« 【成年コミック】 琴義弓介 『地味巨乳黒川さんのえっちな性活』(メガストアコミックス)2015/02/19 | トップページ | 【成年コミック】 やながわ理央 『童貞スタイル!』(サンワコミックス)』(SANWA COMICS No.)2015/02/27 »

2015年3月 6日 (金)

☆ 【成年コミック】 三糸シド 『絶対受精・ナマハメ少女』(サンワコミックス)』(SANWA COMICS No.)2015/02/27

特にエロいののレビューは進まなくて困りますな!

絶対受精・ナマハメ少女 (サンワコミックス) (SANWA COMICS No.) 絶対受精・ナマハメ少女 (サンワコミックス) (SANWA COMICS No.)
三糸シド

三和出版  2015-02-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者3冊目の単行本。既刊は初単行本が富士美出版、2冊目が今回と同じ三和出版。今年は既に2月に本作、4月に同社から『受精願望 』のリリースと、ハイペースな刊行になっています。本作は三和出版の『コミック マショウ』に2014年から15年にかけて掲載された新し目の作品ばかり。タイトルの中黒は機種依存文字の置き換えと思われるので正式なタイトルは「・」を「♥(黒塗りのハート)」に置き換えた『絶対受精♥ナマハメ少女』となります。

 

「花ちゃんはいった♡」 幼馴染孝一くんのロリエロ漫画コレクションを見付けて問い詰めモードのばいんばいんボディな花ちゃん。変な性癖を持ってしまう前に……と、今後のロリエロ購入禁止と引き換えにエロイことをさせてあげることに。自分でもエロ展開に持ち込むのは期待してはいたものの、思っていた以上のがっつきっぷりにタジタジ。なされるがままに、前の穴も後ろの穴もぺろぺろされて、戸惑っているうちにアナルへインサート。嫌がりながらも締め付ける具合の良さに、孝一くんも大満足。ご要望(?)にもしっかり応えて、初めてなのもお構いなしに前の穴にもガンガンピストンをかまします。すっかりセックスの虜になった花ちゃんは、アナルへのバイブ挿入もすっかり受け入れての二穴プレイで昇天。

「排卵娘大満足♡絶対妊娠銭湯」 風呂の故障で銭湯にやってきたポニテの巨乳ちゃん。うっかり男湯で眠りこけてしまい、目覚めると性欲丸出しのおっさんたちの集団レイプ。ジェットバスやサウナ、水風呂と場所を変えつつ何度も犯されていると、ちんこにパールの入ったヤクザが登場。凶悪なブツを挿入されつつ、アナルも開発されて二穴挿入。そのまま電気風呂でしびれつつ、両手や口やおっぱいと、使わないところはないくらいモブちんこにまみれて受精。最後には受精卵が分裂するところまで描いてある念の入れよう。

「絶対起きない妹」 オタ趣味のデブ兄を蛇蝎のごとく嫌う、ツンツンロリ巨乳ツインテ妹のコハルちゃん。なぜか自室のベッドで眠っていたコハルちゃんに、ここぞとばかりに性的なイタズラをして仕返しをする兄でしたが、すんでのところで挿入は自重。ところが、正確以外は好みの妹キャラが、無防備な姿をさらして寝ているともなれば、そんな自制もなんのその。いつの間にか歯止めが利かなくなり、生挿入で激しく中出し。妊娠しませんようにという兄の都合のいい願いも虚しく、しっかり妊娠。その後も寝ている最中に犯され続けていることなど露ほども知らないコハルちゃんは、相変わらず兄を虐げ続け、貸した金の代わりに持ち物を売り飛ばします。キレた兄は友人に妹を売ることにし、金をとって抱かせはじめます。そのまま知られずに続いていくと思われた矢先、わずかに席を外した間に暴走した友人たちが勝手に二穴挿入をしはじめ、コハルちゃん覚醒。わけも分からず泣き叫ぶコハルちゃん。今の状況が兄公認のものであり、さらには兄本人も性欲の捌け口にしていることを教えられて理性崩壊。すっかりチンポ中毒になってしまうのでした。例の受精シーンは、エロシーンの初め辺りで既に妊娠していたのもあって、最後は既に小さい胎児に!

