« ☆ 【成年コミック】 魔訶不思議 『禁距離恋愛』 | トップページ | さよなら2010 »

2010年12月30日 (木)

☆ 【成年コミック】 メメ50 『ちょめちょめオトメ』

Twitterの何が素晴しいって、Twitterやってるエロマンガ作家さんは結構いて新刊情報が本人のツイートからわかること。

 

 

ちょめちょめオトメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) ちょめちょめオトメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
メメ50

ワニマガジン社  2010-12-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、メメ50先生もTwitterで知ったお一人。これが初単行本です。

 

「水際さぼたーじゅ」はフルカラー。水泳部顧問のきょぬー先生が寝てるのをいいことに性的ないたずら。途中目が覚めるも、なんだかノリノリで逆にいただかれてしまいます。リードしてくれるおねーさんキャラが、快感に我慢できなくなって骨抜きに……という二転三転が楽しめるお話です。

「みこみこ」はフルカラー掌編。巫女さんと境内でアナルセックス。

「しじまのなかで」もフルカラー掌編。エロい体つきの人妻義姉との一夜。もっと母乳シーンがあってほしい気もしますが、艶めかしい肢体が楽しめる作品です。

「ハロウィン大作戦」ももういっちょフルカラー掌編。金髪のアパートの管理人さんが魔女、隣室の黒髪地味っ子が黒猫に扮してのトリック・オア・トリート。というか性的ないたずらをしてくれます。挿入があるのは黒猫さんだけ。猫耳好きならこの一話だけでも価値がある。

「アイドル撮りマスカー?」は、冒頭部カラー。売れないカメラマンが淫乱アイドルさんにおいしくいただかれてしまいます。不可侵性のあるアイドルという職業と性的奔放さのギャップがたまりません。よし、俺……カメラマンになる!

「らぶかる!」は、彼氏と破局した女の子を巡って元彼三人が争っているうちに4Pに突入。おとなしくて押しに弱い娘が結果的にビッチっぽくなっちゃうというのも、これはこれでいいものですな。男女逆だと優柔不断な主人公が同時攻略するハーレムものなんですけどね。

「スメルズ・ライク・体操部!」は、好きな男の子相手にちょっと素直になれない体操部の桜さんが、怪我とおしっこをきっかけに距離を縮めます。嫌わない証拠におもらし直後のおまたをぺろぺろしちゃうのは男気の表れですが、単に変態性の発露かもしれぬ。想いが通じ合ってのいちゃラブが楽しい作品ですが、初めてでこんな上級者向けプレイをしちゃうと後が心配になっちゃいますね。

「僕と彼女と夏休み」は、毎年ナンパに挑戦しては失敗する主人公がペンションオーナーの娘さんを相手に練習。練習を口実に近づこうとする乙女心がかわいらしくてよいですよ。大人なボディに子供っぽいツインテのギャップもそそります。

「ももいろ好奇心」は、堅物なポニテ生徒会長に没収されたAVを奪還に向かいます。ところが潜入した生徒会室の奥で発見したのはAV見ながらハァハァする生徒会長。口止めのために何でもするという彼女にあんなことやこんなことを。半ば無理矢理感が漂いますが言葉責めにノリノリで楽しそうです。若干デレつつもツン維持なラストもいい。

「ココロユラユレ」は受験生のこころさんが家庭教師の先生と体を重ねることで家庭内不和の寂しさを埋めていきます。相手をする先生からするとそういう動機はちょっと悲しいものがあるかもしれませんが、頼られると応えたくなる男心。そういう心の機微とは別に、ボーイッシュながらボンキュッボンなこころさんのボディや、トレーナー・ブラ・おぱんつとボーダーで統一された衣装などはエロの実用度的な観点からも申し分ないです。

「はぷイヴ」は、クリスマスイブに浮気性な男がきょぬーのおっとりさんとキャッキャウフフしているところへ、当の相手の妹でもある彼女に踏み込まれて修羅場に……と思いきや、どちらを選ぶかのエロエロ勝負に。目隠しフェラ当てとかうらやまけしからん。最後はくんずほぐれつでドロドロ液まみれのフィニッシュ。

「ようこそ!快感海岸」は、ちょっとアホの子なポニテの褐色娘が想いを打ち明けようと呼び出した場所が青姦スポット。アクシデントでちょっと間をすっ飛ばしてしまうものの、勇気を振り絞る女の子のお話は大好物であります。やっぱり褐色娘は日焼け跡がジャスティスですよ!……いやしかし、くまなく焼けてるのも捨てがたいし……

「義兄ばーさりー!」は、ブラコン義妹が姉と義兄の関係を知ってやきもき。こんな義妹がいたらおにいちゃん何でもいうこと聞いてあげちゃうよフヒヒ……

「償公女」は、政略結婚前夜の令嬢を想う使用人の一途な行動。引きとめようとするものの力及ばず……と若干の寝取られというか、横からさらわれた感。これ、相手がすげえいやな感じの野郎なんですけど、逆にイケメンでいい奴だったらそれはそれで別種の悲しみが生まれそう。

「君は僕のヒカリモノ」は、魚屋の看板娘ヒカリさんとお近づきになるため奮闘するお話……なんですが、アクシデントに乗じてなめてもらうのがちんこなのは力技でいかにもエロマンガといった趣。好意をちゃんと見ぬいてくれるヒカリさんの包容力と、スイッチ入ったときのエロさは素晴らしいですね。

「あとがき」は作者とアシスタントのコメント。カバー下には各作品の解説。

 

全体的におっぱい「たゆん」な感じ。張りよりも柔らかさ寄りでしょうか。髪の毛短めの女の子が多いものの、おっとりさんからクールビューティーな変態さんやボーイッシュな子までいろいろなキャラクターは多彩。きょぬーのショート系が好きな方にはよりどりみどりの一冊となっています。表紙・裏表紙ともに収録作のキャラクターであり、中の絵との差異もありませんので表紙買いOK。どちらかといえば裏表紙のほうが特徴がよく出てるかも。

エロマンガ好きには是非Twitterの使用をお勧めします。多数の作家さんやレビュワーさんや出版社公式がいるのと、類似ユーザーやおすすめユーザーの表示で捜索範囲がひろがること請け合い。

 

続刊の感想

 【成年コミック】 メメ50 『りみっとぶれいく!』(WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

|

« ☆ 【成年コミック】 魔訶不思議 『禁距離恋愛』 | トップページ | さよなら2010 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

が没収した→に没収された

投稿: 訂正メモ | 2011年5月24日 (火) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/38158714

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 メメ50 『ちょめちょめオトメ』:

« ☆ 【成年コミック】 魔訶不思議 『禁距離恋愛』 | トップページ | さよなら2010 »