« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »

2017年1月 9日 (月)

重賞上位馬メモ

重賞に書いている上位馬の短評をまとめて記載していきます

 並び順規則 濁点半濁音は無視して、重複したら濁点半濁音なしの次。長音は直前の文字の母音に置き換え、重複したら長音なしの次の順

                 

アドマイヤミヤビ
 17クイーンカップ 1着 
  デビュー自体はそこそこ早かった
  ほぼ2ヶ月ごとのローテーションで大事に使われてきた感じ
  2歳時に無理に上のクラスで使わなかったのが功を奏したか
  オール連対
  2000の勝ちもあることから距離の融通も利きそう
  2ヶ月のローテを守るのかクラシックの前哨戦を使うのか
  ローテ守ってくれると予想上も面白そう

アエロリット
 17フェアリーS 2着 
  2戦2連対でここに臨んで好走
  父クロフネということもあってこのへんの距離は得意だと思う
  もうちょっと賞金を上積みできればクラシックでも

 17クイーンカップ 2着 
  前走フェアリーSも2着
  力がありながら勝ちきれない面も
  ここで賞金を上積みできたのは大きい

アメリカズカップ
 17きさらぎ賞 1着 
  朝日杯FSこそ歯が立たなかったがデビューから連勝
  1800勝ちもある
  後ろから行った上位人気場が重馬場で切れ味を削がれたのも味方
  この馬自身も中団から上がり最速で前を捉えている
  重馬場適正だけではなさそう
  オッズ低評価なら狙い目

アルバート
 17ダイヤモンドS 1着 
  1番人気に応えての勝利
  長距離は強い
  阪神大賞典→天皇賞→メルボルンカップというようなルートか
  いっそのこと凱旋門賞に挑戦してみてほしい

エアスピネル
 17京都金杯 1着 
  2歳時にマイル重賞勝ち
  クラシック戦線で好成績
  やっぱりマイルが適正距離だった
  中長距離での勝ちきれなさが嘘のような見事な勝ちっぷり
  ただ、ここから安田記念まで間が開くので、マイル重賞をこまめに拾っていくのかそれともドバイか

 17東京新聞杯 3着 
  前走京都金杯で今回の勝ち馬ブラックスピネルを下すが逆転を許す
  力がある馬であることには間違いないところ
  ここは取りこぼしとも言える負け。次走に注目
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

エイシンバッケン
 17根岸S 3着 
  重賞初出走ながら健闘
  相手なりに走る感じ
  入れとけばそう大外しはなさそう

 17フェブラリーS 4着 
  強敵相手によくがんばった

エトルディーニュ
 17共同通信杯 2着 
  ここまでで8戦消化
  どのクラスでも相手なりに走る感じ
  過去の重賞・オープンでも掲示板は外していない
  概ね○○××と刻む

オールブラッシュ
 17川崎記念 1着 
  重賞は3歳時の15年レパードS9着のみ
  それ以降は下級条件ながら9戦して8複勝圏と堅実
  その間にコンビを組んだこともある名手ルメール騎手を背に見事戴冠

カフジテイク
 17根岸S 1着 
  後方から直線一気に抜け出しての完勝
  直線の長い東京はまさにうってつけ
  フェブラリーSも楽しみ

 17フェブラリーS 3着 
  17根岸Sでベストウォーリアを破った
   (ベストウォーリアはフェブラリーS2着)
  今回も素晴らしい脚で追い上げ
  本領はもう少し短いところか

カフジプリンス
 17ダイヤモンドS 3着 
  ラブラドライト同様2400までと2600以上でガラリと変わる
  力をつければ2400で重賞を勝つくらいはしそう

ガンサリュート
 17京成杯 2着 
  勝ち上がりに4戦要したが、勝ちきれなさと相手なりに走るしぶとさは表裏一体
  人気薄なら狙っていっていいと思う

キョウヘイ
 17シンザン記念 1着 
  1200の未勝利勝ち上がりで、1200の小倉2歳S4着などどちらかといえば短距離向きに見える
  デビュー以来のコンビとなる高倉騎手の後方待機策が見事にハマった

