« 全開!!回収率集計2011年07月 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 牧野坂シンイチ 『PURE DAYS』(メガストアコミックス 302) »

2011年8月 1日 (月)

☆ 【成年コミック】 オザケン 『発情るオトメ』(MUJIN COMICS)

8月1日はおっぱいの日

 

 

発情るオトメ (MUJIN COMICS) 発情るオトメ (MUJIN COMICS)
オザケン

ティーアイネット  2011-07-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ペンネームを小沢田健吾からオザケンに変更してから2冊目の単行本。検索すると歌手のオザケンのほうがモリモリ出てくるので困ります。初出の記載がないのですがティーアイネットの『COMIC MUJIN』掲載作からの収録かと思われます。

 

一冊まるごと「感染した女性が特定条件下で発症すると異性に対する性欲が極限まで高まってしまう」ウイルスが発生し、騒動が起こる学園シリーズ。

「エッチな彼女の感染症<CACE1>」 巻頭カラー。幼馴染の順に想いを伝える勇気のないツンデレきょぬーツインテのナツキ。二人とも所属しているゲーム同好会部室で、同じく会員のひんぬー無口っ娘よし子とともに活動に勤しみます。その頃隣の化学部で新種のウイルスが発生し、ゲーム同好会の面々も感染。「一定以上の好意を抱いている相手と10~30分一緒にいる事」で、まずよし子が発症。さらに「感染者は、発症者が近くに居る事でより発症しやすく」なったためナツキも発症。ちんこを奪い合うダブルフェラに、貝合わせで交互に挿入、自分に挿入ってないと涙目な二人がかわいい。ナツキが制服たくしあげでよし子は裸ニーソと、それぞれのよさが引き出される格好できょぬーとひんぬーのコントラストも素晴らしいです。事後には隣の科学部員である菊地真美(姉)と、ウイルスを発生させた張本人の真紀(妹)が登場。真美によると発症を抑える処置をしたものの発症者がでるおそれはあり、今後順がその対処をすることに。

「エッチな彼女の感染症<CACE2>」 女の子たちがエロ本読んでるのを担任の奥田先生からかばった順。先生もかばったのに気づかないふりをして一件落着と思いきや別のクラスの担任草野先生のお説教タイムに。順がちょっと荷物持つのを手伝っただけで好感度上がってた草野先生発症、さらに一緒にいた奥田先生も発症。超弩級のおっぱいの持ち主の二人がダブルパイズリフェラ。草野先生は騎乗位、奥田先生は後背位でおっぱいがぶるんぶるん揺れるさまは圧巻。押しつぶされたい!

「エッチな彼女の感染症<CACE3>」 やたら厳しいクラスの委員長・倉持さん。嫌われてるから発症しないだろうと思いきや「自分とは真逆のタイプに惹かれる」というよくある感じのアレで発症。しばらくこらえる倉持さんですが、抵抗しすぎたあまり無意識下の人格が暴走してMっ気たっぷりに。角オナ・おもらし・拭き拭きでの羞恥プレイ、一回戦終了してのおそうじフェラ、お仕置きおねだりとサービス満点です。性欲が治まったあとの微デレもナイス。

「エッチな彼女の感染症<CACE4>」 冒頭部カラー。順に対して思うところのある菊地姉妹の妹・真紀。ウイルスに感染しなかった彼女を慮った姉の真美は、ウイルスの件での調査と称して「すぐ揮発するけど誰にでも発症する」新型ウイルスを使用して、発症した真紀を順に相手させようとさせます。狙い自体はうまくいったものの、真紀の後輩の水泳部員も巻き込んで乱交に。これだけおっぱいがあるとどれを見たらいいか迷いますな!水泳部員の3人はちゃんとずらし挿入で上半身は半脱ぎ、真美も裸白衣と黒パンストと、コスチュームのよさが引き出されています。

