« 今月の新作エロゲ(2011年08月) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 神無さつき 『ぷるぷるHEARTS』(ポプリコミックス 94) »

2011年8月 9日 (火)

☆ 【成年コミック】 田倉まひろ 『えろまんがの妖精』(セラフィンコミックス)

片付けの最中にエロマンガ買い始めた頃のダンボールを見つけて中身を取り出し懐かしい気持ちに。

 

 

えろまんがの妖精 (セラフィンコミックス) えろまんがの妖精 (セラフィンコミックス)
田倉 まひろ

ヒット出版社  2011-07-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者3冊目の単行本。初出が明確に記載されていないのですが、ヒット出版社の『コミック阿吽』掲載作を中心に既刊未収録のアンソロや他誌の分まで収録されています。

 

「メチャポジ魔女ステラーポポナ」 超ポジティブ少女ひかり。ある日いかにもな小動物が現れて魔法少女になる契約を持ちかけてきます。なんでも人間界にネガティブな負のエネルギー"ネクラエナジー"が溢れはじめたのでそれを止めに来たのだとか。あまりに女の子向けアニメっぽい変身呪文&ポーズに拒否するひかりですが、学校でネクラエナジーにとりつかれたブルマ廃止反対の男子生徒たちに襲われやむなく変身することに。ところがメチャポジパワーが足りずレイプされてしまいます。「"口では嫌がっても体は正直だな"状態!!!」でメチャポジパワーを溜めてなんとか変身にこぎつけるものの……

「赤い糸紬」 「赤い糸」が見えるクールなメガネっ娘のつむぎ。見えることが原因で友情が壊れたり、両親が糸で繋がっていなかったせいで離婚したり、自身にも結ばれていないことでこの力を嫌っています。唯一仲のいい男子・錘坂には別の相手との糸がつながっていることから諦めていましたが、なぜか彼から告白を受け困惑。幸せに結ばれない相手と想いが通じ合うという事態に自棄になり、告白事態は断ってセックスフレンドとして押し倒すという暴挙に。わざと嫌われようと悪態をつくものの、そこはやはり年頃の女の子。屋上から見える糸で繋がったカップルを見て、報われない想いを吐露します。自分勝手な気持ちをぶつけられながらも錘坂がそれに応えると二人の間に糸が。後は互いに求め合う激しいセックスとなります。クールな外面がだんだん剥がれていく様が痛々しくもありますがエロが救いになっていく過程は胸が暖かくなります。思えばその性格も人間不信からくるものだったのでしょうね。

「バニースタイルはヴェールの奥から抉り込むようにゴー」 前髪で目まで隠した外見がいかにもな内気っ娘の雪ちゃん。クラスメイトの圭くんを文化祭の自由時間に誘おうとしますがうまくいきません。文化祭当日、クラスメイトたちの援護で自分たちのクラスのコスプレバニー喫茶に足止めして何とか二人きりの状況を作ります。更に押しの一手で、他のクラスメイトたちが客とエロ行為に及んで雰囲気的な後押し。勇気を出した雪ちゃんのフェラで圭くんも彼女のことが好きになりカップル成立。そしてここでネタばらし。他のクラスメイトたちがキャッキャフフしてたのは恋人同士。そのまま皆恋人同士で最後までいたしてしまいます。雪ちゃんメインですが、他のバニーのいろんな痴態も楽しめるバニー好きにはもってこいの作品。

「ようせいさん X-RATE」 表題作的作品。一万冊のエロマンガコレクションで今日もオナニーに励もうとする男の前にエロマンガの妖精マロエ登場。体長十数センチの体で体コキ&フェラで口内射精が溢れ出して全身ぶっかけに。さらにどう見ても入りそうにない割れ目に無理矢理おしこんでのセックス。見た目はそういう形のオナホ。挿入ただけでチンコの形が浮き上がり、中出しで腹パンパンになるあたりは擬似腹ボテ的。さらにアナル中出しもして口から精液逆流と、人外&極小という設定を活かしきったファンタジックなエロシーンに仕上がっています。

「Water Splash!」 兄のペットボトルを勝手に飲むロリツインテ妹の瑞奈。復讐として兄にオナペットにされそうになるのを阻止しようとしてるうちにアクシデントで気絶。ここぞとばかりに緊縛していじいじくんかくんかぺろぺろの三段責め。触る前からぬれぬれな妹のまんこに水分補給と称してペットボトル1本分の水注入→排出で擬似潮吹き。ようやく素直に謝って「なんでもするから」という言葉をうけて挿入。ここでも愛液・精液で汁まみれ。徹頭徹尾汁っ気でエロを表現した一作。

「サンチェとレディ」 使用人のサンチェにわがまま放題のお嬢様。父親の指示で合ったこともない相手と婚約することに。それを慰めるサンチェはお嬢様から想いを伝えられるも立場上受け止めることができず……どんなわがままも聞かせてきた相手に、一番聞いてほしいわがままが受け入れられなかった悲しさが心を打ちます。

