« ☆ 【ライトノベル】 文:支倉凍砂 挿絵:文倉十 『狼と香辛料17』(電撃文庫 は 8-17) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 椿屋めぐる 『乳娘-みるきぃがーる-』(いずみコミックス) »

2011年7月27日 (水)

☆ 【成年コミック】 松本きちぢ 『青春18禁えっち』(ウォー!コミックス)

学生さんは夏休みなんですね。年中お休みだったので気づきませんでした。

 

 

青春18禁えっち (ウォー!コミックス) 青春18禁えっち (ウォー!コミックス)
松本きちぢ ウォー!コミックス編集部

サン出版  2011-06-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者2冊目の単行本。初出の記載がないのですが、ご本人のブログの記述によればサン出版の『マガジン・ウォー』掲載作品からの収録のようです。これもブログの記述ですが、当の『マガジン・ウォー』は休刊となり、今は同社の『マガジン・ウォー・ウルフ』に活躍の場を移されているそうです。

 

「催眠術はじめました」は、おさげにメガネの地味っ娘の夕子さんが好きなクラスメイトの貴文くんに催眠術をかけたところ思いがけず成功。あれやこれやと妄想を膨らませるうちに心の声が漏れてしまい、それならばいっそのこと……と実現させてしまうことに。もみもみぺろぺろから挿入まで。ある種オナニー的シチュエーションではありますが、その辺もクリアしたいちゃラブになってるのは好感。ただ、確実に夕子さんは痴女の素質を持っていると思います。

「放課後…トイレにて」は、トイレで紙がなくなった恋人の榎元くんのピンチに駆けつけた委員長の鈴香さん。ところが実際にはテスト期間はえっちしないという約束を我慢しきれなかったためのウソ。約束を巡って押し問答しているうちに、野球部員たちが大挙してトイレへやってきてさらなるピンチに。ところが、榎元くんは鈴香さんが声を出せないのをいいことにぺろぺろくちゅくちゅ。あくまでイってないと強弁する鈴香さんに、榎元くんは半ば脅しに近い形で「亀半分だけ」入れる約束をとりつけます。もちろん、ここまできて半分だけで済むはずもなく……扉一枚隔てて人がいるシチュに、危うくバレそうになるドキドキ感と、感じながらも声を押し殺す様が大変エロいです。

「バットとボールと女子校生♥」は、野球の神様に見放されたトロ介こと大介くん。守備練習中に自らのバットに打球を当ててしまい保健室に。先生不在の保健室には、同じく先生に用のあるという下級生が待ちぼうけ。女の子とふたりきりという状況で極度の緊張から妄想が膨らんだトロ介は、打撲を冷やす程度ならという彼女の優しい申し出に思わずちんこポロリ。どうみてもポリス沙汰な事態も、彼女の性的な無知をいいことに手で膿を出してもらったり、口で吸いだしてもらったり。さらには濡れてきた彼女に治療と称してぺろぺろや挿入まで。

「会長のドキドキ㊙特訓」は、構内の風紀の乱れを憂うポニテ生徒会長の香さんが壇上で演説。校内でキャッキャウフフ行為に及ぶわりには真面目な生徒一同に反論され、気にしてる堅物な性格も突かれてタジタジ。そんな言葉を、演壇に隠れていた恋人で副会長の大樹くんに利用され、生徒たちと同じ体験をしてみる特訓に。衆人環視の壇上で愛撫・クンニ・生挿入まで。途中から大樹くんよりノリノリな香さんがかわいい。そして、この手の衆人環視もののありがちなお約束をぶっ壊すラストには思わずニヤリ。

1クール彼女 第1話「期間限定のお付き合い!?」は、声優オタなツインテの花山さんと無趣味なパンピーくんのお付き合い。一度は彼を振る花山さんですが、声が好きなアニメキャラの「クラウド様」に似ていることから1クールだけ付き合うことに。オタクに偏見がなかったりお約束なラッキースケベをかます彼に惹かれるものがありつつも、本質的に飽きっぽい彼女は1クールの最終日が今日であることを告げます。そこで引き下がらない「クラウド様」は最終回を一緒に見る約束をすることに成功。深夜に付き合ってる相手の部屋に……と普通なら男女ともドキドキのシチュエーションも花山さんはアニメに夢中。ついには夢中になりすぎてついつい濡れ場でオナニーまで。死ぬほど恥ずかしがる花山さんも「クラウド様」の慰めでセックスしてみることに。パンピーには興味ないとはいえ、好きな声で、趣味を理解してくれる相手ですからもっと素直になってもいいとは思うんですけどねぇ。

1クール彼女 第2話「3次が2次を超える時」は、前話の最後で判明したおかげでお付き合いがつながった「クラウド様」改め「源十郎様」。ところが2話でアニメの源十郎様が死んじゃったからさあ大変。アニメキャラを心のより所にしていた花山さんは傷心。彼女を元気づけたい「源十郎様」は源十郎様のコスプレで彼女の部屋へ。ディティールいまいちなコスプレに文句言いながらも恋人の気持ちに思いを新たにした花山さん。ようやくアニメキャラではなく、恋人の「小田くん」本人(ようやく名前出た!)に目を向けます。これで初めて恋人同士のセックスというところでしょうか。

