« ☆ 【エロゲ】 Φアージュ 『ぴこぴこ ~恋する気持の眠る場所~』 1ルート終了後の感想 | トップページ | ☆ 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年10月号』 »

2011年9月13日 (火)

☆ 【成年コミック】 神保ひとで 『エローワーク 』(ムーグコミックス)

探せども探せども 仕事あらず ナニした手を見る

 

 

エローワーク (ムーグコミックス) エローワーク (ムーグコミックス)
神保 ひとで

ジーウォーク  2011-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者7冊目の単行本。ジーウォークでは5冊目。他にコアマガジンで既刊2冊、この9月末にはコアマガジンから作品集が出る予定と、多作な作家さんです。本作はジーウォークの『コミックPLUM』『コミックPLUM DX』ほか、サン出版の『マガジンWOoooo!』、辰巳出版の『COMIC桃姫』など他社の雑誌などに掲載された、働くおねーさんたちの作品をまとめた一冊となっています。個別に初出は記載されていませんが一番古いもので2005年。絵柄が大幅に違うものについては加筆修正もされています。

 

「その時 ファミレスは動いた」 冒頭部カラー。ファミレスバイトの優子さん。同僚の杏奈ちゃんと店長がいたしているところを目撃してしまいます。どうしたものかと悩んでいるうちに店長の先制攻撃。関係を隠そうともしない二人に巻き込まれて3Pに。さらに二人に密告した張本人でもあり憧れている中田チーフも加わっての4Pに発展して二穴まで。なんだかんだで適応していく優子さんの乱れっぷりがエロい。

「絶対に覗いてはいけない控え室」 脱グラドルを目指すナオさん。同じ番組に出演した姉妹ユニットのユキ&ユリにレズ心がメラメラと燃え上がります。なんとかお近づきになろうと楽屋に向かうと百合プレイ真っ最中の二人。よくよく見てみれば、目を付けてた妹のユリにはおちんちんが!しかも覗き見を見つかってしまい、口封じのために恥ずかしい写真を撮られてしまいます。さらにはユリにナオを犯させようとするユキ。ナオのことが好きなユリはしてるふりでやり過ごそうとするものの、結果的に素股プレイな上ユキに無理矢理挿入させられてしまうことに。これでスイッチの入った二人は朦朧としつつ行為を続け、意識が飛んだままユキを巻き込んでしまい、結果的にナオ&ユキの貝合わせ・ユリ&ユキのアナルセックスの3Pに。陵辱展開のはずが一気に逆転してのいちゃラブオチに。

「はひふふへほはほ」 別録りでしか仕事をしない謎のベテラン声優・可奈さん。同じく別録りのために来ていた声優の瀬戸は、調子を落とした彼女の「おまじない」を手伝うことに。いつもは主人にやってもらっているその「おまじない」とはフェラで喉を刺激すること。ようやく本来の調子を取り戻してベテランの技量を見せつける可奈さん。ところが今度はしゃっくりが止まらなくなって、別の「おまじない」が必要に。今度はディレクターにトイレで激しく突いてもらって治めることに。さらにはディレクターにKOされた瀬戸も復活して3Pに。淫乱な人妻というのもよいものですなぁ。

「上司のせいで帰れないっ」 部下の松崎に仕事の不備のやり直しで残業をさせる課長の裕子さん。皆の前での厳しさとは打って変わって二人きりになるとデレデレで甘えまくり。自分で命じた仕事そっちのけでおっぱい押し付けたりおねだりしたりと、やることがいちいちわかいすぎる。こういう上司がいると労働意欲がわくんですけどねぇ……

「保母さんせっぱ」 おさげがかわいいほんわか保母さん・恭子先生。男やもめの掛川はついつい恭子先生でエロ妄想を膨らませがち。一方の恭子先生も掛川の息子の祐二くんだけを残して人のいなくなった保育所で掛川の面影を思い出してオナニー。そこへ息子を迎えに来た掛川が現れて相思相愛なのが判明。隣で息子が寝てるという状況でおっぱじめてしまいます。初めてで痛がっていた先生も慣れていくうちに感じだし、二回目には自分から騎乗位で腰を振る積極性。奥手なのにエロいって素晴らしいですね。

