2017年5月 3日 (水)

憲法記念日のこと

日本国憲法、実は世界最年長 長寿支える「権利」の多さ:朝日新聞デジタル

「日本国憲法は、国会議員の定数や選挙制度など、『別に法律で定める』としている項目が多いため、変えるときも憲法の改正せずに法律の改正で済んできた。これも日本の憲法が『長寿』の原因のひとつだろう」

「日本国憲法は、制定当時としては先進的で、権利についての規定が多く盛り込まれた。このため、新たに権利を憲法に追加する必要性が少なく、これも『長寿』の原因のひとつだろう」

「改憲したい」「『自主憲法』制定」とかいう手段が目的化した欲求さえ捨てれば現行のままで十分なんですよね。自衛隊もわざわざ国外活動を増やそうとしなければ憲法解釈の中で活動も可能ですし。

 

【阿比留瑠比の極言御免】日本国憲法70歳の何がめでたいのか? 投げやりで無責任な条文が日本人のモラルをゆがめてきた - 産経ニュース

 そんなものを、われわれは後生大事に70年間も神棚に飾って信心し、全く手を触れずにきた。何とも「おめでたい」話であり、とても祝う気にはなれない。

具体的には現在、(1)首都直下型地震など大規模災害や有事に備える緊急事態条項の盛り込み(2)自衛隊に関する記述がなく、憲法学者の約3分の2が自衛隊違憲説を採るなど現実との不整合を生んでいる憲法9条(3)教育無償化-などが俎上に載せられている。

(1)緊急事態条項は時限の特別法でやってください

(2)「違憲である」自衛隊を合憲にしたいなら、改憲の前に自衛隊を(形だけでも)解体してからにしてください

(3)現行憲法の教育の義務と矛盾しないので改憲しなくてもできます

数十年来の党是達成の叩き台にあんなクソを挙げてるような連中が多数を取ってる時に改憲なんてする必要がないですね。

んで、「保守」の論客が「必要だから変える」ではなくて「古いから変える」とかいう体たらくで、どっちかというと急進的変革の考え(俗っぽく言えばリセット思考)なんですね。古いから変える、ということであれば皇紀で2677年を数える我が国の国柄や皇室の存続自体を揺るがしかねないわけで、よくこんな頓珍漢抜かすなあと呆れ果てるばかりです。悪くなっているのは憲法ではなくて憲法の運用です。正しい運用方法は70年来積み上げて来られたのに、その「マニュアル」を無碍にしているのが現政権であって、憲法に落ち度などありません。

「保守的」というのはこういう感じのことじゃないかと思う次第です。

 

追記

国民の合意の下に、与野党を問わず大方の国民の納得が得られるような内容のものにしようという配慮を欠いているもので、真正保守、伝統保守の方々の政治闘争のマニュフェストとしての機能は十二分に果たしているが、憲法改正作業を国民的合意の下で円滑に進めていくための材料としては問題が多過ぎる

 

さらに追記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

リスクとリターンと『リスク神話』のこと

学校の授業におけるプールでの飛び込み事故について

 

<ストップ プール事故>「飛び込み禁止 どうなのか」 鈴木大地・スポーツ庁長官 2017年3月7日

 水深が三メートルあれば、まったく事故にはならないだろう。だが維持費や建設費の問題もあり、水深が浅く、小さな子も使えるようにと、プールの構造上の問題があったと思う。
 飛び込みという行為は楽しみでもある。飛び込みを思い切りできる環境や指導者の資質整備が大事。一メートルのプールでも飛び込みの練習はできる。指導法が問題で、質の高い教員を採用することが大切。スタート台からは技術を要するので、最初は水面に近いところから段差がない形で飛び込みをする。なんでもかんでも危険だからと全面禁止し、もやしっ子を育てあげていくのはどうかなと思う。
 水泳はできないと、いざというとき生命の危険にさらされる。「水辺は怖いから近づかない」「飛び込みは危ないから全面禁止」では、もやしっ子を育てることになる。危険を模索し、回避しながら臨機応変に対処し生きていくための授業であり部活であり、スポーツ活動だ。水深に応じた指導法があるので、十分に注意は必要。
 児童期は体が成長するし頻繁にやっていないと、一年に一回ちょっとだけでは危険なことは避けた方がいいかと思う。難しいが全面禁止ではなく、段階を踏んでの指導が重要。

