« 全開!!南部杯2011 | トップページ | 【雑誌】 扶桑社 『週刊SPA 2011年10月4日号』(「[右翼だって反原発!]その主張を聞いてみた」について) »

2011年10月 6日 (木)

☆ 【成年コミック】 楓牙 『先生を見てください』(MUJIN COMICS)

ある企業から「お祈り」をいただきましたが、書類返送で書留まで使う丁寧さが却ってダメージ大。

先生を見てください (MUJIN COMICS) 先生を見てください (MUJIN COMICS)
楓牙

ティーアイネット  2011-07-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

既刊多数の作家さん。初出は記載がありませんが掲載誌は『COMIC MUJIN』のようです。

 

「ワインの価値観<第1話>」 男子生徒に人気ながら無愛想な若瀬先生。彼女と唯一コミュニケーションが取れるクラス委員の華彩(かさい)くん。コミュニケーションとはいっても、やたら押し付けられる雑用以外は文句と罵倒ばかりという有様。夏休みのある日先生の自宅に呼ばれた華彩くんは昼ごはんをごちそうになります。他愛もない会話の中、華彩くんのバイト先の料亭で行われた先生のお見合いの話題になって、なんだか絡み酒に。悪酔いした先生は介抱した華彩くんに本気とも冗談ともつかない様子で「犯して」と頼み、華彩くんもそれを受け入れます。しっかり感じつつも淡々としたエロシーンが印象的。

「ワインの価値観<第2話>」 相変わらず学校では無愛想な先生。またしてもバイト先で行われたお見合いのあと先生の自宅に呼ばれる華彩くん。いつもはクールな先生も、お見合いの話になると荒れ気味。悪酔いして「舐めるのが好きなんです」とぺろぺろ。そしてベッドでは華彩くんの息子さんをぺろぺろ。言葉の端々に華彩くんへの好意がチラチラするものの、酔わなければそれを出せないあたりがかわいいです。

「ワインの価値観<第3話>」 華彩くんのクラスメイトで不良の庄司さん。同じくクラスメイトで二次元オタな平野くんにちょっかい出しまくり。なのに全く動じない平野くんにちょっとイライラ。校内での喫煙がしにくくなり、新たな喫煙場所として体育倉庫を見つけた庄司さん。うっかり寝入ってしまい、ここをゲームをプレイするための場所として使っている平野くんとともに閉じ込められてしまいます。これを期に少しづつ変わっていく二人の関係。互いに表面上は嫌いつつも、心の奥底にある好意を自覚し始め……ただ、それを若瀬先生に相談するのはどうなんでしょう。

「ワインの価値観<第4話>」 前話のつづきで庄司さんの友達の話。ツインテっ娘の春風さんは幼馴染の浅野くんと再会。互いに好意は持ちつつも小学生並のやりとりを繰り返す二人の仲は進展しそうに見えません。浅野君のいたずらに業を煮やした春風さんは「彼氏ができたらもうこういう事しないで!!」と約束させ、彼氏を作ろうと躍起に。ところが焦って作ろうとしたために襲われる寸前に。得意の空手で切り抜けるものの、それを聞いてどこかへ行こうとする浅野くん。過去彼女にヘンなことをしようとした人間がことごとく何者かに襲われていることに気づいている春風さんは浅野くんを引き止めます。浅野くんもそれを了承し、そのかわり付き合うことに。付き合い始めて初めてのデートは小学生並みのやりとりを繰り返す二人だけにそのへんの山で釣りや虫取り。ただ昔と違って体も大人になり、何をするかも知っている二人は青空の下でようやく通じ合った想いを確かめ合います。

「ワインの価値観<第5話>」 さらに前話の続き。先生から自宅飲みに誘われた庄司さん。平野くんと華彩くんも呼ばれることに。「表面上嫌い合ってる二人が付き合うことになった」という点では先達の庄司さんと平野くんは、二人をそれとなく誘導して帰宅。残された二人はいつものように本気の好意なのか酒の力を借りたフリか微妙なまま体を重ねます。翌朝、先生の部屋を訪ねてきた中年の女性。二人の関係を問いただす彼女に揺さぶられつつも日常を維持しようとします。さらに後日、今日も今日とて先生の雑用をこなす華彩くん。ついにシラフの先生と……

「ワインの価値観<最終回>」 シラフでセックスをし、互いの好意を決定的に自覚した二人。ホワイトデーに「恋人」を望んだ先生の願いを叶えるため、旅行に出かけます。とはいえ「終点まで」が目的地なその旅は恋人同士の甘い雰囲気ではなく、駆け落ちカップルのそれ。自分が、日本人なら誰でも知っている超大物の愛人の子であり、跡継ぎを娘婿にと考える父親の意向を汲んだ母親によって見合いが組まれていることを告げる先生。それでも抱けるという華彩くんを激しく求める先生。自分の意志では相手と結ばれないからこそいとおしさが燃え上がります。翌日、連れ戻され引き裂かれる二人。好きだからこそ「きらい」と言わなければならない悲痛さが胸を打ちます。そして数年後――

あとがき的なおまけマンガで、作者コメントや登場人物についてや次回作のことなど。掲載誌・既刊の広告もあるので気になる方はチェックしてみるといいかも。

 

中の絵は裏表紙側のほうが近い感じ。中のコマが抜粋されてるのでわかりやすいと思います。サブキャラクターの2話分以外は全て先生と華彩くんのお話。先生については、デレないクーデレが酔って少しだけ乱れて……といった感じでしょうか。一話あたり30ページ超で背景となるストーリーや心理描写もしっかり描いているのが特徴。全体としては素直になれない二人が少しずつ近づいていく過程で統一されています。達観しているように見える登場人物が好きな人のために足掻き苦悩する切なさをひしひしと感じる一冊。

|

« 全開!!南部杯2011 | トップページ | 【雑誌】 扶桑社 『週刊SPA 2011年10月4日号』(「[右翼だって反原発!]その主張を聞いてみた」について) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42314241

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 楓牙 『先生を見てください』(MUJIN COMICS):

« 全開!!南部杯2011 | トップページ | 【雑誌】 扶桑社 『週刊SPA 2011年10月4日号』(「[右翼だって反原発!]その主張を聞いてみた」について) »