« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »

2017年1月 9日 (月)

重賞上位馬メモ

重賞に書いている上位馬の短評をまとめて記載していきます

 並び順規則 濁点半濁音は無視して、重複したら濁点半濁音なしの次。長音は直前の文字の母音に置き換え、重複したら長音なしの次の順 

                 

アースライズ
 17マーメイドS 3着 
  走るタイミングが掴みづらい
  好走は2連続でピッタリ止まる
  しばらく様子見

アイアンクロー
 17小倉2歳ステークス(GIII) 2着 
  阪神で新馬勝ち
  フェニックス賞3着
  小倉だけでなく1200mが向いている感じ

アイダホ
 17ジャパンカップ(GI) 5着
  アメリカの地名だがアイルランドはオブライエン厩舎の馬
  全兄はBCターフほかGI6勝のハイランドリール
  自身にGI勝ちはないがが、日本のトップクラス相手に好結果

アウォーディー
 17帝王賞 3着 
  間が空いても走る馬だけに、ドバイの疲労の影響か
  夏の過ごし方や秋緒戦に注目

 17JBCクラシック  4着
  16年同レースの勝ち馬
  ドバイワールドカップ以降立て直しにやや苦労している
  力はあるので復調すれば十分に逆転の目も

 17チャンピオンズカップ(GI)  5着
  往時は走れば勝つという勢いだったが今は概ね○×を繰り返す感じ

アウトライアーズ
 17スプリングS 2着 
  デビューからオール複勝圏
  賞金を上積みてきたのは大きい
  田辺騎手とのコンビの力に期待

アエロリット
 17フェアリーS 2着 
  2戦2連対でここに臨んで好走
  父クロフネということもあってこのへんの距離は得意だと思う
  もうちょっと賞金を上積みできればクラシックでも

 17クイーンカップ 2着 
  前走フェアリーSも2着
  力がありながら勝ちきれない面も
  ここで賞金を上積みできたのは大きい

 17NHKマイルカップ 1着 
  新馬戦以来の2勝目で重賞初勝利
  マイルの重賞2着2回に17年桜花賞5着
  史上4頭目の牝馬優勝
  父クロフネとの親子二代制覇

 17クイーンS 1着 
  17NHKマイルカップ勝ち馬
  桜花賞5着以外は全て連対
  初の1800も難なく勝利
  秋華賞に向けて大きな収穫

アキトクレッセント
 17武蔵野S(GIII) 3着 
  主にダート1400で活躍する馬
  距離延長が嫌われたか16頭中15番人気
  15年にはOPの青竜ステークス(1600m)3着と全く走れないというわけでもな
  今回の好走で距離選択の幅がわずかながら広がりそう
  軽視されていれば面白い

アクティブミノル
 17CBC賞 3着 
  15年セントウルS以来の重賞勝ち
  16年高松宮記念などの4着が最高
  今回なぜ走ったのかよくわからない

アサクサゲンキ
 17小倉2歳ステークス(GIII) 1着 
  小倉1200が得意で、前走まで2戦2連対
  2歳にして早くも小倉の主の風格
  他場ではどうか

 17京王杯2歳S(GII) 3着 
  小倉2歳勝ち。距離延長で好走したが、本領はローカル短距離か

アストラエンブレム
 17エプソムカップ 2着 
  12戦して掲示板外ゼロ
  複勝圏率が非常に高い
  複勝圏外でも4着は確保
  2000mくらいまでなら対応できそう

 17水産省賞典 新潟記念(GIII)  2着 
  デビュー以来掲示板を外していない
  今回も実力通りだが、重賞勝ちのあと一歩が遠い

アップトゥデイト
 17阪神スプリングジャンプ 2着 
  障害は今回含め13戦して11連対
  一昨年の障害GI二冠
  オジュウチョウサンの台頭以降はやられっぱなし
  本番での逆転で意地を見せたいところ

 中山グランドジャンプ 3着 
  障害入りしてからは初の3着
  連対率の非常に高い馬が連対確保できなかったのをどう立て直してくるか

 17小倉サマージャンプ 2着 
  障害では最強クラスの一頭
  ここは実力通り

 17阪神ジャンプステークス(J・GIII) 1着 
  昨年同レースからの連続複勝圏を継続
  15年中山大障害以来の勝利で、堂々本番へ

 17中山大障害(J・GI) 2着 
  前王者がなりふり構わずの大逃げ
  勝利への執念を見せた
  着順は16年と同じく2着も、9馬身つけられていた着差を1/2馬身に
  レコードタイムを引き出した走りは見事
  負けてなお強し

アドマイヤウイナー
 17青葉賞 3着 
  近年の隠れた出世レース大寒桜賞の勝ち馬
  札幌2歳Sで3着なども
  そう遠くないうちに重賞は勝ちそう

アドマイヤデウス
 17日経賞 3着 
  GIでなければオール複勝圏
  個人的にはGI昇格した大阪杯に出てほしかった

 17天皇賞・春 4着
  相手関係を考えれば上々の出来。初のGI複勝圏も見えたが上位が強すぎる

 2017年11月25日 オーストラリアに移籍後、故障し予後不良となった

アドマイヤミヤビ
 17クイーンカップ 1着 
  デビュー自体はそこそこ早かった
  ほぼ2ヶ月ごとのローテーションで大事に使われてきた感じ
  2歳時に無理に上のクラスで使わなかったのが功を奏したか
  オール連対
  2000の勝ちもあることから距離の融通も利きそう
  2ヶ月のローテを守るのかクラシックの前哨戦を使うのか
  ローテ守ってくれると予想上も面白そう

 17優駿牝馬 3着 
  初めて2ヶ月ローテを崩しての出走
  ここまで大事に使われてきた余力が活きた
  能力も高く、距離の融通も利く
  成長次第ではソウルスターリングを脅かすかも

アドマイヤリード
 17阪神牝馬S 2着 
  2・3歳時は重賞で歯が立たず
  近4走で連続連対してここに臨み、GI馬相手の2着
  今後の活躍が期待できそう

 17ヴィクトリアマイル 1着 
  重賞初勝利ながら前走阪神牝馬S含めて5連続連対
  東京マイル向きそうなスピードスタミナ兼備型
  牡馬相手も距離延長もやってのけそう
  現4歳世代(13年生まれ)

 17府中牝馬S(GII) 3着 
  さすがのGI馬
  ヴィクトリアマイル勝ちのあと7月のクイーンSを使っているのはやや気になる
  13年生まれ世代が上位独占

アドミラブル
 17青葉賞 1着 
  連勝でここに臨み、堂々ダービーへ
  前走が2400勝ちなのもダービーへの執念を感じる

 17東京優駿 3着 
  2400mで2勝を買われての1番人気
  「青葉賞勝ち馬は勝てない」のジンクス
  ジンクスを破りを期待されるだけの走りは見せた

アポロケンタッキー
 17帝王賞 5着 
  本来は不調期がなかなかない馬
  ドバイ帰りは間が空いていても難しいのかも

 17 東京大賞典(GI)  4着
  16年の勝ち馬が悔しい結果

アマルフィコースト
 17KBS京都賞ファンタジーS(GIII) 3着 
  母父はサドラー系で、タフな場面が向いていそう

アメリカズカップ
 17きさらぎ賞 1着 
  朝日杯FSこそ歯が立たなかったがデビューから連勝
  1800勝ちもある
  後ろから行った上位人気場が重馬場で切れ味を削がれたのも味方
  この馬自身も中団から上がり最速で前を捉えている
  重馬場適正だけではなさそう
  オッズ低評価なら狙い目

アリア
 17函館2歳S(函館芝右1200) 3着 
  函館1200でデビュー勝ち

アルアイン
 17毎日杯 1着 
  前走シンザン記念は6着
  このレースに出た馬は下位からも活躍馬
  追いかけてみると面白い

 17皐月賞 1着 
  前走毎日杯勝ちから挑んでの勝利
  前々走シンザン記念では6着だが出走馬はその後の重賞で活躍
  出走馬たちの活躍に今後も注目、

 17東京優駿 5着 
  スローで前にいながらレイデオロの向正面進出に置いて行かれた感じ
  ○○×のリズムを刻んでいる

 17セントライト記念(GII) 2着 
  皐月賞馬で○○×のリズムをきれいに刻む。今回は○の番
  2着という結果を伸びしろと取るかもたついたと取るか

アルタイル
 マーチS 3着 
  15年ユニコーンS3着以来の重賞好走

アルバート
 17ダイヤモンドS 1着 
  1番人気に応えての勝利
  長距離は強い
  阪神大賞典→天皇賞→メルボルンカップというようなルートか
  いっそのこと凱旋門賞に挑戦してみてほしい

 17ステイヤーズS(GII) 1着 
  史上初のステイヤーズS3連覇

アンジュデジール
 17JBCレディスクラシック  5着
  ダートでは未だ掲示板を外していない
  初GIの今回が初めて複勝圏を外したレース
  今後も期待できそう

イスラボニータ
 17マイラーズカップ 1着 
  14年セントライト記念以来の復活勝利
  その間も重賞では条件問わず活躍

 17富士S(GIII) 2着 
  マイルCSを狙えるか
  皐月賞勝ち馬でダービーも2着なので中距離路線も捨てがたい

 17マイルチャンピオンシップ(GI) 5着
  マイルCSでは過去好走
  好調期に入れば確実に馬券になる馬だけにやや心配な結果

 17阪神カップ(GII) 1着 
  GI勝ちこそ14年皐月賞のみだが距離・競馬場を問わず長期間活躍
  引退

インカンテーション
 マーチS 1着 
  15年平安S勝ち以降急に不調に
  本来であれば4桁配当になるような馬ではない
  ここまで持ち直した厩舎に感服

 17かしわ記念 2着 
  前走マーチSで復調
  好調期が続く馬だけにここは実力通り

 17武蔵野S(GIII) 1着 
  現在好調期で、単勝4桁は軽視されすぎ
  好調期が終わりそうな時期
  次の取捨が難しい

ヴィブロス
 17府中牝馬S(GII) 2着 
  さすがの海外GI馬。連対率も非常に優秀
  13年生まれ世代が上位独占

 17エリザベス女王杯(GI)  5着
  すぐ立て直してくるタイプなので次は狙い目

ウインガナドル
 17ラジオNIKKEI賞 2着 
  勝ち上がりに4戦要したものの、複勝圏率は高い
  父ステイゴールドに似て息の長い活躍をしそう

ウインガニオン
 17中京記念(中京芝左1600) 1着 
  ほぼ1400とマイルばかり走っている
  東京新潟中京と直線長めのコースが得意
  いつ走るかよくわからない
  好調が2~3戦程度

 17関屋記念 2着 
  前走17年中京記念からわりと詰まったローテ
  好調期・不調期がはっきりしている
  秋は心配

ウインジェルベーラ
 17函館2歳S(函館芝右1200) 2着 
  函館1200でデビュー勝ち

ウインブライト
 17スプリングS 1着 
  勝ち上がり以降は連対継続
  そこから一気の重賞勝ち
  強い馬でも勝ち上がりにもたつく

 17福島記念(GIII) 1着 
  近走こそ不調だが、春にはスプリングS勝ちなど
  GI戦線への再挑戦に期待

ヴォルシェーブ
 17目黒記念 2着 
  複勝圏率高い
  16年アルゼンチン共和国杯に続いて東京2500mでの好走

ウキヨノカゼ
 17福島牝馬S 1着 
  15年キーンランドカップ以来の勝利
  好調が続く馬なので本番でも期待できそう

エアスピネル
 17京都金杯 1着 
  2歳時にマイル重賞勝ち
  クラシック戦線で好成績
  やっぱりマイルが適正距離だった
  中長距離での勝ちきれなさが嘘のような見事な勝ちっぷり
  ただ、ここから安田記念まで間が開くので、マイル重賞をこまめに拾っていくのかそれともドバイか

