« 全開!!菊花賞2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 はづき 『きみとの、はじめて』(ポプリコミックス) »

2011年10月24日 (月)

☆ 【成年コミック】 園崎宗一 『ろりろりカンカン』(TENMAコミックス RiN)

菊花賞を見に行けずに残念。資金の捻出はダービーの時点でしておかなければならなかったのです。僕達の失敗……

ろりろりカンカン (TENMA COMICS/TENMA COMICS RiN) (TENMAコミックス RiN) ろりろりカンカン (TENMA COMICS/TENMA COMICS RiN) (TENMAコミックス RiN)
園崎宗一

茜新社  2011-09-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在の名義では初となる単行本。初出の記載はありませんが茜新社の『COMIC RIN』掲載作を収録しているようです。

 

「妹の正しいあやしかた」 おにいちゃん依存の妹・志穂がオナニーしてるところに、兄のタカヒロが異変と思って来室。自立を促すために部屋を別々にされてからというものオナニーが止まらない志穂の悩みを聞いたタカヒロは、自らも同じ年の頃にはオナニーばかりだったと慰めますが「同じ」の意味を微妙に勘違いした志穂はお礼に自分をおかずにと言ってきます。また泣き出すかもと心配したタカヒロがオナニーしているうちに、志穂も盛り上がっておちんちんぺろぺろ。フェラだけで濡れまくりな志穂に嗜虐心がムラムラ沸き起こったタカヒロはお仕置きプレイで中出ししまくり。唾液と精液と愛液でぐっちょんぐっちょんになりながら兄妹の絆を深め合います。

「妹デビルと処方箋」 表向きは虚弱っ娘のまゆ。お兄ちゃんはそんなまゆに振り回されつつも放っておけません。看病していると投薬をせがまれますが、まゆが渡したのは座薬。おしりを突き出すまゆに我慢できなくなったお兄ちゃんはほぐすためにアナルぺろぺろ、薬を投入し、奥に入れるためにちんこを突き刺します。そのままアナル中出しした後は、二人とも盛り上がって組んずほぐれつ。もちろんキスで風邪が伝染るオチも忘れません。

「妹デビルの躾教室」 「妹デビルと処方箋」の続編。迎えが平均タイムより遅かったのを責めるまゆ。お兄ちゃんをベッドに縛り付けてひんむきます。顔面騎乗してぺろぺろしたら通報の焦らしプレイ。くんかくんかだけは許可ですが、言葉責めとの合わせ技でお兄ちゃんをイかせてしまいます。そんなMっ気たっぷりなお兄ちゃんに嗜虐心を刺激されたまゆは、レイプと称して騎乗位で腰を振りまくり。射精しても抜かずに責めまくります。

「しるっこ!」 小さい頃の出来事が原因で水が怖いみなも。恋人でもあるユキ従兄(にい)と恐怖心克服の特訓。とはいうものの、どちらかというと自作白スク水を着せたり自作ローションを使ってみたりとユキ従兄の趣味丸出し。フェラさせながらローションを水鉄砲で注入したり、全身ぬるぬるでからみ合ったりとローション好きにはたまりません。

「うざいもっ!」 中学生にもなって兄にべったりで拒絶されそうになると首を吊ろうとする二葉。一緒に風呂に入りたがり、背中を流してるうちに「最近にーにーがだっこしてくれないから」と抱きついてきたり。中学男子のお兄ちゃんがそれに抗えるはずもなく、「ご主人様」と呼ばれながら手コキでイかされて完全にスイッチオン。イラマチオで口内発射、ちんこにボディソープを塗って膣内を洗いまくりで、中出ししまくり。

「アダルト?こもも先生!」 下山くんの担任こもも先生はいわゆる合法ロリ。赤点王の下山くんを更生させるため勉強を教えようとするものの、そっちのけで先生のロリっぷりを堪能する彼に激怒。大人だと証明するために酒ラッパ飲み&裸を見せつけるという手段に出るも、やっぱりどこからどう見ても合法ロリ。童貞ゆえに抱きしめたり触ったり口で皮をむいたりするだけで射精してしまう下山くんに「てくにしゃんだからねっ」と自慢気ですが、やっぱりどこからどう見ても合法ロリ。そのまま更生するのと引き換えに、ご褒美の前払いと称して中出ししまくり。大人なのに見た目だけでなく性格まで子供っぽいのが破壊力抜群。「その幻想をぶち壊してやるぅ!」って、やっぱり元ネタはそれか!

