« 【成年コミック】 葵ヒトリ 『ヅマちち』(MDコミックスNEO)2015/03/28 | トップページ | 【成年コミック】 ドウモウ 『いいなりアクメ』(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)2015/03/30 »

2015年4月13日 (月)

☆ 【成年コミック】 児島未生 『ダブルシークレット』(SPコミックス クリベロンコミックス)2015/03/27

やっぱり1時間チャレンジは無理でした。20分位オーバー。

ダブルシークレット (SPコミックス クリベロンコミックス) ダブルシークレット (SPコミックス クリベロンコミックス)
児島未生

リイド社  2015-03-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カバー下コメントによると書籍としては9冊目の単行本。マガジン・マガジンの『マガジン・ウォーB組』に2013年に掲載された第7話までに、描き下ろしの8話以降を大幅加筆して収録。収録誌は休刊ということで、途切れた連載を完成させた一冊となります。既刊はマガジン・マガジンから成年マークありなし両方出ています。

 

「プロローグ 誰にも言えないシークレット」 カラー掌編。それぞれに秘密のありそうなレズカップルやパンツをくんかくんかする変態、シャワーを浴びる熟女など。

「第1話 パパと先生とあのコと私…」 母親の再婚相手と折り合いの悪い未花……と思いきや、その態度は母親の前でだけで実際には血のつながりこそないものの近親相姦の間柄。母親の多忙をいいことに夫婦の居室でゴムなし中出しセックスをしたりとやりたい放題。その関係の中にクラスメイトで父親の教え子でもある奈月も引き込む未花。果たして奈月の秘密とは。

「第2話 制服美少女が実は×××だった!!?」 奈月(本名 夏樹)の秘密とは女装と男に抱かれたい性的指向。教師として教え子の悩みを解消すべく3Pを始める父親。未花に挿入させて自分はアナルに挿入。童貞と処女を同時に喪失というハイレベルな初体験。

「第3話 おカタイ女ほど根はスケベ!!」 一方、講演で多忙な教育評論家の母親・律子の秘密は、仕事としてポルノを糾弾しつつポルノをおかずに持て余した性欲を発散させていること。ホテルの部屋でオナニーしていると後援会の事務員が訪ねてきて……

「第4話 美少女vs男の娘…イクのはどっち?」 男の子か男の娘かで揺れ動く奈月。3Pで疲れ果てた父親を置いて、二人は風呂でこっそりと同世代男女としてのセックス。

「第5話 交錯する秘密とヒミツ」 久しぶりの夫とのセックスに期待が高まる律子。ところが夫は娘たちとの3Pで疲労困憊。満たされない欲求が煮詰まった律子は職場で思わず「SEXしたいわ」とつぶやいてしまいます。マネージャーの配慮で出張ホストサービスを教えられるも、一度は断る律子。ところが在宅中訪ねてきた奈月を、マネージャーが手配したホストと勘違い。その場を切り抜けるため、奈月はホストのフリをして律子の性欲を満たします。

「第6話 何も知らない"カレシ"のこと」 入れ違いで奈月の家を訪ねた未花。ところが不在と言われた上に、窓から見える奈月からは無視され落ち込みます。恋人同士になれるかもと思っている未花は落ち込み、秘密を打ち明けあった時のことを思い出します。その頃夏樹はホストとして律子に貸し切りにされ、女装のままいたぶられることになります。

「第7話 人妻に犯られる美少年!!」 奈月をいじくり倒し、ペニバンでアナルを犯す律子。一方その頃研修中の夫は他校の女性教師を押し倒し、事に及びます。

「第8話 誰にだって隠しごとはあるよね~♥」 夏樹をマネージャーの甥っ子マコトとして家に引っ張りこんだ律子。互いに知り合いだとバレずに事態を収拾するため、夏樹の姉の協力を得ることにします。協力は了承してくれたものの、二人の周囲の無軌道な関係を戒める姉。恋人の母親とセックスした夏樹に、未花の気持ちをわからせるためにレズセックスを始めます。姉の女王様としての絶大な力の効果と、夏樹のもう一つの秘密とは……

「第9話 ダブルシークレット作戦発動」 作戦が発動。夏樹は律子のアシスタントとして今までどおり性欲処理をしながら、同時に父親には嫌われるように振る舞います。完全に距離が離れた後は、律子の方にも作戦の鍵となるもう一つの秘密が炸裂し……

「第10話 新たな秘密」 作戦の鍵となった人物と未花のレズセックス。作戦は全てうまく行き、各登場人物はそれぞれの道に進んでいきます。

「あとがき」 律子のフェラのラフ画と作者コメント。カバー下には未花と奈月の絡みに作者コメント。

 

中の絵は表紙と同じイメージで大丈夫です。ティーンの初々しいセックスから大人のねちっこいセックスまで色々な組み合わせが楽しめます。閉じた関係の中のドロドロ感が、ちょっとした行動からこじれながらも綺麗にほどけていくのが清々しいです。エロシーンは今だとほぼ標準的に出てくる断面描写などはないものの、端正な線で描かれた肢体とただれた関係性から紡ぎだされるエロスはそれを補って余りある感じ。裏表紙に肌が土色のおっさん出てくるしどうかなあと思ったのですが、作中では白黒で特に色が誇張されてる感じでもなく、竿役として活躍してくれる名バイプレイヤーといった感じでした。あと、件の作戦はミステリなら超絶禁じ手ですが、じつはタイトルが半ばネタバレだったしこれはこれで面白いなと。

|

« 【成年コミック】 葵ヒトリ 『ヅマちち』(MDコミックスNEO)2015/03/28 | トップページ | 【成年コミック】 ドウモウ 『いいなりアクメ』(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)2015/03/30 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/59632899

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 児島未生 『ダブルシークレット』(SPコミックス クリベロンコミックス)2015/03/27 :

« 【成年コミック】 葵ヒトリ 『ヅマちち』(MDコミックスNEO)2015/03/28 | トップページ | 【成年コミック】 ドウモウ 『いいなりアクメ』(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)2015/03/30 »