 17東京新聞杯 3着 
  前走京都金杯で今回の勝ち馬ブラックスピネルを下すが逆転を許す
  力がある馬であることには間違いないところ
  ここは取りこぼしとも言える負け。次走に注目
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

 17マイラーズカップ 2着 
  GI馬に迫る勢い
  活躍している4歳世代(13年生れ)
  本番での逆転もありそう

 17安田記念 5着 
  位置取りや展開のアヤ
  安定感はさすが

 17富士S(GIII) 1着 
  得意距離ならさすがの強さ
  今年の大目標はマイルCSか
  天皇賞・秋でも見てみたい

 17マイルチャンピオンシップ(GI) 2着 
  4歳世代唯一の出走
  相変わらずの安定感
  直線ではついに戴冠かと思わせる走り

エイシンバッケン
 17根岸S 3着 
  重賞初出走ながら健闘
  相手なりに走る感じ
  入れとけばそう大外しはなさそう

 17フェブラリーS 4着 
  強敵相手によくがんばった

エトルディーニュ
 17共同通信杯 2着 
  ここまでで8戦消化
  どのクラスでも相手なりに走る感じ
  過去の重賞・オープンでも掲示板は外していない
  概ね○○××と刻む

エピカリス
 17レパードS 3着 
  海外帰りや他馬のマーク、過剰人気等々のマイナス要素
  3着に残してきたのは力の証
  今後も人気しそうなので難しい

エポワス
 17函館スプリントS 3着 
  9歳ながら衰えは見えず
  複勝圏率が高く不調期が短い

 17キーンランドカップ(GIII) 1着 
  9歳ながら今年は函館スプリントS3着もあり好調
  不調からの立ち直りも早いタイプ
  複勝圏率も高く決して狙えない馬ではない

オールブラッシュ
 17川崎記念 1着 
  重賞は3歳時の15年レパードS9着のみ
  それ以降は下級条件ながら9戦して8複勝圏と堅実
  その間にコンビを組んだこともある名手ルメール騎手を背に見事戴冠

オジュウチョウサン
 17阪神スプリングジャンプ 1着 
  昨年の中山グランドジャンプから負けなしの現障害最強馬
  ここもきっちり勝って、中山グランドジャンプ連覇に向けて前途洋々

 中山グランドジャンプ 1着 
  史上初の障害G1三連覇を達成し、もはや敵なし

 17東京ハイジャンプ(J・GII) 1着 
  自身が持つJRA障害重賞最多連勝記録を7に伸ばす
  コウエイトライ以来の障害重賞7勝達成
  次のレースではテイエムオペラオーの重賞8連勝の記録に挑む

 17中山大障害(J・GI) 1着 
  コースレコードで障害GI4連覇
  JRA記録の重賞8連勝
  鞍上の石神騎手はこの勝利で2年連続の障害リーディング

 

カーボナード
 17サウジアラビアロイヤルカップ(GIII) 3着 
  未勝利勝ち上がりの馬ながら連続連対は新潟のもの
  直線の長いコースなら力を発揮しそう
  ディープインパクト産駒なのでマイル注意

カシアス
 17函館2歳S(函館芝右1200) 1着 
  函館デビューで新馬・未勝利と連続連対
  いずれも1200と走り慣れた条件
  父キンシャサノキセキという血統からも短距離向き
  距離の融通がどのくらい利くかが今後の注目点

 17京王杯2歳S(GII) 2着 
  函館2歳S勝ちで、距離が伸びたここでも好走
  さらに伸びてマイルはどう出るか

カツジ
 17デイリー杯2歳S(GII) 2着 
  ディープインパクト産駒らしく、新馬に今回とマイルで好結果

カデナ
 17弥生賞 1着 
  16京都2歳S 1着
  ここまで連対100%
  父ディープインパクトに母父フレンチデピュティという、いかにも近頃の血統
  この配合では16年マカヒキ、13年カミノタサハラが同レース勝ち

カフジテイク
 17根岸S 1着 
  後方から直線一気に抜け出しての完勝
  直線の長い東京はまさにうってつけ
  フェブラリーSも楽しみ

 17フェブラリーS 3着 
  17根岸Sでベストウォーリアを破った
   (ベストウォーリアはフェブラリーS2着)
  今回も素晴らしい脚で追い上げ
  本領はもう少し短いところか

 17プロキオンS 2着 
  ドバイ帰りは帝王賞組が奮わなかったがこちらは好走
  10日ほど休みが長かったのがよかったか
  ほぼ○○×のリズムを刻むので次も期待できそう

 17マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1) 4着
  好走にリズムが見られるのでよく狙いたい
  本領は1400あたりか

カフジプリンス
 17ダイヤモンドS 3着 
  ラブラドライト同様2400までと2600以上でガラリと変わる
  力をつければ2400で重賞を勝つくらいはしそう

 17水産省賞典 新潟記念(GIII)  3着 
  パワータイプのステイヤーが2000mでこの結果なら大健闘
  中距離でもスタミナが活きる展開なら面白い

カラクレナイ
 17フィリーズレビュー 1着 
  勝ち上がってからは今回含め3連勝
  1400しか走ってないのが気になる
  デムーロ騎手がなんとかしてくれるのでは
   せつなさんより補足「桜花賞田辺に乗り代わり、デムーロはどうにもしてくれない。」

ガリバルディ
 17京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 2着 
  16年中京記念勝ちがあるものの、重賞はやや苦戦気味
  初コンビの北村騎手が刺激になったか

カリビアンゴールド
 17紫苑ステークス(GIII)  2着 
  中距離専門で短くても長くてもどうかという感じ

カワキタエンカ
 17ローズステークス(GII) 2着 
  重賞ではチューリップ賞5着が最高だったが夏を越して力をつけた

 17秋華賞(GI) 5着
  重賞でも安定感があり、上位が崩れる展開なら食い込んできそう

ガンサリュート
 17京成杯 2着 
  勝ち上がりに4戦要したが、勝ちきれなさと相手なりに走るしぶとさは表裏一体
  人気薄なら狙っていっていいと思う

キセキ
 17毎日杯 3着 
  距離対応はできそうな感じ
  GI出走は難しそう
  ダービートライアルでチャンスを狙うことになる

 17神戸新聞杯(GII) 2着 
  17毎日杯3着のあと夏に下級条件を連勝
  ダービー馬相手に2400mで2馬身差まで迫ったのは重賞勝ちに等しい好結果

 17菊花賞(GI) 1着 
  夏の上がり馬が荒天のレースをものともせず、1番人気に応えての勝利
  荒れるのではと見られたレースで力を発揮した価値ある勝利

キタサンブラック
 17大阪杯 1着 
  既に長距離では確固たる実績
  2000では好走するものの、勝ったのは3歳500万下が最後(だった)
  全く危なげのない勝ち方
  もはや中長距離に敵なし
  一冠増えた古馬中長距離GI完全制覇すら可能では

 17天皇賞・春 1着 
  レコードタイムで連覇
  強い馬と一流騎手が強い競馬をして勝った

 17宝塚記念 9着 
  外を回ったとはいえ先行してこの結果は心配
  前走天皇賞世界レコードの疲労があったのかも

 17天皇賞(秋)(GI) 1着 
  序盤後方からじわじわと上がっていき、直線では内側から抜け出して外へ外へ
  先行争いで消耗を避け、最短距離を走り、馬場のいいところを走るのは最後だけで十分
  武豊騎手の好判断
  強い馬に上手い騎手が乗るお手本のようなレース

 17ジャパンカップ(GI) 3着 
  天皇賞激走の反動や落鉄の影響もあったのか粘りきれず
  後続は4馬身もちぎっており万全なら

 17有馬記念(GI) 1着 
  強い先行馬がポンと出てそのまま
  動くに動けない状況を作った武豊騎手渾身の騎乗
  引退

キタサンミカヅキ
 17JBCスプリント  5着
  力はありそうだが、好調があまり続かないタイプ

キャンベルジュニア
 17ダービー卿チャレンジトロフィー 2着 
  複勝圏率が高い

キョウヘイ
 17シンザン記念 1着 
  1200の未勝利勝ち上がりで、1200の小倉2歳S4着などどちらかといえば短距離向きに見える
  デビュー以来のコンビとなる高倉騎手の後方待機策が見事にハマった

キングズガード
 17プロキオンS 1着 
  フェブラリーSこそ大敗もやはり1400は自分の庭

 17マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)  3着 
  良績は1400に偏り
  マイルでこの結果は大健闘

キングハート
 17函館スプリントS 2着 
  16年途中から頭角を現す
  ここまで近10戦で8複勝圏と好調
  勢いのある13年生まれ世代
  重賞を勝つのもそう遠くなさそう
  14年生まれ世代の台頭が手強いかも

 17みやこS(GIII) 3着 
  中央・地方を股にかけて活躍している馬
  複勝圏率が優秀で好調もしばらく続くタイプ
  そろそろ途切れそうな頃合い

クイーンズリング
 17有馬記念(GI) 2着 
  16年エリザベス女王杯勝ち以降力を発揮できないレース続きも、有終の美
  引退

クインズミラーグロ
 17愛知杯 3着 
  走るタイミングがよくわからない

 17中山牝馬S 3着 
  昨年末から好調を維持。昨年同レース16着からすると大きな飛躍

 17福島牝馬S 3着 
  今年に入ってから好調だが重賞で3連続3着と勝ちきれない
  好走が続くうちは狙いに含めておくとよい

 17マーメイドS 2着 
  マキシマムドパリと同期
  複勝圏率の高い馬
  今までの例でいくとそろそろ好調期が終わる
  夏の過ごし方や秋緒戦が鍵か

 17クイーンS 3着 
  16年12月から複勝圏継続中。途切れるまでは追ってよさそう

グッドスカイ
 17東京ジャンプS 2着 
  4歳で5戦4複勝圏と勝ち馬シンキングダンサーと似たような成績

 17新潟ジャンプS(J・GIII) 1着 
  前走東京ジャンプS2着
  3年生まれ世代は障害でも強い

 17東京ハイジャンプ(J・GII) 2着 
  障害入りしてから今回含めて8戦7複勝圏
  今回は相手が悪かった

クラリティスカイ
 17中山金杯 2着 
  15年NHKマイル勝ち馬
  中距離を走り出してからは結果が出ている
  中長距離GIで軽視していると一発があるかも

 17小倉大賞典 3着 
  15年NHKマイルカップ勝ち馬
  勝ちからは遠ざかっている
  近走はまずまず
  (同週京都牝馬S勝ちの)同期レッツゴードンキのように復活勝利があるかも

クラレント
 17京王杯スプリングカップ 2着 
  基本は年一

グランシルク
 17ダービー卿チャレンジトロフィー 3着 
  好調が2・3戦続く

 17京王杯スプリングカップ 3着 
  そろそろ好調期が終わりそうな気配

 17中京記念(中京芝左1600) 2着 
  複勝圏率が高く、悪くても掲示板は確保

 17京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 1着 
  17年はここまで5連続複勝圏と好調
  通算でも複勝圏率・掲示板率は優秀
  初重賞勝ち

クリスマス
 17オーシャンS 3着 
  2歳時の13年函館2歳S勝ち
  その後は重賞でやや苦戦気味
  本領はやはり重賞勝ちもある函館
  15年末から16年にかけては中京・中山などでも好走

