« 全開!!エプソムカップとマーメイドSの結果 | トップページ | ☆ 【ライトノベル】 作:白鳥士郎/イラスト:切符 『のうりん 6』(GA文庫) »

2013年6月12日 (水)

☆ 【ライトノベル】 作:伏見つかさ/イラスト:かんざきひろ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)』(電撃文庫)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
伏見つかさ かんざきひろ

アスキー・メディアワークス  2013-06-07
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 

前巻で中学時代の同級生・櫻井秋美にまつわる、高坂兄妹と真奈美の思い出話が語られたことで各ヒロインのお話がひと通り出揃い、これが最終巻。果たして京介は誰を選ぶのか……

当ブログ管理人は

などと宣っておったのですが、当然ながらそんなことはなく。結末に関してかなり好き嫌いが分かれているようなのですが、おそらくこれが一番真っ当なのかもしれません。必ずしも読後感がいいとは言えないのですが、よく着地させたなと。

 

……というところまでが、ネタバレなしで触れられる部分。以下、ネタバレを含む感想と考察というか邪推(ドラッグ反転)

まず、京介が桐乃を選んだことについて。これはやむなしというか当然というか、この過程を経ずに他の誰かを選んだとしてもいずれ関係が破綻してしまうのではないかと思います。京介本人が仮に恋愛的な感情を否定したとしても、実際にそういう感情があるのは確かな上に、桐乃が京介に抱いている想いを知っている(あるいは気づいている)他のヒロインはいるわけで。それを無視して関係性を維持出来るような人達でもありませんし、一度形にしたうえで終わらせて吹っ切らなければならないのだと思います。

 

ホテルに泊まったときのくだり。地の文で京介は何もなかったと否定していますが。たぶんなにかあったと思います。あったというかしたと思います。ここは明確に嘘をついています。1巻で、エロゲは自分のものだと父親に強弁したように、京介は妹のためなら嘘を厭わない男です。だからしてます。それも妹のためですから。

 

で、そこから麻奈実の腹パンにつながります。京介以上に京介を知る人物である麻奈実は何があったかは多分お見通し。付き合っていると聞いた時点で「京介が」取った行動を確信しての腹パンのはずです。子宮を狙っています。

 

あと、兄妹で法律上「結婚」はできませんが、性交も内縁関係も阻害されるものではないので、真奈美の言い分はある意味正しいのですが方法はなくはないという。とはいえ知っていても二人はその選択はしなかったろうと思います。

|

« 全開!!エプソムカップとマーメイドSの結果 | トップページ | ☆ 【ライトノベル】 作:白鳥士郎/イラスト:切符 『のうりん 6』(GA文庫) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/52009958

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【ライトノベル】 作:伏見つかさ/イラスト:かんざきひろ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)』(電撃文庫):

« 全開!!エプソムカップとマーメイドSの結果 | トップページ | ☆ 【ライトノベル】 作:白鳥士郎/イラスト:切符 『のうりん 6』(GA文庫) »