« 今月の新作エロゲ(2011年01月) | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2011 »

2011年1月13日 (木)

☆ 【成年コミック】 Rico 『好きスキkiss』

ぼんやりしてるうちに1月も半ば近く。まだ2冊目なんて正月ボケにもほどがある。

 

 

好きスキkiss (ホットミルクコミックス 336) 好きスキkiss (ホットミルクコミックス 336)
Rico

コアマガジン  2010-12-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Rico先生三冊目の単行本。なお、この単行本の発売日には小宮裕太先生・アシオ先生の単行本も発売されることになっており、ばんがいち好きな当ブログ管理人周辺の人達は「コアマガジンはサンタさん」などと色めき立ったのですが


いいんですよ、小宮先生の単行本を待つのは慣れてますから……

 

「ピンナップ」は『Comic メガミルク』に掲載されたピンナップ。裏表で短髪のひんぬーさんと、きょぬーのツインテさん。

「エッチなマンガは好きですか?」は冒頭部カラー。カラー部分は、作中の漫画家さんが描くメイドさんとご主人モノのエロマンガという形。引かれると思い恋人には隠していたところ、ひょんなことから発覚し、しかも相手はエロマンガ好きで隠す必要がなかったことが判明。抑えていた気持ちを開放します。はやる気持ちとうまく挿入らないもどかしさが、つながった後の激しさのいい前振りになってます。

「Rrincess Maid」は、メイド真由さんが想いを寄せるご主人様の誕生日パーティーに招待されて舞い上がるものの、使用人全員が呼ばれてると知り消沈して悪酔い。勢いで気持ちを本人にぶちまけてしまいます。真由さんの順番がおかしい感じの告白も受け止め、据え膳状態なのに紳士であろうとする優しさは特筆ものですが、そのタガを外してしまう真由さんのエロかわいさといったら。

「しあわせキッス」は、ふっくらした唇に一目惚れしたことから恋がはじまった男の子と、その唇がコンプレックスな女の子のお話。唇メインのお話ながらフェラはなしというある意味ストイックな作りですが、口と口のキス(ってわざわざ断るのも変だな……)の濃厚な接触はいちゃラブ派には充分なエロス要素。体液の混ざり合いなのはセックスと同じで、ラブコメでキスで妊娠するかも……みたいな勘違いがあったりするのも無理からぬことかなぁ、などとも。

「しあわせキッス」と「Kiss♡Kiss♡Kiss♡」の間には、Rico先生からの「ごあいさつ」も。単行本タイトルにもあるようにキスについてのこだわりが伺えます。ちゃんと12月24日の発売日にも触れてあり、Rico先生はサンタさん!

「Kiss♡Kiss♡Kiss♡」は、ところかまわずちゅっちゅしちゃう二人のお話。ところが彼女が喜ぶのをいいことにエスカレートして衆人環視の状況でもキスしちゃう周りの見えなさが元で喧嘩に。仲直りももちろんキスで。とはいえ、人目を気にせずキスしちゃう男の子とそんな状況で濡れちゃう女の子で相性はバッチリな気も。

「2人のゼロ距離恋愛」は、冒頭部カラー。遠距離恋愛の二人が距離を埋めるために「ゼロ距離」に。最後に明かされる「遠距離」によって単なるいちゃラブだけではない心情の深さが伝わってきます。個人的には単なるいちゃラブも大好物ですけども。

「片想い×片想い」は、都会に行った近所のお兄ちゃんが帰省。お兄ちゃんに想いを寄せる美紗は子供扱いで異性として見られないのを気にして一生懸命大人ぶろうとしますがうまくいかず。一方のお兄ちゃんもこれに気づく素振りがなく、業を煮やした美紗が想いを吐露すると、恋愛感情を抱かないようにわざと子供扱いしていて、もともと両想いだったことが判明。時間も距離も隔てていた分想いが強まった「初めて」のドキドキ感がいいですな。

