« 全開!!天皇賞・秋2011 | トップページ | ☆ 【コミック】 原作:都築真紀/漫画:藤真拓哉 『魔法少女リリカルなのはViVid (1)』(角川コミックス・エース 169-2) »

2011年10月26日 (水)

☆ 【成年コミック】 伊佐美ノゾミ 『うしじまいい肉』(セラフィンコミックス)

競馬や非エロやりだすとエロがおろそかになるのは注意しないと……

 

 

うしじまいい肉 (セラフィンコミックス) うしじまいい肉 (セラフィンコミックス)
伊佐美 ノゾミ

ヒット出版社  2011-09-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年以降ほぼ毎年コンスタントに単行本を出されている作家さん。既刊も全てセラフィンコミックスで本作は6冊目。既刊はロリ中心ですが、今回は実在するコスプレイヤー「うしじまいい肉」さんをそのままモデルにするという非常にユニークな作品となっています。掲載誌はヒット出版社の『COMIC阿吽』で、2011年の1月から8月にかけて連載されたものが9月に出版されるというスピード刊行。

 

「act.1」 腐女子で社交性皆無だったうしじまさんは、アニメのコスプレをしたことから注目されることの喜びを知ることに。腐女子狙いのナンパで処女を捨てた彼女は、コスプレによって人から求められ輝けるという自信をつけ自らの進む道を決めます。本日のコスプレはメイド姿で馴染みのカメコたち相手に大乱交。二穴にフェラ、両手にもちんこ握って乱れまくりな姿を撮影してもらい、最後は盛大にぶっかけ。

「act.2」 フォトグラファーの不知火氏と打ち合わせを兼ねた食事会でベトナム料理店へ。ベトナム料理店ということで衣装もきちんとアオザイで。のっけからうしじまさんの性癖を見抜いた不知火はマジックミラーの個室でセックスをしようと提案。バレるかもしれない状態でする快感に抗えないうしじまさんはそれを承諾。前も後ろも責められつつ、見せつけるかのように行為に耽ります。ところが何やら外の様子が編。実はマジックミラーでもなんでもない普通のガラスで、公開セックス状態。羞恥と開放という相反する状態にますます激しくなる感じっぷりがエロい。

「act.3」 コスプレを始めてからいろんな業界人とのつながりができたうしじまさん。そのつながりを維持するため身体を使うことも覚えていきます。言葉よりも体の交わりのほうに強くつながりを感じる彼女にとっては一石二鳥ともいえるやり方のようです。さて、現在付き合っているのは漫画家の先生。元々漫画・アニメ好きの彼女にとってはある種憧れの業界人。もちろん彼もうしじまさんの性癖をしっかり見抜き、ボンデージ拘束でおもちゃプレイ、縄緊縛プレイ、コスプレイベント中の遠隔バイブプレイとMっ気をビシバシ責めてきます。

「act.4 前編」 イベントで知り合ったAV監督のザガート山下氏にイメージDVDを撮影してもらうことに。まずは応募してきたファンのお宅に訪問。ところがイメージDVDの撮影のはずなのに、拘束されてのマット&ローションで無理矢理挿入されてしまう羽目に。違和感を覚えつつも結局言い出せず、次の撮影へ。遊園地ではメイドコスで観覧車に乗り込み他の客に見られるかもしれないドキドキ感を味わいつつ挿入、さらに街中では女子学生コスで歩道橋上での屋外プレイ。続く温泉での撮影に期待しつつもエロ無しでやや拍子抜けのうしじまさん。はたして違和感の正体とは。

「act.4 後編」 続いては旅館でストッキング破りプレイ……ですがやっぱり挿入はなし。怪訝に思っていると大量の素人さんたちが現れて、大乱交に。穴は口も前も後ろも使い、両手にもちんこと体全体を使ってのぷれいで液まみれ。違和感の正体を確かめるべく撮影が終わって確認してみれば、監督はAVのつもりで撮影していたことが判明。しかし途中で確認しなかったうしじまさんの心の奥底にある欲望は十分満足な撮影と相成りました。

「act.5」 イベント等で知り合った相手にはすぐ身体を開いてしまううしじまさんが唯一身体を許していない田雲先生。大学自体の講師でもあり、活動を知ってからのファンでもありますがその風貌とストーカー気質から避け続けています。ある日、謎の画像つきメールで脅されたうしじまさんは、メールの指示通りチャイナコスで、届けられていたバイブを挿入して指定された場所へ。遠隔操作に耐えつつ着いたホテルで何者かにスタンガンを使われ、目を覚ますと目隠し・猿轡・拘束でレイプ。しかしながら、目隠しの効果で快感にだけ集中してしまえる状況に溺れてしまいそうになりつつも、なんとか拘束の一部を解いたうしじまさんが見たものは……

「act.6 最終回」 イラストレーターのギヤマン氏と意気投合したうしじまさん。居眠り中の触手陵辱の夢から覚めると、おまたぺろぺろしてるギヤマン氏が。性欲を正直に表す彼が気に入っているうしじまさんはモデルしに来てるのかセックスしに来てるのかわからない状態。氏の提案でマンネリを打破するため、いつもと違う趣向としてボディペインティングで外出することに。出来がいいとはいえ、いつバレるかわからないドキドキ感にうしじまさんのおまたはぐっしょり。そこへいきなりちんこ挿入されて感じまくり。都会の無関心を逆手に取った露出プレイの快感におしっこ漏らしてのフィニッシュ。

「act.7」 その後を描いた掌編。久しぶりの撮影会を開くうしじまさん。今日もちんこまみれ汁まみれ。どうやらコスプレはやめられそうにありません。

「あとがき」 露出多めなメイドコスのうしじまさんイラストと作者コメント。ゲストページにはうしじまいい肉さんご本人の写真&コメント、温井裕子、108号、さなきゆうきの各氏のイラスト&コメント。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。裏表紙は本物のうしじまさんのコスプレ写真。本物と比べると漫画のほうはやや目がシュッとしてて涼やかな感じ。スレンダーで大きからず小さからずなおっぱいのうしじまさんが、Mっ気を存分に発揮して感じまくって汁まみれになります。コスプレイヤーとしてのうしじまさん本人のファンだけでなく、単にコスプレもののエロが好きな方にも楽しめる出来となっています。

|

« 全開!!天皇賞・秋2011 | トップページ | ☆ 【コミック】 原作:都築真紀/漫画:藤真拓哉 『魔法少女リリカルなのはViVid (1)』(角川コミックス・エース 169-2) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

たくさんの本、 買ってるんですね。
その情熱、スゴイと思います。

投稿: 脱毛器 太郎 | 2011年11月14日 (月) 20時48分

脱毛器太郎さんはじめまして。コメントありがとうございます。

情熱というと面映いですし、半ば自分のための記録なのですが
ちょっと読んでみようかなという本が見つかれば幸いです。

投稿: カワタカ | 2011年11月15日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42683969

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 伊佐美ノゾミ 『うしじまいい肉』(セラフィンコミックス):

« 全開!!天皇賞・秋2011 | トップページ | ☆ 【コミック】 原作:都築真紀/漫画:藤真拓哉 『魔法少女リリカルなのはViVid (1)』(角川コミックス・エース 169-2) »