« 全開!!有馬記念2017の結果 | トップページ | 虚報と民度の話 »

2017年12月25日 (月)

まなざし村タグ常用者が漂わせる危うさの話

この辺りはほんの一例なんですが、デマで人命が危ういというのすら女性叩き・意見の違う他者叩きに使おうとするの、本当にどうしようもないと思いますね。「まなざし村」とかいう、マジックワードで表されるふわふわした対象を気にするよりも、心肺蘇生の際に野次馬の好奇の「まなざし」を遮る側になろうとか、そういう実在しうる人への思慮ってできないもんですかね。「まなざし村タグ」の常用者、もう少し自分の言動に目を向けた方がいいと思います。

「そう思われる方に問題がある」って、表現の自由界隈が向けられると困るタイプの理屈じゃないですかね。だったら人に使わないのが道理ですよ。どう考えても「変な邪推をするほうが悪い」んです。そういう原理原則がわからんやつが、他者への攻撃に躍起になってしまっているのはわりと危ういのではないでしょうか。

|

« 全開!!有馬記念2017の結果 | トップページ | 虚報と民度の話 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まなざし村タグ常用者が漂わせる危うさの話:

« 全開!!有馬記念2017の結果 | トップページ | 虚報と民度の話 »