« ☆ 【成年コミック】 まばん 『Love Hair』 | トップページ | ☆ 【コミック】 中村光 『聖☆おにいさん 6』 »

2011年7月 6日 (水)

☆ 【成年コミック】 久水あるた 『恋愛ほりっく』

ここに書くことを何か思いついたはずなのに忘れました。

 

 

恋愛 ほりっく (富士美コミックス) 恋愛 ほりっく (富士美コミックス)
久水 あるた

富士美出版  2011-06-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初出が掲載されていないのですがご本人のサイトを参照したところ辰巳出版の『ペンギンクラブ山賊版』掲載作を中心に収録されている模様。なんで単行本は富士美出版なのかと思ってググったら関連会社なんですね、なるほど。

 

「真夏の夢エピローグ」は描き下ろしの掌編。隣家の僕っ娘とお風呂でキャッキャウフフ、さらにはその母親である人妻も交えた3Pに。うらやまけしからんですな!

「真夏の夢」は、時系列的には「真夏の夢エピローグ」よりも前。ボクっ娘の比呂がまだロリっ娘の頃のお話です。もともとは比呂と遊ぶのが目的だった和文ですが、夫の単身赴任で性欲を持て余している比呂の母親・由乃さんのセクシーな体に目が釘付け。ある日、いつものように比呂と遊ぼうと訪れるものの不在で、由乃さんに美味しくいただかれてしまいます。人妻のムッチムチな体で迫られたら抵抗できないのもやむなし。愛撫中に思わず出ちゃったのを皮切りに、お掃除フェラ、パイズリのコンボで二射目、騎乗位で三射目、中出ししたところに後背位で四射目と、若さゆえの早さを逆手にとった回復力勝負(というか一方的に搾り取られているわけですが)でぐっちょぐちょ。将来的には母娘丼になるわけで、ご主人が非常に気の毒です。

「ほわほわ」は、タイトル通りほんわかした感じのメガネっ娘・湊さんと恋人の悠馬くん。付き合ってることは誰にも内緒の二人ですが、確実にその愛を深めていきます。既に付き合っている幼馴染な上に初めても済ませているという、ラブコメ上の醍醐味がほとんどない設定ではありますが、もはや夫婦に近いといっていい安定感が却って新鮮な気がします。

「Memories 前編」は、幼馴染カップルの回想で進むシリーズの前編。進学で地元を出ることになった柚。出ていけば田舎も自分のことも忘れてしまうのではないかと不安になる幼馴染の良成に自分の想いを伝えます。むしろ離れたくないと思っていたのは柚のほうで、良成の心に自分を刻みつけようとする健気さに心打たれます。

「Memories 後編」の前半は柚の卒業当日。制服姿の見納めということで、記念に校内で事に及びます。後半は、良成の試験終了後。久しぶりのセックスで燃え上がる二人。そして最後は……青春時代の想いを結実させた二人の決意の証がここに。感動のハッピーエンドと相成ります。末永く爆発しろ。

「放課後ヒメゴト」は、冷血女と呼ばれるツンツンな先生が生徒を呼び出して性的な指導……と思いきや実は恋人同士。お仕置きされるのは先生のほうで、しかも処女喪失の相手というイチャラブ空間を展開。お仕置きプレイもそれはそれでいいものですが、年上の甘えんぼ先生と名前呼び合って子作り行為のほうがなんかドキドキしていいですね。

「十年、はやい」は、ふとムラムラして幼馴染里穂お姉に手を出そうとした恭司が返り討ちにあい「10年早い」と言われてから、本当に10年後の再アタック。ところがその頃には里穂お姉は結婚していて……自分のものにはならないと知りつつも里穂お姉を抱く恭司は自分の無力さを噛み締めます。そんな最中、里穂お姉の夫から電話がかかり、その最中に再アタック。フィクションならではの展開ではありますが無事やりすごすと、二人の離婚が成立しそうなことが分かります。晴れて10年前の想いが結ばれる期待に満ちた二人の思い切りの良いセックスが清々しい。

「あなざーでぃめんじょん」は、二次元に傾倒する幼馴染の良太郎を三次元に引き戻そうと奮闘する委員長・花音。なんとか良太郎に歩み寄ろうと知りうる限りの二次元知識を動員しする花音えすが、所詮は付け焼刃で通用しません。もはやこれまで、とばかりにおっぱい触らせたり下着姿になったりでようやく成功。そのまま事に及び、中出し連発の汁まみれになりつつ、どうにか三次元サイドへ引き戻すことに成功……なのですが、そもそもの原因を作ったのは誰かという話になり……

「ぺるそな」は、草食系男子一郎太と流されやすい先輩八千代さんのイチャイチャ。元は八千代さんの処女を『実は肉食系』な一郎太が無理矢理奪ったのがきっかけの二人ですが、八千代さんは八千代さんで『実は流されてるフリ』というちょっと屈折したカップル。一見一郎太が主導権を握っているように見えつつ、八千代さんが手のひらで転がしてる感がいいですね。

「酔いどれいんべーだー」は、酔った勢いで隣室の公司の生活に侵食してくる大学生のさえ子おねーさん。食事と年下の身体をおいしくいただく体を装っているものの、好き好きオーラ全開な素直じゃなさがかわいらしくていい!余裕ぶってるのが隠せないおねーさんとかもうね!侵略と言いつつも身体も胃袋も掌握されてて「もう結婚しちゃえよ」と。

「ぶらいんどげ~む」は、初体験の時にグロ苦手な彼女を目隠ししたことからそのまま目隠しプレイが定着した郁夫と加奈子のカップル。郁夫はそんな現状を打破しようと目隠しを外すことを決心。外された加奈子は最初恥ずかしがりますが、郁夫を信じることで不安や恥ずかしさを乗り越え、見つめ合うことの歓びを知っていきます。目隠し中のエロさ、目隠し外したエロさが楽しめて一粒で二度おいしい作品です。

「あとがき」は、作者コメントとイラスト。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。目のクリっとしたおっぱいばいんばいんな女性ばかりです。本作はおねーさんキャラが多め。他社から出た既刊ではわりと重めのストーリー展開もありましたが、こちらは概ねイチャラブでハッピー感漂う作風となっています。前にも書いたように、性器・結合部分・汁描写などしっかり描いてあるのでエロ成分も充分。

 

既刊の感想

 【成年コミック】 久水あるた 『快感ちぇりっしゅ!』

 【成年コミック】 久水あるた『LOVE日和』(「あとでかく」のままになっております)

|

« ☆ 【成年コミック】 まばん 『Love Hair』 | トップページ | ☆ 【コミック】 中村光 『聖☆おにいさん 6』 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/40676834

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 久水あるた 『恋愛ほりっく』:

« ☆ 【成年コミック】 まばん 『Love Hair』 | トップページ | ☆ 【コミック】 中村光 『聖☆おにいさん 6』 »