「絶対受精♂請負人 新垣ノブ雄」 若者世代が、性交はできても射精までに至らず生殖能力を失ってしまった近未来。少子化対策として上の世代の射精請負人が派遣されることに。法律で定められた●6歳になったヒカルとサトシのカップルのもとにも、厚生労働省から派遣された新垣ノブ雄が。どう見てもうだつの上がらない風体のノブ雄ですが、数々の妊娠実績を持つ凄腕。射精人の特権で、ヒカルが部活で着用しているタンクトップとショートパンツのコスプレで事に臨むヒカル。嫌がりながらも、子作りができないことによる家族やサトシへの何らかのペナルティをほのめかされ、身を任せるヒカル。ノブ雄のおっさんならではのねちっこい前戯とキスですっかり濡れ濡れに。あまりの仕打ちと、見知らぬ男に初めて妊娠させられるひどさを訴えると、ノブ雄の許可で二人で子作りをすることに。制度の主旨としてはカップルの子作りのためということで「子種を仕込めるなら」ノブ雄との子作りは回避可能。ところが「仕込めれば」こそがより残酷な罠。二人は絶頂に達するものの、射精には至らず、無力感に打ちひしがれながらノブ雄の種付けを受け入れることに。突かれて嘔吐するほど激しいピストンで、背景で精子の奔流が描かれるほどの子種汁を流し込まれてすっかりチンポ狂いにさせられてしまうヒカル。いつしかノブ雄は生殖とは関係ないアナルまで使い始めますが、性交の快楽そのものにのみこまれていきます。あまりの変わり様に茫然自失としつつも、眠れずに二人の生殖を見続けるしかないサトシ。長い長い16時間にも及ぶ性交の末、壊れてしまったかに思われたヒカルでしたがそれでも最後はサトシと一緒にと願い。ノブ雄もそれを許して、二穴3Pに。ノブ雄の仕込みですっかりセックス向きの体になったヒカルに挿入し、今までにはない快感を味わうサトシ。セックスは単に生殖のためだけのものではなく、体中を使って愛を深め合うのだという教えによりついに射精にいたります。こうして一つのカップルに性の歓びを教え、また次の仕事に向かうノブ雄なのでした。……ハッピーエンドなのかな……一応?ここでも受精卵の分裂の模様が。今度は四つに分かれる所になってて、時間経過も表してるのが細かい。

「絶対見分けがつかないお姉ちゃん」 見た目がそっくりで親ですら見分けのつかない、ハルコ・ナツコ・アキコの三つ子姉妹。弟のフユだけは判別がつくのですが、その方法は性欲旺盛な姉たちによるセックスというもの。自分たちですら自己と姉妹の境界が曖昧になりはじめた三人は、フユとのセックスでそれぞれ「アソコの具合」「舌使い」「フェロモン」というアイデンティティを確かめていますが、そんな本題はさておきレベルで今日も今日とて、弟を絞りまくります。ナツコの順番かと思ってしていると、本物のナツコ登場。本物の舌テクで責められて悶絶するフユ。アキコはアキコで、持ち前のフェロモンを活かした顔面騎乗でフユのこともちんこを大人並みの巨根にまで昂らせます。そんなところに長姉のハルコもやってきて3Pに。タジタジなフユを取り囲んで、姉の誰かを当てるゲームのスタート。当たっても外れても絞り上げられるイカサマルールで三人仲良く妊娠と相成ります。ノブ雄がちょい役で登場しますが、この親子はつくづく少子化対策に貢献してますね。覗き見してて特に何も言わないところや自分も参加しようとするあたり、この近未来世界では近親タブーは薄れていて子作りが何よりも優先するのかもしれません。ノブ雄メインの話でも●6歳で既に子作りが義務付けられてたりしますし。近親ながら、イチャラブなのや先の話と通底する社会背景もあったりで明るく楽しくエロいお話になっています。

