« ☆ 【成年コミック】 tosh 『ハーレムタイム』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) | トップページ | 全開!!新潟2歳Sと小倉2歳S2011 »

2011年9月 2日 (金)

☆ 【成年コミック】 PONPON 『はいばねいしょん!』(ホットミルクコミックス 353)

世間は夏休み終わっても、当ブログの夏休みは「無休」です。

はいばねいしょん! (ホットミルクコミックス 353) はいばねいしょん! (ホットミルクコミックス 353)
PONPON

コアマガジン  2011-08-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者4冊目の単行本。コアマガジン社の『コミックメガミルク』vol.1~13までの間で掲載された全10話の長編作です。

 

「第1話 指輪と天使と再開と。」 しがないアルバイト相馬大輔のもとに突然やってきたちっこい女の子。子供の頃した結婚の約束を果たしに来たという彼女は、どう見ても同じ年令には見えないものの子作りの知識はしっかりあって、戸惑う大輔を押し倒します。あっけにとられているうちに、フェラから騎乗位のコンボを決められる大輔。ついに彼女がかつて結婚の約束をした幼馴染の立花エミリーであることを思い出します。

「第2話 バイトと漫画と大輔と。」 ひとまずエミリーを保護した大輔。一人で置いておくわけにもいかず、親戚と称してバイト先に連れていくことに。バイト先がマンガいっぱいの書店ということもあり、大輔が描いてくれたマンガの思い出に浸るエミリー。ところが漫画家になる夢をあきらめた大輔はついつれなくしてしまい、エミリーを泣かしてしまいます。機嫌をとろうと、エミリーに「マッサージの手伝いでも」とお願いしたのが運の尽き。性的なマッサージに突入し、トイレでいたすことに。

「第3話 海と榊と真夏の出来事と。 前編」 職場の旅行で同僚の榊さんの実家の民宿へやってきた大輔たち。早速海へ……と着替えてエミリーを迎えに行った大輔は間違って着替え中の榊さんの部屋に。しかもそれをエミリーに見られてしまいます。なんとか誤解を解こうとしたところ、エミリーが気にしていたのはおっぱいの戦力差。そんな気にしないという大輔は「証拠」を見せることに。水着もさることながら、いつもの長いウェービーヘアをお下げにしてるのも新鮮でいいです。

「第4話 海と榊と真夏の出来事と。 後編」 榊さんに二人の関係を知られてしまい悶々とする大輔。サカキさんは誰にも喋らないと言ってくれるものの信じられず、それならと条件付きの勝負の形にしてくれた榊さんと遠泳勝負に。その最中気を失った大輔は全裸の人肌で暖めてくれた榊さんのおかげで意識を取り戻します。朦朧として動けない大輔と身体を重ねる榊さん。果たして彼女の真意は……

「第5話 リオと覗きと膨らむ想いと。」 前話でちょっとだけ登場した榊さんの幼馴染の理緒(男の娘)が、彼女を追って上京してきます。直接会おうと店のバックヤードに侵入した理緒は、大輔とエミリーがいたしているところを目撃してしまい……男の娘の覗き見オナニーという特殊なシチュで新たな扉が開くこと請け合いです。

「第6話 お風呂と男女と告白と。」 銭湯でばったり出会った大輔・エミリーと榊さん・理緒の4人。男湯・女湯それぞれで榊さんと理緒の想いを聞いた二人はそれぞれに相手を思うことについて考えることに。そして風呂から帰った大輔とエミリーは互いに温もりを求め合い……

「第7話 こころと身体と不協和音と。」 体調を崩し始めたエミリー。気遣う大輔をよそに、まるで何かに焦るかのように大輔を求めるエミリー。大輔がそれを指摘すると、子供ができず生理も止まっていると告げたエミリーは雨の中へ飛び出していきます。エミリーに追いついた大輔は彼女の父親と相対して……

「第8話 過去と大輔と失われた記憶と。」 エミリーの父から、エミリーの体が比喩でも何でもなく「子供のまま」であること、その原因が自身にあることを聞かされて打ちひしがれる大輔。榊さんの励ましや理緒の叱咤でエミリーの帰国直前の約束と封印されていた記憶を思い出します。

「第9話 エミリーとダイスケと未来への約束と。」 すべてを思い出した大輔は思い出の場所にしまいこんだ宝物を掘り出してエミリーのもとへ。大輔の必死の想いが伝わり、エミリーは意識を取り戻します。ここに来てようやく、本当に想いが伝わり合ってのセックスとあいなります。

「第10話 指輪と誓いと新たな一歩と。」 新居に引越し新たな一歩を踏み出す二人。大輔は店を辞め諦めた夢を取り戻す挑戦に、エミリーは体も元に戻り、二人の時計の針は10年前から進み始めます。エミリーの焦燥感からではなく、心から愛しあっての子作り行為。二人の幸せを願ってやみません。

「あとがき」 ゲストに久水あるた、琴義弓介、ジョン・K・ペー太、Triage Tagの各先生。最後に作者コメントとイラスト。その他カバー下には、ダンディすぎる店長とお父さんをメインにした別バージョンの態。また、作中の書店がメロンブックスを模しているせいか、メロンブックスで購入したら同社のマスコット・めろんちゃんのコスプレをしたエミリーのイラストカードがついてました。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。裏表紙の二人はそれぞれ一話ずつしかエロでの出番はなく、ほとんどの回で表紙を飾っているメインヒロインのエミリーと大輔の絡みとなっています。そのためロリ&ひんぬー度が高め。回によってはストーリー重視でエロが薄くなったりもしますが、途中に榊さんや理緒絡みのエピソードといった変化球があったり、エミリーの髪型のバリエーションが通常・ポニテ・おさげ・サイドテールといくつかあったり、水着・風呂上り・二人が幼少時の絡みなどのシチュエーションもあったりで飽きさせない工夫がなされています。一途でエロい合法ロリが一生懸命に大好きな人と結ばれようとする、エロもストーリーも兼ね備えた一冊といえます。1話と8話のリンクに気づいた時は「そういうことか!」と。

|

« ☆ 【成年コミック】 tosh 『ハーレムタイム』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) | トップページ | 全開!!新潟2歳Sと小倉2歳S2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41458829

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 PONPON 『はいばねいしょん!』(ホットミルクコミックス 353):

« ☆ 【成年コミック】 tosh 『ハーレムタイム』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) | トップページ | 全開!!新潟2歳Sと小倉2歳S2011 »