クリソライト
 17平安S 2着 
  安定感のあるベテラン健在
  近頃はだいたい3戦で一休みという感じなので次は疑問符

 17帝王賞 2着 
  古馬になってからは好調期が概ね3戦で終わる
  今回は4戦目でも好走
  7歳にして第二の全盛期到来か

クリンチャー
 17菊花賞(GI) 2着 
  母父はブライアンズタイム、父父は01年弥生賞の不良馬場で後続をぶっちぎったアグネスタキオン
  今回のようなタフな婆はおあつらえ向き
  2枠の強いレース傾向も味方

クルーガー
 17富士S(GIII) 3着 
  半年ぶりの出走もきっちり仕上げてきた
  2戦続けての凡走がない

グレイトパール
 17平安S 1着 
  16年10月からダート中距離で4連勝中
  連勝中鞍上が一戦ごとに変わっているが特に問題なさそう
  今のところ京都・阪神でしか走っていないが中京や東京での走りも見てみたい
  勢いのある現4歳(13年生まれ)世代

グレイル
 17ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII) 1着 
  新馬勝ちから臨んでの重賞勝ち
  2歳から2000の重賞に出すあたり、クラシックも既に見据えていそう
  父ハーツクライで母方はデインヒルにレインボウクエストとスタミナは豊かそう

グレーターロンドン
 17安田記念 4着 
  出遅れもありながら初重賞初GIで大健闘

 17毎日王冠(GII) 3着 
  前走は安田記念4着
  その前が7連続連対(6勝)という圧巻の成績
  並み居るGI馬・実績馬相手にこの結果は立派。マイルCSも期待できそう

グレンツェント
 17東海S 1着 
  デビュー(芝)以来オール掲示板
  (ダートで)勝ち上がってからはオール複勝圏で3着もわずか1回
  レパードS勝ちもあり、ここもしっかり
  フェブラリーSの中心になりそう

 17JBCクラシック  5着
  どちらかというとマイルから1800向きの馬
  層の厚いメンバー相手によく走った

クロコスミア
 17府中牝馬S(GII) 1着 
  2歳時から重賞で活躍。3歳ではローズS2着など。
  早々に活躍していた馬だが4歳にして重賞初勝利
  13年生まれ同世代の層の厚さには感服
  父はステイゴールドで、ここからの活躍が期待できそう
  13年生まれ世代が上位独占

 17エリザベス女王杯(GI) 2着 
  ステイゴールド産駒らしく、タフで使い減りしないタイプ
  好調期は3戦程度

ケイアイノーテック
 17デイリー杯2歳S(GII) 3着 
  ディープインパクト産駒

 17朝日杯フューチュリティステークス(GI) 4着
  GIでこの結果なら悪くはない
  マイル得意の血統でこれだとやや決め手に欠ける

ケイティクレバー
 17ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII) 3着 
  今回含めて5戦全て2000と
  勝ち馬グレイル同じくある程度先を見越して使われていそう
  勝ちきれないところがあるので、1800くらいを使ってみたほうがいいのかも

ケイティブレイブ
 17帝王賞 1着 
  16年ダービーグランプリ2着のほか、重賞3勝など
  17年もGIでは掲示板に載るか載らないかくらい
  17年名古屋大賞典勝ち
  3歳時から上の世代と渡り合っていた力がついに開花
  13年生まれ世代は強い

 17JBCクラシック  2着 
  17年帝王賞を制した後も好調を維持
  はたしてサウンドトゥルーを止められるか

 17チャンピオンズカップ(GI)  4着
  もう少し距離が長いほうがよさそう

 17 東京大賞典(GI)  3着 
  力がある馬なのは間違いないが1番人気を背負うと結果は案外

コウソクストレート
 17ファルコンS 1着 
  前走シンザン記念14着からの巻き返し
  朝日杯出走組を下しての勝利
  シンザン記念は近年牝馬の出世レースだが、今年のシンザン記念組は充実かも

コーディエライト
 17新潟2歳S(GIII) 2着 
  勝ち馬フロンティアと同じダイワメジャー産駒
  2歳初期の重賞などでは軸の馬と同じ種牡馬を狙う手も
  新馬複勝圏→未勝利勝ちという同レースのパターンにも合致

 17KBS京都賞ファンタジーS(GIII) 2着 
  前走の新潟2歳でも2着。今回で4走目と疲労が気になる
  戦績からみてもしぶとさがありそう

ゴールドアクター
 17宝塚記念 2着 
  今年は不調
  2戦続けての凡走はしない馬

ゴールドケープ
 17フィリーズレビュー 3着 
  典型的な○×の馬

ゴールドドリーム
 17フェブラリーS 1着 
  チャンピオンズカップこそ大敗だが、同世代の中でも上位の実績
  年上世代相手に活躍している4歳世代の強さをまた一つ示した

 17マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1) 5着
  17フェブラリーS勝ち馬だが近走不調
  今回の結果(5着・上がり最速)をどう見るか

 17チャンピオンズカップ(GI) 1着 
  2月のフェブラリーS以来の勝利で、史上3頭目の春秋ダートGI同一年制覇

コスモカナディアン
 17川崎記念 3着 
  重賞初出走がいきなりこの大舞台
  2000を超える距離も今回が初
  並み居るダートの実績馬を相手にこの結果は立派
  そう遠くない内に重賞勝ちはしそう

コパノリッキー
 17かしわ記念 1着 
  近走不調も復調すればいとも簡単に勝ってみせる
  馬主のDr.コパこと小林祥晃氏は昨年同レースに続いて誕生日にGI勝ち

 17マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)  1着 
  同レース連覇でGI10勝目
  調子に波があるので狙いにくい
  好調は続くタイプなので記録をどこまで伸ばすか

 17JBCスプリント  2着 
  ダートで確固たる実績を残している馬
  本領はマイルか

 17チャンピオンズカップ(GI) 3着 
  中距離でも走れるものの、本領はやはりマイルか

 17 東京大賞典(GI)  1着 
  堂々のGI 11勝で有終の美
  陣営の全てが噛み合った見事な勝利
  引退

コマノインパルス
 17京成杯 1着 
  バゴ産駒で、デビュー以来2000で走ってきた馬
  ここは狙いに来た感あり
  田辺騎手とのコンビも息が合ってそう

 

サウンドトゥルー
 17川崎記念 2着 
  近走も好調なGI馬で1番人気
  しっかり力は発揮したが新鋭の勢いに屈した

 17帝王賞 4着 
  1番人気
  今まで着外からすぐ複勝圏に戻してきていた
  (過去一度だけ連続着外)
  少し気になる敗戦

 17JBCクラシック  1着 
  チャンピオンズカップ連覇に向けて視界良好

 17 東京大賞典(GI)  2着 
  前走での惨敗から立て直し、得意の距離で実力通りの走りもコパノリッキーに屈した

サクラアンプルール
 17中山記念 2着   
  掲示板率の高い馬
  15年秋以降安定した成績
  2000での成績がなかなかよいので、大阪杯に出られればひょっとするかも

 17札幌記念 1着 
  17年中山記念2着などがある中距離馬
  好調がしばらく続くタイプ
  好調なうちにGIに出られれば面白い

サトノアーサー
 17きさらぎ賞 2着 
  2000デビューで連勝
  いかにもクラシックを意識な馬
  重馬場でよく追い込み
  前を行く馬に上がりタイムで敵わなかったのは少し不安材料

 17毎日杯 2着 
  賞金を上積みできたのはよしとすべき
  重賞で勝ちきれないのが気になるところ

 17神戸新聞杯(GII) 3着 
  17毎日杯2着
  ダービーでは10着
  ダービー馬といい勝負ができるところまで持ってきた

  せつなさん所見
   掛かるくらい推進力が増してるので菊花賞は疑問
   完成形はマイル〜中距離でキレを生かすタイプかも

サトノアラジン
 17安田記念 1着 
  重賞戦線の常連が6歳にして初戴冠
  殻を破って一段の飛躍なるか
  マイル制覇か中距離かなども楽しみ

 17毎日王冠(GII) 2着 
  マイラーとはいえ、強い馬なら1800くらいなら走っても不思議はない
  ここは軽視されすぎだったか

サトノクラウン
 17京都記念 1着 
  16年末の香港ヴァーズで晴れてGI馬に
  昨年も勝った相性のいいレース
  次はドバイか大阪杯か。できれば大阪杯に

 17宝塚記念 1着 
  海外GI香港V勝ち
  国内では苦戦中の同馬がついに勝利
  適度に重くなった馬場も味方
  鮮やかな差し切り

 17天皇賞(秋)(GI) 2着 
  直線よく追い上げました
  距離ロス分と切れ味が削がれる馬場に泣いた
  キタサンブラック以外の相手なら大楽勝の結果

サトノクロニクル
 17京都新聞杯 2着 
  オール連対
  前走500万下からの初重賞でこの結果は上々

 17セントライト記念(GII) 3着 
  前走ラジオNIKKEI賞6着以外は全て連対
  掲示板外からよく持ち直した
  重賞でも通用したので菊花賞でも持ち味の安定感が活きれば

 17チャレンジカップ(GIII) 1着 
  不良馬場だった菊花賞の疲労もなんのその
  意外にも重賞初勝利
  このまま力をつけていけばGIでも面白そう

サトノダイヤモンド
 17阪神大賞典 1着 
  強い馬がそのまま強さを発揮しての勝利。逆らえない感じ。

 17天皇賞・春 3着 
  不利な外枠ながらよく追い込んだ
  内枠ならば……と思わせるだけの走り

サヤカチャン
 17アルテミスS(GIII) 2着 
  既に5戦消化しており、今回含め6戦4連対(5着2回)と安定感
  軽視されているうちは続けて狙って面白そう

サルサディオーネ
 17レパードS 2着 
  出走馬の中では目立った戦績ではない
  前走は500万下とはいえ古馬との対決を勝ってのもの
  今回も世代トップクラスの牡馬相手の結果だけに内容の濃いレース

サングレーザー
 17毎日放送賞スワンS(GII) 1着 
  春先はホープフルSに出走して5着
  スッパリと切り替えて短距離~マイル路線に
  3連勝含む4連続連対でここに臨み、4連勝で重賞勝ち
  一躍マイルCSの有力馬となる
  血統的にもマイルは向きそうで楽しみ

 17マイルチャンピオンシップ(GI) 3着 
  どちらかといえば短距離寄りの馬
  2000のホープフルSの5着もありマイルくらいまでなら勝負になりそう

 17阪神カップ(GII) 3着 
  16年のデビュー以来ほぼ走り詰めで既に12戦
  掲示板外一度、掲示板外も計二回
  安定感とタフネスを両立した馬
  古馬とも互角で来年以降が非常に楽しみ
  少し休みを取ってほしい

サンソヴール
 17愛知杯 2着 
  単勝10番人気の低評価
  実はある程度走るリズムの決まっている馬。今回は走るタイミング

サンデーウィザード
 17新潟大賞典 1着 
  15年末から力をつけてきた
  15年遠州灘特別勝ち以降は12戦して10複勝圏掲示板外なし
  ダート勝ちもあるが得意は芝の中距離
  5歳にして重賞初挑戦だが、いきなり勝つところに力の片鱗
  順調なら秋くらいにはGIでも軽視できない

サンマルティン
 17小倉記念 2着 
  ここまで11戦5勝となかなかの勝率
  ここまでは勝てなければ複勝圏に入れないというはっきりした馬
  初の2着
  初出走でこの結果は上々
  パターンが崩れたのがどう出るか

