« 救命処置を躊躇させるクソ言説の話 | トップページ | 全開!!中山大障害と阪神カップと有馬記念とホープフルSと東京大賞典2017 »

2017年12月20日 (水)

AED講習で、使用を躊躇させる例示をするとは思えないという話

私の受けた研修では「救護に当たった一般人が責任を問われることはない」でしたがね。AED使用で訴えられる可能性があるのは、救急・消防・医療関係者などで、適切にAEDを使用していれば蘇生の可能性があったのではないかとされる場合の過失の有無であって、一般人ができる範囲でやったことについて責任は問われないということです。繰り返し言われてるのは「責任は問われない」「判断は機械がするからとにかく使え」ですよ。「結果的に死人が女性ではなく男性になる」とかいう、使用を躊躇させるようなことを講習で言うとは信じがたいですね。

 
20171221追記

調べて出てくるってことはそういう事例が公開されているはずですが、見当たらないんですよねえ。「救助対象者が搬送後に死亡したので救命行為を行った一般男性を殺人未遂で拘留」とかいうのが万が一実在するとしたら、多分判例六法に載るくらいの重要判例になるような気がするんですけどね。どうなんでしょう。

 

20171221 さらに追記

まずもって【 女性「AEDを使うときに服を脱がしたらセクハラです」 】の女性がいないですからね。典型的な藁人形論法ですよ。

 

20171222追記

いやーおかしいですねえ。「女性社員はなんか喚いていたらしいです」っていう様子まで聞いといて、そのアンケートに基づいた結末をちゃんと聞いてなかったんです?へええええええ。

 

20171222 さらに追記

元ツイートの人が当該ツイートと関連ツイートを削除してブログをアップ。

謝って訂正したのはよしとして、別にあれは問題提起ではないでしょ。問題提起なら「なんか喚いていたらしい」などという愚弄が出ようはずもない。そもそも法律上責任を負う蓋然性が極めて低い事象について殊更に不安を煽る行為は、「ありもしない問題をあると見せかけて、別の問題を発生させた」ことに他ならないです。提起としてもまるで価値がない。

 

ところで、この嘘ツイートにのっかって「これ、消防署でやってる一般向けの講習でも言われるな。」って言った方、乗っかったツイートが嘘だったんですけどどうなさるんでしょうかね。

20171222 さらなる追記

人の生き死ににかかわること(しかもこれから救助される側の生き死ににもかかわる)について、パッと見で嘘とわかる女性叩きに乗っかっといてこの認識はちょっと当事者性なさすぎではないでしょうか。

|

« 救命処置を躊躇させるクソ言説の話 | トップページ | 全開!!中山大障害と阪神カップと有馬記念とホープフルSと東京大賞典2017 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AED講習で、使用を躊躇させる例示をするとは思えないという話:

« 救命処置を躊躇させるクソ言説の話 | トップページ | 全開!!中山大障害と阪神カップと有馬記念とホープフルSと東京大賞典2017 »