« 全開!!中山グランドジャンプ2011 | トップページ | 全開!!中山グランドジャンプと函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2011 »

2011年7月 1日 (金)

☆ 【成年コミック】 しのづかあつと 『ぼへみあん・らぷそでぃー』

『へんし~ん!!!』直後の、あのアクセス数はなんだったんだろうか

 

 

ぼへみあん・らぷそでぃー (メガストアコミックスシリーズ No. 306) ぼへみあん・らぷそでぃー (メガストアコミックスシリーズ No. 306)
しのづか あつと

コアマガジン  2011-06-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲームの原画、イラスト・一般誌の漫画などでも幅広く活躍されている作家さん。成年コミックはこれが初単行本だそうです。コアマガジン社の『HOTMILK』『コミックメガストアH』、株式会社虎の穴(あの「とらのあな」のとこです)のオリジナル同人誌『真髄』シリーズに掲載された作品が収録されています。

 

「ざ・ふーる」は、テストの点数勝負で勝った方の言うことを聞くという勝負をしたマサくんと静留さん。勝利したマサくんが「なんでも」のセクシャルな期待に胸も股間も膨らませているのを察してくれた静留さんはそれに応えてくれます。女性誌で勉強したフェラで精液を口に受けてくれた上に、一回吐き出してごっくんとかそんなのされたらビンビンですよ。挿入はスラリと伸びた脚を覆うストッキングが股間の部分だけくぱぁしてるという、脚フェチにはたまらない立ちバックから、顔が見たいといういじらしい理由からの正常位というコンボ。

「ぼへみあん・らぷそでぃー」は、お付き合いしてるのにデレ期に達していない麻希さんと慎二くん。そんな二人を見かねた麻希さんの友人・美玲さんは慎二くんにちょっかいを出してみることに。うろたえる麻希さんですが、慎二くんのほうは美玲さんを気にかけてもおらず「俺にゃお前しかいねーよ」の一言で、麻希さんデレ化。とはいえ二人ともツン維持で、シックスナインでどっちが先にイくか勝負っぽくなったりするあたりは微笑ましいですね。美玲さんのド迫力おっぱいと比べると控えめですが、麻希さんのおっぱいもなかなかのもの。いろんな体位でおっぱいが楽しめます。

「えぼにー・でびる」は「ぼへみあん・らぷそでぃー」に登場した美玲さんとそのペットの甲本くんの屈折した関係を描いたお話。モテモテで男どもに言い寄られるのにうんざりしてた美玲さんは男避けのために、声をかけてきた甲本くんをペットとして侍らせることに。好きな人の傍にいられるだけで満足な甲本くんの欲のなさが少しずつ気になる美玲さん、「性欲」について問いただしたところ「自分を大切に」と怒られてドギマギ。さらに甲本くんを挑発して、きもちいいことを教えてもらうことに。ベビーフェイスでメガネっ子(娘ではない)な甲本くんですが、そこは男の子。性欲も人並みにありますし、お勉強もしています。なにより美玲さんを気持よくしたいという気持ちが読んでる方にまで伝わってくるぺろぺろや、体のことを気遣う挿入シーンなどキュンキュンきますね。美玲さんの全裸ニーソもエロいですが、ヒロインは甲本くんだと思う次第。

「えぼにー・でびる 2」は、美玲さんが甲本くんに自分の昔の服を着せてデートの名目で呼び出します。美玲さんGJ!デートが一段落したところで甲本くんがもじもじしてる原因を見抜きトイレで抜いてあげることに。言葉責めされてもなお美玲さんへストレートな行為をぶつけてくる甲本くんに胸キュンですよ。美玲さんもようやく素直になって甲本くんに想いを伝えて、sy人とペットではなく対等の恋人同士に。トイレというのも忘れて感じまくる姿がエロい。

「ちーぷ・とりっく」は、友達に頼まれて本を返しに行ったところ、なぜだか同じクラスのメガネっ娘図書委員の林田さんが官能小説を読みながらオナニー中。動揺してるうちに、興奮を鎮めると称して有無を言わさずフェラ開始。むしろそっちのが興奮しそうな気がしますけども。フェラが終わって逃げようとすれば捕まって無理やり騎乗位。おとなしそうな外見に似合わない痴女っぷりと、痴女になりきれてなさがかわいらしくてよいです。

「ちーぷ・とりっく 2」は、前話をきっかけに普通のお付き合いを始めた林田さんと正志くん。ところが彼女の「一般常識」は少し普通と違ってて……あーんとやれば精液を飲まされるものと思ってたり、手をつなごうと言われればちんこを握ること、キスはちんこに……とエロくていいんですが校内でやるにはちょっと困ることばかり。「校内では困る」すら「校内じゃなければ!」に変換しちゃう斜め上さで、下校する電車内での痴漢(痴女)プレイに。そのくせファーストキスで感動しちゃうちぐはぐさがもうね!

