« ますざぶ 平成二十三年十月号場所 | トップページ | 全開!!セントライト記念とローズSとエルムSと阪神ジャンプS2011 »

2011年9月16日 (金)

☆ 【成年コミック】 Noise 『ただし二次元に限る』(TENMAコミックス LO)

世間は祝日絡みの三連休なのですね。

 

 

ただし二次元に限る (TENMAコミックス LO) ただし二次元に限る (TENMAコミックス LO)
Noise

茜新社  2011-08-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者3冊目の単行本。既刊はいずれも茜新社から。初出の記載はありませんが『コミックLO』で間違いなかろうと思います。

 

「セイセキ優秀 浜内さん」 フルカラー掌編。成績優秀なメガネっ娘の浜内さんは生粋の淫乱。お付き合いしてる先生の授業にノーパンで出たり、話があると先生を保健室に連れ込んでいたしたりとアグレッシヴ。保健の先生がやってきてもそのまま続けちゃう平常心っぷりでそのまま3Pに突入。フェラしながら突かれたり、顔に掛けられまくったり、二穴だったりと「性績」のほうも非常に優秀です。

「ただし二次元に限る」 ロリ妹の真由美は兄の弘人の二次元妹愛を修正するため、エロゲでオナニー中の弘人の部屋へ突撃。ちょっと抜いて現実の素晴らしさを教える程度のはずが、ちょっとしたひと言をきっかけにそれまで「二次元で我慢していた」弘人のブレーキを破壊してしまうことに。「お兄ちゃん」呼びを強制させ、お掃除フェラ・イマラチオ・無理矢理な挿入と、抵抗しつつもお兄ちゃんの(歪んだ)愛を受け止めて次第に快感へ変わっていく様が描かれます。ぶっきらぼうな口調と泣きぼくろがエロい!

「眠デレ」 ボーイッシュなみみこちゃんは、ちょっとアホな従兄の都くんの催眠術にかかったふりをしてあげることに。猫耳やら妹やらの設定で大喜びのみみこちゃんは、都くんのアホかわいさっぷりに思わず妹設定のまま告白。かかったふりをしているうちに、ふりなのか本当なのかわからなくなってどんどん積極的になっていきます。猫耳もつけたままなので後背位での挿入シーンは動物っぽくてなかなかそそります。

「シンデレ」 戸締り中の先生が遭遇した生徒は幽霊の桐山レイカ。一度もエッチしたことがないのが心残りで成仏できないレイカは先生を幽体離脱させてことに及びます。生きていれば先生より年上なのと未成熟な体のアンバランスがよいです。また、幽体で重力に縛られない点を活かした体位や浮遊感といったあたりもよくできている作品。幽霊もののお約束もしっかり押さえてます。

「保険医と珍獣」 内気なせいでクラスメイトから疎まれている真宮さん。放課後の保健室に通ううちに先生と親密になり深い仲に。自分に自身がなくて受け止めてくれる先生に半ば依存するか弱さと、かわいいと言われたい乙女心の混ざり合った照れがよいです。天パ気味の頭髪に三白眼という見た目もあって同世代的な「かわいい」からは外れてる感じですが、こういうタイプは成長すると目を引くタイプになると見ますね。

「姫ゴト」 外面のいいおしとやかタイプの鬼頭さん。クラスで疎まれてる内気な根室くんのことを気にかけてるように見えて、実は下僕化してるという二面性を発揮。女子トイレに連れ込み下半身を露出させて罵りながらビンタ連発。罵られて泣きながらチンコ勃たせてる根室くんにフェラしたら早すぎて図らずも顔射になって激怒しつつ、精液吐きかけたり上履きのままの足でちんこぐりぐりしたりと超理不尽。罰としておしっこを口で受けさせますがどう見てもご褒美です本当にありがとうございました。さらに、拒否してるのに二万円で一発やらせてやると半ば無理矢理させたり、ちんこでかすぎて痛いとなじったり、動くなと言った直後に動けと言ったりやりたい放題。中出しされても自分がイってなくて二回戦目に突入するなど徹頭徹尾リード(?)します。デレなんじゃないかと思う部分がごく微量あるんですが気のせいかも。

