2011年11月15日 (火)

ますざぶ 平成二十三年十二月号場所

横綱 カワタカ(広島) 19
大関 夢幻桜花(茨城) 18
関脇 ちち(高知) 17
小結 葛西彰広 16

投稿を始めてから10年。管理人が始めて優勝しました。三人同ポイントの決勝戦で2位まではあったのですが、今回は単独。感無量です。

 

「ふきだシアター2」 水浴び後「てへぺろ」ロケットマンの巻 管理人のネタ「これで写真判定勝てる」
「どっちが発展するでSHOW」 サカナクン系VSナカヤマキンニクン系第一回 管理人のネタ「ウオッ/マチカネフグキタル/エアシャケール/クロフナ」
「競馬人のメールアドレス」
「馬イラスト500万下」 管理人のネタ「ダビルシム」
「競馬場でやってはいけないこと」 管理人のネタ「マーメイドSの副賞が人魚のミイラ」「パトロールビデオをアニメに変更」「JRA柔道部員とのふれあいコーナー」
「かわいいん競にゃん準備委員会」 第1回京にゃん杯(NIII) 管理人のネタ「サンライズモール」
「名画批評のお部屋」 「私の競馬イラスト(タコVSカニ)」(画・兵庫県/秋津哲則) 管理人のネタ「逆さ絵」「JRA内部の勢力争いを描いた風刺画」(技能賞)
「脳内競馬ニュース」 9月・10月のニュース
「お薬出しときます。」 最終回
「局地的マスコッツ大全」 管理人のネタ「ポリトラック」(優勝)「さんれんタン」
「馬名標準9字でつぶやけ!」
「ひと言多いダビスタコメント」 お題・ダビスタDSより「しかしウチはもう手一杯でこれ以上増やす訳には・・・」 最終回

次号募集
「ふきだシアター2」 ①三冠制覇!魂抜け気味な池添騎手の巻 ②勝利馬インタビューオルフェーヴル号の巻
「名画批評のお部屋」 「競馬イラスト500万下」技能賞。「前後に並んでアッカンベーする人馬(仮題)」(画・千葉県/佐藤ガリレオ)
「心の生声ザ・馬券批評」 新コーナー。「名画批評のお部屋」の馬券版。
そのほか継続中のレギュラーコーナー

 

«先場所(平成二十三年十一月) 今場所 次場所(平成二十四年一月)»

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

ますざぶ 平成二十三年十一月号場所

横綱 夢幻桜花(茨城) 15
横綱 竹光の翁(神奈川) 15
大関 長短(東京) 13
関脇 穴党二郎(東京) 11
小結 ちち(高知) 9
小結 葛西彰広(東京) 9



番付外 カワタカ(広島) 1 局地的マスコッツ大全の「マーメイ ドS」

「ふきだシアター2」 三浦騎手と肩を組むつば九郎氏の巻 次回お題・水浴び後「てへぺろ」ロケットマンの巻
「競にゃん準備委員会」 第1回秋ニャ賞(NI)
「馬イラスト500万下」
「どっちが発展するでSHOW」 ラーメン系 VS カレー系の第三回(最終回)。12~2月号のお題「サカナクン系 VS ナカヤマキンニクン系」
「競馬場でやってはいけないこと」
「馬名標準 9字でつぶやけ」 本編よりペンネームの方が面白い投稿者。
「馬関係ねえ!馬イラスト未勝利戦」 「馬イラスト500万下」の派生コーナー。タイトル通り。
「局地的マスコッツ大全」
「脳内競馬ニュース」 8月・9月のニュース
「ひと言多いダビスタコメント」 お題・ダビスタオンラインより「ぜひ、やらせてください よろしくお願いします」 次号お題・ダビスタDSより「しかしウチはもう手一杯でこれ以上増やす訳には・・・」
「あてがえ!ウソ香港馬名」 スプリンターズステークスに出走したラッキーナインが香港では「天久」と表記されていることに行事は納得いかない様子。
「お薬出しときます。」 次号最終回。

今号掲載のなかった「競馬人のメールアドレス」は次号まとめて掲載。「馬イラスト未勝利戦」のタコ&カニのイラストは次号久々に募集される「名画批評」のお題。

 

