« ☆ 【成年コミック】 無道叡智 『オトメマジックオーケストラ』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 PONPON 『はいばねいしょん!』(ホットミルクコミックス 353) »

2011年9月 1日 (木)

☆ 【成年コミック】 tosh 『ハーレムタイム』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

当ブログを検索してもまともな感想文はありませんよ?

ハーレムタイム (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) ハーレムタイム (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
tosh

ワニマガジン社  2011-07-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者2冊目の単行本。ワニマガジン社の『COMIC快楽天』『COMIC快楽天BEAST』、コアマガジン社の『コミックメガストア』掲載作からの収録となっています。

「ハーレムタイム」 フルカラー15Pの表題作。どこにでもいるフリーター・玲二は突然豪奢な屋敷に連れていかれ、神山財閥当主の血を引く唯一の男子であることを告げられます。血縁を重視する財閥は神山家の血をひく跡継ぎを残すため、正妻候補筆頭の亜梨栖を始めとするハーレムをあてがわれた玲二はわけもわからず子作りをすることに。

「フルーツをご所望」 フルカラー掌編。ツンデレ気味なお嬢様が使用人にわがままを言った挙句「フルーツ」をおいしくいただいてしまいます。

「プレゼントフォーユー!」 冒頭部カラー。ちょっと変なセンスの彼女のクリスマスプレゼントは「あ・た・し♡」と、ちょっとアレな感じ。ツッコミに逆上しながらちんこしごいたり、ちんこを「クリスマスキャンドル」と呼んだりエキセントリックな部分が目立ちますが、好きな人のために一生懸命な乙女心の発露と思えば可愛らしく見えるものです。

「ハーレムタイムⅡ」 表題作シリーズのつづき。侍女の淳子さんに引き合わされた正妻候補は、バイト先で気になってた常連客の花沢さん。父親の事業の穴埋めと引き替えという話を聞いた玲二は神山財閥のやり方に反発するものの、無理強いは財閥の本意ではないことや花沢さんも玲二のことを憎からず思っていることからなんとなく一件落着。ところがそれで収まらないのは他の正妻候補たち。早く白黒つけさせようと、玲二と花沢さんを無理矢理ドッキングさせてしまいます。

「ハーレムタイムⅢ」 シリーズ最終話。幼少時から自分を想い続けていた亜梨栖の気持ちと花沢さんの家庭の事情の板挟みになり、跡継ぎを残して神山家からは距離を置こうとする玲二。ところが正妻候補たちは神山家とは関係なく玲二に仕えたがろうとし、花沢さんの提案で最初に子供を産んだ人が正妻という取り決めで改めて子作り。果たして正妻になるのは――

「ハッピーファミリースリープ」 結婚した美鈴さんには年頃の娘の美咲ちゃんがいて、夜の夫婦生活に及ぼうとすれば川の字になろうとしてきます。ある日夢精寸前で目を覚ませば、股間にはちんこにむしゃぶりつく美咲ちゃん。さらにはうすうす気づいていた美鈴さんに現場を押さえられて修羅場の予感。ところが美咲ちゃんの挑発に大人気なく乗った美鈴さん。どちらが気持ちよくできるか勝負になりダブルパイズリへ。これでスイッチが入った美鈴さんは「夜の夫婦生活」に持ち込みますが、美咲ちゃんの想いに打たれ3Pに。はからずも親子丼といううらやまけしからんことに。タイトル通り家族全員がハッピーなのもいいです。子供が生まれると大変そうですけども。

「リバーシブル」 清楚でおしとやかなリサと付き合い始めて一ヶ月なにもしていない竜也。女友達と飲みに来たリサとバッタリ出くわし、その蓮っ葉な本性が判明します。逆ギレ気味のリサは好きだからこそのキャラ作りだったことを明かして竜也を押し倒します。強がってるくせに嫌われたくなくて泣いちゃうとことかたまらないですね。

「めんくい!inリゾート」 前作「めんくい!」の登場人物によるフルカラー掌編。前作の表題作のメインヒロイン・真奈美さんが面食い彼氏の翔くんが目移りしないかと心配しつつもキャッキャウフフして愛を確かめ合います。tosh先生はこういう性格悪いけど一途な女の子描くといきいきしてる気がしますね。ツンデレとはちょっと違う感じの。

