« ☆ 【成年コミック】 東磨樹 『はさめるカノジョ』(ワコーコミックス) | トップページ | 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年8月号』&「そして誰も走らなくなった」管理人の解答編 »

2011年7月22日 (金)

☆ 【成年コミック】 宵野コタロー 『ちゅーLip!』(SANWA COMICS No. 59)

ブクログの本棚で未レビュー分を表示するようにしたのですが、進捗状況が見えやすくていいですね。むやみに買うのが控えられそう。

 

 

ちゅーLip! (SANWA COMICS No. 59) ちゅーLip! (SANWA COMICS No. 59)
宵野 コタロー

三和出版  2011-06-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の初単行本。2010年から2011年にかけて三和出版の『コミック・マショウ』に掲載されたデビュー以来の1年半分の作品が収録されています。

 

「びびっどガール」は、冒頭部カラー。謎の覆面男に拉致された強気っ娘・望月さん。一方、彼女を犯すために誘拐したと思しき男はやたら気弱。結局、なぜだか望月さんが縛られたままリードするという展開に。言葉は強気ながら犯され願望たっぷりな望月さんのアンビバレンツな魅力が前面に出た作品です。ラストを見ると、この組み合わせで続きも読みたい気がします。

「裏表ラブデイズ」は、夫婦(入籍済みかは不明)生活を秘密にしてるポニテっ娘・凜花と杉本先生のお話。噂話で杉本先生とナイスバディな保健室の堀川先生がデキているらしいと聞いた凜花はジェラシーメラメラ。怒りのあまり体調を崩して保健室に行ったところ、堀川先生に用のあった杉本先生と鉢合わせ。そのまま押し倒してしまいます。保健室では定番の「カーテン一枚隔てた先に人が!」なシチュエーションは鉄板です。

「smlie again!!」は、ボーイッシュなきょぬーさんの由紀乃が隣のお兄さんの進学による上京を知りブルーに。平静を装おうとするものの当のお兄さんには何かあったことがお見通しで、思いの丈を伝えます。自分の魅力に自信のない女の子が一生懸命好きな気持ちを伝えようとするお話はなんか応援したくなりますねぇ。見た目だけじゃなくて、性格の部分でももうちょっとボーイッシュなところが描写されてたら……という部分はちょっと残念ですが、ラストのちょっと伸びた髪とか、二人のこれからとかを想像するとキュンとなりますね。

「生徒会長への道」は、生徒会長候補の完璧超人メガネっ娘・岡崎さんが、選挙の協力を申し出てきた岡崎兄弟に騙されて堕ちていきます……が、今まで優等生だった反動からか痴女として覚醒。初めてなのに両穴でくわえ込んで感じまくり。感じまくってる顔もエロいのですが、それよりも挿入直前の「なにをしたら…生徒会長になれるかしら…?」の、恐る恐るも岡崎兄弟を誘う顔がヤバい。テクノブレイクする。

「押しかけ☆JC」は、従妹のJC(何の略かはゲフンゲフン)ハルカが親と喧嘩して転がり込んできます。積極的なアタックで「欲情しない」と言っていたお兄ちゃんもあっさり陥落。ロリ顔に似合わぬばいんばいんなおっぱいや、初めてとは思えないテクを駆使して篭絡します。ドジっ娘ですけども実はなかなかの策士かもしれませんな。

「押しかけ☆JK」は、「押しかけ☆JC」のその後を描いたちょっと短めのお話。JK(何の略かはゲフンゲフン)になり、髪も少し伸びたハルカ。相変わらず親と喧嘩してはお兄ちゃんのところに家出しに来ます。JCの頃よりおっぱいも誘い方もさらに大胆になったハルカの策士っぷりがナイス。

「お兄ちゃん改造計画♥」は、健気なツインテ妹・茜が、恋人にフラれたことからひきこもりの二次元愛好者になった兄を以前のかっこいい兄に戻すためにコスプレで二次元に対抗。ツンデレ・デレ・着物・体操服・チア・スク水と日替わりでアタックするも玉砕。最終手段で裸エプロンの家政婦に。「なんでもする」の言葉に反応した兄は、自分の理想の設定で茜を犯します。茜も最初は兄妹ですることに抵抗を示しますが次第に快感に飲まれていきます。一応当初の目的は達成できるものの、以前より悪化した気がしなくもない感じ。ただ当人が幸せだからいいか、と。