«先場所(平成二十三年十月) 今場所 次場所(平成二十三年十ニ月)»

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ますざぶ 平成二十三年十月号場所

カテゴリ『ますざぶクロニクル』復活の試み。前みたいな形式はめんどくさいので、各コーナー概要・番付上位、面白かったネタ、特筆すべき事項などを羅列しようと思います。

横綱 夢幻桜花(茨城) 28
大関 仙波学(栃木) 26
関脇 ちち(高知) 20
小結 自称モハメド殿下の知人(大阪) 10



管理人の掲載はありませんでした。ていうか送った「バイアリーターキー」のイラストが仙波さんのとして掲載されてる!あと、その隣りの『劇場版「JRA」エンドロールより』もカリ首さんのになってるけど仙波さんのだと思うんだ。

「馬イラスト500万下」 イラスト投稿者が偏重気味。イラストに手を広げるチャンス
「かわいいん競にゃん準備委員会」 第1回スプリンニャーズS(NI)
「ふきだシアター2」 我らJRA&TCKマスコットトリオの巻。次回は「三浦騎手と肩を組むつば九郎氏の巻」
「脳内競馬ニュース」 7・8月。外国人騎手の活躍が(脳内で)目立った2ヶ月。8月のますざぶオフ会ではオバマ大統領、ポール・マッカートニー、吉永小百合などが参加したとのこと。
「馬名標準 9字でつぶやけ!」 『関羽っぽい読モ』の何がおかしいのか一瞬わからない病気
「競馬人のメールアドレス」
「局地的マスコット大全」 枠小さめ
「どっちが発展するでSHOW」 ラーメン系VSカレー系第二回。次回でこのお題終了。
「ひと言多いダビスタコメント」 お題「人気種牡馬の株を手に入れたいなら100万で探してきてやるよ どうだい?」 次回お題はダビスタオンラインより「ぜひ、やらせてください よろしくお願いします」
「競馬場でやってはいけないこと」
「お薬出しときます。」
「あてがえ!ウソ香港馬名」 三国志ネタが小ブーム
「リアル発馬音探求部」 最終回。「アディオス」
「ステッカー候補新規描き起こし絵」 大阪府/カリ首が一作品、栃木県/仙波学が二作品。過去作品含め数点がシークレット。

今月号掲載分から優勝・金星のノベルティーが特製ステッカーに。

 

«先場所(平成二十三年九月) 今場所 次場所(平成二十三年十一月)»

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

☆ 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年9月号』

サラブレ 2011年9月号 [雑誌] サラブレ 2011年9月号 [雑誌]

エンターブレイン  2011-08-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

「柴田大知騎手インタビュー」 2011年に急浮上した関東の二人のジョッキーのインタビュー。柴田騎手は低迷期にロンダ・バーン著『ザ・シークレット』(角川書店)、稲盛和夫著『生き方』(サンマーク出版)を読んで影響を受けたとのこと。

ザ・シークレット ザ・シークレット
ロンダ・バーン 山川 紘矢

角川書店  2007-10-30
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生き方―人間として一番大切なこと 生き方―人間として一番大切なこと
稲盛 和夫

サンマーク出版  2004-07
売り上げランキング : 577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「田辺裕信騎手インタビュー」

