったです。デグチさんありがとうございました。ついでっぽくてアレですけどろくでなしの空も心のGIです、と盛大なゴマすり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

二億四千万の瞳

うまらいだー、今回のお題は『ジャパンカップ』です。


 以前にも書いたんですが、ジャパンカップにジャンプレースも加えるべきです。BCステープルチェイスやグランドナショナル勝った馬を呼んだら客が呼べると思うんですけどねぇ。障害GIも三つになるから『三冠』として大々的に宣伝できるわけですよ。 と、まあそんな夢想はおいといて。

 ジャパンカップといえば初めて馬券を買った(獲った)思い出のレースです。2000年当時はまさにテイエムオペラオーの全盛期。ここまで年間無敗の6連勝で来て海外の強豪を迎え撃つオペラオー。宝塚、天皇賞・秋と連続二着のメイショウドトウ。皐月賞・菊花賞を勝ち『最も三冠に近かった二冠馬』エアシャカール。世界中を飛び回るファンタスティックライトなどなど豪華メンバー勢揃いでした。直線での攻防は非常に熱かったんですが、ファンタスティックライトが2着の方が馬券的には嬉しかったです。もっとも、このジャパンカップがあるからこそ、有馬記念や翌年の宝塚の盛り上がりがあるわけで、それはそれでよかったのかもしれません。

 予想大会をやり始めて3年になるんですが、どうもジャパンカップは相性が悪いような気がします。他のレースも大概相性悪いんでジャパンカップだけというわけでもないんですが。来年こそは当りますように…


12月のお題は『心のGI』で。GIじゃないけど、自分の中ではGI級の思い入れのあるレースについて語ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

グリーングリーン

うまらいだー、今回のお題は『TTG』の『グリーングラス』です。


 今でも阪神ファンには語り草の『クリーンアップによるバックスクリーン三連発』。この年チームが日本一になったこともあり、プロ野球史に残る名場面となっている。だが、もしどこかで途切れていたらありふれた試合の一風景としか認識されなかったかもしれない。あるいは、一人でも違った方向へホームランを打っていたらここまで大きな話にならなかったかもしれない。そう考えるとバース・掛布がセンターバックスクリーンに叩き込んだあとに続いた岡田こそが、この出来事を伝説にしたといえる。

 話を本題に戻してTTGの三頭。後に『伝説の新馬戦』と言われるレースを勝ち、そのレースで一緒に走ったシービークインとの間にミスターシービーを出したトウショウボーイ。薬殺処分寸前のクモワカからワカクモへとかろうじてつながった血を持つテンポイント。どちらも物語性の面では申し分ないが、この二頭だけでは『普通の』ライバル物語でしかなかったのではないか。『バックスクリーン三連発』と同じく、ありふれた風景を伝説に変えた『第三の男』、それがグリーングラスだった。

 TTがターフを去った後もグリーングラスは走り続け、二頭ができなかったクラシック・天皇賞・グランプリの制覇の上に、有馬記念を勝っての引退をやってのけた。年度代表馬にも選出され、GI馬も輩出したにもかかわらず顕彰されていないのは投票者の不見識を如実に表していると思う。何かの機会に、再度顕彰の対象になることを切に願う次第。

 グリーングラスには『最後に決める』のがよく似合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

深紫伝説

うまらいだー、今回のお題は『キングかクイーンの付く馬』です。


『キング』もしくは『クイーン』の付く馬ということで、あえて類義語を含めなかったのは牡馬のメジロマックイーンと牝馬のシーキングザパールを挙げてほしかったから。牝馬だとルッキングバックもいますし、牡馬だと古い馬になりますがQueen’s Hussarもいたり。もっともそのままの単語でクイーンが入っているQueen’s Hussarでさえ『女王陛下の軽騎兵』という意味ですからねぇ。ウズシオタローのインパクトにはかないません。

 普通にキングで思いつくのは最近だとアサクサキングスとかキングストレイルあたり。アサクサキングスは不憫でなりません。牡馬では最先着なのにダービー馬じゃないって…タイムもそんなに悪いわけじゃないのに。三冠の格言を当てはめるなら、運が悪かったということなんでしょうね。今後GI勝って何とか種牡馬になればウォッカと配合できるかもしれないし、ドンマイ!!

