« 全開!!シンザン記念とフェアリーS2012の結果 | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2012 »

2012年1月10日 (火)

☆ 【成年コミック】 ガビョ布 『布のむこうがわ』(TENMAコミックス LO)

感想を書き始めたら急に減るアクセス数……

 

 

布のむこうがわ (TENMA COMICS/TENMA COMICS LO) (TENMAコミックス LO) 布のむこうがわ (TENMA COMICS/TENMA COMICS LO) (TENMAコミックス LO)
ガビョ布

茜新社  2011-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者四冊目の単行本。久保書店から刊行された前作『日本全国豆投げ音頭』からは三年ぶり。ロリぷにな女の子たちのハイテンションでゆるめのやりとりが楽しい一冊です。

 

「隣のまりちゃん」 まりちゃんはおパンツもろに見えちゃうのに気づかないくらいガードゆるゆる。隣のおにいさんはそんなまりちゃんを見ては悶々。ある日お気に入りのパンツが破れてしまったまりちゃんはおにいさんの精液でパンツの子供を作ることを思いつきます。性的知識は合ってるのにおぱんつの生態は間違ってるというアンバランスなまりちゃんのお願いにおされたおにいさんは精液を出す作業にとりかかりますが、そこへまりちゃんが。精液が出るところを見たがる彼女にパンツコキをしてもらって口内発射。さらに、詳しく生態を知るため挿入まで。もうパンツの子作りとかじゃなくてリアル子作りに!まりちゃんの耳年増っぷりと実際のギャップが非常によいです。

「急いで口で吸え」 吸血鬼の学校に通うしのちゃん。クラスメイトが吸血を済ませたという話を聞いてライバル心メラメラ。既に吸血を済ませたにむちゃんのアドバイスを受けつつ、人間界で吸血デビューを狙いますが、狙う人がことごとく変態の上に相手の聞き間違いもあってイラマチオ、アナル挿入、最後はにむちゃんも巻き込んでの乱交に発展し、いつまでたっても血が吸えません。ちんこは吸いますけど!強引な展開と繰り返しの妙。

「女児が部屋に来るだけで勝ち組だが、更に…」 近所のユミちゃんが部屋に遊びに来る在宅仕事のアキ。ユミちゃんの頭突きをきっかけに人格が入れ替わってしまった二人はそこから度々入れ替わるようになります。ある日、アキの体に入ったユミちゃんがアキのエロマンガを読んだの注意するためエロいお仕置きに。女児の体で自分の体のちんこをいじったり咥えたりという倒錯的プレイで盛り上がり、挿入寸前に至るもののそこで発射してクールダウン。ところが元に戻ってお互いを見てみるとやはりそのエロさを再認識。挿入してみれば、初めてなのにものすごい感じっぷりのユミちゃん。入れ替わってるうちにアキが開発していた効果もあってぬるぬるのぐっちょぐちょで中出し2回。

「日本野ちんこの会」 いきなりちんこを見せろと言ってきた女児。ちんこウォッチャーだと名乗る彼女を言いくるめて、パンツを見たりちんこを手に取らせたりする男。生態の観察のためと称して挿入までしてしまいます。エロにはおっかなびっくりながら、好奇心に勝てない女の子がかわいらしくてよいです。

「頭のいい人は意外と頭が悪い」 留学・飛び級で公務員になろうとするも年齢で引っかかった天才メガネっ娘ちほちゃん。商売を始めようと無職の男を無理やり引き込んで助手に。しかし、始めようとした商売がアダルトグッズという時点で既に迷走気味。テストと称して男にオナホを使用しますが、童貞で本物と比較が出来ないことが判明。それならと実際にいたしてみることに。大人ぶってリードの騎乗位も、すぐに正常位に逆転され、さらには鏡に映ってるのを見ながらの座位へ。「大卒ですけど何か…?」の背伸びっぷりと、子供っぽさのギャップがよいです。

「ゆとりある人生」 軒先で雨宿りしているずぶ濡れのあん子ちゃんを見つけてお風呂に入れてあげると、親御さんのめんどくさい教育方針のせいで恩を返す事に躍起になられてさあ大変。足コキしてもらうことになり、それだけで充分恩返しになったと思いきや、精液で汚れた服の洗濯で恩が積み重なり最終手段にでるあん子ちゃん。テンパりつつも、次第に快感に支配されていきます。

