« 全開!!ヴィクトリアマイル2011 | トップページ | 全開!!京王杯スプリングカップと京都ハイジャンプとヴィクトリアマイル2011 »

2011年5月12日 (木)

☆ 【成年コミック】 上連雀三平 『やまとなでシコ』

前回で書いた無職脱出計画はあえなく失敗に終わりました。しかしまだ見ぬ企業が待っている……俺達の戦いはこれからだ!

 

 

やまとなでシコ (TENMAコミックス RiN) やまとなでシコ (TENMAコミックス RiN)
上連雀 三平

茜新社  2011-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

非エロ名義も含めキャリアの長い作家さんですが、単行本を買うのはこれが初めてです。既刊も気にはなってたんですが今まで手を出さずにおりました。

本作は、お嬢様学校を舞台に涙と汗とおしっこと汁がほとばしる青春グラフィティとなっております。ちんこ率0%という潔さ!

 

「第1話 胸さわぎのまわし」は、百合百合な肉奴隷願望のある明乃と、引っ込み思案なメガネっ娘麻美子の新入生二人が相撲部に入部。むろんお嬢様学校なので部員は全員年頃の女の子で、まわし締めておっぱい丸出しです。二人は一年上の佳織先輩の指導を受けることに。他の先輩とは違い、相撲になみなみならぬ思い入れがある様子の佳織先輩に戸惑いつつも練習についていく二人。練習終了後頑張った二人をねぎらうため先輩方とお風呂でキャッキャウフフ……のはずが、疲労困憊で後から向かった明乃は佳織先輩の回しをくんかくんか。折悪く本人に見つかって居残りでしごき。ていうか、明乃の喜びようを見ると「しごき」が性的な意味にしか……

「第2話 相撲革命」は、「相撲部」の実態が明らかに。なんと中身は相撲とは似て非なる競技「百合相撲(レズモウ)」だったのです……先輩方からレズモウの真髄を叩き込まれた明乃はその魅力に取り憑かれ、レズモウを忌み嫌う佳織と衝突してしまいます。

「第3話 まわしの森」は、佳織をレズモウに引き戻すために相撲とレズモウの特訓に打ち込む明乃……とは別に、相撲とレズモウの間で揺れる佳織がメイン。部長はそんな佳織を (性的な意味で) 慰め、吹っ切れた佳織はついに明乃の挑戦を受けることに。

「第4話 白き前みつ」は、明乃と佳織の対決。当人たちはいたって真面目ですが、もちろんおっぱい丸出しです。ぶつかり合うおっぱいとおっぱい……美しい……

「第5話 カニカニカーニバル」 では、二度の取りなおしを経てついに明乃が勝利。ひたむきな明乃に、自分の弱さを打ち明けた佳織が想いを伝え相思相愛の姉妹関係と相成ります。

「第6話 びっくり土俵入り」は、麻美子編に突入。麻美子と姉妹関係にある先輩と、彼女をレズモウに導いた人物との因縁について触れられます。明乃と佳織のキャッキャウフフ野外レズプレイもあるよ!

「第7話 ファースト番付トライアングル」は、未祐をレズモウに導いた夏子の存在を知ったことから、麻美子は自分と未祐の関係について思い悩むことに。みゆはそんな麻美子の悩みを見抜き、ようやく二人は想いを伝え合います。やっぱり気持ちは言葉にしないとなかなか伝わらないものですね。

「第8話 決まり手まっしぐら」は、未祐とキャッキャウフフな日々を送る麻美子が夏子率いるノーパンテニス部の面々におしっこまみれにされてしまいます。

「第9話 いとしき三役」は、 険悪になる両部の関係をなんとかしようとした麻美子が夏子に正面からぶつかることを決意し……

「第10話 片手だけ綱取り」は、レズモウ部の合宿。皆で練習なのかただのレズプレイなのか分からないキャッキャウフフしているところに怪しい影。捕まえてみれば盗撮オナニー部の部員というもうなんだかアレな感じ。もちろん盗撮オナニー部員はレズモウ部がおいしくいただきました。

「第11話 大銀杏の中の桜」は、他校との練習試合。勝った明乃はご褒美で負けた麻美子は特訓なんですがやってることは同じという。そして明らかにされる全国大会の存在と、現れた伝説のOBが……

「第12話 万物に横綱を目指す意志あり 土俵入りする権利あり 四股を踏む自由あり」は、仙台部長の璐美さんが現れて特訓をつけてくれます。とてつもないテクに為す術のない佳織をかばった明乃は璐美と取り組みをすることに。そして……レズモウ部の戦いはこれからだ!

「あとがき」は、本作が単行本化するまでの軌跡(奇跡)を描いたマンガとなっています。

 

中の絵はほぼ表紙と同じ感じ。中の絵のほうが目の描き方がちょっと柔らかいくらいでしょうか。2004年から2005年にかけての作品ですが、特に絵の古さは感じません。継続して呼んでる人だとまた印象も違うかもしれませんが。

題材が題材だけに、出てくるのは全員女の子。チンコは一切出てきません。回によってはエロ描写が少なめのこともありますが、全体的にはしなやかな肢体とおっぱいがくんずほぐれつといったところで、各種汁描写もしっかり。登場人物の真摯さと題材や絵面のシュールさの落差が面白い作品です。

|

« 全開!!ヴィクトリアマイル2011 | トップページ | 全開!!京王杯スプリングカップと京都ハイジャンプとヴィクトリアマイル2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/39945597

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 上連雀三平 『やまとなでシコ』:

« 全開!!ヴィクトリアマイル2011 | トップページ | 全開!!京王杯スプリングカップと京都ハイジャンプとヴィクトリアマイル2011 »