「性なる夜に☆」は、クリスマスイブに姉の代打でケーキ売りのバイトに向かったみなみ。偶然にも大好きな春輝さんと同じシフトに。バイトが終わった後、意を決して自分の事をどう思うか寄稿とするも、恥ずかしくて逃げ出そうとした拍子にケーキひっくり返してクリームまみれ。そのままぺろぺろと相成ります。サンタコス半脱ぎにハイニーソがエロい。姉から掛かってきた電話に出て、通話しながら素股の羞恥プレイもそそります。

「ドキドキ♥男の娘ホリデー」は、男の娘の天野くんが休日に女装して買い物を楽しんでいるところにクラスメイトのツンツンツインテっ娘・柿崎さんにバレて試着室に乱入されてしまいます。射すくめるような三白眼に、言葉責め、焦らしプレイとSっ気たっぷり。挿入に関しても柿崎さんが主導権握りまくりですが、キスのところだけ現れるほんの微量なデレが絶妙なスパイスとなっています。その後を描いたラストは二人がこの関係を続けるのが描かれていますが、是非続きを読みたいものです。逆転とか激デレとかあるとうれしいです。

「暴走 secret♡love」は、冒頭部カラー。弟のゆうちゃんが自分をオカズにオナニーしたティッシュをオカズにする姉ちゃん。ある意味永久機関的な二人のオナニーですが、ある日ゆうちゃんが夜中に目を覚まし、オナニーしている姉ちゃんを発見したことから破綻。我慢しきれなくなった姉ちゃんはゆうちゃんに迫り、おいしくいただいてしまいます。ヤンデレに近い勢いで想いをぶつけてくる姉ちゃんのガッツンガッツンな騎乗位とブルンブルン震えるおっぱいがエロい。

「春の訪れ」は、進学で引っ越してきたばかりの健吾の部屋に、隣室の美和さんという女性が酔っ払って鍵をなくした挙句泊めてくれとやって来ます。寄った美和さんを世話してるうちに弄ばれた健吾。風呂場でおいしくいただかれてしまいます。汗に濡れた身体や上気した顔もさることながら、たまに見せる三白眼っぽい視線がエロくてたまりませんな。風呂という場所柄メガネを外しちゃうのがちょっと残念ですが、それを補って余りあるばいんばいんなエロボディにリードしてくれる大人の魅力が描かれています。

「あとがき」は、作者コメントと凜花のイラスト。各話解説もあります。

表紙は「びびっどガール」の望月さん、裏表紙は「春の訪れ」の美和さん。大きめの帯には「お兄ちゃん改造計画♥」の茜、「押しかけ☆JC」のハルカ、「びびっどガール」の望月さん、「暴走 secret♡love」が、収録のカラー原稿やイラストから抜粋されています。また、カバー下には「びびっどガール」の後日談的4コマも。

 

中の絵は表紙と同じイメージで大丈夫。表紙買いアリです。特に帯の裏表紙側は中身そのままなので参考になると思います。「あとがき」にもあるように、時期によって多少絵柄が違う部分もありますがどの作品も女の子の魅力が存分に出ているので問題はないと思います。パッと見目の描き方や髪の処理が違うのかなという感じ。

一部ひんぬーキャラもいますが、ほとんどがたわわなおっぱいの持ち主。エロにも積極的でおっぱいが縦横無尽に揺れるさまは心踊ります。明らかに初めてのキャラでも痛がりはするものの破瓜描写がないため、逆に言うと初めてに見えないキャラも実は初めての可能性があったり。そういう見方をすると「ドキドキ♥男の娘ホリデー」あたりはかなりのドストライクです。ただでさえ好物の三白眼ですし。わりと「その後の話」が描けそうな終わり方をしている作品が多いので(もちろんこのまま終わっても充分なのですが)、続きがあると嬉しいですね。

|

« ☆ 【成年コミック】 東磨樹 『はさめるカノジョ』(ワコーコミックス) | トップページ | 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年8月号』&「そして誰も走らなくなった」管理人の解答編 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/40880757

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 宵野コタロー 『ちゅーLip!』(SANWA COMICS No. 59):

« ☆ 【成年コミック】 東磨樹 『はさめるカノジョ』(ワコーコミックス) | トップページ | 【雑誌】 エンターブレイン 『サラブレ 2011年8月号』&「そして誰も走らなくなった」管理人の解答編 »