« ☆ 【成年コミック】 森宮正幸 『初イキ☆しんどろーむっ』(ワコーコミックス)  | トップページ | 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2014 »

2014年5月 8日 (木)

☆ 【成年コミック】 葉雨たにし 『もっとキミを感じたい』(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) 

書き始めを前倒ししても書き終わりがだいたい同じくらいになる怪現象!

もっとキミを感じたい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) もっとキミを感じたい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
葉雨たにし

ワニマガジン社  2014-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者2冊めの成年コミック単行本。既刊は2007年にコアマガジンから出た『いつも君を感じてる』で、他は一般誌に谷澤史紀名義で単行本を何冊か。本作は2007年にコアマガジンのコミックメガストアに掲載された「ほっぺにバンソウコウ」、ワニマガジン社の『COMIC X-EROS』に掲載された作品が収録されているものと思います。初出がないので検索でざっとの時期しかわかりませんでした。

 

「一歩一歩コツコツと?」 眉目秀麗頭脳明晰な黒桐先輩にダメ元で告白したらOKをもらったなおと君。先輩のことで頭がいっぱいで勉強に手がつきません。先輩が勉強を見てくれるようになったものの集中力が続かず、見かねた先輩はご褒美で釣る作戦に。できないだろうと見ていた問題を解いておっぱいを見せてもらえることになったなおと君。もちろん見るだけで止まるはずもなく、さわったりぺろぺろしたりとやりたい放題。途中でなおと君のクラスメイトが先輩に勉強を教えてもらいに来たりして、机の下で隠れて密着。彼女らの立ち話でなおと君がモテると知った先輩は、自分からなおと君に乗っかって自分のものにしてしまいます。その後は互いに独占したい二人が激しく求め合いがっちり中出し固めでフィニッシュ。

「兄嫁温泉」 兄夫婦と温泉旅行に来たそう君。ところが落ち合うはずだった兄は仕事で来られず、はからずも兄嫁の由香さんと二人きりに。理性で押さえつけていたそう君ですが、湯上がりの由香さんが色っぽすぎて布団の中でオナニーして鎮めようとします。その最中うっかり「由香さん」と声に出してしまったところからヒートアップ。寝ている由香さんをクンカクンカしながらハッスルしたりこっそりキスしたりとやりたい放題。さすがにそこまですると目を覚ましてしまうわけで、そこから先は拒絶されてしまいます。ところが、下の処理だけはしてくれるということでおっぱい見せてもらったりしてるうちに、ちんこを無理矢理お口にインサート。イラマチオで出しても収まらず、無理矢理いたしてしまいます。無理矢理ながらも由香さんも久しぶりのおセックスでまんざらでもない感じ。最後には自分からがっちりホールドして中出し。

「プールのあと」 時に憎まれ口を叩きつつもじゃれあったりする村木さんと黒田くん。水着を着てきておぱんつ忘れる黄金パターンをやらかした村木さんは風のいたずらでめくれたスカートの下のすっぽんぽんを黒田くんに見られてしまいます。それを見て気絶する黒田くん。興奮して倒れたのを認めたくない黒田くんが「誰が男女で……」と言えば村木さんは「もう一回見せてあげると言ったら……」と挑発。ギリギリのせめぎあいの中、ついに本心をさらけ出した黒田くんのアタックに折れて見せてあげることに。こうなると見たり触ったりぺろぺろしたりだけではおさまらないわけで、日焼けの水着跡をしっかりさらけ出してのガッツリ全裸セックス。発展途上のお胸にボーイッシュなショートカットの女の子が、他には見せない女の子っぽさを出してくるのが実によいです。

「君がくぎづけ♥」 幼馴染のたっくんといっちゃん……なのですが、生徒会長の立場を大いに濫用してたっくんを尻に敷くいっちゃん。たっくんがジュース買いにパシらされて戻ってみればいっちゃんは棚から落ちそうな書類を支えて身動き取れず。ここぞとばかりに反撃でおぱんつをクンカクンカしたり、脱がせて触ったり指を入れたり舐めたりとやりたい放題。ついに持ちこたえられず崩れ落ちてしまういっちゃん。「セキニンとる」というたっくんの言葉に、受け入れ体制バッチリで備品のパイプ椅子を有効活用した対面座位などしっかり感じまくり。

「腰が大事♥」 セックスしまくりな一人暮らしを目指して引っ越し作業中に張り切りすぎて腰を痛めてしまった野田くん。恋人の冬乃さんは甲斐甲斐しく彼の世話をします。掃除中に見つけたエロい資料の数々を発見して、セックスができないならとフェラをしてくれるという冬乃さん。野田くんはお言葉に甘えて毎日フェラしてもらううちに、冬乃さんがお股をもじもじさせているのに気づきます。フェラのお返しにとハッスルする野田くん。とはいえ腰は完治しておらず、冬乃さんが騎乗位で頑張ります。おしとやかっぽい娘さんが騎乗位でハッスルするとギャップに燃え(萌え)ますな!

