« ☆ 【成年コミック】 園崎宗一 『ろりろりカンカン』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 てつ 『えっちびっこ』(ムーグコミックス) »

2011年10月25日 (火)

☆ 【成年コミック】 はづき 『きみとの、はじめて』(ポプリコミックス)

きょぬー期に入りつつある今日この頃。

 

 

きみとの、はじめて (ポプリコミックス) きみとの、はじめて (ポプリコミックス)
はづき

マックス  2011-09-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たぶん著者の初単行本。MAXの『コミックポプリクラブ』に2009年から2011年にかけて掲載された作品が収録されています。

 

「きゃっとすくらんぶる!!」 冒頭部カラー。学園祭の出し物でお化け屋敷をやることになった絵梨姉。化け猫の役ということですが、猫耳・猫グローブにミニ丈着物と、お化けとしてはちょっとかわい過ぎる感じ。当日客としてやってきた康太は絵梨姉に脅かされてしまい、そのままいただかれることに。あざとい衣装にぽよんとしたおっぱいがよいです。おっぱいゆっさゆさ!

「ツン×ツン」 ツンツンな瑞穂は由之に素直に好きと言えなくて、告白された話で揺さぶりをかけてみるも罰ゲーム扱いでスルー。腹を立てて暴力を振るうのもマイナスポイントで、それならばと逆ギレ的にデレてキス&ハグ。畳みかけるようにフェラ、挿入へと。二人のデレ移行スピードの差が甘酸っぱくて良い感じです。

「君のポートレート」 貴也の部屋の掃除を勝手に手伝うポニテっ娘有香。出てきたエロ本に有香の写真を挟んであったのがバレて大ピンチ……と思いきや、エロ本と同じようにパイズリをしてくれることに。さらに有香も同じようなことをしていたのがわかり、先に進む二人。似た者同士がチュッチュしやがります。爆発しろ。

「小悪魔とらっぷ」 幼馴染の健にぃの困った顔が大好きという、ちょっと歪んだ愛を持つ陽子。健も陽子のことが好きではあるのですが、身の危険を回避するために性癖の方向性を修正しようと試みます。またしても嫌がらせを仕掛けてくる陽子をきつく叱るものの、「本気で叱る=ものすごく困っている」わけで陽子の性癖はますますヒートアップ。押し倒されて足コキ、騎乗位と主導権を握られそうに。なんとか逆襲するものの、しっかり型にはめられた感じ。

「でじ♥らば」 二次元愛好者の亮太へ果敢にアタックを試みる亜矢。三次元にまるで興味を示さない亮太を振り向かせるために、亮太が夢中になっているゲームの「華恋ちゃん」のコスプレでツインテメイドに変身。ところがコスプレの考証の甘さからコテンパンにされてしまいます。最終手段として二次元でも見えない部分を見せつけて(読んでるこっちには見えませんが……)振り向かせることに成功。二次元にはできないパイズリフェラ、口内発射、挿入と生身のアドバンテージを最大限に使います。さて、その結果は……

「コトノハノート」 幼馴染の沙織が転校してからも文通やメールのやり取りを続け、8年ぶりに再会したつかさ。そこそこ好感度も高まっていると思いきや、メールでは饒舌対面では超絶無口の不思議ちゃんになってて困惑。とはいえメール経由では好きな気持ちをオープンにしてくる積極性で、二人きりのカラオケボックスで無事ことに及びます。互いの恥ずかしい姿を写メに撮った後は、黒ストを破いての挿入へ。途中から携帯を没収しての生喘ぎは無口っ娘の醍醐味といっていいでしょう。

「ぎゃくてんマーメイド」 友達以上恋人未満の宏(ひろ)と運命的な恋をしたい七海。人魚姫のごとく水難事故に遭ったところを助けようと画策しプールに誘います。自分で宏を溺れさせて自分で助ける自作自演を仕掛けようとするもうまくいかず、あっさり見破られてしまいます。訳を話すと「『運命的』じゃなきゃダメなのか?」と問われて本末転倒に気付いて見事恋は成就。そのままシャワールームでいたしてしまいます。シャワーの水音で喘ぎ声をごまかすくだりでは「溺れる」のダブルミーニングや、扉一枚隔てた外に人が来るかもしれないドキドキ感を演出して良い感じ。