クインズミラーグロ
 17愛知杯 3着 
  走るタイミングがよくわからない

クラリティスカイ
 17中山金杯 2着 
  15年NHKマイル勝ち馬
  中距離を走り出してからは結果が出ている
  中長距離GIで軽視していると一発があるかも

 17小倉大賞典 3着 
  15年NHKマイルカップ勝ち馬
  勝ちからは遠ざかっている
  近走はまずまず
  (同週京都牝馬S勝ちの)同期レッツゴードンキのように復活勝利があるかも

グレンツェント
 17東海S 1着 
  デビュー(芝)以来オール掲示板
  (ダートで)勝ち上がってからはオール複勝圏で3着もわずか1回
  レパードS勝ちもあり、ここもしっかり
  フェブラリーSの中心になりそう

ゴールドドリーム
 17フェブラリーS 1着 
  チャンピオンズカップこそ大敗たが、同世代の中でも上位の実績
  年上世代相手に活躍している4歳世代の強さをまた一つ示した

コスモカナディアン
 17川崎記念 3着 
  重賞初出走がいきなりこの大舞台
  2000を超える距離も今回が初
  並み居るダートの実績馬を相手にこの結果は立派
  そう遠くない内に重賞勝ちはしそう

コマノインパルス
 17京成杯 1着 
  バゴ産駒で、デビュー以来2000で走ってきた馬
  ここは狙いに来た感あり
  田辺騎手とのコンビも息が合ってそう

サウンドトゥルー
 17川崎記念 2着 
  近走も好調なGI馬で1番人気
  しっかり力は発揮したが新鋭の勢いに屈した

サトノアーサー
 17きさらぎ賞 2着 
  2000デビューで連勝
  いかにもクラシックを意識な馬
  重馬場でよく追い込み
  前を行く馬に上がりタイムで敵わなかったのは少し不安材料

サトノクラウン
 17京都記念 1着 
  16年末の香港ヴァーズで晴れてGI馬に
  昨年も勝った相性のいいレース
  次はドバイか大阪杯か。できれば大阪杯に

サンソヴール
 17愛知杯 2着 
  単勝10番人気の低評価
  実はある程度走るリズムの決まっている馬。今回は走るタイミング

シャイニープリンス
 17中山金杯 3着 
  ちょっといつ走るかわからない感じ
  近頃でいうと2連続好走のあとはしばらく……というリズム

シャケトラ
 17日経新春杯 2着 (降雪延期)
  3歳6月という遅いデビュー(16年)からここまでオール複勝圏
  初重賞もものともしない走りで能力高い
  使われている距離も中長距離を意識した感じ
  大阪杯から始まる春のGIでは面白い存在になりそう

スナッチマインド
 17京都牝馬S 3着 
  6歳にして重賞初出走
  ここまで19戦して複勝圏外はわずか4度、3着は1回(今回で2回)
  連対率の高さは特筆すべきもの
  重賞初挑戦でも通用
  勝ちきれないながらも相手なりに走る馬

スマートレイアー
 17京都記念 2着 
  7歳になっても衰えは見えず
  既に重賞をいくつも勝っている馬
  現役を続けたからにはビッグタイトルがほしいところ

スワーヴリチャード
 17共同通信杯 1着 
  前走東京スポーツ杯2歳Sで2着
  負けで得たものを勝ちに繋げられるタイプと見る
  クラシックの前哨戦が鍵になりそう
  東京スポーツ杯2歳S勝ち馬のブレスジャーニーの評価が相対的に上がる

セイウンコウセイ
 17シルクロードS 2着 
  芝ダート兼用の短距離馬
  一昨年来は1戦を除いて全て連対
  重賞初挑戦ながら2着に食い込み、今後が楽しみ

ゼーヴィント
 17AJCC 2着 
  3歳時(16年)の未勝利勝ち上がりからここまでオール複勝圏
  ラジオNIKKEI賞勝ちのほか、セントライト記念・福島記念に今回と連続2着
  安定した力があるが、若干勝負弱さも