「何が大事」 男を拉致した秘密団体組織HIGEのシャルロット・遥。日本にヒゲを普及させるため、捕らえた男がヒゲになるようあれこれしますが当然ながら成功せず。最終手段として男性ホルモンを分泌させることに。色仕掛けとはいってもつるぺたで、巨乳至上主義の男には効果薄。とはいえいろいろいたしてるうちに盛り上がっていい感じっぷり。ところがうっかり胸のことを口にしてしまったせいで逆上し、黒ハイニーソによる踏みつけからお仕置き(?)のアナル挿入でフィニッシュ。どう考えてもご褒美っぽいです。

「さあ、力を抜いて(読んでください)」 催眠術の実証に先生を使おうとする泉ちゃんと江羅殊(えらしゅ)ちゃん。あれこれやってみるも上手くいかず、最後の一回は「泉ちゃんが巨乳のお姉さんに見える」催眠。ロリっ娘至上主義の先生にはむしろ罰ゲーム的な催眠ですが、当然ながらかからず。効果を確認しようと江羅殊ちゃんが泉ちゃんのまな板おっぱいをポロリしちゃったからさあ大変。反応した先生に催眠が効いたと勘違いした二人は暴走。泉ちゃんの無乳ズリにフェラでの口内発射、江羅殊ちゃんのパンツ素股、泉ちゃんに中出しと役得の限り。

「タニムラさん登る」 突然押しかけて精液を採取しようとするツインテっ娘のタニムラさんと犬っ娘のポチ。押し倒されてフェラで口内発射。さらに犬耳+尻尾つきのポチと、いかにも動物的に後背位で。淫語連発なのもエロい。続いて実は処女のタニムラさんと。精液採取には手慣れてても、いざ自分がするとなるとしおらしいタニムラさん萌え。

「ベリー素敵なおちんちんの効能」 夜の一人仕事を妹のミミ子に見られたお兄ちゃん。ミミ子の抱いたちんこへの恐怖を和らげるため、寝ているミミ子のもとへ行き変装してちんこ露出。どう見ても変態です。いじられたりいじったりするうちに挿入まで至り、なんとか目的を達成。でも、激しく間違っているような気がしてなりません。

「よかれと思ってしたこと(本当)」 邪教の集団に囚われた二人の少女。悪魔を帰すための儀式と称して穴という穴がちんこまみれに。理性が飛ぶほどの快感の果てにあるものとは――と書くとシリアスものっぽいですが、オチはいかにもガビョ布節といったところ。

「描き下ろし漫画」 突然逆レイプ魔の幼女が襲来、それを逮捕しにきたロリ刑事も加わって……「整合性は二の次なの!」な煩悩垂れ流しの一作。

「あとがき」 作者コメントと表紙のロリっ娘のイラスト。そのほかカバー折り返しに「さあ、力を抜いて(読んでください)」「急いで口で吸え」の4コマ。カバー下にはおまけ漫画と書く作品のおまけひとことが。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。表紙買いアリです。表紙の絵はたぶん「女児が部屋に来るだけで勝ち組だが、更に…」のユミちゃん、裏表紙が「隣のまりちゃん」のまりちゃん。いくつか短めの作品はあるものの、どの作品もロリでぷにな女の子が登場。基本的には多少なりとも好感のある相手との初めてに挑んで戸惑いながらもしっかり感じちゃうという流れ。無理矢理っぽいのもありますが人外設定になっていて重さを読後にひきずらせない出来となっています。2006年から2011年と収録作の初出時期に幅はありますが、基本的な絵柄は大きく変わらず安定。古い時期のものは線がやや太めといった感じですが特に違和感はありません。エロシーンは大ゴマ、汁描写、淫語などポップでキュートな絵柄ながらしっかり。ただ、断面は少なめ。ショートカットの女の子が多いのも特徴。このへんは作者の好みなのかもしれません。また、登場人物のバカな掛け合い(性的な意味ではなく)を繰り広げる極めてギャグ寄りの作風も特徴的。エロも漫画としての面白さもある内容となっています。超おすすめ。

 

感想書き始める前に購入した既刊

日本全国豆投げ音頭 (ワールドコミックススペシャル) 日本全国豆投げ音頭 (ワールドコミックススペシャル)
ガビョ布

久保書店  2008-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 全開!!シンザン記念とフェアリーS2012の結果 | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2012 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/43684801

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 ガビョ布 『布のむこうがわ』(TENMAコミックス LO):

« 全開!!シンザン記念とフェアリーS2012の結果 | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2012 »