« ☆ 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(上巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10 | トップページ | 【成年コミック】 猫伊光 『純愛メモリアル』(セラフィンコミックス)2015/04/10 »

2015年4月21日 (火)

☆ 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(下巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10

事務所でエロマンガレビュー書くと捗る

けだものの家(下巻) (MUJIN COMICS) けだものの家(下巻) (MUJIN COMICS)
墓場

ティーアイネット  2015-04-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上下巻同時刊行の下巻。著者5冊目の単行本(上巻が4冊目)で初出の記載なし。ティーアイネットの『COMIC MUJIN』と『COMIC夢幻転生』に掲載された連作らしいですが、時期は不明。連作の7話から最終話(12話)までと、既刊の『公開便所』と関連ありそうな『非公開便所』の前後編。既刊はティーアイネットから2冊(上巻除く)、フランス書院から1冊。

「けだものの家<第7話>」 大徳の死から一年。高丘家を名実ともに支配する富士夫と久美子。阻むものがいなくなった二人は勝利の余韻に8日のように体を重ねます。薬によって快感を高め、けだものののように腰を振る二人。同じ頃、大徳と同時に死んだかんなの墓に参る大地とるみ。未だ大地の心がかんなにあることを察したるみは、大地に体を許します。すでにるみの体が開発済みとも知らずに、からかい半分にアナルをいじる大地。しかし、それすら大地のことを好きな証として許するみ。結局大地に本当のことを言えないまま揺れ動くのでした。

「けだものの家<第8話>」 墓まで建てられていたものの、高丘家の地下座敷牢で生かされていたかんな。ずっとここで久美子に調教され、客を取らされていたのでした。拘束され、宙吊りのかんなをいたぶる久美子とるみ。特にるみは今でも大地の心がかんなにあることの嫉妬を隠そうともせず、大地とのセックスについて語りながらかんなを激しく責めます。続いて客の男たちの陵辱が。フィストファックから始まり、イラマチオに二穴と、穴という穴を蹂躙され、嗚咽とチ◯ポしか言えないほど激しくなぶられます。もはや人としての態をなしていないかのような壊されっぷりの中、声にならない「たすけて」の声が痛々しい。その頃、富士夫と久美子の確執が徐々に表面化し、るみは大地からプロポーズされるなど、かんなの手の届かないところで事態が動き出します。

「けだものの家<第9話>」 るみの婚約によって、るみの教育係の渓は解雇されることに。渓はその前にかんなに別れを告げに現れ、自分が大徳の養子であったこと、るいという結婚を誓い合った女性がいたこと、るいとの子がるみであることを教えます。渓が、るいの面影を残するみに想いを寄せていることを見ぬいたかんなは、自分が好きな相手に想いを伝えることができない境遇から、気丈に振る舞って渓の背中を押すのでした。渓が去ったあと、外に出た当の渓にさえ聞こえるほどの鳴き声を上げるかんな。外でのことを忘れるかのように肉便器への変容を受け入れていきます。母とともに、互いの腸に注入された食事をすすりあい、ペニバンで犯しあい、際限なくイかせるようにと客の男たちに懇願するように。そぢて、母娘は揃って祭の巫女に選ばれて……

「けだものの家<第10話>」 祭の日、潤子とかんなは巫女として男たちに蹂躙されていきます。両手や口だけにとどまらず、それぞれの足や顔までも使って全身で男たちの怒張に奉仕するかんな。潤子も負けじと片手に二本ずつ、口で、足でと競うように逸物を擦り上げて精液を求めていきます。自らおねだりし、穴という穴を埋め尽くされる二人。人並みの幸せを諦め、肉便器としての諦念を受け入れていきます。一方その頃、るみと大地の結婚式には渓が現れます。るみへの想いを告げるとともに、かんなが生きていることも大地に教えます。かんなへの想いを断ち切れないままるみとの結婚に臨んでいた大地は吹っ切れ、かんなの救出へ向かいます。高丘家では、ようやくかんなの調教が完了したとほくそ笑む久美子。ところが、自分の浪費にしか興味のない富士夫に自分でも体を売って金を稼げと言われ、激昂。富士夫を撲殺してしまいます。さらにそれを目撃した潤子も絞殺。その上に潤子殺害の現場に出くわしたかんなまで殺そうとします。

「けだものの家<第11話>」 母を殺されて怒りに燃えるかんな。互いに想い合って肉便器に身を落とし、ようやく肉便器としての幸せを見つけたかに思えた直後に片割れの母がいなくなり、もはや縛るものがなくなった復讐心は直接久美子に向かいます。縛り上げて客の男たちの前で富士夫と潤子の殺害を暴露。逆さ吊りで水責めにし、バイブ責めの合わせ技。さらには鼻フックで辱めつつペニバンで犯しまくります。ついには殺そうとした時、駆けつけた大地の身を張った説得で我を取り戻すかんな。

「けだものの家<最終話>」 中断された祭ではるみが巫女の代わりをすることになります。男たちに犯され続けるるみ……と思いきや、かばおうとした渓にそのまま譲ってくれる男たち(だったらはじめから中出ししなくてもいいような……)。その性欲は、祭の混乱を招き、巫女を殺傷した久美子の一身に向けられます。自分が肉便器になりたくないがために、他人を食い物にしてきた報いを受けることに。拒みつつも、精液にまみれにされ境遇を受け入れるよう諭されていきます。

そして時は流れ、ようやく高丘家に平和が……というハッピーエンド。

「非公開便所~陰の幕~<前編>」 冒頭部カラー。指定をうけた「公衆便所」が性欲処理をさせられる世界。そこでは制度の存立を脅かす行為をしたものも便所とされてしまいます。違反者は「Cタイプ」通称「非公開便所」として、公衆便所より激しい調教を施されて、売られることに。指定を受けた妹を逃したあかりはCタイプとして調教を受けます。まずは吊り上げられて浣腸をされ、我慢できずに排泄してしまえば、それをつ受けるバケツに連動したロープで首がしまる仕組み。死の恐怖に直面しつつ与えられる苦痛と快楽。気絶してもなお二穴責めで壊されていきます。続いて、首絞め調教。腰を振れば快楽で狂わされ、狂うのを拒否すれば首絞め。先ほどの調教の成果もあってか、首絞め&二穴ですぐ絶頂に達して排泄してしまう程の壊れっぷり。続いては、嗅覚・味覚・聴覚・味覚を塞いでいきます。耳栓を改造したバルーンで鼻と耳を塞ぎ、口枷とラバーマスクを着用。塞がれてくぐもった叫び声が絶望感を感じさせます。

「非公開便所~陰の幕~<後編>」 感覚を遮断された後は狭く透明な箱に閉じ込められ、一日二回チューブを通して食事を与えられるだけ。排泄もその場に垂れ流すだけ。何も刺激がない中、自ら刺激を作り出し、狂ってでも自我を保とうと自慰をしたり排泄物を体に塗りたくったり。しかしそんな抵抗も長くは続かず、30日目にはすっかり学習的無気力状態に。第2段階ではそこへ改めて快楽を植え付けられ、すっかり肉欲の虜に。口枷を外してかつてのクラスメイトのもとに引き出されても言葉を発することもできず、ただただ淫らな喘ぎ声を上げるだけの動物のような状態に。第3段階では、自分が救おうとした妹をあてがわれ、妹ともわからないまま壊していきます。やがて妹も自分が誰だかも分からない状態になり姉妹揃って生ける性具に。

中の絵は表紙と同じイメージで大丈夫です。上下巻なのでどちらかだけとかにならないように。表紙買いで大丈夫……ながら、かなりハードな調教ものなのでそこは注意。タイトルや色調や表紙絵でわかるとは思いますが。けだものの家シリーズのるみ以外はいずれもおっぱいばいんばいん。るみも他と比べれば慎ましやかですが、充分に大きい部類。エロシーンに断面はありませんが(見落としてるかも?)きれいな顔や肢体の女性陣が、遠慮なしの調教で身も心も汚され壊されていく様が、汁たっぷりでアクションも音も豊かに描かれていてじつにエロい。けだものの家のほうは、幾人かの犠牲がありつつも、メインの人物たちが未来をつかみとる物語的なカタルシスもあったりで、読後感はそこまで重苦しくはなく(苦しくはないけど重いのは重いですね……)ハード調教ものを読み慣れてない方でも、エロさも手伝って問題なく読み進めていけるかと思います。逆に非公開便所のほうは、良かれと思ってやったことがさらなる絶望を生むという、いかにも陵辱調教ものといった趣。当ブログ管理人は甘イチャエロが大好物で、わりとこちら系は苦手としているのですが、エロ描写のおかげで何度も読み返しました。超おすすめ。

 

上巻のレビュー

 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(上巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10

 

メモ

 上下巻で「富士男」「富士夫」の表記ゆれがあった

|

« ☆ 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(上巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10 | トップページ | 【成年コミック】 猫伊光 『純愛メモリアル』(セラフィンコミックス)2015/04/10 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/59726944

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(下巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10 :

« ☆ 【成年コミック】 墓場 『けだものの家(上巻)』(MUJIN COMICS)2015/04/10 | トップページ | 【成年コミック】 猫伊光 『純愛メモリアル』(セラフィンコミックス)2015/04/10 »