« ☆ 【成年コミック】 けろりん 『ピンクトラッシュ』 | トップページ | 全開!!中山牝馬Sと日経賞とダービー卿チャレンジトロフィーと産経大阪杯2011 »

2011年4月 1日 (金)

☆ 【成年コミック】 オオカミうお 『ロリもぐもぐ!』

年度かわりました。今年度こそ本気出す。

 

 

ロリもぐもぐ! (TENMAコミックス LO) ロリもぐもぐ! (TENMAコミックス LO)
オオカミうお

茜新社  2011-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年のまとめのリストには入れてるものの、感想を書いていないので当時のイメージとか絵柄が分かりかねます。作者買いしてしまうくらいなので悪いイメージではないのはたしかですけども。

全16作は『COMIC LO』掲載作と描き下ろし。10ページ未満~十数ページの作品となっていますが、エロのボリュームは十分あると思います。

 

「ハマりやすいお年頃」は、少女買春したら相手が娘の同級生でそのままズルズル……という、なかなか倒錯感溢れるシチュエーション。「ハマりやすいお年頃」をどちらの意味に取るかという狂気をはらんだ作品。塗りきれい。

「ヒミツのブカツ」は、褐色少年亮太が妙にコソコソしてるクラスメイトたちの動向を探っていると、空き教室でセックスしているところを発見……というか逆に発見されて、半ば無理矢理引き入れられてしまいます。相手になるのは日頃喧嘩ばかりしてるチーコちゃん。実は相思相愛な二人がこういう形でくっついちゃうのはいちゃラブ派としてはもったいない気もしますけども。これはこれでエロいからいいや、と。

「ヒミツのブカツ 委員長のバアイ」は、ブカツのメンバーであるメガネっ娘委員長が罰ゲームで露出プレイ&逆ナン。いじめを心配して後をつけてきたお兄さんを誘惑しちゃいますが、こんな上級プレイしてるくせに処女だったり処女を守るためにアナルだったりと、よくわからん価値観が倒錯的でエロい。

「ヒミツのブカツ 美海のバアイ」は、褐色ポニテっ娘がブカツに参加。あてがわれた相手は弟のクラスメイト。ショタっ子が弟の影をちらつかせながら責めるのはSっ気を感じます。何となく弟の秘めた想いを知ってそうな節も。

「ヒミツのブカツのヒミツ」は描き下ろし。ここまでの登場キャラも含めた乳比べ&乱交。ページ数少ないのでエロシーンの尺も短め。最終ページでブカツの真相が明らかに。

「眠り姫」は、純真なお嬢様に薬を使ってかかりつけ医が性的ないたずらしまくり。無意識下で拒みつつも強くは抗えない弱々しさからくる繊細さと、いいなりになって乱れまくるギャップがエロい。ニャンニャンプレイはいちゃラブ展開だと大好物なんですけどねぇ……でも、これはこれで!

「こちょ☆こちょ」は、口の悪い姪っ子にくすぐりの刑。執拗なくすぐりで涙とヨダレと鼻水出まくり。レオタード着用でずらし挿入と露出度は低めなのですが、プレイがなかなかにマニアックなのでエロ度は高いです。そういえば三次元のジュニアアイドルをひたすらくすぐるとかいうジャンルがあるそうですが、こういうことなのですね。

「流星群の夜」は、願いが叶うという流星群を見にクラスメイトたちと学校に忍び込んで宿直の先生に見つかり、バラバラに。なんとか屋上にたどり着いた戌井と加賀美の二人はいい雰囲気になり……願うものがなかった男の子と、星に願いをかけた女の子の気持ちが通じ合う甘酸っぱいお話です。

「二人のより道まわり道」は、ちょっと積極的な女の子が好きな男の子との下校途中にいろいろはじめてなことをしちゃうほんわかしたお話。ぱんつの見せっこやら、ファーストキスやら、いちいちやることがかわいいなぁ!挿入は未遂で終わるものの、アグレッシブなフェラはエロい。