「にょんデレ」 遠足中おもらし寸前なドリルツインテのまどかさん。水野先生のつきそってもらい茂みでようやく用を足します。ところがいつもおしっこの後始末を母親にしてもらっているせいで自分で拭けず、先生に頼むことに。念入りに拭いてもらってるうちに違う液体が出始めて……おまたが汚くないことを示すためにぺろぺろした先生のせいで、自分でいじるのが止められなくなり最後までしてしまうことに。性行為を通して、一つ精神面で大人になった少女の成長の物語となっています。

「ラブコン」 ロリっ娘な椿を巡って、恋人の茅葺くんと椿の兄の菊次郎が対立。喧嘩しているうちにどちらが椿を気持ちよくできるかの勝負に発展、3Pに。挿入中にフェラさせて同時に中出し&口内発射したり、直後にまた挿入してアナル同時で二穴と、もはや本義を見失ったかのような蹂躙っぷり。大岡裁きの「真実の母」をすごくダメにした感じ。

「カット」 このあとの「詰んデレ」シリーズに登場する盤上圭子・金山香子・王将飛鳥・角田成美のイラスト。全員裸。

「詰んデレ 第1話」 茜第三小学校将棋部顧問の歩成先生が部室へ行くと対局中の金山香子と王将飛鳥。早々に王将が帰宅し解散のはずが、金山に請われて対局してるうちに告白を受けます。「無理攻め」な棋風そのままにぶつかってくる彼女の本気を感じた先生は、本気でそれに応じることに。互いに攻めの応酬で繰り広げられるセックスのやりとりが楽しいです。まっすぐな好意がかわいらしい。

「詰んデレ 第2話」 香子から「対局」のことを聞いてやってきた盤上圭子。香子に負けじと「勝負手」を繰り出してきた圭子は、そのおっぱいを活かしたパイズリフェラでアタック。挿入もおっぱいをホールドできる後背位と、己の武器を使った戦いに持ち込みます。

「詰んデレ 第3話」 部内で歩成を巡り火花を散らす香子と圭子。そんな二人を横目に思うところのありそうなメガネっ娘・角田成美。部内一の棋力の持ち主である彼女はその頭脳を活かして歩成を揺さぶり、身に付けた「定石」と変化で(性的な)弱点を巧みに突いてきます。ねっとりかつ激しいフェラで篭絡と思いつつ、思わぬ変化を受けきれず守勢にまわるあたりの逆転はなかなかにそそるものがあります。

「詰んデレ 最終話」 三人が歩成といたしてしまったのを知りながら、勇気がなくて自分も「対局」したいと言えない王将飛鳥。彼女を見かねた歩成は負けたら勝った方の言うことを聞くという賭けを持ちかけます。見事勝利した飛鳥は想いの丈を伝えてようやく「対局」に。ほかの三人と違い最初は受け身ながら、快感を知ることによって積極的になっていく二回戦目に精神的成長を感じます。そして最後は二人を見守っていた三人も含めて全員で「対局」するシーンでハッピーエンド。

「目次」 目次と、盤の前で悩む京子のイラスト。

「カット」 本編には出ていないツインテさんによる「お兄ちゃんスイッチ」(ピタゴラスイッチの「お父さんスイッチ」のパロ)。単体でも使えそうなエロさ。

「あとがき」 作者コメント。

カバー下には「保険医と野獣」の真宮さんと成美の無口っ娘対局。なぜ裸か

 

中の絵はカバーのイメージ通り。前作は表紙の画風に中の絵が追いついていなかった感じでしたが、今作はそれが解消されており表紙買いで間違いない出来。ただ、表紙・裏表紙に登場する女の子は本編に登場しないので注意が必要。登場するのは全員小学生で歳相応のスレンダーさですが、おっぱいの発達した子もいて、つるぺたからろりきょぬーまでをカバーしています。ぷに感とすべすべ感を兼ね揃えた感じでしょうか。エロシーンでは断面描写はほとんどないものの、汁や破瓜・痛みが快感に変わっていく様子などがしっかり描かれています。またキャラクターの外面・性格などのバリエーションも多く話にいろんな変化がある点もエロさを引き立てるとともに、漫画としての面白さにもつながっています。おすすめ。

 

既刊の感想

 【成年コミック】 Noise 『ももいろノイズ』

|

« ますざぶ 平成二十三年十月号場所 | トップページ | 全開!!セントライト記念とローズSとエルムSと阪神ジャンプS2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41734691

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 Noise 『ただし二次元に限る』(TENMAコミックス LO):

« ますざぶ 平成二十三年十月号場所 | トップページ | 全開!!セントライト記念とローズSとエルムSと阪神ジャンプS2011 »