「はぴかむハロウィン」 野沢くんのところにやってきたボクっ娘の小雪さん。魔女の格好で何事かと思えばハロウィンでトリックオアトリート(性的な意味で)。チョコレートソースや蜂蜜をぶっかけてのパイズリフェラでミルクを搾り取ります。発想がおっさんくさい!さらに性的な意味で野沢くんをおいしくいただき、お腹いっぱいミルクを摂取。しかしショートカットに魔女っ娘の格好は長t……うわなにをするやめ

「メリー・メリー」 ある日突然携帯ゲーム機のギャルゲキャラ「ほめこ」が具現化。違和感なく日常に溶け込むほめこに、持ち主の信也のいけない妄想は膨らむばかり。ところが登校時以外はゲーム機の中という理不尽仕様に思わず涙が。そしてクリスマス、見知らぬアイコンにタッチしてみると在宅時なのにほめこが具現化。しかもサンタコス。ほめこもまた信也に触れたいと願っており、ようやくそれが叶います。今まで我慢していたのを取り戻すかのように求め合う二人。クリスマスに想い合う二人が起こした奇跡の結果は……

「DRUNK QUEEN」 花粉症でお花見に行けない隣家のかをるさん。野中くんは余っていたアレルギー薬を渡して一緒にお花見へ行くことに成功。いい感じになったところで、薬の効果か酔いが早く回ったかをるさんの積極アタック。ねちっこいキスからフェラへのコンボ、寸止めさせて挿入となります。茂みの外には他の花見客が一杯で、声を聞かれるかもしれないドキドキ感を味わいながらの中出し。酔ったふりして手のひら転がしのうまいおねーさんって素敵です。

「スケジュールガール」 椿くんとおつきあいしているゆずさん。活発そうな見た目とは裏腹に、奥手で几帳面なスケジュール魔。予定のないキスやセックスなどは許しません。そんな現状にがまんできない椿くんは、いい雰囲気になったところでキスを強行。勝手な予定変更に起こりつつも、付き合って一周年の日に予定していたセックスを繰り上げることに。勉強の成果を活かしてリードしようとするも、思わぬ反撃で「予定」が狂ってうろたえる姿がかわいらしい、

「きゃっとすくらんぶる・りぷれい!」 描き下ろし。絵梨姉の新たなコスプレは猫耳チャイナ。大胆に開いた胸元のスリットを活かしてのパイズリフェラ、さらにそこから露出したおっぱいは豪快に揺れまくり、スカート部分をたくし上げて激しく突きまくり。

「あとがき」 ラフ気味の線画と作者コメント。カバー下は表紙やカバー折り返しに登場してないヒロインのイラスト。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。表紙買いOKです。絵柄もハイレベルで安定。大きめの瞳で描かれる、ややロリ気味の面影も残しつつもいいお年頃に成長してるおっぱいばいんばいんの女の子たちが、好きな男の子とキャッキャウフフするお話ばかり。床ゴロゴロ派にはもってこいの一冊です。破瓜の出血描写は皆無なので真性の処女スキーには物足りないかもしれませんがそれを補ってあまりある( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!また、エロシーンは概ねフェラ・パイズリフェラでまず一回、挿入シーンで中出しという流れでお口派もおまた派もそれぞれしっかり使える出来となっています。個人的には猫耳のあざとさがたまらなくいい「きゃっとすくらんぶる!」シリーズ、Sっ気たっぷりの見下し目線と足コキがゾクゾクする「小悪魔とらっぷ」、なによりも大好物の無口っ娘な「コトノハノート」がお気に入り。おっぱいスキーにはたいへんおすすめです。

|

« ☆ 【成年コミック】 園崎宗一 『ろりろりカンカン』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 てつ 『えっちびっこ』(ムーグコミックス) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42657762

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 はづき 『きみとの、はじめて』(ポプリコミックス):

« ☆ 【成年コミック】 園崎宗一 『ろりろりカンカン』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 てつ 『えっちびっこ』(ムーグコミックス) »