サンライズソア
 17ユニコーンS 3着 
  明らかにダートのほうがいい
  ダートではまだまだ底知れない

 17ジャパンダートダービー 2着 
  ユニコーンSの3着から連続好走

 17杯武蔵野S(GIII) 2着 
  同じ松岡氏所有のサンライズノヴァが1番人気
  同馬は8番人気と低評価
  ジャパンダートダービー2着ほか重賞実績も
  前走まで5連続複勝圏と決して引けを取らない戦績
  未だダートでは複勝圏外なしという安定性も強み
  サンライズノヴァは典型的な○×

サンライズノヴァ
 17ユニコーンS 1着 
  ダートで5戦4複勝圏
  距離はある程度持ちそう
  マイルは2戦2勝
  芝は若葉S6着と慣れれば結果を出しそう
  芝出走注意しておきたい

サンリヴァル
 17ホープフルステークス(GI)  4着
  新馬で1800、芙蓉Sで2000と、ここをかなり意識した使われ方
  皐月賞までに賞金と実力の上積みがほしい

サンレイデューク
 中山グランドジャンプ 2着 
  自己最高の走りも、前にいた相手が悪すぎた

 17中山大障害(J・GI)  5着
  安定感のあるベテランが普段通りの走り

シーズララバイ
 17フラワーカップ 2着 
  ○○××と繰り返しそう

シャイニープリンス
 17中山金杯 3着 
  ちょっといつ走るかわからない感じ
  近頃でいうと2連続好走のあとはしばらく……というリズム

シャイニングレイ
 17CBC賞 1着 
  14年ホープフルS以来の重賞勝ち
  脚部不安に泣いた馬が見事な復活

シャケトラ
 17日経新春杯 2着 (降雪延期)
  3歳6月という遅いデビュー(16年)からここまでオール複勝圏
  初重賞もものともしない走りで能力高い
  使われている距離も中長距離を意識した感じ
  大阪杯から始まる春のGIでは面白い存在になりそう

 17日経賞 1着 
  オール複勝圏
  前走日経新春杯2着を経ての重賞初勝利
  天皇賞・春の主役の一角

 17宝塚記念 4着 
  並み居る強豪相手に立派な結果
  夏を経ての成長が楽しみ。

シャルルマーニュ
 17東京スポーツ杯2歳S(GIII) 3着 
  7頭立てなので3着は複勝圏外だが、良血馬と名馬の全弟を相手に自分の力を発揮

ジャンダルム
 17デイリー杯2歳S(GII) 1着 
  アメリカに渡ったビリーヴの仔
  ビリーヴ産駒はこれが初重賞勝ち
  父系はサドラーズウェルズ系で、距離もある程度期待できそう

 17ホープフルS(GI) 2着 
  1600mのデイリー杯2歳S勝ちで、距離延長もこなせたのは収穫

シュヴァルグラン
 17阪神大賞典 2着 
  昨年(16年)の同レース勝ち馬
  サトノダイヤモンドと同路線という不運

 17天皇賞・春 2着 
  本来なら好タイムでGI勝ちという走り
  前にいた馬が規格外すぎたのが不運

 17宝塚記念 8着 
  昨年同レースも芳しくなかった
  根幹距離かあるいはもっと極端な距離のほうがよさそう

 17京都大賞典(GII) 3着 
  2400あたりから強いが勝ちきれなさもある

 17ジャパンカップ(GI) 1着 
  7回目のGI挑戦にして初戴冠
  姉も妹もGI馬という血統的裏付けも、レースでの安定度もある馬
  これで一皮むけたか

 17有馬記念(GI) 3着 
  安定感は流石
  引退する馬の後塵を拝したのは残念
  来年のさらなる活躍に期待

ジューヌエコール
 17函館スプリントS 1着 
  16年デイリー杯2歳S勝ち
  17桜花賞にも出走
  その馬が50kgの斤量
  いい末脚を使える
  函館の洋芝が今までの時計がかかるものではなかった

ジュールポレール
 17阪神牝馬S 3着 
  ここまで8戦6連対で掲示板外なし
  今回初重賞で自身初の3着
  今後も安定感を見せてくれそう

 17ヴィクトリアマイル 3着 
  9戦して7複勝圏のオール掲示板
  前走17阪神牝馬Sでは今回の勝ち馬アドマイヤリードが2着で同馬が3着
  重賞・GI勝ちは先を越されたが、この馬にもチャンスはありそう
  現4歳世代(13年生まれ)

ジョーストリクトリ
 17ニュージーランドトロフィー 1着 
  何がきっかけで走るのかよくわからない
  ○××のリズムを正確に刻んでいる
  負けたレースでも5着6着な

シンキングダンサー
 17東京ジャンプS 1着 
  16年冬に3歳にして早々と障害入り
  障害初出走勝ちを決め5戦4複勝圏
  陣営の慧眼が示された格好
  若いだけに数年活躍してくれそう

 17中山大障害(J・GI)  4着
  障害の新鋭が初GIでまずまずの結果

スズカデヴィアス
 17金鯱賞 3着 
  走るタイミングがよくわからない馬

 17福島記念(GIII) 2着 
  きどき2走続けて走る馬で、今回はまさにその2回目

スズカプレスト
 17京都ハイジャンプ 3着 
  複勝圏率が高い
  今回含めて6/8複勝圏
  重賞初出走だが相手なりに走るタイプ

 17京都ジャンプS(J・GIII) 3着 
  障害入りしてから掲示板外は一度だけという堅実派

ステイインシアトル
 17鳴尾記念 1着 
  ここまで9戦6連対
  走るリズムも見極めやすく軸馬にしやすい

ステイフーリッシュ
 17ホープフルS(GI) 3着 
  前走は12月に入ってからの新馬戦で、今回が2戦目
  もし勝っていればGI勝利の最短記録更新もあった
  ポテンシャルは高そう

ステファノス
 17大阪杯 2着 
  16年は天皇賞・秋と香港カップで連続3着
  典型的な善戦マン
  キタサンブラックマークしていってあと一歩のところまで迫るのは力の証

 17オールカマー(GII) 2着 
  概ね×→○と復調の早い馬

ステルヴィオ
 17サウジアラビアロイヤルカップ(GIII) 2着 
  札幌オープンのコスモス賞勝ち
  新種牡馬ロードカナロアの仔
  父はは短距離王者だが産駒はある程度距離も行けそう

 17朝日杯フューチュリティステークス(GI) 2着 
  前走はサウジアラビアRCでもダノンプレミアムの2着
  相手が悪いとしかいいようがない
  ダノンプレミアムとかち合わなければ間違いなく重賞級

スナッチマインド
 17京都牝馬S 3着 
  6歳にして重賞初出走
  ここまで19戦して複勝圏外はわずか4度、3着は1回(今回で2回)
  連対率の高さは特筆すべきもの
  重賞初挑戦でも通用
  勝ちきれないながらも相手なりに走る馬

スノードラゴン
 17スプリンターズS(GI) 4着
  新潟開催だった14年同レースの勝ち馬
  勝ち星自体はダートのほうが多く、JBCスプリントに出てほしい

 17第10回カペラステークス(GIII) 2着 
  老いてなお盛ん
  芝短距離でGIも獲った往時の派手さはないがハマればまだまだやれる

スマートレイアー
 17京都記念 2着 
  7歳になっても衰えは見えず
  既に重賞をいくつも勝っている馬
  現役を続けたからにはビッグタイトルがほしいところ

 17ヴィクトリアマイル 4着 
  概ね○×か○○×のリズム

 17鳴尾記念 2着 
  重賞の常連
  走るリズムが○×もしくは○○×
  GIでは少し足りない

 17京都大賞典(GII) 1着 
  ここ最近は○×だったが前走に続いて好走
  3走続けて好走はここまで一度もない
  武豊騎手は同一重賞9勝の新記録を達成

スワーヴリチャード
 17共同通信杯 1着 
  前走東京スポーツ杯2歳Sで2着
  負けで得たものを勝ちに繋げられるタイプと見る
  クラシックの前哨戦が鍵になりそう
  東京スポーツ杯2歳S勝ち馬のブレスジャーニーの評価が相対的に上がる

 17東京優駿 2着 
  直線あわやの追い上げ
  もう一つ脚を残していたレイデオロに及ばず
  17皐月賞でも一つ前にいたのがレイデオロ(当馬は6着)

 17アルゼンチン共和国杯(GII) 1着 
  6着となった皐月賞以外は全て連対
  ダービー2着や今回の勝ちと、JCや有馬記念で楽しみな一頭

 17有馬記念(GI)  4着
  3歳勢で最先着
  直線斜行の距離ロスと馬場の悪い内側に入り、あと一伸びを欠いた
  右回りの克服など課題は多いが伸びしろがあるともいえる

セイウンコウセイ
 17シルクロードS 2着 
  芝ダート兼用の短距離馬
  一昨年来は1戦を除いて全て連対
  重賞初挑戦ながら2着に食い込み、今後が楽しみ

 17高松宮記念 1着 
  連対率70%超
  重賞初勝利をビッグタイトルで飾る
  この路線の確固たる主役に

ゼーヴィント
 17AJCC 2着 
  3歳時(16年)の未勝利勝ち上がりからここまでオール複勝圏
  ラジオNIKKEI賞勝ちのほか、セントライト記念・福島記念に今回と連続2着
  安定した力があるが、若干勝負弱さも

 17七夕賞 1着 
  16年3月の勝ち上がり以降ずっと複勝圏
  直近4走はいずれも重賞
  なんでこの馬がGIに出ていないのか
  秋には満を持してGI戦線に乗り込めるはず
  勢いのある13年生まれ世代
  3歳時にはクラシックにこそ出ていないものの同世代の強敵相手にも互角
  充分勝機はありそう

セカンドテーブル
 17シルクロードS 3着 
  概ね○○×もしくは○×のパターンを刻む
  今回は○、おそらく次は×の回
  これを打破するようになると京王杯2歳以来の重賞勝ちも見えてきそう

 17CBC賞 2着 
  13年京王杯2歳S勝ち馬でその後は伸び悩み
  17年はシルクロードS3着
  充実の年になりそう
  重賞のほうが走る

セダブリランテス
 17ラジオNIKKEI賞 1着 
  新馬でダート、勝ち上がって芝と、それぞれ1800勝ち
  今回も1800勝ちで無敗の重賞馬
  デビューやその後の歩みは遅かったが才気を感じさせる

 17アルゼンチン共和国杯(GII) 3着 
  前走ラジオNIKKEI賞では無傷の3連勝で重賞勝ち
  今回で連勝が止まったのがどう出るか

ソウルスターリング
 17チューリップ賞 1着 
  16阪神JF 1着 
  単勝オッズが1桁だったのは同馬とリスグラシューだけ
  危なげなく本番へ

 17桜花賞 3着 
  無敗途切れる
  阪神JFと同じ舞台で逆転を許したというのは案外大きなダメージになるかも

 17優駿牝馬 1着 
  桜花賞で連勝は途切れたものの、良馬場で能力がフルに発揮できれば一枚も二枚も上手
  鞍上ルメール騎手は二週連続のGI勝ち

ソールインパクト
 17七夕賞 3着 
  14年の東京スポーツ杯2歳S以来の重賞好走
  その時の勝ち馬がサトノクラウン
  16年以降はここまで14戦12複勝圏
  相手なりに走れる

 17アルゼンチン共和国杯(GII) 2着 
  下級条件でこつこつ走ってきた馬
  17年7月の新潟記念など、上のクラスでも通用する馬
  通算の成績でも複勝圏率・掲示板率はなかなかに優秀
  今後も侮れない一頭