 書いてほしい馬はお二人が書いてくれたので、そういう点では意図どおり。自分で書くことが減ったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

空がこんなに青いとは

うまライダー、今回のお題は『競馬で知った無駄知識』です。無駄ととるか余裕ととるかは人によって違うと思いますが。ちなみに僕は『仕事に必要ない知識しかない』とよく言われます。イェー!!


 『埒があかない』とは物事がどうにもこうにもならないことを差すわけですが、馬場のラチ(柵)なのに『埒が明かない』という表記なのはなぜなんでしょうか。『開かない』じゃないのが新たな謎です。状態が変わる意味でなら『明かない』で分かるんですけどねぇ…

 と書いたところでワードの漢字変換の注釈を見てたら『明く』の意味は『ひらいて見えること』とあるので、ラチが開いて中が見える状態になれば『明かない』でいいんですね。納得。

 『デッドヒート』はしばしば『死闘』の意味で使われる言葉ですけども、語源を聞くと拍子抜け。

 昔の競馬のレース形態で『ヒート』というのがあって、複数回走って二回続けて勝った馬を勝ち馬とするものだったそうです。ヒートで同着になるとその回の勝ち馬が分からないのでカウントされず、それが『デッドヒート』と。昔の競馬なんて鼻差を正確に見られるわけでもなく、大雑把に同着にしてたでしょうから、ある意味現代における写真判定でもきわどいレベルの僅差の闘いも『デッドヒート』といえなくはないですが、正確には同着のときのみ使うべき言葉ですね。

 よく、番狂わせをしそうな人(勢力)をダークホースといい、競馬が語源というのは有名だと思うんですが、競馬でダークホースを穴馬とすることの語源って何なんでしょうか…

 と検索してみると、darkは黒いとか暗いだけじゃなく、『未知の』という意味も含むことが判明。実力未知数でなおかつ何かしそうな雰囲気がある馬をダークホースと呼ぶわけですね。納得。

 まだなにかなかったかなと記憶を紐解いていくと、『牝馬』の読みが漢字検定で出ることくらいですかね。多分準一級くらいだったかと思います。一問得しましたね。


次回のお題は『キングかクイーンの付く馬』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

手のひらを太陽に

 うまライダー7月のお題は『ダイタクヘリオス』です。


 父はビゼンニシキ。実力はあるものの、七冠馬シンボリルドルフの同期という気の毒な馬。確か岡部騎手はクラシック本番まで両方の馬に乗ってて、どちらかに絞らなければならなくなった時に迷わずルドルフを選んだとか。現役時代の成績は水をあけられた感がありますが、種牡馬としてはダイタクヘリオスを輩出したということで一矢報いたというところでしょうか。

 シンボリルドルフ→トウカイテイオー→トウカイポイントと内国産で三代続いてGI勝ちは見事な記録ではあるのですが、トウカイポイントがセン馬なのと、スケールダウンしてる感が感じられるのがやや残念ではあります。片やビゼンニシキ→ダイタクヘリオス→ダイタクヤマトのラインはキャラクター性という面で代を重ねるほど強化されている感じ。シンボリルドルフが目の上の瘤だったビゼンニシキ。その父から生まれたダイタクヘリオスは一番人気では走らない気分屋+被つきまとい。さらにその子ダイタクヤマトは父を超える気分屋で最下位人気でのGI勝ち。フロック視されてたと思えば、GI→GⅡ→GⅢと逆走りするかのように獲っていくし。ダイタクヘリオスとダイイチルビーは有名な話ですが、ダイタクヤマトのほうもメジロダーリングにつきまとわれたりと、この血統はなにかあるんですかね。なにかあるんですかね、といったもののこんなほのぼの話で、いずれも怪我で引退したルドルフ一家が気の毒になってきます。そういえば両者の共通点として『起点になった馬とは別の冠名で二代続いている』というのもありますね。

 同じ冠名で三代続いた血統となると、メジロぐらいしか思いつかないのでダイタクヘリオスの血統には期待したいところです。ものすごい個性派を出してくるのも含めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ゴルフング・マー

 うまライダー、6月のお題は『競馬以外のスポーツを馬名に含む馬』(著名な競技者も可)です。自分で出しといてなんですけど、先に書かれると難しいお題ですねぇ。何を書こうとしていたかは伏せますけども。


