« 全開!!日経賞と毎日杯とマーチSと高松宮記念2012の結果 | トップページ | 全開!!ダービー卿チャレンジトロフィーと大阪杯2012 »

2012年3月29日 (木)

☆ 【成年コミック】 澤野明 『兄想う故に妹あり 【限定版】(ドラマCD付き)』(富士美コミックス)

そういえば無職を退職したのは書きましたっけ。

兄想う故に妹あり 【限定版】(ドラマCD付き) (富士美コミックス) 兄想う故に妹あり 【限定版】(ドラマCD付き) (富士美コミックス)
澤野 明

富士美出版  2011-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者3冊目の単行本。既刊も妹だらけ最新刊も妹だらけ。まさに妹作家の面目躍如といったところ。2010年から2011年にかけて辰巳出版の『ペンギンクラブ』に掲載された「柳さん家の三姉妹?」シリーズと、描き下ろしと思しき「あさぎの日々 SEASON1.5」が2話。なお「あさぎの日々」シリーズはSEASON2に入っているようです。

作品タイトルを御覧いただいたらわかるように、限定版にはドラマCDがついております。「柳さん家の三姉妹?」シリーズ全話が忠実に再現されており、聴きながら読むことによって臨場感がえらいことに!これははかどりますな!

 

「柳さん家の三姉妹?【第1話】」 柳家三人兄妹の兄・一樹(いつき)、サイドテールのアホ妹・八千代、ショートカットの出来た妹・九十九。一樹のあまりのかわいらしさからかつては「三姉妹」と呼ばれたことも。そんな思い出にひたりつつ妄想をたくましくする八千代。そこへ部活の応援団のなりゆきでチア衣装で帰宅した一樹が帰宅してきたからさあ大変。ついに八千代は一樹を襲うことを決意。そんな八千代から兄を守ろうとした末妹の九十九は一樹と一緒に寝て襲撃に備えることに。ところがいつまで経ってもやってこない八千代。訝しんでいるうちに寝ぼけて九十九の体をまさぐる一樹。八千代を怒った手前抗う九十九ですが、本心では兄を慕っているのは同じ。次第に快楽に身を任せ、豊かな胸を活かしたパイズリフェラで口内発射。それでも寝たままの一樹にのしかかり激しい騎乗位で乱れまくります。

「柳さん家の三姉妹?【第2話】」 九十九が一樹といたしてしまったことで、発情期の猫みたいになってしまった八千代。経緯に申し訳なさを感じた九十九は、八千代が思いを遂げられるようにアシスト。食事に薬を盛られた一樹は完全に熟睡で、あれこれいたそうと期待の膨らむ八千代ですが、前話と同じく寝ぼけた一樹の暴走で逆にされるがままに。

「柳さん家の三姉妹?【第3話】」 前話からそのままされるがままの八千代。八千代を心配した九十九が現場に赴くと予感的中。言語がおかしくなるほどイきまくりの八千代を救出しようと試みますが、逆に止めを刺してしまうはめに。それでもなんとかこの場を離脱しようとするものの、一樹に襲い掛かられ、さらには快楽堕ちしてしまった八千代にも捕まって3Pに。

「柳さん家の三姉妹?【第4話】」 一樹に想いを寄せるチア部のかなめ。妹たちのこと(といっても自分が襲っていることは知らない)で悩む一樹の相談に乗っているうちに、アクシデントをきっかけとして、感極まってしまい窒息するほどの猛烈なキスをかましてしまいます。意識を失った一樹はお約束通りかなめを襲い、激しくイかせて中出し。かなめは一樹の寝相のことを知らないので、ちょっと強引に迫られたという感覚でむしろ願ったり叶ったりな展開。事後意識を取り戻した一樹は……

「柳さん家の三姉妹?【第5話】」 かなめと向きあおうとする一樹。話をしようと部屋に入れてもらっても会話の間がもたなくて互いにモヤモヤ。その空気を和ませようと、かなめがチアの期間限定猫耳コスチュームを披露。いい雰囲気になり、一樹もようやく想いを伝えます。ここに来てようやく意識のあるままのセックスとなった一樹。イチャイチャしつつかなめとの愛を育んでいきます。

「柳さん家の三姉妹?【第6話】」 往来で一樹とかなめがイチャコラしてるのを目撃してしまった九十九。それを告げられた八千代はかなめを襲撃。かなめが一樹にふさわしいかどうか試そうとします。ところが、一樹の大きさに慣らすためにバイブ挿入でやって来ていたかなめに予定変更。一樹から型を取った双頭バイブで犯してノックアウト……と思いきや形勢逆転で反対に篭絡されてしまいます。さらには一樹の女装見たさにかなめと柳姉妹が団結してしまう展開に。

「柳さん家の三姉妹?【最終話】」 一樹の女装……は盛大に端折られて、普通の(?)4P.一段落した所で、かなめの思いやりで兄妹水入らずで最後の3P。液まみれでぐっちょぐちょになりながら求め合います。そして4人の結論と「三姉妹」の真の意味とは……

「あさぎの日々 SEASON1.5【前編】」 既刊『兄+妹=LOVE?』に収録されたシリーズの後日談。有意義な一日を過ごせとつぼみに言われ、揃って「エロス祭り」などと抜かすエロス脳な優人とあさぎ。つぼみもそれに巻き込まれて延々エロス祭り。つぼみ・あさぎとそれぞれにアナル中出し。そこへ叔母のふぶきがやってきて……

「あさぎの日々 SEASON1.5【後編】」 三人のただれた生活は容認のふぶき。なぜなら自分も同じく、優人の父である兄と似たようなことをしているため。自らの就職を祝わせる宴で泥酔のふぶきは、優人に兄の面影を見て押し倒します。そのまま騎乗位で自由を奪いますが、かろうじて挿入にはいたらず素股フィニッシュ。

おまけ要素としては、冒頭でも挙げたドラマCD。神崎かるな、和泉つばす、ゆーじ、涼香の各先生のゲストページ、あとがき。帯コメントゲストに「実姉至上主義」という音音(おとね)先生。カバー下にはサイコロペーパークラフト型紙。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。表紙買いで大丈夫。登場する女の子のほとんどが実妹。ただ、妹ながらおっぱいはぽよんとしてるので妹にロリ成分を求めると肩透かし。逆におっぱいぽよんで複数シチュ多めなのでおっぱいが押し合いへし合いするのが好きな人にはごちそう。「柳さん家の三姉妹?」シリーズ既刊読んでなくても大丈夫。「あさぎの日々」シリーズは既刊読んでたほうが楽しめると思います。また、限定版は本日(2012年3月29日)現在でも入手できる模様です。一般的なエロマンガ1000円程度よりは少し高い1400円ですがそのぶんの価値はあるかと思います。

 

既刊の感想

 【成年コミック】 澤野明 『兄+妹=LOVE?』

 成年コミック】 澤野明 『妹と付き合う11の方法』

|

« 全開!!日経賞と毎日杯とマーチSと高松宮記念2012の結果 | トップページ | 全開!!ダービー卿チャレンジトロフィーと大阪杯2012 »

コミック」カテゴリの記事

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/44671565

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 澤野明 『兄想う故に妹あり 【限定版】(ドラマCD付き)』(富士美コミックス):

« 全開!!日経賞と毎日杯とマーチSと高松宮記念2012の結果 | トップページ | 全開!!ダービー卿チャレンジトロフィーと大阪杯2012 »