« むらさきゆきや 『艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (2)』(角川スニーカー文庫)2015/07/01 | トップページ | 石田敦子 『こいコイ! ~球場ラヴァーズ~ 2巻』(ヤングキングコミックス)2015/06/30 »

2015年7月 2日 (木)

☆ 木尾士目 『げんしけん 二代目の九(18)』(アフタヌーンKC)2015/06/23

げんしけん 二代目の九(18) (アフタヌーンKC) げんしけん 二代目の九(18) (アフタヌーンKC)
木尾 士目

講談社  2015-06-23
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第104話「初めて君を」 笹原妹に弄ばれた斑目。女性への恐怖心を再確認し、波戸(男の娘)になぐさめてもらおうと考えたり。その波戸はBLでない漫画を描くことに。波戸に置いて行かれたくない矢島は、技術的には到底及ばないのを承知の上で対抗心メラメラ。思いの丈を原稿用紙に叩きつけます。後日それぞれ原稿を現視研で回し読みすると、意外にも矢島の作品が高評価。波戸が矢島を見る目が変わり始めて……

第104話・その後 矢島作品のカップリングとか作品評、プロへの道など

第105話「さらば愛しきDT」 波戸が漫画制作を始めてから来訪がなくなった斑目宅。波戸牽制のために来ていたスーはそれでも訪ねてきます。笹原妹のせいで女性に恐怖心を抱きつつも、反面現実感をもって見始めた斑目は改めて自分の好みピッタリのスーにドキドキ。

第105話・その後 斑目とスーのギクシャク感

第106話「春告げ鳥 未だ鳴かず」 それぞれ創作に悩む波戸と矢島。そんな真面目な雰囲気をぶち壊すクッチーこと朽木の卒論完了の報せ。自虐的発案により決まった卒業旅行の行き先は矢島の実家近くの日光。それぞれの思惑が絡み合う中、波戸と矢島の距離が近づいたり、なぜか斑目ハーレムが旅行にくっついてくることになったり。

第106話・その後 各人の修学旅行トーク

第107話「東武線の車窓から」 宿泊先となる矢島の実家への移動。幹事として見事に旅を仕切りつつ、斑目にはハーレムに決着をつけろと迫る吉武。敏腕。

第107話・その後 カードゲームのローカルルールについて

第108話「リターン オブ ヤジマ」 矢島邸到着。まさに母娘!といった体型の矢島母(中身は吉武)にもてなされ、宴の時間。

第108話・その後 ガールズトーク

第109話「それが何でも出来る証拠ならこれは何も出来ない証拠なの?」 斑目ハーレムの激しい主導権争い。

第109話・その後 主におっぱいの話

このネタまだ引っ張るか 第105話の小ネタをもう一度

そのほか、カバー下におまけ漫画

 

個人的には、斑目はスーとくっつくのがオタク的にはいいんだろうとは思うんですが、斑目が何かしら変わるきっかけはどっちかというと非オタの女性なので、笹原妹有力なのかなあとも思ったり。

|

« むらさきゆきや 『艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (2)』(角川スニーカー文庫)2015/07/01 | トップページ | 石田敦子 『こいコイ! ~球場ラヴァーズ~ 2巻』(ヤングキングコミックス)2015/06/30 »

コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/60590175

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 木尾士目 『げんしけん 二代目の九(18)』(アフタヌーンKC)2015/06/23 :

« むらさきゆきや 『艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 瑞の海、鳳の空 (2)』(角川スニーカー文庫)2015/07/01 | トップページ | 石田敦子 『こいコイ! ~球場ラヴァーズ~ 2巻』(ヤングキングコミックス)2015/06/30 »