セカンドテーブル
 17シルクロードS 3着 
  概ね○○×もしくは○×のパターンを刻む
  今回は○、おそらく次は×の回
  これを打破するようになると京王杯2歳以来の重賞勝ちも見えてきそう

タイセイスターリー
 17シンザン記念 2着 
  勝ち馬よりもむしろこの馬が2着に来たほうがよくわからない

ダンスディレクター
 17シルクロードS 1着 
  昨年同レースを勝って以降は、4着が最高とやや不調
  最後の勝ちを飾ったレースで復活
  元々は好調期が続く馬だけに次走が試金石

タンタアレグリア
 17AJCC 1着 
  昨春(16年)の阪神大賞典2着・天皇賞春4着の活躍後の長期休養明けでの勝利
  もともと掲示板率・連対率の高い馬
  ここでの勝ちも不思議ではない
  近年の出世レースである大寒桜賞の勝ち馬

ダンビュライト
 17きさらぎ賞 3着 
  ここまでマイルのみ走って3戦2勝
  1800は初挑戦
  サトノアーサーと位置取り・上がりともに互角に近い戦いができたのは収穫

  春のGI戦線で期待

ツクバアズマオー
 17中山金杯 1着 
  中長距離で安定して力を発揮する
  一昨年途中から掲示板外がなく、今後も安定して走ってくれそう
  自身の調子と相手次第ではGIでも面白そう。特に大阪杯、天皇賞あたりは1着か3着づけ

ヒストリカル
 17小倉大賞典 2着 
  重賞勝ちは12年毎日杯まで遡る
  重賞の好走も何度かあり、単に早熟というわけでもない
  力はあるが、タイミングがよくわからない

フィエロ
 17京都金杯 3着 
  8歳にして衰え知らず
  重賞未勝利馬にトップハンデはちょっと気の毒
  それでも3着に入っているので正しいと言えば正しい
  概ね好走リズムを刻む馬なので狙いやすい

ブラックスピネル
 17京都金杯 2着 
  エアスピネルと同世代で、クラシック戦線には乗れなかったものの重賞でも健闘
  こつこつ走ってきて同世代のクラシック組に肩を並べるまでになった
  今後も人気が薄いようなら狙っていける

 17東京新聞杯 1着 
  前走京都金杯で2着と好走
  今年の活躍を予感させていたところ早速の重賞勝ち
  同期のエアスピネルとは1勝1敗。2着3着の差で上回る
  二頭のライバル関係がマイル路線を盛り上げてくれそう
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

ブレスジャーニー
 16東京スポーツ杯2歳 1着 
  スワーヴリチャードとムーヴザワールドを下している

フローレスマジック
 17クイーンカップ 3着 
  前走は2歳時10月末のアルテミスS2着
  アエロリットと似たタイプ
  賞金を上積みできなかったのが痛い

フローレスマジック
 17クイーンカップ 3着 
  前走は2歳時10月末のアルテミスS2着
  アエロリットと似たタイプ
  賞金を上積みできなかったのが痛い

プロディガルサン
 17東京新聞杯 2着 
  勝ち馬(ブラックスピネル)と同期
  2歳の早い時期から活躍
  重賞での好走もあり
  今のところGIではちょっと足りない感じ
  重賞勝ちも遠くなさそう
  レース自体は4歳世代のレベルの高さを示す

ベストウォーリア
 17根岸S 2着 
  衰え知らずのベテランはここでも健在
  GI以外ならほぼ確実に複勝圏に入る

 17フェブラリーS 2着 
  前走根岸Sでも衰えのないところを見せた
  今回も2着。これで5連続2着で、勝ちきれない

ペルシアンナイト
 17シンザン記念 3着 
  1800勝ち上がりにマイルの好走、オール連対とこの時期の重賞でいかにもな馬
  上位陣の激走に足をすくわれた感じ
  早いところ賞金を積み上げてほしい