ソルヴェイグ
 17ヴィクトリアマイル 5着 
  リズムが崩れてきているので狙いづらい
  複勝圏率高い(2着なし)
  現4歳世代(13年生まれ)

 17キーンランドカップ(GIII) 2着 
  16年同レース4着
  16年スプリンターズS3着
  13年生まれ世代

ソロル
 17小倉サマージャンプ 1着 
  14年マーチS勝ち
  その後はなかなか奮わず障害入り
  初戦勝ちし、その後もまずまずの走り
  平地で重賞を勝つ速力
  パワー・スタミナの裏付けとなる血統や戦績
  史上11頭目となる平地と障害の重賞勝ち

 

ダークリパルサー
 17全日本2歳優駿(G1)  4着
  東京では2戦2勝

ダイアナヘイロー
 17北九州記念 1着 
  下のクラスから4連勝で一気に重賞勝ち
  16年フィリーズレビュー4着
  勢いのある13年生まれ世代

タイセイスターリー
 17シンザン記念 2着 
  勝ち馬よりもむしろこの馬が2着に来たほうがよくわからない

タイセイドリーム
 17阪神スプリングジャンプ 3着 
  安定感のある馬で今回含め8戦7複勝圏
  1着か3着かという馬で、今回もまさにその通り

タイムフライヤー
 17ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII) 2着 
  ハーツクライ産駒。母父はブライアンズタイムでスタミナ系
  デビュー以来の3戦は全て1800
  今回距離延長もこなせたのと賞金加算は大きい

 17ホープフルS(GI) 1着 
  GI初出走だが、ここまで全て連対で距離も1800ばかり
  2歳馬にとっては長めの2000mとなる同レースを狙いに来ていたか
  月一ペースの出走でも調子を維持しておりタフさもありそう

タガノディグオ
 17ジャパンダートダービー 3着 
  ダートでは未だ複勝圏を外したことがない
  ここも実力通り
  多くのレースで上がり最速を出しており、決め手あり

タツゴウゲキ
 17小倉記念 1着 
  16年秋から好走するようになり
  前走七夕記念は重賞初出走で6着とまずまず
  重賞への慣れや52kgの軽ハンデもあって重賞初勝利
  斤量が増えるとどうか
  克服していけばなかなかよさそうな雰囲気も

 17水産省賞典 新潟記念(GIII)  1着 
  重賞初出走だった前々走七夕記念6着
  前走小倉記念勝ちで6番人気・単勝1200円はやや軽視されすぎ
  前回より3kg増えた斤量をものともせず重賞連勝
  本格化か

ダッシングブレイズ
 17エプソムカップ 1着 
  重賞初勝利
  得意距離はマイル近辺
  18戦して9連対と勝ちきれるタイプ
  ダメなときはダメな感じ
  近走いかんにかかわらず走る点は長所

ダノンスマッシュ
 17朝日杯フューチュリティステークス(GI) 5着
  父ロードカナロアという血統や戦績からすると初のマイル・GIで大健闘
  好結果を残している短距離のほうがいいのでは

ダノンディスタンス
 17京都新聞杯 3着 
  やや不安定さはある
  距離が伸びてよさそう
  若駒Sを「ほぼ重賞」と考えればこの馬も「重賞にちょっと足りないくらい」に該当

ダノンプレミアム
 17サウジアラビアロイヤルカップ(GIII) 1着 
  阪神1800の新馬を勝って挑む
  「マイルのディープインパクト」
  東京マイルの重賞を勝ち、今後の展望が大きく開けた

 17朝日杯フューチュリティステークス(GI) 1着 
  前走サウジアラビアロイヤルカップ勝ちから無敗のままGI勝ち
  移転以来続いていた重賞馬が勝てない傾向を打破
  好スタートから前目につけて上がり最速
  同世代の中心になりそう

ダノンリバティ
 17関屋記念 3着 
  リズムが見えるような見えないような難しい馬
  古馬になってからは連続好走がないので次は様子見

 17京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 3着 
  重賞は今回含めて2着4回3着2回とそれなりに走る
  勝ちきれなさが目につく

ダブルシャープ
 17札幌2歳S(GIII) 3着 
  ホッカイドウ競馬所属
  前走はクローバー賞勝ち
  オープン勝ちの実力をここでも発揮

タマモプラネット
 17新潟ジャンプS(J・GIII) 3着 
  重賞でもちょこちょこ掲示板に載るタイプ
  今回なぜ走ったのかはよくわからない

 17東京ハイジャンプ(J・GII) 3着 
  そこまで目立った戦績ではないものの、しぶとく掲示板に載せてくるタイプ

 17京都ジャンプS(J・GIII) 2着 
  勝ち馬マイネルフィエスタとは同期
  障害での戦績も似た感じ
  そう遠くないうちに重賞を勝てそう

タマモベストプレイ
 17函館記念 2着 
  いかにもステイヤーという戦績
  中距離の今回はスタミナ寄りの馬場が向いた

タワーオブロンドン
 17京王杯2歳S(GII) 1着 
  デビュー以来ルメール騎手とのコンビで重賞勝ち
  4戦3勝2着1回と見事な成績
  出走間隔と出走数が気になるところ

 17朝日杯フューチュリティステークス(GI) 3着 
  今回含め既に5戦。やや使い方が気になる
  疲労に強いタイプと見る
  初めて連対を外してしまったが悲観する内容ではない
  休養をしっかり取って勝ちを重ねてほしい

ダンスディレクター
 17シルクロードS 1着 
  昨年同レースを勝って以降は、4着が最高とやや不調
  最後の勝ちを飾ったレースで復活
  元々は好調期が続く馬だけに次走が試金石

 17セントウルステークス(GII) 3着 
  好調が続く馬なので次くらいまでは狙えそう

 17阪神カップ(GII) 2着 
  複勝圏率・掲示板率の優秀な馬
  年明けにシルクロードSに出るなら三連覇の期待がかかる

タンタアレグリア
 17AJCC 1着 
  昨春(16年)の阪神大賞典2着・天皇賞春4着の活躍後の長期休養明けでの勝利
  もともと掲示板率・連対率の高い馬
  ここでの勝ちも不思議ではない
  近年の出世レースである大寒桜賞の勝ち馬

 17オールカマー(GII) 3着 
  久しぶりの出走も健闘
  連対率の高い馬で、今回は初の3着

ダンビュライト
 17きさらぎ賞 3着 
  ここまでマイルのみ走って3戦2勝
  1800は初挑戦
  サトノアーサーと位置取り・上がりともに互角に近い戦いができたのは収穫
  春のGI戦線で期待

 17弥生賞 3着 
  デビュー勝ち以降重賞ばかり4回走って今回で2着1回3着2回
  そろそろ収得賞金を上積みしないとレース選択が厳しいかも

 17皐月賞 3着 
  重賞は5戦して2着1回3着3回という典型的善戦マン
  前回出たGI朝日杯FSは13着だったのを考えると大きな飛躍

 17菊花賞(GI) 5着
  皐月賞3着などがあり、複勝圏率もまずまずの馬
  どちらかといえば中距離のほうがいいタイプ
  長距離でよく走った

ツクバアズマオー
 17中山金杯 1着 
  中長距離で安定して力を発揮する
  一昨年途中から掲示板外がなく、今後も安定して走ってくれそう
  自身の調子と相手次第ではGIでも面白そう。特に大阪杯、天皇賞あたりは1着か3着づけ

ディアデルレイ
 マーチS 2着 
  好不調のリズムはある
  不規則なところもあって読みづらい

ディアドラ
 17紫苑ステークス(GIII)  1着 
  ここまで掲示板を外したのは桜花賞6着の一度
  オークス4着などもあり距離の融通の利くタイプ
  連勝ではずみをつけて、本番でも楽しみ

 17秋華賞(GI) 1着 
  春GIでも健闘
  夏の札幌から始動し、連勝で紫苑Sを経た勢いそのままに戴冠
  春までは複勝圏が高いもののあと一歩だったが、勝ちきれるようになった

テイエムオペラドン
 17京都ハイジャンプ 2着 
  障害でも伸び悩みか……と思いきや、前走から連続連対
  初の障害重賞連対
  障害に強いテイエムオペラオー産駒

テイエムジンソク
 17エルムS 2着 
  複勝圏率の高い馬
  17年は今回含めて7戦7複勝圏
  同レースで走る条件に合致

 17みやこS(GIII) 1着 
  前走エルムS2着。16年12月から連続複勝圏継続中
  テイエムでこんなに強い馬は久しぶり
  砂のテイエムオペラオーとなれるか

 17チャンピオンズカップ(GI) 2着 
  終始前目でレースを進め、惜しいクビ差
  連続複勝圏は継続して力は存分に発揮

ディオスコリダー
 17第10回カペラステークス(GIII) 1着 
  カネヒキリ産駒の3歳馬
  母系にもアメリカっぽい血統
  まさにダート馬という感じ
  17年春先のドバイ遠征結果が出なかった
  帰国後は今回含めて5戦3勝3着2回の活躍
  ドバイの再挑戦などにも期待がかかる

ディバインコード
 17アーリントンカップ 3着 
  ここまで5戦5複勝圏と安定
  重賞では今回含めて2回とも3着
  賞金を上積みできていないのは痛い
  突き抜けるためのもうひと押しがほしい

デニムアンドルビー
 17チャレンジカップ(GIII) 2着 
  15年宝塚記念以来の連対。なぜ走ったのかよくわからない。

テンクウ
 17新潟2歳S(GIII) 3着 
  ヨハネスブルグ産駒

デンコウアンジュ
 17ヴィクトリアマイル 2着 
  2歳時の15年アルテミスS以来の勝利
  年明けから上の世代を圧倒する現4歳世代(13年生まれ)
  同世代の相手が強すぎただけなのかも

トーキングドラム
 17阪急杯 1着
  7歳での重賞初挑戦にして初勝利
  主に芝短距離(ダートも1勝)
  概ね好調期が続く
  前々走から好調期に入っている印象
  近走はあまり考慮しなくていい同レースの傾向にもマッチ
  辛抱強く走らせ続けた関係者の勝利
  このままの勢いで高松宮記念に出ればあるいは

トーセンバジル
 17阪神大賞典 3着 
  クラシックディスタンスあたりが向いてそう
  2000だと短く、3000だと長そう

 17京都大賞典(GII) 2着 
  2200を超えてくると強い。ただ、GIではどうか。

トーセンビクトリー
 17中山牝馬S 1着 
  複勝圏率が高く、古馬になってからはほぼ○××のリズム
  今回でそれが崩れたのがどう出るかというところ
  重賞初勝利で一皮むけたと見たい

 17クイーンS 2着 
  ほぼ××○を刻む馬で、今回は○の回

トーセンブレス
 17阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 4着 
  新馬勝ち以外にさしたる戦績がなくこの結果はまずまず
  まずは賞金の上積みが必要

ドラゴンバローズ
 17シリウスS(GIII) 2着 
  複勝圏率、掲示板率が優秀な馬
  やや勝ちきれないところがある

ドリームキラリ
 17エルムS 3着 
  なぜ走ったかよくわからない

ドンフォルティス
 17全日本2歳優駿(G1)  2着 
  門別の北海道2歳優駿(GIII)勝ち。今回含め5戦全てで複勝圏

 17全日本2歳優駿(GI) 2着 
  前走は門別の北海道2歳優駿(GIII)勝ち
  今回含め5戦全てで複勝圏

ナガラオリオン
 17阪急杯 3着 
  8歳にして初の芝レース
  ダートでは派手さはないものの息の長い活躍
  ここに来ての新境地
  馬券的には皆が半信半疑のうちに芝重賞で狙う感じ