「時姦 -タイムストップ★エロリスト-」 バスで近くのバカップルのイチャイチャ話に怨嗟の念を向ける非モテ男……と思いきや時止め能力者。時を止めても弾力や生理反応は残るという、実に時止姦向きの能力で気に入った女を犯しまくっています。目の前の女子高生を犯し、あまりの名器っぷりに感嘆していると、同調している同じく時止め能力者の仲間が。なんでも、能力者の中には発現までに潜伏期間があって、体は動かないものの意識はあるという「蛹」の状態の者がいるとのこと。そして、蛹の状態の者は他の人間とは違った反応を起こせると語ります。三人で穴という穴を犯し、二穴挿入や膣への二本挿入と、壊れろとばかりに性欲を叩きつけて快感を蓄積させた後開放すると、許容量を超えて快感を注ぎこまれた脳がパンクして廃人同様に。

「あの自撮り娘がついにAVデビュー!」 グラビアアイドルを目指すマリコちゃん。SNSで写真をアップするも、その容姿のわりに反応は薄め。こうなったらとセクシーショットを上げ始めるとようやくフォロワーも増え始めます。そんなある日送られてきたDMで招かれ、フォロワーの別荘で撮影会をすることに。いい感じに和気あいあいと撮影が進んだところで差し出されたドリンクを飲むと睡眠薬入り。目覚めると睡眠姦のハメ撮り撮影中。戸惑っていると、ファンを装ったAV制作会社の社長から、容姿はいいのにアピールの下手な女の子を次々と毒牙にかけていることが明かされます。拒否しながらも、勝手にされたハメ撮りツイートでどんどんフォロワーが増えて注目を浴びる喜びと快感に飲まれていくマリコちゃん。しまいにはファンの皆さんにAV女優としてアヘ顔ダブルピースでごあいさつ。形は変わったものの、夢をかなえることができてめでたしめでたし……なのかなこれ?

「インランママの同窓会 ~あのサセ子は26歳人妻~」 母大好きなショタっ子のハル。ハルの母涼子は学生時代の恩師と若くして結婚し、ハルが小学校に上がった今でも若々しい(というか実際若い)姿。夫との仲も良好で、ハルが寝静まった後には二人目を作るのに余念がありません。そんな夫婦の営みの声を聞いて、何をしているかはわからないながら楽しそうに感じ、それに混ぜてもらえないともやもやするハル。ある日忘れ物を取りに帰ると、見知らぬ男と身体を重ねて夫婦で何やらしている時と同じく楽しそうな声を上げる母を目撃してしまいます。その行為が夫婦以外ではすることではないと知らず、母の喜ぶ姿に引き込まれたハルは、度々母の行為を覗き見るようになります。元クラスメイトの男たちに何度も中出しされ喘ぐ涼子。二穴でイきまくり口も手もちんこで塞がれてぐちゃぐちゃになる母を見て、自分のもので同じようにしたいと決意するハルなのでした。是非続きを読みたいお話。

「ツレゴ♡セックス ~ムスメはインランS学4年生~」 「インランママ~」の涼子さんが幼い頃のお話。母の再婚でできた義父と母のセックスを見ているうちに自分でもしたくなった涼子さん。いつしか自分から義父を求めて、母の眠っている間にするように。小さい体で必死に義父を振り向かせようとし、実際には身体を貪るだけの義父の甘言に膣を反応させて絞り上げていきます。今まで母が連れてきた男がいずれも好みのタイプで、実際に抱いてくれたのは義父だけというあたりに、母を女としてのライバルと見立てた寝取り的要素も。ハルくんとの共通点も見いだせたりして興味深いです。「インランママ~」で言及された年齢や、ちょこちょこ出てくる小道具からもわかるように(というかこのお話のタイトルそのまんまですが)、ちっこいつるぺたのインモラルセックスが単行本の中では異彩を放っています。

「あのコ以外、俺のオンナ」 異常なモテ体質で、自分がしたいと思えばいつでもどの相手でもセックスに持ち込めるという浜野くん。ところが唯一その能力が効かず、むしろ自分のほうが胸キュンしちゃう小動物系の春日部さんにぞっこん。「お気に入りのおまんこの一人」と呼ぶ速水さんの協力でお友達になるも、触れることすらできない自分に驚愕。「肉便器」呼ばわりな鈴木先生のアドバイスで普通のお付き合いに挑戦するも、告白されたらされたで、体質を利用して好き勝手してきた今までの不純異性交遊を思い出して悶絶。保健室に行くように言われて、途中で付き添いの女子としたり、それを見とがめた速水さん鈴木先生に捕まって保健室でしたりと、もはや自分の意志でしてるのか、そうなるように仕向けられているのかわからない感じに。さらには心配してついてきた女子たちにも襲われて大変なことに。果たして浜野くんと春日部さんの純愛(?)の行方は。あと、ちょい役で和六里ハル先生っぽい名前の和五里春香先生が。