「いーっぱいあいちてる♡」は、タイトルからしてズルい!なんだよもう床ゴロゴロ。非常に珍しい、男のほうがダイエットするお話。いろいろ試した挙句セックスして痩せる発想になるのはこの手の話の定番ですね。男の方の肥満でセックスレスになって欲求不満になって、ここぞとばかりに搾り取ろうとするエロ彼女もこれはこれで。

「可愛く全部愛してね♡」は、ランジェリーデザイナーの美樹さんが仕事でセクシーランジェリーのデザインを任されることになり、「下着は邪魔」と言ってのける恋人の和斗を悩殺する下着を作るべく奮闘。ついに渾身のエロデザインができあがるものの、今度は逆に「普通にかわいいだけ」と言われ、自らエロエロギミックを開陳。下着は付けたまま乳首と挿入口部分ぱっくりで挿入。ずらし挿入や破くのとはまた違った感覚が新鮮です。

「可愛く全部愛してね♡ 番外編」は同人作品。エロ下着プレイに目覚めた和斗が新たなエロ下着を買ってきて……

「かまってほしいっ?」は、キャッキャウフフの新婚家庭……のはずが妻の仕事の多忙で若干ギスギス気味。疲れからくる体の痛みを訴える妻にいいとこ見せようと紳士的な態度でマッサージに挑むも、いつしかエロマッサージに移行。半ば強引にしちゃいますけど、夫婦でもこれ本当にやるとまずいですからね気をつけてくださいね。とはいえ、マッサージでいい具合に火照った新妻いいですな。Rico先生の描く女性では珍しく大人っぽさもあって新鮮な感じ。

「好き♥スキ♥kiss」は、キスより先に進まない彼の部屋を漁ったら自分のじゃない女のものの服が出てきて疑心暗鬼。浮気かはたまた男の娘かと疑いは膨らむばかり。さらには友人のアレ気なアドバイスもあって「攻め」に転じることに。挑発的な網タイツに、無理やり気味に押し倒しての足コキと言葉責めと果敢に攻めますが、攻めすぎたせいで射精させてしまい「出来ないで終わっちゃうなんて……」と泣き出すあたりは、なりきれてないたどたどしさがかわいくていい!挿入は一瞬攻守逆になるものの、我慢できずに騎乗位。どちらかと言えば攻めの大意ですが、リードしていた前半から一転してリードしきれなくなってる後半の対比は個人的にツボですな。

続いてイラスト、作者コメントとゲストコーナーに本誌の投稿コーナーの出張版。ゲストはアシオ・小宮裕太・蜜キングのお三方。前二人はばんがいちでおなじみの作家さんなので存じております。蜜キング先生は好みの絵なので作品を読んでみたいです。


小宮先生、2月を楽しみに待ってます……

 

投稿コーナーのイラストはちょっと変な方向にはじけた感じが。それもまたよし!

 

表紙買いOK中身もそのまんまの親切仕様。というか、デフォ買いですよ。ロリ顔でもひんぬーさんは少ないのでその点だけ注意すれば問題なし。ぽよんとしたおっぱいにトロトロの感じ顔がたまりません。日常シーンも床ゴロゴロしちゃうレベル。ダーク展開はないのでイチャイチャしてるエロマンガが好物な人は是非。

 

既刊

両方2009年の購入なのでリストには載っているものの感想がありません。申し分ない。

あまーい恋しよ (ホットミルクコミックス 275) あまーい恋しよ (ホットミルクコミックス 275)
Rico

コアマガジン  2008-10-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はちゅ えち (ホットミルクコミックス 308) はちゅ えち (ホットミルクコミックス 308)
Rico

コアマガジン  2009-11-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

続刊の感想

 【成年コミック】 Rico 『甘えんぼ』(ホットミルクコミックス)

|

« 今月の新作エロゲ(2011年01月) | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2011 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/38437646

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 Rico 『好きスキkiss』:

« 今月の新作エロゲ(2011年01月) | トップページ | 全開!!京成杯と日経新春杯2011 »