ナスノシンフォニー
 17ホープフルステークス(GI)  5着
  4着のサンリヴァル同様に長め意識のローテ

ナックビーナス
 17オーシャンS 2着 
  15戦して11複勝圏
  重賞で掲示板に載るか載らないかくらいだったのが、力をつけてきた

 17キーンランドカップ(GIII) 3着 
  不調期というものがほぼ存在せず
  複勝圏率が非常に高い
  いつもねらっていっていいレベルの馬

ナリタスターワン
 17北九州記念 2着 
  重賞初連対
  芝ダート兼用
  でダート短距離でも期待できそう

ナリタハリケーン
 17札幌記念 2着 
  芝ダート兼用の中距離馬
  走るタイミングがよくわからない

ニシケンモノノフ
 17JBCスプリント  1着 
  ダート短距離の実力馬がついに戴冠
  種牡馬メイショウボーラーも産駒の初GI勝ち

ネオリアリズム
 17中山記念 1着 
  マイルから2000までこなせるタイプ
  3月はドバイに大阪杯と得意の距離で走れるGIがあり、どちらに向かうかにも注目

ネロ
 17JBCスプリント  4着
  中央では芝短距離で活躍
  初ダートでこの結果は上々

ノボバカラ
 17マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)  2着 
  「ダートのノボ」は今も健在。息の長い活躍をしてくれそう

 

バーニングペスカ
 17小倉2歳ステークス(GIII) 3着 
  前走新馬勝ち
  今回の上位馬の中では一番様相がわからない馬
  他場や別路線にさらなる適性があるやも

ハギノパトリオット
 17新潟ジャンプS(J・GIII) 2着 
  前走東京ジャンプSでは7着と振るわず
  その前はオープンで5連続連対

ハセノパイロ(船橋)
 17全日本2歳優駿(G1)  3着 
  大井のハイセイコー記念(OP)勝ち
  今回含め5戦全てで複勝圏

ハッピーモーメント
 17目黒記念 3着 
  ほぼ○×

ハルクンノテソーロ
 17ユニコーンS 2着 
  3連続複勝圏と好調
  やや短距離向きの印象
  芝の出走歴あり

ピオネロ
 17シリウスS(GIII) 3着 
  16年同レース2着
  その後も複勝圏率は高い
  不調が短いのでダート中距離では積極的に狙いたい

ヒガシウィルウィン
 17ジャパンダートダービー 1着 
  船橋所属で東京ダービー勝ち馬
  13戦して複勝圏外は1回
  主戦の森泰斗騎手負傷による代打騎乗の本田正重騎手は初JPNI勝ち

ヒストリカル
 17小倉大賞典 2着 
  重賞勝ちは12年毎日杯まで遡る
  重賞の好走も何度かあり、単に早熟というわけでもない
  力はあるが、タイミングがよくわからない

 17福島記念(GIII) 3着 
  概ね4・5走ごとに構想するタイプで今回が好走の該当回

ビッグスモーキー
 17全日本2歳優駿(G1)  5着
  どの競馬場でもそつなくこなせるタイプ

ビットアレグロ
 17東京ジャンプS 3着 
  障害未勝利勝ち以降凡走続きの
  重賞初出走で3着
  全くもってわけの分からない結果
  たまに走って凡走が続く感じなのでしばらく狙えなさそう

ヒルノデイバロー
 17阪急杯 2着
  昨年初頭から重賞を走るようになったものの苦戦
  今回初の連対
  元々は好調期が続く馬なので今年は結構楽しみ

 17毎日放送賞スワンS(GII) 2着 
  若駒のころはダート短距離で活躍
  なぜか芝を走るようになり、今ではたまに連に絡む程度
  その「たまに連に絡む」が今回
  ダート得意の同馬には重馬場が味方したか

ファインニードル
 17セントウルステークス(GII) 1着 
  出走馬中唯一の4歳世代(13年生まれ)
  走る走らないのリズムがある
  好走のあとは様子見

ファストアプローチ
 17札幌2歳S(GIII) 2着 
  新馬こそ戸惑ったのか結果は出ず
  未勝利勝ちのあとここで賞金を加算できたのは大きい
  じっくり下のクラスからというのができないのはよしあし

ファンディーナ
 17フラワーカップ 1着 
  全勝キープで重賞勝ち
  桜花賞の主役の一角

フィエロ
 17京都金杯 3着 
  8歳にして衰え知らず
  重賞未勝利馬にトップハンデはちょっと気の毒
  それでも3着に入っているので正しいと言えば正しい
  概ね好走リズムを刻む馬なので狙いやすい

フィドゥーシア
 17アイビスサマーダッシュ 2着 
  前走OP韋駄天S勝ちで、短距離ではなかなかの実績馬
  今回唯一の不安点は○○×の×の回だったこと
  今回それが破れたのがプラスになりそう
  距離が合えば場所は選ばないタイプ

フェイムゲーム
 17目黒記念 1着 
  15年ダイヤモンドS以来の勝利
  16年ダイヤモンドS以来の連対
  17年は過去3年好走してきたダイヤモンドSで凡走
  そろそろ衰えが……と思わせてからの復活
  中距離寄りになってきているのでは

 17ステイヤーズS(GII) 2着 
  リズムを読むのが難しいが、長距離なら有力な一頭

フェルメッツァ
 17小倉記念 3着 
  近頃は××○のパターンだったが今回で崩れた
  一時は下のクラスで好調期もあった
  再度の好調期の前兆かも

ブライトライン
 17プロキオンS 3着 
  8歳ながら老いてますます盛ん
  好不調がはっきりしている馬なので狙いやすそう

プラチナヴォイス
 17スプリングS 3着 
  重賞で6着4着と順位を上げてきて今回の3着
  しぶとく力を発揮するタイプ
  リズムも××○○と繰り返し、次走も○の番。狙いたい。

プラチナムバレット
 17京都新聞杯 1着 
  オール掲示板の中距離馬
  レース傾向の「重賞にちょっと足りないくらい」に該当
  毎日杯以降を見ると距離延長はプラス材料
  ダービーでも面白そう

ブラックスピネル
 17京都金杯 2着 
  エアスピネルと同世代で、クラシック戦線には乗れなかったものの重賞でも健闘
  こつこつ走ってきて同世代のクラシック組に肩を並べるまでになった
  今後も人気が薄いようなら狙っていける

 17東京新聞杯 1着 
  前走京都金杯で2着と好走
  今年の活躍を予感させていたところ早速の重賞勝ち
  同期のエアスピネルとは1勝1敗。2着3着の差で上回る
  二頭のライバル関係がマイル路線を盛り上げてくれそう
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

 17マイラーズカップ 4着 
  上がり最速を計測したのは好材料

ブラックムーン
 17中京記念(中京芝左1600) 3着 
  複勝圏率が高い
  今まで重賞では苦戦していたが今回初の複勝圏
  今後も期待できそう

ブリザード
 17スプリンターズS(GI) 5着
 香港からの参戦。主な勝鞍はGIIIだが日本のGI馬相手に健闘

プリンシアコメータ
 17JBCレディスクラシック  2着 
  中央では1600万下と1000下をうろうろ
  複勝圏率・掲示板率は悪くない

ブルドッグボス
 17JBCスプリント  3着 
  複勝圏率が非常に優秀で、今回も実力通り

 17カペラステークス(GIII) 3着 
  複勝圏率が非常に優秀
  受賞では初出走時4着だった以外はすべて複勝圏

ブレスジャーニー
 16東京スポーツ杯2歳 1着 
  スワーヴリチャードとムーヴザワールドを下している

 17チャレンジカップ(GIII) 3着 
  前走菊花賞は骨折休養明けで約1年ぶりの出走。そこから今回の結果は上々。
  故障がなければクラシックでも活躍できたはず
  焦らず賞金を積み重ねてほしいところ

プレストウィック
 17ステイヤーズS(GII) 3着 
  掲示板率が高く複勝圏率もまずまず
  4着が多いので予想の際は注意

フローレスマジック
 17クイーンカップ 3着 
  前走は2歳時10月末のアルテミスS2着
  アエロリットと似たタイプ
  賞金を上積みできなかったのが痛い

 17フローラS 3着 
  ここまで全4戦マイルで好走
  初の2000も対応
  終始前を行ったヤマカツグレースを捉えきれなかったので何か逆転する要素が必要

プロディガルサン
 17東京新聞杯 2着 
  勝ち馬(ブラックスピネル)と同期
  2歳の早い時期から活躍
  重賞での好走もあり
  今のところGIではちょっと足りない感じ
  重賞勝ちも遠くなさそう
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

フロンテアクイーン
 17福島牝馬S 2着 
  ××○だったリズムが今回で崩れて狙いづらくなった
  連続好走はないと見ておけばよいかも

フロンティア
 17新潟2歳S(GIII) 1着 
  ダイワメジャー産駒で前走新馬勝ち
  縁起のいい名前

ベストアプローチ
 17青葉賞 2着 
  16京都2歳S3着や17弥生賞4着など
  2歳時に2000を3走、2400の今回好走と長い距離向き
  ダービーでもチャンスありか

ベストウォーリア
 17根岸S 2着 
  衰え知らずのベテランはここでも健在
  GI以外ならほぼ確実に複勝圏に入る

 17フェブラリーS 2着 
  前走根岸Sでも衰えのないところを見せた
  今回も2着。これで5連続2着で、勝ちきれない

ベルーガ
 17KBS京都賞ファンタジーS(GIII) 1着 
  父はキンシャサノキセキで母父はクリスエス
  母系でスタミナの補強はできていそう
  1400で勝てたことでマイルも十分に対応できそう

ペルシアンナイト
 17シンザン記念 3着 
  1800勝ち上がりにマイルの好走、オール連対とこの時期の重賞でいかにもな馬
  上位陣の激走に足をすくわれた感じ
  早いところ賞金を積み上げてほしい

 17アーリントンカップ 1着 
  前走シンザン記念3着の鬱憤を晴らす
  このレース選択だとNHKマイルに行きそう
  中距離でも見てみたい
  マイルなら中心の一頭

 17皐月賞 2着 
  実績はいかにもマイラー
  17シンザン記念出走馬
  NHKマイルに出ればと密かに目をつけていた馬

 17マイルチャンピオンシップ(GI) 1着 
  皐月賞2着・シンザン記念3着など
  スピードスタミナ兼備タイプ
  マイルCSはリピーターの強いレース
  京都マイルのシンザン記念好走の同馬は変則的に該当
  シンザン記念は出世レース

ポールヴァンドル
 17紫苑ステークス(GIII)  3着 
  掲示板を外したことがない
  距離の融通も利きそう
  ディアドラほどは勝ちきれない感じ

ポポカテペトル
 17菊花賞(GI) 3着 
  デビュー以来一貫して2000以上の距離を使われた馬
  青葉賞4着などもあり、長めの距離もこなせそうな要素はあった
  掲示板率が高く、今回のようなレースにはこういう馬のほうが向いていたのかも
  今後も長距離レースでは侮れない一頭になりそう

ボンセルヴィーソ
 17ファルコンS 2着 
  デイリー杯2歳S2着・朝日杯FS3着と力はある
  未勝利以降勝ちがない
  賞金を加算できたのは大きい

 17ニュージーランドトロフィー 3着 
  血統的にはいかにもマイル強そう
  勝ちきれなさはあるが安定

 17NHKマイルカップ 3着 
  16年朝日杯FS3着ほか重賞で4複勝圏
  勝ちきれなさと安定感の両面

 

