« ☆ 【成年コミック】 出縞臣 『ラン様はすこしだけ』(セラフィンコミックス) | トップページ | ☆ 【雑誌】 コアマガジン 『漫画ばんがいち 2011年 11月号』 »

2011年9月29日 (木)

☆ 【ライトノベル】 作:伏見つかさ/イラスト:かんざきひろ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9』(電撃文庫 ふ 8-14)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)
伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキーメディアワークス  2011-09-10
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サブキャラから見たメインストーリーはどういうふうに映っていたかという短篇集。

 

「あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使」 千葉の堕天聖黒猫こと五更瑠璃の妹、日向視点の物語。黒猫の無防備かつ乙女ちっくな一面が垣間見えて床ゴロゴロ。

「真夜中のガールズトーク」 8巻ラストあたりの一夜。桐乃・瑠璃・日向のガールズトーク。ヒロインが「フヒ……フヒヒ……」とか!

「俺の妹はこんなに可愛い」 京介のクラスメイト赤城浩平と妹・瀬菜のちょっと歪んだ兄妹愛。高坂兄妹も負けていません。

「カメレオンドーター」 沙織・バジーナこと槇島沙織が、ぐるぐるメガネの拙者口調になるにいたった経緯を語ります。桐乃・黒猫・京介たちの仲を取り持つのに必死だった理由が明らかに。

「実録 乙女ロード!」 桐乃&瀬菜の妹コンビが出会い、連れ立って池袋の乙女ロードへ。危険な化学反応の匂い!

「過ちのダークエンジェル」 京介を蛇蝎の如く嫌う新垣あやせ視点のお話。京介が彼女と別れたという話を聞いてちょっと複雑な気持ち。行間からヤンデレ気質がにじみ出ています。

「妹のウエディングドレス」 「過ちのダークエンジェル」直後。モデルの仕事に復帰した桐乃は、楽しみにしていたメルルライブに間に合いそうもなく消沈。そこへスーツ姿の京介が迎えに来て……という表紙絵に繋がるお話。

 

脇役たちもそれぞれキャラが立ってて楽しい一冊。

|

« ☆ 【成年コミック】 出縞臣 『ラン様はすこしだけ』(セラフィンコミックス) | トップページ | ☆ 【雑誌】 コアマガジン 『漫画ばんがいち 2011年 11月号』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/42099358

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【ライトノベル】 作:伏見つかさ/イラスト:かんざきひろ 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9』(電撃文庫 ふ 8-14):

« ☆ 【成年コミック】 出縞臣 『ラン様はすこしだけ』(セラフィンコミックス) | トップページ | ☆ 【雑誌】 コアマガジン 『漫画ばんがいち 2011年 11月号』 »