« 全開!!新潟ジャンプSとキーンランドカップと新潟2歳S2017の結果 | トップページ | 総火演の意義の説明に国会を引き合いに出す必要がないという話 »

2017年8月28日 (月)

「同人誌とは」の拘りと攻撃性の話

こんなクソ喩え話、他のコミケ参加者にも適用可能で例えば

『冬山登頂ガチイベントに、速やかな進行のために行われたスピード登山を"サーキット"と称して目的化し、事故起こしたら、イベント自体が存続できなくなるだろ』

でも通るんですよ残念ながら。具体的に言うと比村乳業のことなんですけども。青木文鷹は自分がぶっ叩いても大丈夫なターゲット見つけて遊んでるだけでしょ。実に愚劣。

「FumiHawk 比村」で検索するとこの1ツイートしかないんですね。おかしいですね「毎回ギリギリの綱渡りで開催」のはずなのに、転倒事故を起こすべくして起こしたサークルは同人誌頒布以外の目的で鑑賞する対象になってるの。サーキットは同人活動じゃないですよねえ。どうなってるんですかねえ。

「コミケはファン交流や握手会イベントではないので」ということなのでサーキット遊びしてるサークルはもってのほかですね。ほんとに。

というかですね、「出版社を通していないだけで、規模も頒布方法も商業並み」な同人誌が珍しくなく、「同好の士が原稿や資金を持ち寄って、持ち寄った人同士で成果物を配布し、余部を外部に出す」みたいないわゆる本義的な同人誌より目立つようなご時世に「同人誌かくあるべし」で人様を攻撃するとかいうの、お前過去の過ちから全然脱しきれてないんだけど。そんなんで反表現規制やろうとすんなよって思いますね。

|

« 全開!!新潟ジャンプSとキーンランドカップと新潟2歳S2017の結果 | トップページ | 総火演の意義の説明に国会を引き合いに出す必要がないという話 »

表現規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「同人誌とは」の拘りと攻撃性の話:

« 全開!!新潟ジャンプSとキーンランドカップと新潟2歳S2017の結果 | トップページ | 総火演の意義の説明に国会を引き合いに出す必要がないという話 »