マイスタイル
 17弥生賞 2着 
  シンザン記念5着のあとこぶし賞を勝っての今年3戦目
  11月のデビューから使い詰めなのが少し気になる

 17東京優駿 4着 
  17皐月賞16着からの立て直し
  距離の融通が利くがマイル寄りの印象

マイネルヴンシュ
 17菊花賞(GI) 4着
  今回唯一2500・2600の良績があった馬
  得意の距離では勝ちきれる決め手もある
  初重賞でこれなら大健闘

マイネルスフェーン
 17京成杯 3着 
  すでに7戦消化し、複勝圏内が6回。その中には前走のGIIホープフルSも
  今回も3着でとにかく安定性がすごい
  賞金を加算できなかったのは残念

マイネルバイカ
 17平安S 3着 
  リズムが顕著な馬で3・4戦あけて複勝圏という感じ。しばらくなさそう

マイネルハニー
 17エプソムカップ 3着 
  ほぼ○×か○××のリズムを刻む

マイネルフィエスタ
 17小倉サマージャンプ 3着 
  15年同レース以来の重賞複勝圏
  その間もたびたび掲示板に載る程度の走り
  小倉が一番得意そうだが他にも好走歴のあるコースはあるので注意

 17阪神ジャンプステークス(J・GIII) 3着 
  関西や小倉が得意で、中山ではあまり重い印は打てそうにない

 17京都ジャンプS(J・GIII) 1着 
  障害重賞初勝利
  姉は阪神JF・日経新春杯勝ちのテイエムプリキュア
  兄は障害重賞3勝のテイエムハリアー
  スタミナ血統。近走も好調で、勝つべくして勝った

マイネルフロスト
 17新潟大賞典 2着 
  年に1・2回重賞で好走
  タイミングがよくわからない
  間が空いたなと思ったら狙う

 17鳴尾記念 3着 
  走るタイミングがわかりにくい
  新馬以来の連続好走

 17七夕賞 2着 
  6歳にして最盛期。この好調がどこまで続くか

マウレア
 17阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 3着 
  マイルのディープインパクト
  マイルに強い血統でこの結果だと、逆転には上積みが必要

マカヒキ
 17京都記念 3着 
  16年凱旋門賞以来の久々
  本番前の一叩きならこれでも十分も、ダービー馬としてはやや物足りない結果

 17天皇賞(秋)(GI)  5着
  2400でこその馬

 17ジャパンカップ(GI) 4着
  消耗の激しいはずの天皇賞組ながら、いつもどおりの力を発揮した

マキシマムドパリ
 17愛知杯 1着 
  複勝圏率の高い中距離馬
  昨年同レースでも4着
  1番人気に応えての重賞初勝利
  鞍上岩田騎手は1年4ヶ月ぶりの重賞勝ち

 17マーメイドS 1着 
  今回含め21戦して16複勝圏
  重賞で勝ち切る力も
  15年秋華賞3着などGIでも通用
  2000mを超えるとあまり芳しくない
  エリザベス女王杯となるとどうか
  2200m以上のレースで結果を出したいところ
  好調が3戦ほど続く

 17エリザベス女王杯(GI)  4着
  近走はやや振るわないが、OPや牝馬重賞では安定感がある

マジックタイム
 17中山牝馬S 2着 
  連対率が高く、GI以外ならほぼ勝ち負けという頼もしい馬
  ハンデ56kgと最重量でしたがものともせず
  この強さなら今年はGIでもいい勝負をするかも……と思いきやこれで引退

マドリードカフェ
 17京都ハイジャンプ 1着 
  障害未勝利・オープンと連勝し、ここで3連勝
  早々と障害重賞勝ち
  障害入りから名手熊沢騎手とコンビ

マルターズアポジー
 17小倉大賞典 1着 
  前走(16年有馬記念)は大敗しまが、その前は3連勝で福島記念勝ち
  今回の上位人気馬よりも実績は上といっても過言ではない
  多少見くびられていたようにも
  中距離重賞を勝ち切る力があ
  より格上のレースでの走りも楽しみ

 17関屋記念 1着 
  16年福島記念・17年小倉大賞典勝ちなど
  重賞で勝つ力はあるものの、ダメなときは二桁着順
  狙い目は大敗の後に頭固定
  1600から2000の間でハマればGIで面白そう

ミスパンテール
 17チューリップ賞 2着 
  2歳7月のデビュー勝ちを飾ってからの長期休養明け
  経験の少なさもありながらGI馬相手の2着は立派
  上がりタイムはソウルスターリングを上回っている

ミッキークイーン
 17阪神牝馬S 1着 
  牡馬とも渡り合うGI馬が牝馬限定戦で他と大差ない斤量で走ればこうなるのも当然
  マイルGIに向けて上々の前哨戦

 17宝塚記念 3着 
  得意の中距離で結果を出した
  エリザベス女王杯でも楽しみな一頭

 17エリザベス女王杯(GI) 3着 
  複勝圏率が高く、迷ったら入れておきたい

ミッキースワロー
 17セントライト記念(GII) 1着 
  ここまで戦績に目立ったものはないが、オール掲示板
  父はトーセンホマレボシで父父がディープインパクト
  一気に駆け上がってスターダムの可能性も

ミッキーロケット
 17日経新春杯 1着 (降雪延期)
  神戸新聞杯2着(16年)をはじめ、非常に連対率の高い馬
  掲示板外も皐月賞(16年)の一度だけということでここは順当
  今年(17年)は充実の年となりそう

 17中日新聞杯(GIII) 2着 
  もともと連対率の優秀な馬
  17年は日経新春杯を勝って以降やや不調
  次走の様子を見る必要はある
  力を取り戻せばさらなる活躍が期待できる馬
  13年生まれ世代が上位を独占

ミツバ
 17JBCクラシック  3着 
  戦績はあまり目立たない
  どのレースでもトップクラスの上がりを計測し、決め手のある馬
  フェブラリーあたりは向きそう

ミライヘノツバサ
 17AJCC 3着 
  過去の重賞挑戦では苦杯を舐めたが力をつけてきた感じ

 17日経賞 2着 
  前走アメリカジョッキークラブカップ3着から順位を上げた
  今回はシャケトラの充実ぶりに敵わず
  距離適性や賞金を考えると宝塚記念を目指して中距離重賞を狙ったほうがよさそう

ムーヴザワールド
 17共同通信杯 3着 
  前走は東京スポーツ杯2歳S3着
  力はある
  スワーヴリチャードには少し離された感じ
  東京スポーツ杯2歳S勝ち馬のブレスジャーニーの評価が相対的に上がる

メイショウウタゲ
 17東海S 3着 
  複勝圏率がやや高い馬であまり大崩れはしないタイプ
  続けて狙えそう

メイショウスミトモ
 17シリウスS(GIII) 1着 
  16年ラジオ日本賞(OP)以来の勝ち
  何がきっかけで走るのかよくわからない馬

メイソンジュニア
 17ファルコンS 3着 
  2勝はどちらも芝短距離
  重賞実績は小倉2歳S2では11着、全日本2歳優駿では5着
  ダート向きか……と思わせてこの結果
  芝ダート兼用馬として楽しみ

 17ニュージーランドトロフィー 2着 
  芝ダート兼用の短距離馬という感じ
  マイルもいけたのは収穫
  地方の短距離重賞っぽいイメージ

メートルダール
 17新潟大賞典 3着 
  6年年明けの3歳重賞では活躍
  その後収得賞金の上積みができず
  安定してよく走り掲示板外は11戦して一度
  複勝圏率も9/11と高い
  ここでも3着。あと一歩の足りない馬

 17中日新聞杯(GIII) 1着 
  複勝圏率が非常に優秀な馬
  16年秋から1走おきに1着とリズムを刻んでいて今回が1着の回
  重賞初勝利でさらなる飛躍が期待できそう
  次はリズム的には外れ(といっても複勝圏には来そう)
  殻を破っていれば打破してくるかも
  13年生まれ世代が上位を独占

メラグラーナ
 17オーシャンS 1着
  14戦して6勝2着1回と勝率・連対率が優秀 
  下のクラスでも大敗するかと思いきや重賞で突き抜けるだけのポテンシャルもある
  相手云々より自身の走り次第なところがあり、GIでも面白そう

モーニン
 17かしわ記念 3着 
  近走不調
  得意は東京コース
  いい条件ではなかったがよく頑張った

モズカッチャン
 17フローラS 1着 
  単勝12番人気だが3連続複勝圏(直近2連勝)と戦績はさほど見劣りしていなかった
  ラジオNIKKEIの競馬中継アナ曰く「府中2000は迷ったら1枠1番」
  和田騎手に17年ぶりの東京重賞勝利をもたらすくらいの強さ

 17優駿牝馬 2着 
  3連勝のフローラS経由で結果を出した
  和田騎手に17年ぶりの東京重賞勝利をもたらした強さは本物

 17秋華賞(GI) 3着 
  複勝圏率が優秀。和田騎手のほうがよかったのでは

 17エリザベス女王杯(GI) 1着 
  ここまで複勝圏を外したのは新馬と休み明けのレースのみ

モリトシラユキ
 17フェアリーS 3着 
  1800やダートなども走り、スタミナのありそうな感じ
  こういう荒れそうな重賞では狙っていきたい

モルトアレグロ
 17阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 5着 
  短距離メインの馬が健闘
  芝の重馬場やダートなら重賞級の力があるのでは

モルトベーネ
 17東海S 2着 
  波のある馬で狙いにくい
  概ね連続好走する傾向があるので注意

 17アンタレスS 1着 
  17年1月に東海S勝ちがあり好調
  走るタイミングが掴みづらい馬
  近走にかかわらずいきなり勝ったりする
  迷ったら入れておくのも手

モンドインテロ
 17日経新春杯 3着 (降雪延期)
  複勝圏率・掲示板率の非常に高い馬
  馬券に絡む時は1着か3着かという感じ

 

ヤマカツエース
 17金鯱賞 1着 
  馬の特徴としては中距離重賞で勝ちきれるタイプ
  逆に善戦というのがあまりない極端な感じ
  金鯱賞で3ヶ月ぶりの「連覇」という珍記録

 17札幌記念 3着 
  重賞5勝と出走馬中トップクラス。ここは実力通り

 17大阪杯 3着 
  2000のスペシャリストが健闘
  有馬記念でも4着がある馬
  で距離の対応ができる
  2000に近い方がよさそう

ヤマカツグレース
 17フローラS 2着 
  フィリーズレビュー5着以降、距離が伸びて好成績
  前に行って粘れるのもよいが2400でそのレース運びができるかどうか

ヤマカツライデン
 17函館記念 3着 
  若い頃はダートで好調期
  その後長いブランクを経て中長距離で好調期
  今回がどうやら第三の好調期の端緒になりそう
  スタミナ寄り

ヤングマンパワー
 17マイラーズカップ 3着 
  近走不調だがその前は重賞を連勝
  好調が持続するので次も狙えそう

 

ライジングリーズン
 17フェアリーS 1着 
  前走アルテミスSでは13着と惨敗。そこから一転重賞勝ち
  なにがよくて走ったのかよくわからない
  「戦績がパッとしない感じの馬」という条件には合致

ラインスピリット
 17北九州記念 3着 
  走るタイミングがよくわからない
  4戦凡走のあとくらいが狙い目

ラインハート
 17JBCレディスクラシック  3着 
  不調かと思えばいきなり好走したりとよくわからない馬

ラインミーティア
 17アイビスサマーダッシュ 1着 
  近3走が新潟直千で1勝4着2回
  それなりに実績がありつつ、人気しない感じの戦績
  適性のある人気薄という条件の一つに合致
  他ではどうかなという感じ