「今年、連チャンコンビの成績が急上昇中!」 GIでの騎手乗り替わりは本当に鞍上強化になるか、という特集。以下「東西 要チェック黄金コンビ」までが関連の特集

「佐々木晶三調教師に聞く、同じ騎手を乗せる理由」

「連チャンジョッキー傾向リサーチ」

「乗り替わりから1~2戦目の買いのタイミング」

「ファンに聞いた 記憶に残る!名コンビ選」

「東西 要チェック黄金コンビ」

「前後半差で攻め込む夏のローカル馬券」 夏のローカル競馬開催前後半での成績の偏りを馬券に活かすための特集。

「JRA調教師・池江泰寿の やっぱり競馬は難しい、だから競馬は面白い」 連載。今号の企画に絡んで乗り替わりの話題。

「M.キネーンの目 2011春GI前編/3歳戦線」

「Road to 凱旋門賞 第3回」

「サラブレMobile情報」

「総天然色・サラブレ読者パーク」

「WIN5予想&買い方指南部屋」

「亀谷敬正の「重賞アプローチ+α」」

「金満血統王国 王様部屋」

「金満血統王国 長老部屋」

「ラップは語る!」

「開催アナライズ」

「読んでおいて損はないこの一冊」 競馬関係の著書を紹介。絶版のものが多め。絶版のものは当時の、現在入手可能なものは現在の出版社・レーベルを記載

 『競馬の血統学』 吉沢譲二 NHK出版
 『世界の名馬』 原田俊治 サラブレッド血統センター 絶版
 『サラブレッドはゴール板を知っているか』 楠瀬良 平凡社 絶版
 『世界の逞しい血統』 武市銀治郎 コスモヒルズ
 『ウイニングホースプレイヤー』 A・ベイヤー 自由国民社 絶版
 『コースの鬼!』 城崎哲 白夜書房 絶版
 『読む競馬』 井崎脩五郎 双葉文庫
 『賭けなきゃ書けない!!』 田端到 双葉社 絶版
 『競馬どんぶり』 浅田次郎 幻冬舎アウトロー文庫
 『安藤勝己の頭脳』 亀谷敬正 白夜書房 ※続編・新書版が発売中
 『競馬読本シリーズ』 別冊宝島 ※個別の著書ではなく別冊宝島で競馬を扱ったものの総称
 『銀の夢』 渡瀬夏彦 講談社 絶版
 『八百長』 新橋遊吉 文芸春秋 絶版
 『ディック・フランシス 競馬ミステリー』 D・フランシス 早川書房 ※個別の著書名ではなく競馬と関係があるものの総称。隻腕で元騎手の探偵シッド・ハレーは『大穴』『利腕』『敵手』『再起』に登場
 『日刊コンピ指数バックナンバー』 日刊スポーツ社 絶版

「残ってくれ~!! 日本のこの父系」 日本の零細血統を紹介。トウショウボーイ・オリオール・マルゼンスキー・ノーザンテースト・ウォーニング・パーソロン

「ますざぶ」 続きを読むにて

「インフォメーション&プレゼント」

「ダビスタオンライン」 ゲーム紹介

「スターホース2 ファイナルディスティネーション」 ゲーム紹介

「チャンピオンジョッキー」 ゲーム紹介

「ニュース・スタンド」

「最新金脈ニックス名鑑」 ステイゴールド×メジロマックイーンほか、近年の代表的なニックス配合を紹介。

「2歳馬Lock-On!」

「レースインプレッション」

「馬まんが日記『ドリームジャーニー』」

「名馬物語『ダイワメジャー』」

「特別付録・開運ひんやりタオル」 付録。いらないから安くしてほしい。

 

 

続きを読む "☆ 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年9月号』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年8月号』&「そして誰も走らなくなった」管理人の解答編

サラブレ 2011年8月号 [雑誌] サラブレ 2011年8月号 [雑誌]

エンターブレイン  2011-07-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事は『サラブレ 2011年7月号』の、読者参加型競馬ミステリークイズ「そして誰も走らなくなった(出題編)」をお手元に置きながらご覧いただくことをお勧めします。内容は、8月号に掲載された当ブログ管理人の解答を大幅に加筆修正したものとなっています。金子刑事の報告が終わったあたりからの分岐で、出題編からの引用は二重鉤括弧と赤字で表示をしています。

 

 

続きを読む "【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年8月号』&「そして誰も走らなくなった」管理人の解答編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

エロマンガの感想を書き終わって人様のブログを拝見しようと、人様のはてなアンテナを使って新着記事を見ていると、ネットを始めて以来の友人である俊哉さんの訃報についてちらほら。

今月の1日にジリさんから一報があり、先月14日に亡くなったのが分かって他の方にも連絡をしているところとお聞きしていました。mixiの更新も止まってたし、ほぼ休みなく参加いただいていたGI予想もお休みされていたので心配していた最中のことでした。30を過ぎると、面識のある方が亡くなるというのがそうそう頻繁にあるわけでないものの、かといってそんなに珍しいわけでもなく……なんて思ってたんですけどね、やっぱり悲しいですよ。連絡があった当日から今日未明に他の方の日記を見るまでなんだかポカンとしててまるで実感がなかったのに、目でそれを確認しちゃうともうダメですね。