 

もやしっ子の部分ばかり取り上げられがちですが、アスリートとしての意見と行政庁の長官の部分とでバランスを取ってお話しになられている印象。

 

学校プール「飛び込み禁止」…スポーツ庁が要請

 小中学校は授業中の飛び込みが認められておらず、改めて徹底を要請。高校は生徒の能力や技術に応じた指導を求めた。高校の指導実態については近く全国調査も行う。
例年、プールの授業が始まる前に設備や指導の安全確保を通知しているが、昨年も飛び込みによる事故が続いたため、別紙を添付して注意を促した。別紙では入水角度が大きい危険な飛び込みをイラストで紹介。特に小中学校は学習指導要領で、水中からのスタートのみを指導し、授業での飛び込み指導は行わないとされており、その点を改めて強調した。

ということで、そもそも指導要領では小中学生に飛び込みをさせないことになっています。この手の話になると「危険の排除ばかり考えてはいけない。危険を教えて育てないと」というご意見がしばしば見られるわけですが、水泳での飛び込み事故のように事故になってしまえば重大な障害を引き起こすリスクに対して「飛び込みができる」ことのリターンがあまりに小さすぎます。むしろ「身の安全をはかる」というのを考えるとすれば、着衣水泳や水難救護に取り組んだほうがいいような気もします。

どうもこの辺の話には「子供は危険に晒して育てねばならない」というような、一種の『リスク信仰』のようなものがあるように思います。ではそういった考えに基いて教育をするとして『危険度の見積もり』『事故時の責任』『事故被害にあった児童のケア』『正しい技術指導』といったものが存在しているのかどうか、存在しうるのかどうかというところはすっぽり抜けたままになっているのではないでしょうか。(存在するなら教育指導要領等々に記載されるはずなので)

公教育で行うからには児童自身がそれを避けるというのは基本的にはできないので、避けるべき危険は教える側がしっかり考えねばならないと思う次第です。で、鈴木大地長官はそれをしっかりお考えになられたのではないでしょうか。

続きを読む "リスクとリターンと『リスク神話』のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#今日のバント 4月のまとめ

Twitterでやってる #今日のバント のまとめをしてみようと思います。バントの有無と勝敗場面場面でバントが適切だったかどうか等々を書いていきます。

当ブログ管理人の基本的スタンスとしては

・序盤のバントは×
・ビハインドのバントは×
・打ち合いが予想される展開のバントは×
・投手はどの状況でもバントしてよい
・菊池はその時の調子による
・田中にはバントさせてはいけない
・無死一塁からのバントは基本的に×

といったあたり

続きを読む "#今日のバント 4月のまとめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

詭弁の一例

続きを読む "詭弁の一例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

集英社のトイレのこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

今村雅弘復興相のこと

続きを読む "今村雅弘復興相のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

さよなら2016

本年も『カワタカ技研ココログ工場』にお付き合いいただきましてありがとうございます。今年も皆さんの暇つぶしのお役に立ったでしょうか。

今年は副業の仕事の方のおかげで生活も安定してきました。むしろ本業の経費が収入を圧迫する形に!せめてプラスになればなあということで、周辺の一部からは「本業に身を入れないからだ」なんてお叱りも受けたりしますが、兼ね合いが難しいところです。

今年は武道館でのシンフォギアライブに甲子園での奈々さんライブと、ライブ部活動が充実した一年だったように思います。奈々さんはもっと曲を聞きこまねばなあというのが反省点。

ブログでいうと、エロゲ動画はっつけの復活、予想大会での地方版準備、エロマンガレビューが止まった、あたりになろうかと思います。ソーシャルゲーム各種のやりすぎのような気がしますね。ちょっと時間配分を考えなければいけないと思います。それにしても、ブログのメインコンテンツのひとつに競馬の予想を置いたのと、集計の省力化をしておいたのは本当に正解だったと思います。これがなかったらさしたる更新がないブログになっていたわけで、背筋が凍る思い。ただ、やっぱり多くの閲覧者の方は当ブログをエロマンガレビューのブログと思って来ていただいているので、エロマンガほかのレビューは分量を増やしていきたいところです。