「葉月さん揉んだり蹴ったり」 先代がぎっくり腰になり、一人で整骨院を切り盛りする葉月さん。ところが、非力な上に先代と比べられて常連客からの評価はさんざん。そんな時に常連の中でも問題児の永島が。普段なら先代が怒って阻止してくれるセクハラも葉月さん一人では太刀打ちできず、客が来ない足下も見られて葉月さんの得意な鍼灸をさせてもらう代わりにエロいマッサージをすることに。たゆんたゆんなおっぱいを活かしたパイズリフェラでの口内発射でも飽きたらず、さらにその先も要求する永嶋。なんとか仕事のためにと続ける葉月さんは嫌がりながらもそのままイかされてしまいます。

「勢子ぬ春」 気性は荒いながらも圧倒的な強さを誇る闘牛の花嵐とコンビを組む勢子(闘牛の調教師)の小春さん。彼女に勝って告白しようと意気込む勢子は今日もあえなく敗退。彼を見かねた小春さんは、告白しようとする相手が自分だとは知らずに「ご祝儀」ということでさせてあげます。なにが残酷かって、告白しようとしている相手が自分だと気づいてない上に、ちんこの大きさを彼氏と比べ、さらにその彼氏が牛の花嵐だということ。後半部は嫉妬に燃える花嵐との獣姦。動物とだから後背位かと思いきや、それだけではなく正常位まで。エロマンガ界……奥が深いぜ……

「スカウトされちゃいました」 読者モデルの撮影のために上京してきた奈々ちゃん。道に迷ってしまい、ようやく辿りついたと思ったら目的の場所の隣で行われるAVの撮影。間違いに気づいたときには手遅れで、初めてなのにいきなり無理矢理挿入れられてしまいます。さらに本物の女優が到着しても撮影続行するスタッフの鬼畜っぷりで二穴まで。戸惑いながらもどんどん快楽に溺れて堕ちていきます。

「誘惑ねえさん」 働きながら弟の優二と二人暮らしのかりんさん。最近なんだかご機嫌斜めな優二の機嫌を直そうとしますがことごとく空回り。落ち着こうと風呂に入ろうとすれば先に入っているのに気づかず転倒して密着。不機嫌の理由が無意識に誘惑してくる姉のせいだと吐露する優二。怒りをぶつけつつクンニで姉をイかせます。かりんさんは嫌われてイなかったのに安堵するとともに、性的な行為をやめさせようとしますが優二は止まりません。これで終わりにすると言われてフェラをするものの、それで終わるはずもなく挿入まで。姉弟のタブーに抵抗しつつも同時にアナルまでいじられて壊れていきます。

「あとがき」 作者コメントに、小春さんと花嵐のツーショット。

 

中の絵はカバーイラストとほぼ同じで表紙買いアリ。各話のヒロインの裸体が描かれているので参考になると思います。概ねスレンダーボディにおっぱいばいんばいん。明るめの表紙のわりに無理矢理・不倫・獣姦・近親などあって内容はわりとハードなので注意が必要。これらに耐性があるなら充分使える一冊だと思います。少ないながらも逆転オチやいちゃラブもありますし、新しい扉を広げるという意味でも。個人的には男の娘&百合の「絶対に覗いてはいけない控え室」、希少ないちゃラブ「上司のせいで帰れないっ」「保母さんせっぱ」あたりがお気に入り。あと、牛の正常位でエロマンガ界の広さを感じさせてくれた「勢子ぬ春」を挙げておきます。

 

はたらくおねーさんもの

 【成年コミック】 いぬぶろ 『はたらく!おねえさん』

|

« ☆ 【エロゲ】 Φアージュ 『ぴこぴこ ~恋する気持の眠る場所~』 1ルート終了後の感想 | トップページ | ☆ 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年10月号』 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41665464

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 神保ひとで 『エローワーク 』(ムーグコミックス):

« ☆ 【エロゲ】 Φアージュ 『ぴこぴこ ~恋する気持の眠る場所~』 1ルート終了後の感想 | トップページ | ☆ 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年10月号』 »