« 全開!!安田記念2015の結果 | トップページ | 【成年コミック】 せいほうけい 『ちっぱいはせいこうのもと』(TENMA COMICS LO)2015/05/26 »

2015年6月 8日 (月)

☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア』(新潮文庫nex)2015/05/28

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex) 天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)
知念 実希人

新潮社  2015-05-28
売り上げランキング : 4631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シリーズ3作目。「閃光の中へ」が『小説新潮』の2014年6月号掲載。他は書き下ろし。

既刊のレビュー
 ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテ』(新潮文庫nex)2014/09/27

 ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟』(新潮文庫nex)2015/02/28

 

「プロローグ」 総合診療科を襲うコンビ解散の危機到来。

「閃光の中へ」 見ると自殺を図ってしまうという噂の『呪いの動画』。実際に動画を見た直後に線路へ飛び込んだ女子高生が入院し、興味を持つ鷹央。呪いの正体とは。

「拒絶する肌」 男性恐怖症の患者に、比喩ではなく本当に症状として現れた『男性アレルギー』。謎の症例に鷹央がつけた診断とは。

「密室で溺れる男」 小鳥遊の派遣元の大学から帰還命令が。その原因となった、ある医療法人のパーティーでの怪死事件。一部始終が映像に残る中、水のない室内での溺死という不可解な死因。果たして鷹央は事件を解決し、小鳥遊の帰還を阻止できるのか。

「エピローグ」 ツンデレ

 

前作では知識と診断以外の部分では弱みだらけの鷹央の姿が描かれましたが、今回もそういう描写がちょこちょこ。かつ、小鳥遊が鷹央の中で前よりさらに大きな存在になっている描写も。本筋のミステリ部分の方も、わりと馴染みのある症状がそんなことに!という意外性や、解説のわかりやすさもあって実に楽しく読めます。

|

« 全開!!安田記念2015の結果 | トップページ | 【成年コミック】 せいほうけい 『ちっぱいはせいこうのもと』(TENMA COMICS LO)2015/05/26 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/60298690

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア』(新潮文庫nex)2015/05/28 :

« 全開!!安田記念2015の結果 | トップページ | 【成年コミック】 せいほうけい 『ちっぱいはせいこうのもと』(TENMA COMICS LO)2015/05/26 »