« ☆ 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (1)』(モーニングKC) | トップページ | 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS2011の結果 »

2011年10月 2日 (日)

☆ 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (2)』(モーニングKC)

グラゼニ(2) (モーニングKC) グラゼニ(2) (モーニングKC)
アダチ ケイジ 森高 夕次

講談社  2011-09-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2巻から週刊ペースに。あと、サブタイトルに「の巻」がつかなくなりました。

 

第7話「プロになれなかった男」 プロになれなかった男と、プロになれたけど芽が出なかった男、プロで何とかやっていけている男、の三者が同じ場所に。プロになることは果たして幸せなことなのかどうか。

第8話「安全な株・危険な株」 春季キャンプ。「少年マガジン」の作家・牧場春彦が「中継ぎ投手」を新作の題材にするため夏之介に単独取材。ジャンルは違えど「プロ」に共通する厳しさを語り合う二人。プロとして「安全な株・危険な株」のどちらを狙うべきか。

第9話「倍数」 自身の年俸1800万を基準に「倍数」を気にする夏之介。同僚のアキラは3600万(夏之介2人分)、対戦相手の川崎ブルーコメッツの先発・美里投手は5400万(3人分)、同じくブルーコメッツの萬田内野手は7200万(4人分)。草食系の自覚がある夏之介とアキラは「倍数」の選手たちの肉食っぷりにタジタジ。ある日、ちょっとだけ草食系脱却のために夜の街へ繰り出した二人は、翌日対戦予定のワイルドワンズ主力打者で年俸1億8000万円(10人分)の関谷選手と鉢合わせ。何もかもに圧倒された夏之介は試合で意地を見せることができるか。

第10話「二軍なのに一軍」 チームの第4捕手・東光さん。大学時代は一軍で主将だった彼もプロでは一軍に定着できないまま32歳で年俸500万。一方、東光さんと大学同期で部では二軍だった北村記者はスポーツ紙のエースとして1000万円もらっているのではという噂。かつての一軍・二軍が入れ替わった二人の関係は……

第11話「球場までの通勤事情」 3Aの新助っ人獲得の噂に戦々恐々の現ストッパー瀬川。更にピンチなのが二軍の外国人選手で左サイドスロー投手のトーマス。急遽一軍登録、翌日の登板を告げられたトーマスはちょうど一緒にいた夏之介と一緒に敵地横浜スタジアムへ移動することに。

おまけ漫画『凡田 ジャイキリを読む』も。

 

既刊の感想

 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (1)』(モーニングKC)

|

« ☆ 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (1)』(モーニングKC) | トップページ | 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS2011の結果 »

コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42202218

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (2)』(モーニングKC):

« ☆ 【コミック】 原作:森高夕次/漫画:アダチケイジ 『グラゼニ (1)』(モーニングKC) | トップページ | 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS2011の結果 »