「エッチな彼女の感染症<CACE5>」 両親のイタリア旅行で一週間留守をまかされることになった順。父から命じられた兎のミィの世話をしているうちにウイルスの力で人化。家の中を好き勝手に動きまわるミィを探しているうちに、順は父の持ち物であるコスプレ衣装や玩具を発見、大人の複雑さを知ります。衣装の中からバニーを引っ張り出して着用のミィはしっかり発情。野生ならでは(飼いウサギですけども)の動きに容赦ないフェラに、想像妊娠で母乳噴出、腰フリフリで誘うしぐさなど動物っぽさがエロい。むっちりな下半身に網タイツが映えます。実はここにきて初めての1対1なんですね。

「エッチな彼女の感染症<CACE6>」 男子学生に執拗に言い寄られる下級生の大滝さんを助けた順。以前板女子校でルームメイトの女の子に百合調教で前も後も開発されたという彼女は男の子と付き合うことに不安あり。プールでの出来事を目撃しており、乱交するくらいの人なら……と体を試すことをお願いしてきます。ウイルス感染でない女の子とのセックスに悩む順ですが、ウイルスの力で抑圧された欲望が分離。悪っぽい性格のドッペルゲンガーとノリノリな大滝さんに押し切られて3Pに。2本のちんこで同時に顔面ぶっかけ、二穴で中出し。順の分身も大概欲望丸出しですが、大滝さんのアグレッシブさはその上を行く感じ。

「エッチな彼女の感染症<LAST CACE>」 互いの気持ちに薄々気づきつつも素直になれずに悩む順とナツキ。一方、海外に行ってウイルスの検査をしていた真美から男性の発症例についた真紀は順にそれを知らせるため奔走。しかし時既に遅く、順は性欲が暴走して女なら誰でも襲ってしまいかねない状況に。真紀は性欲処理に自分を使うよう勧めますが、順はナツキへのけじめからそれを拒否。二人の気持ちを改めて確認した真紀はナツキを促して順の元へ行かせます。そこにはズタボロになりながらも自力でウイルスによる性欲を克服した順が。ようやく想い合う二人がウイルスの力なしで結ばれます。発症時にはなかった恥らいの表情が、発症時の発情よりもエロい。

「エッチな彼女の感染症<番外編>」 描き下ろしでウイルス騒動が収まった後の真美さんの後日談。後輩の桜井くんのレポートをチェックしてるうちにアクシデントでウイスルサンプルが漏出。発症しておいしくいただいてしまいます。ただ、発症するタイミングが早すぎるのを見ると実はウイルスは口実なんじゃないかと思わなくもありません。ていうか、そっちのほうが萌える!学会出席の準備で普段と違う髪をおろしたドレス姿なので、大人っぽい魅力たっぷり。

巻末には作者コメントとよし子のイラスト、既刊『のーぱん』の広告。カバー下には登場キャラのディフォルメイラスト。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。登場する女の子のほとんどがきょぬーさん。どでかいおっぱいがぶるんぶるん揺れるさまは見てて楽しいです。消しも小さく、局部アップ、透過、断面、汁描写なども駆使し、射精複数回・複数人が多くて実用度もしっかり。「一定以上の好意を抱いている相手と10~30分一緒にいる事」で発症するという設定があるため、この手の発情もの(っていうくくりがあるのかは知りませんが)でありがちな、手当たりしだいとか、嫌いな相手なのに……という形にはならず、素直になれない女の子の性欲が好きな人相手に開放されるという展開で読後感はむしろ良い部類。最終話で発情によるエロさより、好き同士での普通のセックスの方がエロいというところに着地しているのも好感です。個人的な好みは、好物の無口っ娘も登場の<CACE1>と、なんでもアリ感を加速させつつミィの鳴き声がかわいかった<CACE5>あたり。

|

« 全開!!回収率集計2011年07月 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 牧野坂シンイチ 『PURE DAYS』(メガストアコミックス 302) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/41016621

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 オザケン 『発情るオトメ』(MUJIN COMICS):

« 全開!!回収率集計2011年07月 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 牧野坂シンイチ 『PURE DAYS』(メガストアコミックス 302) »