« 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2013 | トップページ | 全開!!NHKマイルカップ2013の結果携帯版 »

2013年5月 4日 (土)

☆ 【成年コミック】 駄菓子 『純潔の終わる日々…』 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

個別レビューは年単位のご無沙汰でございます。

純潔の終わる日々… (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) 純潔の終わる日々… (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
駄菓子

ワニマガジン社  2012-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の初単行本。ワニマガジン社の『COMIC快楽天BEAST』に2011年から2012年にかけて掲載された作品に、収録作の後日談となる描き下ろしを加えた単行本となっています。

 

「二人の碧い時間」 地域の清掃活動で知り合った史朗と直美が夏の間に親しくなり、ついには一線を超えてしまうオーソドックスな展開。青春の1ページ(英語でいうとgreen day)を切り取った甘酸っぱいお話。「碧い」の字を当てたのは二人の瑞々しさや清いお付き合いを連想させていい感じです。

「昼下がりの彼女」 夫が単身赴任中の奥さんは、久しぶりに会話したお隣のだいくんをまだ子供のままと油断して家に上げてしまいます。ところがこのだいくん、いつのまにやらヤリまくり男子に成長しており、奥さんもしっかりいただいてしまいます。人妻を堕としたつもりが、実はしっかりいただかれてしまってる感もあり、最終的にはイチャイチャしてるので不倫モノながら読後感は悪くないです。

「リトルロード」 中学の頃からプラトニックなお付き合いをしている悠一くんと成瀬さん。ある日のデートの帰り、いつもの一本道で転校することを告げた成瀬さん。勇気を出して「今日は両親が家に居ないんだ…」と一歩踏み出します。ここぞとばかりに今までしたかったことを実行する二人。案外いいきっかけになったのかもしれません。

「鳥籠屋敷」 妻と死別してからちょいちょい実家に入り浸るようになった男。そこにはいい感じに成長した姪が。近親ということで自制していた男も、姪からの猛アタックで半ば強引にいただかれてしまい、ついに自制するのをやめてしまいます。禁忌だからこそ燃え上がる二人の想い。

「今宵めしませ」 素直になれない幼馴染同士が、誕生日のエロ下着プレゼントをきっかけに急接近。互いに好意を持ちつつも決定打の出なかった二人が溜め込んだ想いの爆発力は素晴らしいですね。

「こっちを向いて!」 高嶺の花の生徒会副会長に想いを寄せる幼馴染についツンツンしちゃう生徒会役員の小日向さん。うまいこと口実をつけて仕事を手伝わせた上に、生徒会長へ告白する練習と称して「好き」と言わせてみたり。「練習」はどんどんエスカレートして最後まで致してしまうわけですけども、この年頃の男の子は好意が性欲に引っ張られちゃうんだなあ……と。そういう方法を取らざるを得なかったところに切なさを感じたりもしますが、結果的には両思いでめでたしめでたし。

「摩天楼に溺れて」 水泳部のエースで女生徒からは王子様的に慕われている澪さん。年上の恋人からは「お姫様」扱いで、年頃の女の子らしく相手を繋ぎとめようと変態プレイも厭わない一途さを発揮します。全裸よりもエロい水着プレイが見どころ。

「しおかぜ」 海水浴に来たカップルがビーチでキャッキャウフフ。定番のオイルプレイから挿入まで展開すると思いきや、ちょっとしたイタズラが原因で喧嘩に。その後シャワールームで仲直りセックス。リア充め……

「視線の先」 校内のアイドル的存在、生徒会副会長の香坂さん。清楚に見える彼女が図書館の物陰でオナニーしているのを見てしまった高嶺君は、放課後になると彼女が居そうな場所を徘徊するように。ついに彼女が野外オナニーする現場を見つけた高嶺君はこっそり覗き見ようとするものの、近づきすぎてバレてしまいます。見つかったことで今までにない絶頂を迎える香坂さん、そして覗き見るだけのつもりだったのに姿を見られてしまった高嶺君。互いにブレーキの効かなくなった二人は貪るように求め合います。実にエロい。なお、この香坂さんが「こっちを向いて!」の生徒会副会長です。

「揉みざかり」 毎晩義姉のマッサージをさせられるまーくんは、ついに我慢しきれずに眠りこけたところで服を脱がせておっぱいもみもみ。ところがそれは義姉の策謀で、手を出すのをずっと待っていたのでした。満を持してまーくんをいただくお姉ちゃん。今まで抑えていた性欲を開放してエロエロ。さらにいえばまーくんがかわいいので、そちらもわりと興奮する。

「視線の先~After~」 描き下ろしで「視線の先」の後日談。放課後の廊下で露出プレイをしていた二人は下校途中の小日向さんと遭遇し……。香坂さんのド変態っぷりが光る掌編です。

巻末には全話の登場人物が一同に会してのセックスシーン(ただし乱交ではない)と、カバー下には表紙と別バージョンのイラスト。

 

最近は初単行本でハイクオリティな作品を出す作家さんが珍しくありませんね。駄菓子先生もそのお一人。繊細な線で描きながらも、陰影の強い画面に、激しく力強いエロシーンという独特の作風。ピンクが大勢を占めるエロマンガ界ではありますが、本作のカバーはモノクロ、巻頭のイラストも肌色以外はほぼモノクロに近い色使いで、確かにこの絵の魅力を伝えるにはモノクロが一番よかろうなあと納得です。中の絵もほぼカバーの通りなので表紙買いOKです。ただ、裏表紙の複数男女イラストや帯の「堕ち」「背徳」といったアオリはちょっと正確性を欠くかなあといったところ。複数プレイは皆無ですし、背徳的シチュエーションも「昼下がりの彼女」と「鳥籠屋敷」の2作のみ。確かにそっち系が合いそうな絵ではあるのですけど。とはいえ、全体的には絵もエロさも申し分なく、超おすすめの作品といえます。

|

« 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2013 | トップページ | 全開!!NHKマイルカップ2013の結果携帯版 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

したかったこ→したかったこと

投稿: 訂正メモ | 2013年6月16日 (日) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/51492291

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 駄菓子 『純潔の終わる日々…』 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL):

« 全開!!京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルカップ2013 | トップページ | 全開!!NHKマイルカップ2013の結果携帯版 »