「ふるさと伝承紀行」はフルカラー掌編。とある集落に残された奇祭のルポ形式のお話。焼けた男達の肌を背景に、浮かび上がる女の子の白い肌と長い黒髪が幻想的。

「性交報酬」は、野球部員の彼氏のために対戦相手を体で買収。その方法で相手が喜ぶかというのに考えが巡らないとことか、体の相性とかを考えると早晩このカップルは破綻しそうな気がしますね。買収した相手バッテリーの一人が元許婚だったりで二十二寝取られ感のある作品。

「デリバリーはじめました♥」は、表向き中華料理店のエロいデリバリー。配達に来た女の子が同じ学校の生徒であるのを突き止め、自宅に呼ぶことに成功。脅してあんな事やこんなことを使用としたところ、逆に脅されておいしくいただかれることに。童貞くんを手玉にとろうとして、逆に自分がイかされてしまうのは表面上の大人っぽさに隠された幼さが感じられてエロい。こういう接触の仕方じゃなかったらいちゃラブもあったのかなぁ、などと。

「その日の園川さん」は、フルカラー掌編。年齢詐称かどうかを確認すると称して、コスプレサークルのメンバーがロリっ娘コスプレイヤーを調べ倒します。なんかこう……純真な思いが踏みにじられるお話は心が重くなりますよ……エロいけど。

「やまのきのこ」は、風習により一人前と認められるために山小屋にこもってる男のところに「嫁にしろ」と近所のロリっ娘がやってくるという、なんともうらやまけしからんお話。未成熟ながらも健気に頑張る女の子いいなぁ。

「ホンキのれんしゅう」は、先生を下僕扱いするお嬢様が初めてのセックスに挑みます。好きな気持ちを素直に表せなくてツンツンしちゃうところがなんとも歳相応でかわいらしい。ラブレターを一字一句覚えちゃうくだりとか床ゴロゴロですよ。ダメと言いながらフィニッシュが中出し固めだったり、結合部のちょっと上(透過すれば子宮のあたり)にハートマークが描かれていたりするのも心情を表しているっぽいです。

「Jusuto thw Two of…」は、サイレントで一切セリフなし。短髪の褐色っ娘と長髪の色白さんがくんずほぐれつをカメラに収めます。語られない行間が切なさを漂わせる一作。他の収録作とはずいぶん毛色が違います。

「あとがき」は作者コメントと「ヒミツのブカツ」のチーコちゃんいらすと。カバー下には「ヒミツのブカツ」RPG化のおまけイラスト、巻末には既刊の宣伝も乗っているので本作が気に入ったら参考にして買ってみるのもいいかと思います。カバー折り返しにはLO編集さん擬人化のSさんイラストも。

 

全体的にロリかつひんぬー。なにしろLO掲載作ですからね。中の絵はカバーとほぼ同じと考えていいです。ただ、表表紙・裏表紙に出ている「ヒミツのブカツ」メンバーのうち、メインのお話があるのは表紙のチーコちゃん、裏表紙の委員長と褐色っ娘美海ちゃんのみなので、他三名メインの話を期待するとちょっとガッカリかも。エロシーンは着衣そのまま、あるいははだけた状態のものが多いので着衣フェチにはぴったりだと思います。服のバリエーションも夏のワンピース・Tシャツ等からもこもこに着込んだ冬服、レオタード、巫女装束と豊富に取り揃えています。

|

« ☆ 【成年コミック】 けろりん 『ピンクトラッシュ』 | トップページ | 全開!!中山牝馬Sと日経賞とダービー卿チャレンジトロフィーと産経大阪杯2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/39439476

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 オオカミうお 『ロリもぐもぐ!』:

« ☆ 【成年コミック】 けろりん 『ピンクトラッシュ』 | トップページ | 全開!!中山牝馬Sと日経賞とダービー卿チャレンジトロフィーと産経大阪杯2011 »