「夏と川原と柱時計」 高木くんは夏休みのある日姉の子供の世話をさせられることに。渋々連れて行った川原で、好意を持っている中原さんが妹を連れてきたのに出くわしてウッキウキ。遊び終えて中原さんを送って子供たちを寝かしつけると二人はいい雰囲気に。子供時代の恥ずかしい写真をめぐってもみ合って(おっぱいじゃないよ!)いると押し倒す格好になってヒートアップ。水着を着てもらっておっぱい揉んだりちんこをこすりつけたりしているうちにうっかり挿入。そのまま中にも外にも盛大に出してフィニッシュ。「プールのあと」とは逆に、水着には収まりきらないくらいのむっちりボディがはちきれんばかりのエロス!

「はやくはやく」 恋人の成績低下に危機感を覚えた陣内さん。試験終了までのセックス禁止を言い渡します。ようやく試験終了で、早く帰ってしたいのに先生に呼び止められたり電車の遅延に遭ったりと邪魔が入ります。満員電車で密着しあったあたりからブレーキが利かず、乗り継いだバスの中ではさわりっこにフェラとエスカレート。家まで我慢できずに途中下車して公衆トイレへ。汁をポタポタ垂れ流しながらちんこを求めておねだりし、挿入されたらもうダム決壊といった感じの濡れっぷり。お固いメガネっ娘が我慢しきれなくて男の子よりヒートアップしちゃうギャップがよいです。

「そっと、寝てる間に…」 叔母(といっても20代)の清美さんの勤める病院に入院した慎ちゃん。互いに素直になれず喧嘩してしまいます。それでも仕事の範囲を超えて付き添ってくれる清美さんへの想いを抑えきれず疲れて寝ている清美さんにそっとキス。目覚めた清美さんは怒るどころか、今まで慎ちゃんが寝てる間にさんざんキスしてきたことを打ち明けます。お仕置き的に慎ちゃんのちんこをシコシコしたりフェラしてくれる清美さん。一線を超えない臆病さをぶちこわそうとした慎ちゃんの勇気に応えて自分から入れてくれます。いままで理性で堪えてきたタブー破りのカタルシスときたら!「兄嫁温泉」の兄弟間寝取りとはまた違った背徳感がよいです。

「ほっぺにバンソウコウ」 ソフト部の高森さんは一人一枚課せられた部員募集ポスターに四苦八苦。壊滅的画力を見かねたクラスメイトの桶谷くんが手助けしてなんとか仕上げたものの、待ち疲れた高森さん爆睡。いたずら心で顔に落書きをしたところ、うっかり頬のだけ油性マジックでさあ大変。初めてあった時に高森さんが顔にバンソウコウを貼っていたのを覚えていた桶谷くんの提案で隠すのに成功。細かいエピソードを覚えていたり、かわいいと言ってくれる桶谷くんに高森さんキュンキュン。キスからはじまって、おっぱい、おまたクンカクンカとブレーキが利かないルートをひた走ります。そのまま教室でおっぱじめてぐっちょぐちょに。ボーイッシュなのにおっぱい大きくて、お嫁さん云々を気にするところとかすごくかわいいです。

「二歩三歩と着々と?」 「一歩一歩コツコツと?」の後日談。ご褒美システムで学力とイチャイチャを両立させる二人。我慢しきれなくなった先輩がわざと簡単な問題を解かせるあたりがかわいらしいです。

「あとがき」 「ほっぺにバンソウコウ」の高森さんイラストと作者コメント。

 

中の絵は表紙と同じ感じで、表紙買いで大丈夫です。絵柄は細く淡い線やトーンなどを効果的に使ってやわらかな質感を出しており、人物の表情もやわらか。おっぱいもやわらか!しかしながら、背景やエロい部分なども描き込みがしっかりされなされており、全体的には画面の厚みというか力強さ的なものを感じます。で、その絵柄に合ったイチャコラ系のお話が多め。先述したように柔らかさを出しながらも力強い感じということで、エロシーンの局部などはごつめでぽってりと重厚感のある感じで「性=生」といった趣を感じます。おっぱいもこう、大きいのの重さが感じられそうで興奮します。また、エロ行為には用いられないお尻の穴もしっかりエロく描かれているのが特徴。見えないところにも技術を凝らす大工のような心持ちを感じます。そういった部分の裏打ちもあってか、今主流の断面や透過を使わないエロシーンにもかかわらず、実用度は十二分にあります。あと陰毛がもっさりしてるのがエロい。お話的には「プールのあと」「夏と川原と柱時計」のように水着エロを扱った作品、「兄嫁温泉」と「そっと、寝てる間に…」のように近親を扱った作品、それぞれで違う切り口のものを持ってきてるのもよいです。収録作の初出時期が広く、時期による絵柄の違いは感じますが著者らしさは一貫しています。超おすすめ。

 

既刊レビュー

 【成年コミック】 葉雨たにし 『いつも君を感じてる』

過去分読んでたらえらい簡潔なんですけど、このくらいのほうがいいのかなあ……

 

いつも君を感じてる (メガストアコミックスシリーズ No. 145) いつも君を感じてる (メガストアコミックスシリーズ No. 145)
葉雨たにし

コアマガジン  2007-11-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ☆ 【成年コミック】 森宮正幸 『初イキ☆しんどろーむっ』(ワコーコミックス)  | トップページ | 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2014 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/56118397

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 葉雨たにし 『もっとキミを感じたい』(WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) :

« ☆ 【成年コミック】 森宮正幸 『初イキ☆しんどろーむっ』(ワコーコミックス)  | トップページ | 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2014 »