« ☆ 【成年コミック】 神馬耶樹 『発情オンナノコ』 | トップページ | ☆ 原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 『花のズボラ飯』 »

2011年2月 8日 (火)

☆ 【成年コミック】 音乃夏 『Oh!マイガール』

面接で趣味を聞かれたらどうしよう。一応ダミー趣味のゴルフはあるんですが下手に食いつかれても困る。

 

 

Oh!マイガール (ホットミルクコミックス 335) Oh!マイガール (ホットミルクコミックス 335)
音乃 夏

コアマガジン  2010-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年以降、本作(2010年)含め5冊の単行本を出している作家さん。年一冊を超えるペースで、エロマンガなら多作の部類。本作はコアマガジンからは二冊目。『コミックゼロエクス』『コミックメガミルク』掲載作が収録されています。

 

「口ベタスイマー」(くちべたスイマー)は、冒頭部ハーレム状態なカラーページ。水泳部顧問の先生が、嫌われてると思ってた無口っ娘の真意を知り、その気持ちに応えます。無口っ娘は、デレるまで抑えてた感情を一生懸命出そうとする時のたどたどしさが好きです。

「the last arms」は、長距離恋愛カップルの久しぶりのデートのはずが彼女の風邪でおジャンに。普段会えないが故のちょっとした違和感ややりとりのすれ違いから疑心暗鬼に陥りますが、それを乗り越える過程が描かれます。そういう本筋とは無関係にデレ満載のきょぬーツインテさんの乱れっぷりがエロい。コンドームを口に咥えるのとか小悪魔ちっくでいいです。

「三つ子の魂百まで」は、教師と問題児の思い出。好きの裏返しでついついからかっちゃう利奈ちゃんは、相談と称して先生を誘惑。ついに手を出させます。ツインテロリきょぬー小学生というなんともアンバランスな体と背徳感がエロス!

「彼と彼女と時々触手」は、元幼馴染同士から恋人にクラスチェンジした二人のすれ違いを触手で解決。こういうエロマンガらしい無茶苦茶な解決方法いいですねぇ。触手ものではありますが、陵辱展開にはならないので触手耐性がない方でもたぶん大丈夫。ウェーブヘアのツインテさんというのもアリですな。

「逆ネトリ妻」は、欲求不満の人妻が義弟をからかってるうちに襲われ……という態を装って美味しくいただいてしまいます。写真を気にする義弟とは逆に、見られているようで興奮したり、してる最中にかかってきた夫からの電話で興奮したりと、なかなかの変態っぷり。

この作品と次の作品の合間に、収録作の登場キャラの集合イラストと目次。

「Mのターン」は、冒頭部カラー。彼女が乱交グループの集いに参加していることを知らされ、彼氏の友達とすらしてしまうのを為す術もなく見続けるしかない無力感……なんですがそういうプレイ。友情からあえて悪役を演じた友達のほうが却って気の毒な感じに。一応、ハッピーエンド……なんでしょうか。

「ボーイフレンド」は、奥手な文化祭実行委員のミサミサがサボり男子どもを集めて最後の追い込み……のはずが、栄養ドリンクと間違えてアルコールを摂取した辺りから暴走。居残りの全員がミサミサに好意を持っているという状況下で、処女をもらってほしいとダイナミック告白。淫乱処女ってファンタジックでいい。

「ガールフレンド」は、修学旅行の露天風呂でクラスメイトたちがいる中セックス。個人的な傷心から無理難題をふっかける彼氏の異変に気づいて慰める包容力が感動的。こういう描写はきょぬーさんでこそ映える気がします。個人的には最初に彼氏が使ってた変装用カツラは着用のままのほうが。

「あたり前の価値」は、横暴な上司の緊縛プレイから。特定の相手を作らないと思われた彼女ですが、下僕にしていた部下の事故をきっかけに大切なものに気づきます。素直になれない上司って、幼馴染とか腐れ縁とかとはまた違った感じのもどかしさがありますよね。パワハラ&セクハラ的要素が絡むからでしょうか。

「オタクだって頑張って生きているんですっ!!」は、レイヤーさんがカメコなオタクたちに襲われる堕ちもの。実際には「ダメ、絶対」。

「おまけマンガ」は描き下ろし。収録作のメイン登場人物が再登場。ミスターOを名乗る「オタクだって頑張って生きているんですっ!!」のリーダーの奸計により露天風呂にやってきた一行のサービスカットあり。

「あとがき」は作者コメントとイラスト。カバー下には表紙絵のボツ案。

 

全体的にロリ目の顔におっぱいばいんばいんの組み合わせ。例外は並乳の「Mのターン」くらい。髪型は短髪か結ってるのが多い。表紙は「the last arms」で、裏表紙は「オタクだって頑張って生きているんですっ!!」と思われます。どっちかというと表紙のほうが中の絵に近いイメージ。裏表紙は収録の同作がここまでロリ顔じゃないです。作風はいちゃラブから、多人数・非合法・寝取りなど多彩。表紙絵から甘々なのを期待すると不意打ちをくらうかもしれません。ただ、その手の作品でも概ね読後感の悪くないオチを持ってきているのでダーク系描写の耐性があまりない方でも大丈夫だと思います。個人的には大好物の無口っ娘が出ている「口ベタスイマー」がフヒヒ……

|

« ☆ 【成年コミック】 神馬耶樹 『発情オンナノコ』 | トップページ | ☆ 原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 『花のズボラ飯』 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/38780178

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 音乃夏 『Oh!マイガール』:

« ☆ 【成年コミック】 神馬耶樹 『発情オンナノコ』 | トップページ | ☆ 原作:久住昌之 漫画:水沢悦子 『花のズボラ飯』 »