 

2003年より前の記録が残っていないので不確かですが、僕がますざぶに投稿し始めて、ますざぶHPのリンクをたどって投稿者の方々のHPにお邪魔していた頃ですから2001年ごろ。当時俊哉さんが運営されていたHPのキリ番(たしか3000だった)を踏んでご挨拶したのが始まりでした。初めての書き込みで書いては消し書いては消しを繰り返したのを覚えています。

そこから、HPのゲーム企画に参加したり、チャットしたり。2003年からはこのブログの原形になる日記をHP内に設置させてもらって『合同日記』に参加したり。合同日記は遅れながらも最後までお付き合いさせてもらいましたし、後継企画の『うまライダー』も毎月いろいろ頭をひねりながら楽しく書いておりました。風邪だかインフルエンザでダウンした俊哉さんの代わりにHPの告知をやったりも。日記のネタがないからと突然電話がかかってきてお話したこともありました。

今やっている『全開!!GI予想』は、俊哉さんがやっていたGI予想大会を引き継ぎ、優勝するために自分有利のルールにしたのが始まりです。その第一回で俊哉さんが優勝して「ルール変えても予想の上手さは変わらないなぁ」などと感嘆したものです。病気のことを知ったのも、高松宮記念予想への参加のついでみたいに「胃癌でした。てへっ☆」なんてメールがあったからでした。思えば心配しないようにと考えてくれたんですね。

金杯オフも俊哉さんが誘ってくれたからです。mixiもそうです。自分で考えて始めながらも放置気味だった『100質100答』はもっとやれって言ってくださいましたし、くだらない下ネタは鋭いツッコミがあったから活きたのです。細々ながらもいくつかのことを続けていたり、ますざぶ周辺の皆さんとのつながりがあるのも俊哉さんがいたからです。なのにその俊哉さんがいなくなるなんて。

今でも、くだらないネタを書いたら「あんたバカだよ」とか、GI予想のところに「忘れてた」とか書いてくれそうな気がしてなりません。理屈ではそんなことはないと分かっているのに。いやでも事実として受け止めざるをえないんでしょうね。

競馬とバカとエロ、好みの違いはあってもこれらの趣味を通じてできた大切な友達でした。10年に満たない時間で直接会ったことも数えるほどしかありませんが、楽しい日々があったのは俊哉さんのおかげです。

 

本当に、本当に、ありがとうございました。宝塚記念オフで交わした「じゃあ、また」という約束はいつかきっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

☆ サラブレ 2010年 05月号

サラブレ 2010年 05月号 [雑誌] サラブレ 2010年 05月号 [雑誌]

エンターブレイン 2010-04-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

G
ますざぶ初・優・勝!!


優勝決定戦て。二次元嫁の数以外で勝てる気がしない……

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

さまよえる広島人

さまよえる広島人
猫写真を撮るべく福山城公園にやってきました。桜もちらほら咲いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

競馬雑誌に「男の娘」が載った日

さくら=エルドール

画力がアレな感じなのでカス子さんで作ってみた。

続きを読む "競馬雑誌に「男の娘」が載った日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

負けられない戦いがそこにはある

ますざぶの「流星ロールシャッハテスト」は行司のお題と僕のエロキャラ眼力の戦いなどと勝手に位置付けておるのですが、そんな戦いについてますざぶ投稿者界隈では……

射手座の迷宮

最近カワタカさんがイラストネタ方面に手を出しているのが驚異に感じています。描いてる女の子のイラストは、そんなに可愛くうわなにをするやめ(ry

ぬう……ならば、れんがさんに可愛いといわせるしか。

        Λ_Λ
        (´∀` )-、    
       ,(mソ)ヽ   i  
       / / ヽ ヽ l      
 ̄ ̄ ̄ (_,ノ ̄ ヽ、_ノ ̄ ̄

いっそのこと「可愛い男の娘」はどうか。

続きを読む "負けられない戦いがそこにはある"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