「完全一欠」 フルカラー掌編。ただ一つ言葉遣いが汚いという点以外は完全無欠な玲奈お嬢様。家名を継ぐために親から授けられたものばかりで、唯一自分の思い通りになる「言葉」を拠り所にしていますが、無理に継がなくてもお伴するという教育係の五郎の言葉に家を継ぐ決心をし、もう一つ自分の意志を通せる「処女を捧げる相手」として五郎を選びます。

「コスプレリベンジ」 冒頭部カラー。彼女がコスプレしてくれないから本職のナースと浮気するというろくでなしなゆーすけ。沙百合は彼の気持ちを取り戻そうと、ナースコスプレに挑みます。コスプレでキャッキャウフフしてる最中でさえ自分勝手なプレイのゆーすけにちょっとイラっとするんですが、惚れた弱みってやつなんですかねぇ。

「酔い恋」 新入生が美人の先輩に惹かれて遊びサークルに入るものの、勧誘してきた当の平泉先輩は難攻不落な高嶺の花と評判。それでもめげずに酔った先輩を家まで送ってみれば、送り狼ならぬ送られ狼でおいしくいただかれてしまいます。勧誘も目星をつけていたからと聞かされて遠慮なくキャッキャウフフ。ところが一夜開けた先輩の態度はつれなくて……年上の余裕と思わせといて、酔った振りにしたい乙女心にキュンキュンきます。

「ボイトレ!!」 フルカラー掌編。トップアイドルERIKAのボイトレは下半身のマイクを握ったり、下の口を使ったりとダイナミック。今日も今日とて汁まみれでレッスンに余念がありません。乳式呼吸とか頭悪すぎだろ!

「初初~ういうい~」 たった二人の文芸部の後輩・宇依ちゃん。先輩が好きなのに奥手過ぎて言い出せず強硬手段に。バットで殴って緊縛して無理矢理いたしてしまいます。若干ヤンデレの素質を感じるものの、名前通りの初々しさがかわいらしいです。

「エロティカルマッチ」 転校生の新谷くんに成績学年トップの座を奪われた葛西さん。首位返り咲きを目指すものの及ばず、保健の先生のアドバイスで「保健体育」の「実技」で挑むことに。いつものポニテから髪を下ろして、スケスケのセクシーランジェリー着用で新谷くんノックアウト。目論見通り夢中にさせることに成功するものの、かわいいと言われて思わず本心を口にしてしまいます。正統派ツンデレで、ポニテの秀才というのはちょっと珍しいパターン。

「調教後の女」 最高級アダルトグッズを頼んだら、やってきたのは安岡ゆかりと名乗る謎の美女。ありとあらゆる調教を施されてやってきたという彼女はその言葉通り様々なテクを駆使してくれます。清楚そうで淫乱なおかつ嗜虐趣味をビシビシ刺激するエロさと、おっぱいが弱点という普通っぽさのマッチングがナイスです。

「あとがき」 作者コメントとイラスト。そのほか、合間合間に「ハーレムタイム」の登場キャラの日常を描いたイラスト。カバー下には「ハーレムタイム」の亜梨栖ウェディングコスエッチも。帯には既刊『めんくい!の』と「ハーレムタイム」のキャラクターを使ったiPhonアプリの広告。アプリ「とーきんがるずっ!」はAppstoreにて好評発売中とのこと。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。「ハーレムタイム」でちょっと出てくるひんぬーさん以外は皆おっぱいばいんばいんです。概ね、好きな人のことを考えて行動してるうちに少々突飛な行動に出てしまったり、一般的に見ると性格に問題があるんじゃないかと思うような女の子が多いのですが、ちゃんとその理由を伝えるシーンが用意されていることでキャラクターの可愛らしさにつながっています。あとがきでは謙遜されていますが、単行本二冊目でこの画力・ストーリー運び・エロ描写と使いどころも充分な一冊です。カラーも多めでサービス満点。おすすめです。

 

既刊の感想

 【成年コミック】 tosh 『めんくい!』

|

« ☆ 【成年コミック】 無道叡智 『オトメマジックオーケストラ』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 PONPON 『はいばねいしょん!』(ホットミルクコミックス 353) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41455846

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 tosh 『ハーレムタイム』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL):

« ☆ 【成年コミック】 無道叡智 『オトメマジックオーケストラ』(TENMAコミックス RiN) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 PONPON 『はいばねいしょん!』(ホットミルクコミックス 353) »