« 全開!!AJCCと平安S2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 アシオ 『秘密のティッシュbreak』 »

2011年1月24日 (月)

☆ 【成年コミック】 山田ショウジ 『みるきぃQueen』

久しぶりにエロゲ買いました。経緯はこことかここ。本編やってないのに……

 

 

みるきぃQueen (セラフィンコミックス) みるきぃQueen (セラフィンコミックス)
山田 ショウジ

ヒット出版社  2010-12-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者三冊目の単行本。ド迫力のおっぱいが目を引く単行本です。

「花びら姫」は、フルカラー掌編。召使に教えられてオナニーを覚えたお姫様が物足りなくなって、次にセックスを教えられ、さらに物足りなくなって……

「エッチでえっちな催眠術」は、モテモテな道明寺さんに想いを寄せる響くんが彼女に催眠術をかけておっぱい見せてもらったり、おっぱいもんだり、フェラしてもらったり、くぱぁしてもらったりと、やりたい放題。ところが命令してもないのに道明寺さんにいただかれてしまう逆転劇。催眠の効果とはいえ汁だくで激しく腰を振る清楚系同級生いいですな。実際のところ、催眠術って望まないことをさせるのは難しいらしいですから、そういう見方だといちゃラブ話に見えなくもありません。

「エッチでえっちな催眠術2」は、前話の結果お付き合いすることになった二人の経緯を聞き、道明寺さんラヴな友達のきょぬーポニテっ娘の林檎さんが響くんを襲撃。ユー◯ャン仕込みの催眠術を使うものの、響くんには効かず自身と道明寺さんに催眠術がかかってしまい返り討ちに。道明寺さんに想いを寄せる林檎さんを、道明寺さんの目の前で陵辱。嫌がってるのにおさわりやぺろぺろでイかせたり、強制フェラにダブルフェラ、挿入と相変わらずやりたい放題。あまりの悔しがりっぷりに道明寺さんの催眠を解いて3P。きょぬー同士が押し合いへし合いしてるのはいい……ていうか、響くんは「催眠かかってても意識がある」ことを学習したほうがいいと思います。

「みるきぃQueen」は、従姉とのバツゲームをかけた勝負によるトラブルから両手を骨折。日々の暮らしの介護を受けることに。当然ながら、オナニーもできないわけで罰ゲームとしてオナニー介護させるリベンジに。手コキから始まり、フェラ、パイズリ、足コキ、猫耳、メガネ、風呂での水着ぶっかけと日に日にマニアックに。介護と言いながらノリノリなのに乗じてシックスナインから挿入、じらしプレイでおねだりさせ……と力関係の逆転にも成功。ロリきょぬーで大人、ツインテの組み合わせってなかなかなくて新鮮です。

「お願い!させこさん」は、お願いしたらなんでもさせてくれる「させこさん」の噂を突き止めたところ、同じクラスで想いを寄せる女の子だったことが判明。拝み倒しておっぱいを見せてもらえることになりますが、見るだけでもおっぱいだけでも済むはずがなく。さんざんペログリした挙句最後までしてしまいます。「電車でゴー!」

「電車でゴー」は、電車内で痴漢行為をはたらく痴女を捕まえたらポニテでメガネっ娘なツンツン上司だったというお話。よし、今から都会の求人探す。社内での手コキから挿入という、見られるかもしれないドキドキ感を味わいながらの第一ラウンド。第二ラウンドは女子トイレで変態プレイながらも愛らしきものの芽生えが感じられるエロシーン。

「マジカルリップ」は、自分の唇が嫌いだった幼馴染の名鐘(なかね)ちゃんに想いを伝える甘酸っぱいお話。寝てるときに言っちゃうのは若干のヘタレ臭を感じますが、寝てるフリの名鐘ちゃんはずっと待ってたんじゃないかな、と。キスやフェラなど、ぽってりした唇を活かした描写が非常にエロい。「下の唇」って自分で言うあけすけさがありながら、実は純情なギャップがいい。クール系のデレが好きな方におすすめ。

「あねぱい2」は、既刊『あねパイ 』収録作の続編。おっとり系のエロ義姉におあずけを食らった義弟は風呂に隠しカメラを仕込むものの見破られ、逆に風呂エッチのお誘いを受けるといううらやまけしからんお話。ぶっかけに、泡プレイに、シャワーくしなどお風呂シチュをフルに活かした液まみれのエロシーンは実用度満点。話の前後関係が分からなくても充分です。

「Private Room 体験版」は、既刊『Sweet TRAP』収録作の後日談的掌編。きょぬーのツインテさんと職場でキャッキャウフフするお話のようです。

「あとがき」は、作者コメントと「みるきぃQueen」に出てきたいとこのお姉ちゃんの猫耳メガネ水着コスプレのイラスト。盛り込みすぎ!だがそれがいい!

 

表紙は「エッチでえっちな催眠術」の道明寺さん、裏表紙は「あねぱい2」のお義姉ちゃん。中の絵も表紙からイメージできるとおりの絵なので表紙買いアリ。どの作品もきょぬーさん揃い。処女と思われる登場キャラクターも破瓜描写がないので、処女スキーにはやや物足りないかも。ただ、逆に「お願い!させこさん」のような、どちらとも取れる作品で読み手の想像力が膨らむというケースもあり、それはそれで2パターン楽しめていいですね。同年代キャラも含め、男性キャラに対する包容力があるヒロインが多いのでおねーさんスキーにも合いそうです。

 

既刊

あねパイ (セラフィンコミックス) あねパイ (セラフィンコミックス)
山田 ショウジ

ヒット出版社  2008-09-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Sweet TRAP (セラフィンコミックス) Sweet TRAP (セラフィンコミックス)
山田 ショウジ

ヒット出版社  2009-04-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 全開!!AJCCと平安S2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 アシオ 『秘密のティッシュbreak』 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/38564065

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 山田ショウジ 『みるきぃQueen』:

« 全開!!AJCCと平安S2011の結果 | トップページ | ☆ 【成年コミック】 アシオ 『秘密のティッシュbreak』 »