 とりあえず何かネタを探さねばなるまいと思い、『馬名+○○(スポーツ名)』でいろいろ検索したところ面白い既述を発見。

日経BP エグゼクティブゴルフ より
 ・横浜・根岸ゴルフ場 時代とともに歩んだ幻のコース 第1回
 ・横浜・根岸ゴルフ場 時代とともに歩んだ幻のコース 第2回

(第2回の方が今回のお題に近い記述あり)

 日本最初の共同馬主法人『コロネルボギー』の話なんですが、ここの会員はゴルフクラブの会員も兼ねていたそうです。どちらも金持ちの道楽ですから構成員が重複するのは当たり前といえば当たり前かもしれません。馬主名義は『コロネルボギー』ですが、会員組織としての名称は『日本レースクラブ・ゴルフ・アソシエーション』で、今はなき横濱競馬場を本拠とし、ゴルフコースも内馬場に併設されていたとのこと。競馬ファンには、地名の根岸に因む『根岸ステークス』が馴染み深いのではないでしょうか。

 で、このコロネルボギーは補助金付き抽選馬購入→一開催で転売を繰り返していたとのこと。転売差額を補助金が上回ればプラスになるわけですが、それができるのもやっぱり金持ちだよなぁと思う次第。ネーミングセンスはヨーロッパっぽい気もするのですが、血統と関係なく馬主の持ち馬に統一性のある名づけをするのは日本的でもあり。

 ああ本題から逸れた。『競馬以外のスポーツを馬名に含む馬』(著名な競技者も可)ですね。いろいろ考えたんですが、お題出しといてスポーツ名そのままはどうなのさという気がするので『メジロパーマー』を。ライアンやマックイーンの同期で、ゴルファーのアーノルド・パーマーに因んで名づけられています。ゴルフしない人でも傘のマークは知ってるはず。それにしても、メジャーリーガー、映画俳優、プロゴルファーと統一感があまりないですね。

 名馬と名騎手のコンビはいくらでも例を挙げられると思うんですけど、メジロパーマーと山田泰誠騎手ほど『どちらが欠けてもしっくりこない』コンビはそうそうないと思うんですよね。他の組み合わせだと、誰が乗っても勝ちそうな馬か、他の人が乗ったらもっと勝てそうな馬か、他の馬に乗っても勝たせられる騎手のことが多いですから。具体例を挙げると紛糾しそうなので各自で想像していただけると助かります。

 いわゆる『馬が合う』というやつなんでしょうか。馬主からするとリーディング上位の騎手に乗ってほしいのは分かるのですが、○○騎手といえば××号みたいな物語性のある組み合わせを生み出すためにも実力のある若手にチャンスをあげてほしいと思うわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

酸素が足りない

うまライダー、今回のお題は『鳥肌の立った末脚』です。


 新しいところで記憶に残っているのはディープインパクト。レースを視聴したのは皐月賞・ダービー・菊花賞・凱旋門賞・06年有馬記念あたり。ディープの場合末脚というよりはマクリのほうがしっくり来る気がしますね。菊花賞なんてその最たるもの。末脚が目立ったのは躓いて出遅れた皐月賞と安全運転で勝ったダービー。特にダービーなんて普通に外のほう走ってぶっちぎるんですから。見てて『何あれ』って思わず口にしました。リプレイ見てまた『何あれ』。

 爽快だったのはクロフネ。武蔵野SとJCダート。ダートを白い馬体が上がってぶっこ抜いて行く様は映えましたねぇ。JCダートなんて前年のダート王者ウイングアロー(この馬も追い込み)が前年出したレコードを上回るタイムで走ったのにそのはるか前を走ってますからね。

 この年の秋シーズンは他にも印象深い追い込みがありました。天皇賞秋ではテイエムオペラオーがGI8勝目を手にする直前、大外からアグネスデジタル。自らの出走でクロフネが除外になったことによる雑音を吹き飛ばしての快勝。さらにジャパンカップではまたも直線先頭に立ったテイエムオペラオーをジャングルポケットが一気に差し切り。どちらも『叩き合わない』という対オペラオー戦の見本のような勝ち方でした。