マイネルスフェーン
 17京成杯 3着 
  すでに7戦消化し、複勝圏内が6回。その中には前走のGIIホープフルSも
  今回も3着でとにかく安定性がすごい
  賞金を加算できなかったのは残念

マカヒキ
 17京都記念 3着 
  16年凱旋門賞以来の久々
  本番前の一叩きならこれでも十分も、ダービー馬としてはやや物足りない結果

マキシマムドパリ
 17愛知杯 1着 
  複勝圏率の高い中距離馬
  昨年同レースでも4着
  1番人気に応えての重賞初勝利
  鞍上岩田騎手は1年4ヶ月ぶりの重賞勝ち

マルターズアポジー
 17小倉大賞典 1着 
  前走(16年有馬記念)は大敗しまが、その前は3連勝で福島記念勝ち
  今回の上位人気馬よりも実績は上といっても過言ではない
  多少見くびられていたようにも
  中距離重賞を勝ち切る力があ
  より格上のレースでの走りも楽しみ

モリトシラユキ
 17フェアリーS 3着 
  1800やダートなども走り、スタミナのありそうな感じ
  こういう荒れそうな重賞では狙っていきたい

モルトベーネ
 17東海S 2着 
  波のある馬で狙いにくい
  概ね連続好走する傾向があるので注意

モンドインテロ
 17日経新春杯 3着 (降雪延期)
  複勝圏率・掲示板率の非常に高い馬
  馬券に絡む時は1着か3着かという感じ

ミッキーロケット
 17日経新春杯 1着 (降雪延期)
  神戸新聞杯2着(16年)をはじめ、非常に連対率の高い馬
  掲示板外も皐月賞(16年)の一度だけということでここは順当
  今年(17年)は充実の年となりそう

ミライヘノツバサ
 17AJCC 3着 
  過去の重賞挑戦では苦杯を舐めたが力をつけてきた感じ

ムーヴザワールド
 17共同通信杯 3着 
  前走は東京スポーツ杯2歳S3着
  力はある
  スワーヴリチャードには少し離された感じ
  東京スポーツ杯2歳S勝ち馬のブレスジャーニーの評価が相対的に上がる

メイショウウタゲ
 17東海S 3着 
  複勝圏率がやや高い馬であまり大崩れはしないタイプ
  続けて狙えそう

ライジングリーズン
 17フェアリーS 1着 
  前走アルテミスSでは13着と惨敗。そこから一転重賞勝ち
  なにがよくて走ったのかよくわからない
  「戦績がパッとしない感じの馬」という条件には合致

ラブラドライト
 17ダイヤモンドS 2着 
  2400までと2600以上で極端に成績が変わる
  2500ならどうなるか
  ともかく長距離では力を発揮する

レッツゴードンキ
 17京都牝馬S 1着 
 15年桜花賞以来の勝ち
 16年後半は5戦4複勝圏と好調で、復調自体はできていた
 重賞勝ちも時間の問題だったと言える

ワンスインナムーン
 17京都牝馬S 2着 
 勢いのある現4歳世代(2013年生)
 近2走は連勝、重賞初挑戦での連対
 いきなり通用するところを見せた
 連対率が結構高いので、馬券買う時は活用できそう
 この世代は同世代の強敵相手に勝ち損ねた馬が能力を開花させそう

 

 

 

 

 

順位マーク置き場

 1着 

 2着 

 3着 

重賞メモ 重曹メモ

|

« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »

全開!!重賞予想」カテゴリの記事

コメント

近年の大寒桜賞の上位馬を記載しておく

投稿: カワタカ | 2017年2月19日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/69170668

この記事へのトラックバック一覧です: 重賞上位馬メモ:

« 全開!!フェアリーSとシンザン記念2017の結果 | トップページ | 「艦これ」開発/運営からのお知らせ20170110 »