« ☆ 【成年コミック】 けいじえい 『ぴぃち♡ぷでぃんぐ』(メガストアコミックス) | トップページ | 全開!!南部杯2011 »

2011年10月 5日 (水)

☆ 【成年コミック】 井上よしひさ 『マゾシャン』(セラフィンコミックス)

今月に入ってほしいエロマンガやエロゲが多い。なんとか資金を捻出したいところ。

 

 

マゾシャン (セラフィンコミックス) マゾシャン (セラフィンコミックス)
井上 よしひさ

ヒット出版社  2011-09-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帯には「業界随一の縛り絵師が贈る」とあり、カバー折り返しの既刊広告でも一目でわかる緊縛率の高さが特徴の作家さん。エロ・非エロ両方描かれており、単行本多数。本作は2008年から2011年にかけてヒット出版社の『COMIC阿吽』に掲載された作品が収録されています。メインの「Escape Artistによろしく」シリーズは全て2011年に入ってからと新し目。

 

「Escape Artistによろしく 」 たった二人の奇術同好会。部長でポニテメガネっ娘の苫田さんと部員の三春くんは今日も練習に励みます。筋力だのみの浮遊マジックを練習する苫田さんは、いつもしてるオナニーと同じ体勢でムラムラして足ピンオナニーで失禁。それを三春くんに見られてお仕置きプレイに。串刺しマジック(性的な意味で)してるうちに、相思相愛なのが判明します。

「Escape Artistによろしく2」 弓矢を使う脱出マジックのために弓道部の次期部長と目される川治さんを勧誘。オモチャとはいえ、悶え苦しむ苫田さんを見るうちに嗜虐性が高ぶってイってしまった川治さん。いつの間にか入れ替わりで緊縛された姿に。前話と同じパターンで(性的な意味で)刺して堕としてしまいます。ポニテっ娘二人にサンドイッチされるとは、ポニテ好きには天国みたいなものといえるでしょう。

「Escape Artistによろしく3」 相変わらず廃部の危機が続く奇術部。新体操部のポニテっ娘味噌川さんの「弱点」をくすぐって勧誘。彼女の演技力がないという弱点克服のため、胴体切断マジックの練習で上半身役と下半身役にわかれることに。そして下半身役の苫田さんは三春くんと素股プレイ。見てるうちに味噌川さんもシンクロしてイってしまいます。そして「のこぎり切断」(性的な意味で)というこれまた同じ展開に。今度はアナルなんですが、三春くんの「体操とかチアやってる子は練習中に膜が破れてるって聞いたもので」という理由はわりと鬼畜。どんだけ初物好きなのか。

「Escape Artistによろしく4」 味噌川さんが入部したことでマジックのネタっ娘をどちらがやるかでもめる奇術部。それはさておき顧問もいないので勧誘することに。おあつらえ向きに手が空いている霧積えみり先生にお願い。一度は断られるものの、先生がかつての美少女マジシャン「マジカル☆エミリ」ではないかとカマをかけてなんとか話を聞いてもらえることに。なお否定する先生に縄抜けをやらせてみたところ顧問を引き受けたくない先生はわざと縄抜けできないフリ。ところがギッチギチの緊縛によってかつての感覚を思い出し絶頂に。三春くんはそのままいたしてしまい、先生が縄抜けをしない本当の理由に気づきます。

「Escape Artistによろしく5」 先生の別荘で合宿の奇術部。ところが先生がネタっ娘に味噌川さんを指名したことで苫田さんは飛び出してしまいます。苫田さんを追いかけてきた三春くんまでネタっ娘は味噌川さんがいいと言い出す始末ですが、三春くんの真意は苫田さんを危険な目に合わせたくないからというもの。それを聞かされ感極まる苫田さん。そのままビーチで青姦へ。手足を砂に埋めての砂ハリツケでおなかとへそぺろぺろ。さらに串刺しっぽくアナルで。

「Escape Artistによろしく6」 先生と味噌川さんは苫田さんがネタっ娘をやることを了承したものの、三春くんだけは強硬に反対。苫田さんは彼の思いを知りつつも、マジックをやりたい気持ちが強く、三春くんをクビにしてしまいます。その夜、三春くんを部室に呼び出した先生はマジカル☆エミリの姿でお出迎え。なぜか5年前のエミリに見える先生からエミリ引退の真相を聞いた三春くん。エミリのショーを見ながらした初めてのオナニーを思い出しながら、その本人としていることに大興奮。

「Escape Artistによろしく7」 三春くんが戻ってきた奇術部は学園祭での発表に向けて猛練習。本番では緊張をほぐすためにバイブにアナルビーズ、乳首にはローターと三所責め。さらに打ち合わせとは違い、脱出のための仕掛けが作動しない中で他のメンバーが事故に見せかけて苫田さんを亡き者にしようとしていることが判明して大ピンチ。果たして舞台は成功(or 性交)するのか――

「ポニー牧場だより」 宣伝まんが。エロの『Escape Creator (セラフィンコミックス)』と、一般の『おじいちゃんは少年探偵 4 (CR COMICS)』の宣伝なのですが、2008年時点での「最新」なので、すでに最新ではありません。目次の初出を見ない限りはいつのものか分からないので、あまり親切ではない感じ。

「スピード射精」 コースケは水泳部員の水野さんがレー○ーレー○ーのかわりに小学生の頃使っていたキツキツのスクール水着着用を手伝うことに。乳を押し込んだり、水着を引っ張ったりしてるうちにいい感じになりそのままいたしてしまいます。小さい水着によるある種の緊縛感がエロい。日焼け跡があればもっとエロかったかも。

「ちあふぇち」 男子生徒がチア部の練習を見ていると、そのうちの一人がいきなり「セックスしてください!!」とお願いしてきます。なんでも硬い体を柔らかくするためにはセックスがいいと先輩から教えてもらったとか。まんまとかつがれてるのがアホの子っぽくてかわいいです。自作の開脚マシンでイきまくったり、脚を後ろに上げて手でつかむ「スコーピオン」という技の体勢のまま挿入したりとアクロバティック。海外のAVとかこんな感じだよなー(偏見)

本編の後ろにはスタッフ一覧とイラスト。おまけで『マジシャン怪盗ラビリン☆テール』。カバー下にはマジックシーン。

 

表紙よりは裏表紙のほうが中の絵がイメージしやすい感じ。「Escape Artistによろしく4」以外は全てポニテっ娘という徹底っぷり。おっぱいは大きめで、縄や衣装が食い込んだり掴まれて形が変わったりと緊縛を全面に押し出した作画・ストーリー展開となっています。いくつか無理矢理ことに及ぶお話はあるものの、される側も本心では嫌がっていないという感じで重さはありません。むしろ抑えていた感情が解放される感じ。個人的には「です」口調がかわいい味噌川さんメインの「Escape Artistによろしく3」、先生の全盛期が見たくなる「Escape Artistによろしく6」、アホの子かわいい「ちあふぇち」あたりが特にお気に入り。

|

« ☆ 【成年コミック】 けいじえい 『ぴぃち♡ぷでぃんぐ』(メガストアコミックス) | トップページ | 全開!!南部杯2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42266750

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 井上よしひさ 『マゾシャン』(セラフィンコミックス):

« ☆ 【成年コミック】 けいじえい 『ぴぃち♡ぷでぃんぐ』(メガストアコミックス) | トップページ | 全開!!南部杯2011 »