「ふれあいわんわんSCHOOL」 経営難から驚愕になった元名門女子校。強行に反対していたメガネっ娘生徒会副会長ですが、わんこみたいでかわいいと評判の新入生にひとめぼれした上にその本人から告白されてテンパッてるうちに思わずキス。そのまま盛り上がって生徒会室でおいしくいただいてしまいます。我慢しきれない副会長の騎乗位もいいですが、後輩の被り気味のおちんちんや、細めの体、女の子にも見える外見、一生懸命副会長を気持ちよくさせようとするところなどもなかなかよいものです。

「となりの腐姉さん」 腐女子のジュリさんはショタ同人作家。ショタとやおいは不倶戴天、を持論とする彼女ですがやおいの「やおい穴」だけは羨ましい様子。そこでモデル兼恋人(?)のソウくんにやおい穴ができる薬を盛って事に及びます。竿・袋・やおい穴の三所責めでイかせたあとは、ふたなりになる薬を飲んだジュリさんとのファンタジックな挿入シーンへ。一般的な人体にはない器官から溢れる汁が大変エロい。たぶんこういう作品が「ちんこついててもアリだな……いや、ついてるからアリだな」的な扉が開くきっかけになるのだと思います。ちなみに当ブログ管理人はもう開いてます。

「いと―ゆふ」 天才人形師・安兵衛(あんべえ)が亡くなった妻と娘の体と心をもとに創り上げた真木綿(まゆう)。組成された行動には従事するものの組み込んだ心が作動しません。夜伽人形でしかない真木綿に己の焦燥感をぶちまける安兵衛。真木綿はそんな安兵衛に生まれてきた意味を問い……既刊『たくらまかん動物園』のゾンビちゃんシリーズにも似た、死者蘇生の禁忌とそれを破る苦悩を描いています。

「世紀末養老伝ババァ」 既刊『たくらまかん展覧会』随一の濃いいキャラ「ババァ」による番外編。たまにエロマンガ系の面白画像まとめでも取り上げられるキャラです。

「ゾンビちゃんと楽しい動物園」 既刊『たくらまかん動物園』から、ドクター・ゾンビのアシュリン・ヴァンパイアハーフのカディン登場。アシュリンは狐耳・狐尻尾、カディンは牛角(焼肉やさんじゃないよ!)つけて動物っぽくバックで。

ゲストページはKSOさん、浜原義雄さん、人外モドキさん、みとらさん、七松建司さん、こけんさん。「あとがき」は作者コメントと妖精マロエさんのイラスト。

表表紙は「赤い糸紬」のつむぎ、裏表紙はマロエ。カバー折り返しは「とくべつふろく!!1/1等身大マロエちゃんエロマンガしおり」とその使い方。カバー下はマロエからのメッセージと「田倉まひろ心魂のポエム」と称した作品解説。「ようせいさん X-RATE」「赤い糸紬」「メチャポジ魔女ステラーポポナ」「バニースタイルはヴェールの奥から抉り込むようにゴー」が最近のもの、「Water Splash!」「いと―ゆふ」「ふれあいワンワンスクール」「となりの腐姉さん」「サンチョとレディ」が昔の作品で『コミック阿吽』以外の掲載分も含んだものだそうです。

 

中の絵は表紙と裏表紙でイメージ通り。三白眼と人外が特徴的な作家さんです。本作ではひんぬーさん多めですが、ほどよい大きさのおっぱいやきょぬーさんまで何でもござれといったところ。既刊よりは人外少なめなものの妖精さんや、やおい穴・ふたなりといったファンタジックな設定をそのままエロシーンでしっかり活かす作風はさすがといったところ。エロシーンは、人体大丈夫?と心配になるレベルの激しい突き合いや、断面・汁描写、意識飛びそうなイき顔などわりとハード。一部重いお話も、概ねハッピーエンドかギャフンオチになるので安心です。おすすめ。三白眼&ジト目好きにはもっとおすすめ。

 

既刊は両方購入しているものの、感想書き始める前なので大したこと書いてませんね。

 2008年11月・12月の備忘録: カワタカ技研ココログ工場(『たくらまかん展覧会』のリストアップだけ)

 【成年コミック】 このエロマンガがすごい2009(『たくらまかん動物園』の感想ちょっとだけ)

 

たくらまかん展覧会 (セラフィンコミックス) たくらまかん展覧会 (セラフィンコミックス)
田倉 まひろ

ヒット出版社  2007-05-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
たくらまかん動物園 (セラフィンコミックス) たくらまかん動物園 (セラフィンコミックス)
田倉 まひろ

ヒット出版社  2009-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 今月の新作エロゲ(2011年08月) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 神無さつき 『ぷるぷるHEARTS』(ポプリコミックス 94) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41137105

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 田倉まひろ 『えろまんがの妖精』(セラフィンコミックス):

« 今月の新作エロゲ(2011年08月) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 神無さつき 『ぷるぷるHEARTS』(ポプリコミックス 94) »