「おまけマンガ」 本作の二大セックスモンスター、ノブ雄さんと速水さんのセックスハウトゥ。身体の相性もバッチリでノブ雄さんも速水さんも、それぞれ自分でびっくりするほど感じまくります。「ノブ雄精子群(100%受精)」と書いてあるのからしても「絶対受精♂請負人 新垣ノブ雄」のヒカルさんの子供はノブ雄さんの種で間違いないでしょうね。

「あとがき」 表紙イラストの差分……と思いきやアングルの違う別イラスト。これと同じイラストの差分がカバー下にあります(なので、カバーイラストとカバーが違うイラストというちょっと珍しいパターン)。髪型と、ソープ嬢設定から考えるに「排卵娘大満足♡絶対妊娠銭湯」のお姉ちゃんのその後じゃないかと。で、作者あとがきを「なんか変だな……?」と思いながら最後まで読んでみるとノブ雄さん。

 

中の絵は表紙と同じイメージで大丈夫。初単行本『ぽっぴん Cherry』では、かわいらしい女の子の笑顔とポップな色使いの表紙に、いかにもイチャラブっぽいタイトルから、中身は寝取られと陵辱の嵐が吹き荒れるというハードパンチを食らわせてくれた三糸シド先生。当時何も知らずに購入した、イチャラブエロマンガ好きの当ブログ管理人は大いに打ちのめされつつも、そのエロさにも魅了されたものです。今はもう陵辱ものもそれなりにいただけるようになったし、ということで購入したわけですが、今作もさすがといった感じの徹底的なアヘらせっぷり。和姦から睡眠姦、時止め、輪姦、近親姦とバリエーションも多彩。一部の例外を除いて、概ねハイティーンから20代半ばといったあたりのピチピチでばいんばいんなボディの女の子がメイン。それがかわいらしい顔をだらしなく弛緩させてこれでもかと快感の渦に飲み込まれていく様は圧巻。エロシーンは怒涛のごとく(大げさではなく)注ぎ込まれる精液が断面図や局部アップで畳み掛けるように描かれ、卵子と精子の結合シーンや、果ては受精卵が分裂するところまで描かれる作品もあるという受精への徹底っぷり。まさにタイトル通りの「ナマハメ」で「絶対受精」です。ノブ雄さんや涼子さんのお話のように、つながりのあるものもあってさらにその後も読みたい感じ。それから、ばいんばいんボディの多人数犯されもので定評があるのは重々承知ながら、本作にもいくつか収録があるイチャラブもの要素がある作品ももっと読んでみたいなあとも。若干救いのなさそうなお話もあって、そういうのが苦手だとどうかなとも思いつつ、それでもやっぱりエロいし、明るく着地させてるお話もあったりで、趣味嗜好を広げる意味でも手にとって損はない一冊かと思います。おすすめ。

 

既刊レビューのリンク

☆ 【成年コミック】 三糸シド 『ぽっぴん Cherry』(富士美コミックス)

 

と、既刊購入リンク

ぽっぴん Cherry (富士美コミックス) ぽっぴん Cherry (富士美コミックス)
三糸 シド

富士美出版  2011-09-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この表紙は当時すごい引っ掛けでしたよ……今は三糸シド先生といえばその作風は知られてますからね。

|

« 【成年コミック】 琴義弓介 『地味巨乳黒川さんのえっちな性活』(メガストアコミックス)2015/02/19 | トップページ | 【成年コミック】 やながわ理央 『童貞スタイル!』(サンワコミックス)』(SANWA COMICS No.)2015/02/27 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/59166587

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 三糸シド 『絶対受精・ナマハメ少女』(サンワコミックス)』(SANWA COMICS No.)2015/02/27:

« 【成年コミック】 琴義弓介 『地味巨乳黒川さんのえっちな性活』(メガストアコミックス)2015/02/19 | トップページ | 【成年コミック】 やながわ理央 『童貞スタイル!』(サンワコミックス)』(SANWA COMICS No.)2015/02/27 »