あと、ブログではあまり書かないことでいうとカープの優勝というのが印象深い年でありました。25年ぶりの優勝ということで、なるほど球団創設期のファンはこれだけ待ったんだなあと感慨深くなりました。個々の選手だけでなく、監督・コーチ陣も含めたチーム全体の成長がを強く感じられる戦いが続いたいいシーズンになりました。それだけに日本シリーズの終盤はちょっと残念な部分が目立った感じ。一部選手の起用方法がどっちつかずだったり、いつも通りに固執して結果的にいつも通りではない継投をしたり、黒田引退後の主軸となるべき投手を登板させなかったり……ただ、これはやっぱり経験の有無や大舞台での緊張、成長の伸びしろといったふうにプラスに受け止めたいと思います。それにファイターズの素晴らしい野球、特に大谷選手のすごさというのを見られたのは負けてなお楽しかったなあと心に残るものでした。

来年は、毎年毎年言ってるような気がするGIのアーカイブ整備、エロマンガレビューの充実、施行決定済の地方GI予想等々、なるべくやっていきたいと思います。皆様の暇つぶしのお供になれば幸いです。

今年がいい一年だった人も、そうでない人も、来年はもっといい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

さよなら2015

本年も『カワタカ技研ココログ工場』にお付き合いいただきましてありがとうございます。今年も皆さんの暇つぶしのお役に立ったでしょうか。

今年は一応自営業を立ち上げたのですが収入がまるでありません。今までと同じじゃないか!相場がんばります。

レビューは……なるべくがんばります。本業暇だし…… エロゲもちょこちょこ買い増ししたいところ。

うまいこと行けば警備員の兼業で遊びごとに使えるお金も少し増えるかなあというところ。シンフォギアライブは確定してますし、奈々さんライブも恒例になりつつありますからね。

競馬の方はそろそろ予想当たり年のはず。アーカイブは……まあその……おいおい……

 

今年がいい一年だった人も、そうでない人も、来年はもっといい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

カワタカ技研じゃない日誌

あらすじ

長らくの無職期を経て、2014年に宅地建物取引主任者(現・宅地建物取引士)を取得した当ブログ管理人は、宅建業(一般にいう不動産業)を開業するため動き始めたのでした。

 

今後の予定

 主任者資格取得編

 宅建業免許申請編
 └商号決まらないの章
   └申請の章

 開業届編
 └税務署に行くの章
  └市役所に行くの章

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

さよなら2014

本年も『カワタカ技研ココログ工場』にお付き合いいただきましてありがとうございます。今年も皆さんの暇つぶしのお役に立ったでしょうか。

さて、今年は昨年末に書いたもののおさらい。

『今年は艦これにハマったのもあってほぼ競馬ブログに。「来年は書評もちゃんとやります。」という昨年末の言はどこへやら。来年こそ……』

少しだけ復活しました。あと、購入分のデータ入力については概ねできました。

 

『で、そのレビューの大元となる成年コミック業界は今年に入ってコアマガジンの摘発や修正の自主規制強化による自己防衛と、厳しい時代に突入。ただ、こういうときこそユーザーとしては支えたいところ。』

そのコアマガジンの、漫画とは違う編集部にエロマンガ読者を猛烈にこき下ろされて怒り心頭。でも、漫画の編集部と作家さんは悪くないので不本意だけど買い支えはします。

 

『競馬ブログとしては、冠レースを開催するという成果を残せたのはまずまずだったと思います。ただ、地元の競馬を残すのに力が足りなかったことについては忸怩たる思い。恒例になりつつ会った福山けいばオフができなくなるのは痛恨の極み。ただ、これからは皆さんのところへお邪魔する機会が増えるのかも。』

増えませんでした……

 

『個人的には、無職に復職寸前だったのを踏みとどまったりと若干不安定。明日はどっちだ!』

3月末日を持って勤務先がなくなり無職に。勤務先がなくなるの慣れっこです(棒読み

 

『今年がいい一年だった人も、そうでない人も、来年はもっといい年でありますように。』

無職になったものの、時間の余裕を活かして次の職のための資格を取れたのでそれはよかったんじゃないかと思います。

 

というわけで、まあできたのもできなかったのもあったんですが、それはそれで。今年がいい一年だった人も、そうでない人も、来年はもっといい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