 17セントウルステークス(GII) 2着 
  前走アイビスサマーダッシュ勝ちからの連続好走
  コースの対応力がありそう

ラッキーライラック
 17アルテミスS(GIII) 1着 
  父オルフェーヴル
  同産駒重賞勝ちは札幌2歳Sのロックディスタウンに続いて2頭目
  産駒は父の気性が前向きな性格として出ているようで今後も活躍馬が出てきそう

 17阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 1着 
  無敗のまま世代最初のGI馬に
  父オルフェーヴルにもさっそくタイトル

ラテュロス
 17アルテミスS(GIII) 3着 
  3戦全てがマイルのディープインパクト産駒
  血統的にもかなり意図的にマイルを使われている
  逆に言うと「マイルのディープインパクト」で勝ちきれないのはやや厳しい
  得意条件なら十分に力を発揮できるタイプでもあると言えるので軽視は禁物

ラビットラン
 17ローズステークス(GII) 1着 
  ダート勝ち上がりで芝は前走が初めて
  どちらもこなせるタイプ
  なぜ芝を走らせるのが遅かったのかという感じ
  和田騎手はモズカッチャン降板の悔しさを新コンビで晴らした

 17秋華賞(GI) 4着
  和田騎手とのコンビもよい
  ダートでの連続好走もあり、その点でも和田騎手と合ってそう
  エリザベス女王杯でスタミナ寄りの展開になれば面白いかも

ラブラドライト
 17ダイヤモンドS 2着 
  2400までと2600以上で極端に成績が変わる
  2500ならどうなるか
  ともかく長距離では力を発揮する

ララベル
 17JBCレディスクラシック  1着 
  16年浦和のしらさぎ賞以来の勝利
  16年JBCレディスクラシック除外以降不調
  その鬱憤を晴らす見事な勝利

リアルスティール
 17毎日王冠(GII) 1着 
  ドバイターフ勝ちなど
  もともと連対率の非常に優秀な馬
  復調ともなれば秋GIの主役の一頭なのは間違いない

 17天皇賞(秋)(GI)  4着
  国内タイトルを狙うならマイルCSのほうがよさそう

リエノテソーロ
 17NHKマイルカップ 2着 
  16年全日本2歳優駿勝ち
  芝でも2勝の万能型
  本レース唯一のGI馬

リスグラシュー
 17チューリップ賞 3着 
  阪神JF 2着 
  ここまで連対100%で、初の3着
  ソウルスターリング相手に負けるのならまだしも、長期休養明け1勝馬の後塵を拝した

 17桜花賞 2着 
  オール複勝圏
  阪神JF2着

 17ローズステークス(GII) 3着 
  16阪神JF2着・17桜花賞2着など。力はあるが勝ちきれない感じ

 17秋華賞(GI) 2着 
  桜花賞2着馬がまたしても2着
  オークス以外では全て複勝圏だが勝ちきれない

リリーノーブル
 17阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 2着 
  ラッキーライラックとのタイム差0.1秒、上がり差0.2秒を桜花賞までにどう埋めてくるか

ルヴァンスレーヴ
 17全日本2歳優駿(G1)  1着 
  無敗のままのGI勝利

ルーカス
 17東京スポーツ杯2歳S(GIII) 2着 
  モーリスの全弟。兄は2歳時の京王杯2歳Sで6着
  現時点では上回っているということに

ルージュバック
 17オールカマー(GII) 1着 
  16年毎日王冠以来の勝利
  近走は不調だったが見事な復調
  好調維持ならついに戴冠なるか

  せつなさん所見
   有馬記念で怖い、次どこか使って大敗→人気落ちからのマツリダゴッホパターンありそう

 17有馬記念(GI)  5着
  非根幹距離の方が成績がよく、相手も考えればここでも健闘した
  引退

ルールソヴァール
 17みやこS(GIII) 2着 
  連対か着外かというわかりやすい馬
  昨年末からの不調を脱して、しばらく狙えそう

ルペールノエル
 17阪神ジャンプステークス(J・GIII) 2着 
  前走は競走中止だが15年中山大障害3着もある実力馬
  調子や展開次第では本番での大駆けもありそう

 17中山大障害(J・GI) 3着 
  16年と同じ3着
  前が異次元の戦いを繰り広げた結果、大差に
  相手が強すぎなだけで力のある馬なのは間違いない

ルミナスウォリアー
 17函館記念 1着 
  下のクラスでは堅実に走ってきたものの、重賞では掲示板がやっと
  とはいえ大負けもあまりしない
  力のいりそうな馬場と、オペラハウス系の特長がハマった

レイデオロ
 17東京優駿 1着 
  17皐月賞5着に敗れたものの、メンバー中2位の上がりタイム
  「決め手」を持っている馬
  ぶっつけでも勝負になる
  一叩きの上積みがさらにプラス
  スローで脚の使い所を間違えなかったルメール騎手の妙技が光る

 17神戸新聞杯(GII) 1着 
  ダービー馬がクラシックディスタンスを順当に勝利
  得意の距離なら古馬相手でもやれそう

 17ジャパンカップ(GI) 2着 
  さすがのダービー馬
  神戸新聞杯から直行・得意の距離・軽い斤量と走るべくして走った
  今後もクラシックディスタンス近辺では力を発揮しそう

レインボーライン
 17宝塚記念 5着 
  よく復調した
  活路を見出すならやはりマイル路線か

 17天皇賞(秋)(GI) 3着 
  重得意のステイゴールドの血が真価を発揮

レーヌミノル
 17フィリーズレビュー 2着 
  力がある馬なのは確か
  勝ちから遠ざかってるのが気がかり

 17桜花賞 1着 
  2歳9月の16小倉2歳S以来の勝利
  その間も勝てはしなかったものの阪神JF3着など
  16小倉2歳Sはほかにもダイイチターミナルやシュウジなどが活躍

 17マイルチャンピオンシップ(GI) 4着
  不調からよく立て直した
  古馬・牡馬に混じって3歳牝馬がこの結果は立派

レジーナフォルテ
 17アイビスサマーダッシュ 3着 
  短距離でポツポツと勝つタイプで狙い所が難しい
  初勝利が新潟直千
  同レースで馬券になりやすい「リピーター」の近似
  本領は福島と見るが、中山でも少し注意が必要

レッツゴードンキ
 17京都牝馬S 1着 
  15年桜花賞以来の勝ち
  16年後半は5戦4複勝圏と好調で、復調自体はできていた
  重賞勝ちも時間の問題だったと言える

 17高松宮記念 2着 
  復調気配はやはり本物
  このまま調子を維持できればヴィクトリアマイル・安田記念あたり

 17スプリンターズS(GI) 2着 
  17年はGI2着2回と好調

 17毎日放送賞スワンS(GII) 3着 
  17年はスプリントGIで2着2回
  往時の力は取り戻したが、どうも勝ちきれない
  大崩れはなさそう

レッドアンシェル
 17アーリントンカップ 2着 
  朝日杯Fこそ惨敗だが、今回は同じくマイルで好走
  距離延長が可能なのか測りかねる

レッドファルクス
 17高松宮記念 3着 
  16年スプリンターズSの勝ち馬
  年末の香港スプリント大敗からよく持ち直した
  やはりぶっつけだと厳しかった

 17京王杯スプリングカップ 1着 
  16年スプリンターズS1着
  17年高松宮記念3着
  実力最上位だけあって順当な勝ち
  複勝圏率が優秀

 17安田記念 3着 
  16年スプリンターズS勝ち
  17年高松宮3着
  短距離のトップランナー
  スタミナも要求される舞台でよく頑張った

 17スプリンターズS(GI) 1着 
  16年同レースの覇者が連覇
  17年はGIであと少しというレースが続いたが、溜飲を下げた

ローズプリンスダム
 17レパードS 1着 
  前走17年ジャパンダートダービー8着
  その前の中央オープン17年鳳雛S勝ち
  きれいに○×を繰り返す馬で、今回は○の回
  芝で新馬勝ちもあり、芝に出てきたときも面白そう

ロードヴァンドール
 17金鯱賞 2着 
  勢いのある4歳世代の一頭
  今回含めて15戦10複勝圏
  掲示板外はわずか2回という堅実派
  3歳時は重賞で苦戦
  今年に入ってからは小倉記念で4着など、じわじわ力をつけてきた
  というか同世代がハイレベルすぎるのでは……?)

 17中日新聞杯(GIII) 3着 
  春先に金鯱賞で好走して以降不調
  古馬中距離戦線は層が厚いので仕方のないところ
  13年生まれ世代が上位を独占

ロードリベラル
 17ラジオNIKKEI賞 3着 
  走る条件はまだよくわからない
  人気薄でも食い込んでくるあたり力はありそう

ロゴタイプ
 17中山記念 3着 
  クラシックの皐月賞含めGI3勝
  GIシーズンの前哨戦としてはまずまずの走り

 17安田記念 2着 
  16年安田記念勝ち馬
  リピーターのきやすい傾向にも合致
  好走するリズムのわかりやすい馬

ロジチャリス
 17ダービー卿チャレンジトロフィー 1着 
  複勝圏率が高い
  同レースでわりと成績のよい東風S好走馬
  1800の重賞では4着2回
  2000異常で極端にに成績が落ちる
  マイルと1800で狙いたい

ロックディスタウン
 17札幌2歳S(GIII) 1着 
  新馬勝ち
  新種牡馬オルフェーブル産駒の牝馬
  1番人気に応え、父に種牡馬としての初重賞勝ちをもたらす

ロワジャルダン
 17アンタレスS
  15年みやこS以降勝ちがない 3着 
  現状では重賞で好走することもあるが3着が精一杯という感じ

ロンドンタウン
 17アンタレスS 2着 
  17年佐賀記念勝ち
  連対率がなかなかよい
  勢いのある4歳世代(13年生まれ)なので狙っていきたい

 17エルムS 1着 
  17佐賀記念1着・17年アンタレスS2着
  レコードで中央重賞初勝利
  17年に入ってからは×○×○
  サイン馬券的には世界陸上ロンドン大会真っ最中

 17 東京大賞典(GI)  5着
  人気薄だがまがりなりにも海外GIコリアカップの優勝馬
  日本のGIも勝てるように力をつけてほしい

 

ワグネリアン
 17東京スポーツ杯2歳S(GIII) 1着 
  父ディープインパクト、母父キングカメハメハといういかにもな血統
  母の母はブロードアピールと、近年の競馬が凝縮されたような一頭
  ここを通過点としていけるかどうか
  ダートでも見てみたい

ワンスインナムーン
 17京都牝馬S 2着 
 勢いのある現4歳世代(2013年生)
 近2走は連勝、重賞初挑戦での連対
 いきなり通用するところを見せた
 連対率が結構高いので、馬券買う時は活用できそう
 この世代は同世代の強敵相手に勝ち損ねた馬が能力を開花させそう

 17スプリンターズS(GI) 3着 
  GI初出走で大敗した17年の高松宮記念から大きな飛躍
  今回は好走だが、次は少し様子見かも

ワンミリオンス
 17JBCレディスクラシック  4着
  安定して走る馬で、今回も悪くない結果

|

« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »

全開!!重賞予想」カテゴリの記事

コメント

近年の大寒桜賞の上位馬を記載しておく

投稿: カワタカ | 2017年2月19日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/69170668

この記事へのトラックバック一覧です: 重賞上位馬メモ:

« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »