« 【成年コミック】 うみうし 『スイートミート』(ホットミルクコミックス)2015/03/31 | トップページ | 【成年コミック】 焔すばる 『ちちゆりガールズ』(ムーグコミックス)2015/03/28 »

2015年4月13日 (月)

☆ 【成年コミック】 包 『純情みだら』(メガストアコミックス)2015/03/31

未レビュー本をランダムに選定して次に書くのを決めるというExcelのシートを作ったのですが、実際使ってみると「今日はこれを読む気分じゃないなあ」とかなってあんまり使えない感じ。というか、未レビュー分でアクセスが多い順に書けばいいだけだった気がする。

純情みだら (メガストアコミックス) 純情みだら (メガストアコミックス)


コアマガジン  2015-03-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者名は包で「つつみ」と読むそうです。本作は初単行本で、2013年から2014年にかけてコアマガジンの『コミックメガストア』『コミックメガストアα』に掲載された作品と描き下ろしが収録されています。

 

「ドーテイハンター妹」 冒頭部カラー。無事童貞のまま30歳になって魔法使いに……といった感じの中二病兄。それを小馬鹿にする妹ですが、実のところ童貞をいただくのが大好きなビッチ。いっぱいいっぱいになる兄の反応を楽しみつつ、フェラで弄んで騎乗位でまずは一発目。そのままのしかかって玉や前立腺をいたぶりますが、その責めで兄の隠されていた力を開放してしまい形勢逆転。悔しいでも感じちゃうビクンビクンといった塩梅で2回目の中出し。事後の反応も考えると、確かに童貞食いは好きなんでしょうけど実は多分にブラコンの韜晦ということなのかもしれません。

「坂本さん家の心霊現象」 上京していわくつき物件に入居した寺生まれの坂本くん。いわく通りに幽霊は出たものの、メイド服姿で上半身壁に埋まって出られないという愉快な姿。反対の部屋に出ている上半身を問い質してみれば逆に女装趣味をネタに脅してくる始末。懲らしめた後壁から出してやることにしますが、自分の衣装チョイスにご満悦な坂本くんは下半身にいたずら。ひとしきり弄くり倒したら壁から出られた幽霊もいい感じに盛り上がってておっぱじめることに。幽霊相手だけに体の心配をすることもなしに、激しいイラマチオに子宮姦。子宮の奥までダイレクトに迸る射精がじつにエロい。

「淫魔のおしごと!」 初めては好きな人と……などと、淫魔らしからぬ夢を持つ淫魔のパオラちゃん。母親に初仕事を命じられ、渋々ながら処女を失わないよう口でならとちんこに立ち向かいます。ところが涙目のフェラで嫌々精液を飲み下す顔が嗜虐心をそそってひん剥かれ、泣き叫ぶのもおかまいなしにガッツリ中出し。それにより淫魔としての真の力が目覚めて、ロリ体型からボンキュッボンのエロボディに。一時は主導権を握ったかに思われましたが、アナルフィストからの膣越しにオナニーという人間では不可能に思われるプレイで大絶頂。

「ねばー☆ネバー」 冒頭部カラー。突然現れた納豆の精とオクラの精。寝てる間に好き勝手した挙句、どちらが朝食にふさわしいかの勝負に協力させられることに。まずはビッチに見えて実は処女のオクラの精(処女膜はオクラの断面に似ている)。痛みに耐えつつおねだりする姿がえろい。中出しされた局部の描写がオクラのつぶつぶ感っぽいのも細かいです。つづいてはおっとりおさげっぽく見えて(おさげの中身は納豆)実は口が悪い納豆の精。パイズリフェラ&割り込んできたオクラの精とのダブルパイズリでしなびたちんこを復活させると、膣内を激しく突かれてメロメロに。最後は仲良く平等にと諭されて、レズりながらオクラの精の方に中出し。

「残念系彼女」 二次元オタクの杉本くん。幼馴染のみのりちゃんという、二次元者にはもってこいの存在が同じクラスにいるものの、残念ながら好みには合わないビッチ。ところがそのビッチ幼馴染の言動がおかしい感じに。指摘するとギャルゲで勉強したというものの完全に付け焼き刃。それでもめげずにキスしておっぱい丸出しでエロゲばりの強引さで迫ってきます。人目を避けようと茂みに逃げ込んだところでようやく本心がわかり、少しずつわだかまりが解けていきます。パイズリフェラからおまたをいじくりまわした後、体位を変えつつイチャラブセックス。最後は外出しですが、遠回りした幼馴染同士の甘酸っぱさで床ゴロゴロ。後日談もほほえましくていいです。

「欲求不満の榊さん」 真面目そうなお下げ少女に見えて実はセックス中毒で、先生相手に欲求を満たす榊さん。それをクラスメイトの門倉くんに見られ、先生では物足りなかったのか口止めと称して襲いかかります。ここでも自分勝手に挿入した挙句、すぐにイってしまった門倉くんに不満そうな表情ですが不意打ちのキスにドキドキ。未体験の感覚に戸惑いつつ、思わぬ相性のよさにメロメロ。すっかり門倉くんの虜になって中出しフィニッシュ。真面目そうなのに実は……淫乱なのに実は……という二重のギャップが大変エロい。

「付き合うってこういうこと?」 地味太眉メガネっ娘の悠ちゃん。恋人の草太くんと図書委員のお仕事に勤しむも、週末のお泊りに向けて気はそぞろ。高いところに本を戻そうと脚立に乗った悠ちゃんのいい感じの位置のおしりについついスリスリスーハークンカクンカしてしまう草太くんですが、悠ちゃんもまんざらではない感じ。盛り上がって、予定繰上げでおっぱじめてしまいます。人に見られないか気にしつつ、そのドキドキ感を味わいながら中出しフィニッシュ。

「ちょっと待ってよ睡魔ちゃん」 試験前の学生の前に現れた「すいまちゃん」。彼女は人を(性的に)遅い眠りに落としてしまう厄介な存在。心を鬼にして放置すると勝手にオナニーを始めるすいまちゃん。邪魔をしないからと机の下に潜り込んでフェラまで。ここまで来ると拒否できるわけもなく、それならと逆転の発想で襲われる前に襲ってしまうことに。滅茶苦茶に突かれて子宮が下りてきたのを戻すためにさらに激しく突くという、人間なら壊れてしまいそうな激しいセックスで中出し。果たして勝負の結果は。

「純情みだら」 描き下ろしでしかも表題作。恋人の経営する閑古鳥の鳴く喫茶店に入り浸る遥ちゃん。店に入り浸るだけでなくマスターのちんこも入れ浸り。客がいないのをいいことに迫って精液を搾り取ります。

「あとがき」 作者コメントと冬服遥ちゃん。下の方に小さく「ビッチ娘のイチャラブ本ください!!!」とも。世の中にもっとイチャラブ本増えてほしいものです。漫画家さんと出版社に届けこの想い!

その他カバー折り返しに悠ちゃん、遥ちゃん。巻頭にカラーイラストでパオラちゃん、悠ちゃん、すいまちゃん。

 

中の絵は表紙と同じイメージで大丈夫です。程よい大きさ(といっても三次元なら巨乳レベル)で形のよいおっぱいの、スレンダー系ハイティーン揃い。例外は「淫魔のおしごと!」の覚醒前パオラちゃんくらい。処女と非処女は半々くらい。概ねコミカルな作風で、人外や擬人化系のはとくにそれが顕著。初単行本にして既に確固たるものが築かれている感じです。どれもエロとしての使いでも、漫画としての面白さも備えていて楽しく読むことができます。純情そうで実は内にものすごい性欲を秘めているキャラ、逆にビッチに見えて純情キャラ、といったギャップをうまく使いつつイチャラブを繰り広げるあたりが全体的に共通する感じ。また、人外に対しては人間では到底不可能そうな激しいプレイ(アナルフィスト膣オナニーとか)が繰り広げられる点も注目。人で体に悪そうなプレイやられると心配になってしまうことがあるのですが、その辺かなり意識的に描き分けをされてるのかなという印象。エロシーンは断面で、ガッツンガッツン子宮とちんこがぶつかるところや、子宮キス、中へ盛大に迸る精液がこれでもかと描かれます。汁描写もしっかり。汁といえば下半身から出る方に意識が行きがちですが涙や唾液も多くてよいです。管理人はキスの後糸引いてるのとか大好物ですし。あと、オクラの精の中出しのとこがオクラっぽいのとかもユニーク。個人的には淫乱に見えてキスにドキンとして感度が上がっちゃう「欲求不満の榊さん」や太眉地味メガネっ娘がドストライクな「付き合うってこういうこと?」あたりが特に好きです。が!どのお話も面白くてエロいからとにかく買っちゃいなよというくらいの一冊。超おすすめ。

|

« 【成年コミック】 うみうし 『スイートミート』(ホットミルクコミックス)2015/03/31 | トップページ | 【成年コミック】 焔すばる 『ちちゆりガールズ』(ムーグコミックス)2015/03/28 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/59632364

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 包 『純情みだら』(メガストアコミックス)2015/03/31 :

« 【成年コミック】 うみうし 『スイートミート』(ホットミルクコミックス)2015/03/31 | トップページ | 【成年コミック】 焔すばる 『ちちゆりガールズ』(ムーグコミックス)2015/03/28 »