« アニメ作品の監督人事は災害ではないというごくごく当たり前の話 | トップページ | 差別表現への抗議は過剰だったかという話 »

2017年9月28日 (木)

予想と願望の話

無根拠に万全とか抜かして国難の原因作った上に、人様がその国難の対処してたらデマ流すようなノータリンがまた総理大臣やってるのなんて国難以外の何ものでもないんですけどね。かといってその国難野郎がこの度の選挙で勝ったからといって批判者に「後がなくなる」わけでもないし、勝っても批判は止みませんよ。こういう短期の勝ち負けに汲々とするタイプの人ってなんなんでしょうね。「後がなくなる」という予想ではなく「後がなくなればいいのに」という願望ですよねこれ。

|

« アニメ作品の監督人事は災害ではないというごくごく当たり前の話 | トップページ | 差別表現への抗議は過剰だったかという話 »

カワタカ技研日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想と願望の話:

« アニメ作品の監督人事は災害ではないというごくごく当たり前の話 | トップページ | 差別表現への抗議は過剰だったかという話 »