« ☆ KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 『艦隊これくしょん -艦これ- ケッコンカッコカリアンソロジー』(電撃コミックスNEXT)2015/02/26 | トップページ | 【成年コミック】 暮浦鶏太 『今日のおすすめ攻め身っ娘』(ムーグコミックス)2015/02/28 »

2015年3月 6日 (金)

☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟』(新潮文庫nex)2015/02/28

天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟 (新潮文庫nex) 天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟 (新潮文庫nex)
知念 実希人

新潮社  2015-02-28
売り上げランキング : 2162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「天久鷹央の推理カルテ」シリーズ2冊目の単行本。『小説新潮』の2014年2月号に掲載された「甘い毒」と書き下ろしが収録されています。

前作のレビュー
 ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテ』(新潮文庫)2014/09/27

続刊のレビュー
 ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア』(新潮文庫nex)2015/05/28

 

「プロローグ」 

「甘い毒」 飲料への毒物混入事件がニュースになる中、運転中に意識を失った救急患者の男。意識を取り戻したところ、毒物を混入されたと言い始める。謎の毒物の正体とは。

「吸血鬼症候群」 他病院のナースから持ち込まれた事件解決の依頼。輸血用血液の盗難事件の真相を探る。

「天使の舞い降りる夜」 小児病棟に現れた天使。果たしてそれは死の引導か末期の安らぎか。

「エピローグ」

 

既刊では博覧強記ぶりや鮮やかな手腕が描かれていましたが、本作は別の一面として、欠けている部分を抱える弱みや苦しみも描かれています(既刊でも少しそういう部分はありましたが)。そこを埋め合わせるのが小鳥遊の存在。欠かすことのできない人物として鷹央の中での存在感が増していっているのを感じます。作中の研修医・鴻ノ池じゃないですけど、いい感じになってほしいものですな!

|

« ☆ KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 『艦隊これくしょん -艦これ- ケッコンカッコカリアンソロジー』(電撃コミックスNEXT)2015/02/26 | トップページ | 【成年コミック】 暮浦鶏太 『今日のおすすめ攻め身っ娘』(ムーグコミックス)2015/02/28 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/59166726

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 知念実希人 『天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟』(新潮文庫nex)2015/02/28:

« ☆ KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 『艦隊これくしょん -艦これ- ケッコンカッコカリアンソロジー』(電撃コミックスNEXT)2015/02/26 | トップページ | 【成年コミック】 暮浦鶏太 『今日のおすすめ攻め身っ娘』(ムーグコミックス)2015/02/28 »