1クール彼女 第3話「消えた声優」は、源十郎様危機を乗り越えた二人。ところが次クールは源十郎様役の声優さんの出演作がない大ピンチ。小田くんに目を向け始めた花山さんですが、やはり声優さんと小田くんを重ねあわせて一作終わると醒めてしまう自分に自身が持てません。徐々に疎遠になっていく二人。小田くんはあらゆるアニメ番組を調べるうちに、CMの「犬」役で出ていることを突き止めます。これで持ち直した二人は、小田くんのまさに犬のようなペロペロに、ドギースタイル(後背位)でのセックスでより絆を深めていきます。

1クール彼女 第4話「中出しガマン選手権!」は、小田くんが相模原財閥の金髪高飛車でいかにもな令嬢・零さんに拉致されたところから。うっかりラッキースケベで零さんを助けた小田くん。実は声優オタな零さんもまた小田くんの源十郎様声に惹かれてしまいます。さらに花山さんとは旧知で勝手にライバル視している間柄。趣味が同じな上に自分より早くリア充化した彼女から小田くんを奪うため実力行使に。花山さんを大事に思う小田くんは円周率や寿限無の暗唱で乗り切ろうとしますが、拘束・猿轡・騎乗位・前立腺刺激ときては抵抗しきれず中出ししてしまいます。

1クール彼女 第5話「最後のセックス」は、翌日零さんが二人のクラスに転入してきます。ここでも早速拉致された小田くん。前日のセックス画像をネタに脅されますが、毅然と断ります。小田くんのことを諦めた零さんは、見合いで結婚させられる前に最後に好きな人とセックスしたいと懇願。これで二人の前には現れないという彼女に小田くんもついに折れます。前話とは違い、自分の意志で断ろうと思えば断れる状況での後ろめたさがスパイスとなっています。

1クール彼女 第6話「ふたりの名シーン」は、前話のラストちょっと前から。エヴァっぽく射出された花山さんが二人のセックスしてる現場を目撃させられます。走り去る花山さんを追いかける小田くんはなんとか追いつきますが、彼女は錯乱して話もできない状態。小田くんは花山さんと付き合うために覚えたアニメ知識を総動員。ようやく話を聞いてくれた花山さんに男らしいプロポーズ。もう他の人とはしないという約束を「今すぐ」証明するため、橋の下での野外プレイに。いつの間にか「小田くん」なしではいられなくなった花山さんが下の名前で呼ばれるたびに快感に打ち震える姿がエロい。

1クール彼女 第7話「嵐を呼ぶ女」は、またしても拉致された小田くんを救い出すため零さんと最後の戦いに。とはいえ、ここまで来て「恋人を救い出す」という勝利フラグビンビンな戦いで負けるはずもなく。無事に助けだした小田くんにご褒美のおねだりでいちゃいちゃラブラブのダダ甘なセックスです。

1クール彼女 最終話「告白」は、小田くんから愛の告白はあったものの、恥ずかしがる花山さんの確たる返事はなく鬼ごっこの日々。そんなある日いつものように花山さんを追いかける小田くんは交通事故に遭って瀕死の状態に。偶然通りかかった零さんの助力で一命はとりとめますがそれでも危険な状態。花山さんは後悔し、意識不明の小田くんに想いを伝えます……が、これは壮大なドッキリ。見るに見かねた零さんの計らいでした。ドッキリなのにしっかり動けないように拘束してるあたりも計らいの一つなんでしょうか、動けない小田くんをフェラで焦らしたり騎乗位で責めたりとある意味ご褒美的なお仕置きプレイ。今までツン気味な割には受身だった花山さんのほうからのプレイとなっています。ここでようやく二人の想いが双方向になったような気がします。

「あとがき」は、作者コメントと全裸の花山さんイラスト。

 

中の絵は表紙のイメージ通り。一番わかりやすいのは裏表紙側の下二人。全体的におっぱいばいんばいん。密着時にぎゅっと圧縮されたり、挿入時にぐいんぐいん動いたりと非常にエロいです。零さんを除けば、女の子たちはわりと押しに弱く流されやすいタイプですが、相手のことが好き(か、悪い印象はない)でエロいことにも興味津々なので読後感はライトです。すでにお付き合いがある男女でも新しい快感に目覚める描写がしっかりあるのはいいと思います。きょぬーさんと流されやすい女の子が好きなら是非。

|

« ☆ 【ライトノベル】 文:支倉凍砂 挿絵:文倉十 『狼と香辛料17』(電撃文庫 は 8-17) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 椿屋めぐる 『乳娘-みるきぃがーる-』(いずみコミックス) »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/40976615

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 松本きちぢ 『青春18禁えっち』(ウォー!コミックス):

« ☆ 【ライトノベル】 文:支倉凍砂 挿絵:文倉十 『狼と香辛料17』(電撃文庫 は 8-17) | トップページ | ☆ 【成年コミック】 椿屋めぐる 『乳娘-みるきぃがーる-』(いずみコミックス) »