「ごーるど・えくすぺりえんす」は、尿検査の提出直前にサイドテールな保健委員の夏樹さんが恋人の憲生くんに自分の分の検尿ケースを隠され最終手段に。もちろん格下張本人の憲生くんがそれを見逃すはずもなく採尿中のトイレ個室へ乱入。一度出かかって引っ込んだのをもう一度出すお手伝いをしてるうちに今度は息子さんがビンビンになってそっちの処理に移行。夏樹さんもスイッチが入って最後までいたしてしまいます。それにしても直接プレイには使わないものの、おしっこからここまでもりあがるのはなかなか上級者な気がしますね。あと、最後のコマの目潰しは中指を立てて人差し指と薬指でヒットさせてて、こっちも上級者ですな。

「そふと・ましーん」は、メガネっ娘の真央さんが恋人のまーくんに朝フェラして精液絞りとるシーンから。ちっこい真央さんとおっきいまーくんの間には体格が違いすぎてちんこが入らず、初めてのセックスがうまくいかなかったという切実な問題が。真央さんはまーくんの精液をもとに身体をやわらかくする薬を開発し、もう一度「初めて」に挑むことに。首尾よく成功(ていうか性交)した歓びで涙流したり、猫っぽいという性格を表したかのような嬌声や髪のハネがかわいくてよいです。

「しあー・はーと・あたっく」は、近未来の学校の荒廃を正すために投入された機械式学級委員長「天神三十五式」――通称天神ミコと、彼女に想いを寄せる小ノ上くんのお話。クラスの矯正を完了したミコは、一人だけ別種の視線を送ってくる小ノ上くんに気づき、彼の性欲処理だけして軽くあしらおうとしますが、ブツの見事さにタジタジ。委員長としての威厳を保とうと挑発したところアナルに挿入される予想外の展開に。アナルによる未知の快感や真摯に好意を伝えてくる小ノ上くんに、機械的だった彼女にも少しづつ恋心らしきものが芽生えていきます。そして、自由恋愛を許可されている個体としての必要上、遺伝子情報を登録するためのセックスをすることに。このへんはもはやプロポーズといっていいレベル。

「すとれい・きゃっと」は、二人だけの漫研で恋人でもある先輩の原稿のお手伝い。この先輩、コスプレで格好や行動を体験しないと描けないという困った性質で、お付き合いの条件も原稿の手伝いをすること。今回はメガネっ娘メイドさんとして性的なご奉仕ですが、役得とはいえ「原稿作業」ではなく、恋人としてキャッキャウフフしたい後輩はちょっと不満げ。ついついプレイ中にプレイを外れたことをしたくなり、アナルへ手が伸びて……

「さーふぃす」は、誕生日祝いで彼女にコスプレしてもらいます。ぴっちぴちの魔法少女コスから溢れんばかり(というか実際露出しやすい衣装なんですけども)のおっぱいが縦横無尽に動き回ります。

「あとがき」は、ミコさんの姉妹機2体のイラストと作者コメント。そのほか、口絵には林田さんカラーイラスト、奥付に静留さんイラスト。カバー折り返しが大きく取ってあって静留さんとミコさんカラーイラスト。カバーは表紙が麻希さん・美玲さん。裏が真央さん。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。表紙買いアリです。概ねおっぱいは大きめ、小さいとされてるキャラでもそれなりに膨らみはあります。張りのあるおっぱいがばいんばいん揺れたり押し付けられて形が変わったりするのは見てて楽しいですな。ストーリーは、既に恋人同士か互いに好意があるというパターンが多く、ラストも全部ハッピーエンド。その分、奥深い展開とかはないですが好き同士のキャッキャウフフが存分に描かれており、エロシーンも射精・絶頂が複数回あるため実用度はなかなか。女の子がややツン気味な話も多いのでツンデレ好きにも向いてると思います。

書名や収録作タイトルが洋楽っぽい(どうしてもJOJOをイメージしちゃいます)ので元ネタが分かる人にはまた違った面白さがあるのかもしれませんが、残念ながら当ブログ管理人にはさっぱりわかりません。残念……

|

« 全開!!中山グランドジャンプ2011 | トップページ | 全開!!中山グランドジャンプと函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/40615777

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 しのづかあつと 『ぼへみあん・らぷそでぃー』:

« 全開!!中山グランドジャンプ2011 | トップページ | 全開!!中山グランドジャンプと函館スプリントSとラジオNIKKEI賞2011 »