« 全開!!宝塚記念2011の結果 | トップページ | 全開!!宝塚記念2011(重賞予想)の結果 »

2011年6月27日 (月)

☆ 【成年コミック】 山下クロヲ 『かたいマシュマロ』

舌の付け根に口内炎が。どう口を動かしても痛むので食事が辛い……

 

 

かたいマシュマロ (セラフィンコミックス) かたいマシュマロ (セラフィンコミックス)
山下 クロヲ

ヒット出版社  2011-06-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の初単行本。掲載誌などの記述がなくて調べたところ他所様のブログで『COMIC阿吽』『COMIC ino.』などの掲載作と判明。この手の統一的なデータベースとかがあればいいなぁ、などと。

 

「彼女の1/2」は、かつての自分と同じ境遇が原因で虐めにあったロリ鍵っ子を助けた男の葛藤を描いたお話。母子家庭の父親替わり的に諸問題を解決した後、なぜだか付き合うことになり……セックスを望む彼女に対し、身体的な未成熟や社会的なあれこれを理由に自制する男ですが、それでも身体面をクリアし「駄目な未来と駄目じゃない未来」の1/2の希望を信じる彼女の想いを受け入れることに。実際には1/2より少ない希望が叶うことを願ってやみません。

「三匹がいく」は、エロいことに興味津々な女の子たちが見知らぬ童貞男の寝込みを襲って美味しくいただいてしまうという、うらやまけしからん展開。とはいえ、あまりの据え膳状態にお断りしようとすれば通報をほのめかされるあたりは確実に破滅の道を歩かされている感じ。活発なポニテっ娘アイちゃん、黒髪ロングのミキちゃん、太眉メガネっ娘ののりちゃんと、タイプの違った女の子にかわるがわるエロ行為に及んでもらうのは天国ですが、実際の状況は地獄への最短ルート。とはいえ、破滅的な未来とエロの組み合わせもそれはそれでゾクゾクするえろさがあっていいです。

「ゾンビと」は、突如ゾンビに襲われた街で生き残った男達が立てこもった先で、ゾンビになりたてのロリっ娘を拘束して犯します。拘束・死者・レイプとタブーや法律を犯しまくりのインモラル作品。人並みの認知力を失ってしまった子に二穴+イラマチオ。いろんな意味で、非常時における人間の狂気が垣間見えます。

「彼氏彼女の話」は、いい雰囲気になると母親が割って入ってきて仲が進展しないミシロとジローの幼馴染どうし。母不在の隙を見て、なぜかジローに女性看護師の格好をさせるミシロ。診察ごっこ(される方)でさんざんジローを煽った結果ようやく「好き」と言わせることに成功し、合体に至りますがそこへ母親が帰宅してきて……序盤のナースコスでのぺろぺろ、母親帰宅時にジローを隠すためのコタツプレイ→中出し絶頂と、初めて同士のプレイとしてはかなり変化球ですが、気持ちを形にするために一生懸命になる乙女心がかわいらしい作品です。

「おしえておしえて」は、イケメンゆえに女性の裏表を知って女性不信になった友人と、彼のことが好きな裏表のない(悪い意味で)近所の女の子の仲を取り持つために一肌脱ぐ非モテの悲しみを描いた作品。自分の体の変調に困惑する女の子に性知識を教えてあげる役得ではありますが、好意が自分以外に向いているとわかっていながら好きな人といたしてしまう心情はいかばかりでしょうか。

「コンビーフ」は、毒ガスのせいで外界と隔絶された家屋に暮らす父娘の生活の緩やかな破綻を描いた作品。父の言葉に微塵の疑いも持たないノーラは外界を知らず、滅亡の回避のために父との間に子供をつくることすら厭いません。そんなある日父が動かなくなり、ノーラは外に出る決心を……

「ゆとり少女」は、ゆとり世代のロリっ娘が先生を脅した挙句おいしくいただいてしまいます。無罪の証拠を確保するため、様々な保存メディアを駆使する先生ですがそれらをことごとく物理破壊されるさまは哀れみを誘います。まあ、見せびらかさなければよかっただけの話ではあるんですが。本質的にはデレ(と思いたい)でありながら、先生を破滅の道に引き込みつつ自分はしっかり感じてる小悪魔的魅力に溢れています。

「エロ監督」は、妹に初体験で先を越されそうになって焦る姉が手ほどきと称して自分も乱入。若干ユルそうな感じの妹は3Pをあっさり承諾。知識はないものの物怖じしない妹に対して、エロ本などから得た知識はあるもののビビりまくりな姉との対比で二度おいしい。

「まめしば」は、泊まる場所を提供してもらうお礼を体で払おうとした女の子が、うっかりED男に拾われて……飼っていた柴犬と女の子の「毛並みが似ていた」という理由で止まらせた男は、女の子が四つん這いになる姿や犬耳装着でEDから快復。さらには尻尾に模したアナルビーズでピンコ立ち。EDじゃなくてただの特殊性癖じゃないか!女の子の方もノリノリでおねだりプレイや、動物っぽく見える後背位でしてくれたりといい感じに。相手の居素っ気無さに惹かれつつある描写もあり、犬をテーマにしているものの猫的な部分も。

「おまけのまんが」は、作者と同居人の創作活動と日常を描いた4コマが5本と、イラスト2P、コメント。

 

中の絵は表紙とほぼ同じイメージ。全キャラがティーンより下、上でもミドルティーンくらいで、いずれにせよ大人の男が手を出してしまえばお縄になりそうなあたりの年齢層。実際に各種法令・条例に触れることについて描いた作品もあり、未成熟で華奢な身体の描写と合わせて、その年齢層の女の子に手を出してしまうことの「危険を感じつつも抗えない魅力」を描き出しています。ただ、そういった作品だけでなく同世代同士のコミカルなラブストーリーや、愛し合う男女の希望、最初は体だけの関係が徐々に惹かれていくなど、表現に幅があるので、エロに積極的なロリっ娘が好きな人にはおすすめ。ただ、華奢さを描く作風なのでぷに感のあるロリっ娘が好きな方は注意。

|

« 全開!!宝塚記念2011の結果 | トップページ | 全開!!宝塚記念2011(重賞予想)の結果 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/40545381

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 山下クロヲ 『かたいマシュマロ』:

« 全開!!宝塚記念2011の結果 | トップページ | 全開!!宝塚記念2011(重賞予想)の結果 »