「アナますっ!」 大人のおもちゃ初心者のおにいさんが店に入ると、そこには北欧ロリツインテっ娘の店番・アナが。お縄を恐れて去ろうとするおにいさんですが、客に逃げられてばかりで「パパ」にお仕置きされるというアナのためにオナホデビューをプロデュースしてもらうことに。貫通型オナホ+フェラの大サービスで盛大に発射したおにいさんはすっかりスイッチオン。アナにピンクローターを取り付け、アナルにはゼリー注入後アナルビーズ、前にはちんこ挿入でぐちょぐちょにからみ合います。そんな中でも仕事をきちんとしようと頑張るアナの健気さがグッときます。

「ノラぬこりたーんず!?」 自殺しようとした男のところにやってきたのは謎の猫耳っ娘。かつて餌付けしていた野良猫のドラゴンだという彼女の目的は恩返し……と思いきや、ハンバーグに入っていたタマネギによる中毒死のお礼参り。エロい恩返しの期待でビンビンになっていたちんこを縛られ、ざらざらの猫舌で舐める焦らしプレイ。そのままくびり殺されるかという寸前、襟首を掴んで大逆転。成仏させようと挿入してみればまさかの処女。さすがに気が咎めたか、気持ちよくさせようとしてるうちに情も移ってきます。やがてドラゴンの真意もわかった男は性的な意味でかわいがりまくり。尻尾を利用しての二穴も繰り出してのイきまくりです。

「××歳の保健体育」 陸上部員のアキラはマネージャーの修兄とトレーニングしているうちに、公園で青姦のカップルを見かけてしまいます。胸のもやもやの正体が分からないアキラはオナニーの知識すらなく、修兄に教えてもらうことに。スパッツ越しにいじられまくっておもらしの後は、修兄のぺろぺろ。さらに修兄のもやもやも解消するために、理解が悪いのかいいのか分からない感じでセックスに至ります。初めてながら、しっかり濡れて修兄大好きオーラ出しまくりで感じまくりなアキラの天然エロっぷりが素晴らしい。

「せんまい」 半年前から妹のミオの誘惑で関係を持ち始めたレイジ。兄妹ながらその関係には肯定的ながらも、まだ小六なのにエロエロなミオの行く末がちょっと心配。フェラされた後寝落ちしていたレイジはもよおしてトイレに。そこへなぜかニーソ一丁のミオが。なんでも全裸じゃないと用を足せないということで、普段からの羞恥心のなさと鍵も掛けない危機感のなさを危惧したレイジは恥じらいを教え込むことに。おまたをいじくりまわして強制的にしーしーさせ、さらにそれで感じてるお仕置きとして挿入。もはや最初の目的は忘れて中で出しまくり。

「コイウシ」 勉強を教えてくれるのはいいもののその有り余るおっぱいで密着してくるため、多感な中学生・まーくんの脳内を煩悩に染める、女子高生のちい姉こと千草。叱られてふてくされてるうちに早々にふて寝してしまう子供っぽさながら、牛柄のショートタンクトップからこぼれ落ちんばかりのおっぱいに、まーくんは気が気ではありません。こぼれ落ちそうなところを受け止めたところ、おっぱいの魔力には逆らえずポロリしてしまいます。オカズにしてた想像そのままにつんつんしたり、くんくんしたり、パイズリしたり。ところがその最中(たぶん寝たふりで)目を覚ましたちい姉にバレてお仕置きのパイズリフェラ。そこから、種付けと喩えるのに相応しいバック、正常位でおねショタの王道的なおっぱいに顔を埋めつつで中出し。

「あとがき」 デビュー作のキャラクターイラストと作者コメント。どうやら「園崎宗一」名義では初単行本ですが、別名義での単行本があるようです。

カバー下は妄想・作画担当園崎宗一と上から来るの気をつける担当コンバッチ・越前の著者近影と休日の過ごし方。

 

中の絵はカバーのイメージ通り。裏表紙側のほうがわかりやすいと思います。タイトル通りロリっ娘多めですが、つるぺたからほどよい膨らみのあるタイプ・合法ロリ・きょぬーと、バラエティに富んでいます。ロリっ娘の身体の薄さと、ぷに感を併せ持った感じの作画が特長。エロシーンは前戯でまず射精or潮吹き、挿入シーンでも射精・潮吹きが複数回。それに伴って汁が非常に多いです。また、大きめのちんこがロリっ娘のわれめにがっつり入って行く結合部のアップ、断面・内側視点の使用、大ゴマなどエロ要素がふんだんに盛り込まれています。萌え系ギャグ寄りの絵柄ながらエロさはかなりのもの。ロリ主体ながら既に非処女のキャラがいたり、処女でも破瓜の出血がないキャラもいたりで真性のロリスキーにはやや物足りない部分もあるかもしれませんが、それを差し引いてもエロい。

こもも先生のキャラ、アナの持ってるぬいぐるみ、ドラゴンの愛称、「××歳の保健体育」のタイトルなど、非エロの漫画・アニメ・ラノベネタも。たぶん探せば他にもあるかと思います。

個人的にはローションのぬるぬるプレイが楽しい「しるっこ!」「アナますっ!」、天然エロっぷりが素晴らしい「××歳の保健体育」、ちい姉の牛ちちっぷり&子供っぽさと手のひら転がし感のギャップがたまらない「コイウシ」が特にお気に入り。他のも兄妹ものが好きならドストライクかと。おすすめ。

|

« 全開!!菊花賞2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 はづき 『きみとの、はじめて』(ポプリコミックス) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42632835

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 園崎宗一 『ろりろりカンカン』(TENMAコミックス RiN):

« 全開!!菊花賞2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 はづき 『きみとの、はじめて』(ポプリコミックス) »