 ただ、お題に即した最も『鳥肌の立った末脚』となると01年に前二頭の末脚に屈したテイエムオペラオーの2000年有馬記念となります。一般に評価が高いのは皐月賞のマクリのほうなんですが、一度でも負ければ途切れる連勝・全勝記録、秋の古馬三冠、古馬中長距離レース完全制覇、そんなプレッシャーの中、他馬との接触や位置取りの不利にも見舞われて、最終コーナー手前まで後方三番手。ようやく上がって行っても前が塞がる。わずかに空いた隙間をついて先頭へ躍り出て、粘って差し返してくるメイショウドトウを鼻差でしのぎきる。レースの位置づけ、展開、結果のどれをとっても鳥肌モノ。

  レース運びはつまらないといわれたオペラオーですが、そんなことを言う人にはぜひこのレースを10回くらいリプレイで見てほしいものです。


次回のお題は『馬名に「競馬以外の競技を含む」馬』でお願いします。含んでいる単語が本来その競技を指すものでなくても大丈夫です(ニジン“スキー”とか)。また著名な競技者が由来となっている馬でも可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

はじめてのチュウ

 うまライダー、今回のお題は『初めての馬券』です。いろんな初めてをつらつらと書いてみました。


 初めて獲った馬券となると2000年のジャパンカップ。連勝街道まっしぐらのテイエムオペラオーと、『もうこない』『いや、まだ来る』の間で評価が分かれていたメイショウドトウ。さらに、欧州のファンタスティックライト。クラシック二冠馬のエアシャカール。
 本線はオペラオーとファンタスティックライトの馬連、オペラオーから流したメイショウドトウは連続二着を嫌ってやや少なめ、エアシャカールもドトウと同程度に。結果は1着テイエムオペラオー、2着メイショウドトウ、3着ファンタスティックライト。個人的には2・3着が入れ替わったほうが嬉しかったのですが。
 さらに同年の有馬記念。オペラオーが8連勝で年間無敗と古馬中長距離路線完全制覇を達成したこのレース。本線はオペラオーとエアシャカールの馬連。オペラオーの連勝はともかくドトウの連続二着はそろそろ途切れるかと思ったものです。それでも押さえるあたりが小心さを物語っていますが…
 結果はまたもオペラオーとドトウのワンツー。押さえてたおかげでプラスになりました。今思えば当時の張り方は少ない点数に千円単位でブチこむという今では考えられないスタイルでした。

 ガチガチの本命サイドに金額を突っ込むというスタイルだったのでなかなか高額の払戻しを経験することがなかったのですが、ようやく諭吉さんとご対面できたのが社員旅行で行った先の名古屋競馬場。小回りの多い地方競馬でありがちな先行有利の状況で人気馬が先行に偏っていたので人気薄の差し馬から流していっての的中。万馬券とまではいきませんでしたがホクホク。その後のレースでまた人気サイドから流すという悪癖を露呈してしまったのはご愛嬌。

 初めて馬券を買い間違えたのは2年前の福山大賞典。当時の福山最強馬スイグンの馬番か枠番が8番でそこから流した…つもりだったんですよ。で、日付の間違いに気付いて落胆してたところに現れたのが、8枠8番に入っていたユノフォーティーン。返し馬の時にスタンド前を通っていくんですが、一頭だけスピードが全然違うんですよ。最初、かかって暴走してるのかと思いましたもん。で、レースは完勝。ちょっとだけお金が返ってきたのも嬉しかったですが、それよりもこんなすごい馬を見られたというのがたまらなかったですね。後に前年の全日本アラブ2歳優駿を勝った馬だと知り、納得。さらには福山二冠も達成。福山ダービーも惜しかったんですよ。
 で、今年は間違えずに福山大賞典を購入。ユノフォーティーン対『アラブ最後の怪物』ことバクシンオーの対決。二頭の馬単裏表を勝っていたので直線はかなり熱かったのですが、結果は1着バクシンオーでユノフォーティーンは3着。でも、先行した馬で馬券に絡んだのはユノフォーティーンだけですからやっぱり強いんですよ。その後、福山大賞典1着のバクシンオーをマイラーズカップ(福山)で、2着のアトムビクトリーを福山桜花賞でそれぞれ破っているので、福山大賞典の2600mはやや不向きなんでしょうね。それでも何とかするのが能力の高さといったところでしょうか。来年も現役でいてくれると馬券が当たりやすくて嬉しいんですけどねぇ。

 あとは、馬券じゃないけど今年のシンザン記念の予想で初めて三連単を的中。でも配当安いんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