« 全開!!エリザベス女王杯2010の結果 | トップページ | 全開!!マイルチャンピオンシップ2010 »

2010年11月17日 (水)

☆ 【成年コミック】 いーむす・アキ 『モノノケアクメ』

何を思ったか『スターオーシャン3』を引っ張り出して始めからやり直しています。なかなかイライラするゲーム性。エロゲのサクサク感に慣れると、こういう込み入ったゲームは疲れますね。

 

 

モノノケアクメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) モノノケアクメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
いーむす・アキ

ワニマガジン社  2010-10-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メインは人外の女の子たちとキャッキャウフフする『妖怪発情期』シリーズ。ずいぶん前に雑誌で見たなぁ、と初出を見てみれば2006年。徳島にいた頃ですね。駅近くの南海ブックスによく行ったものですよ。エロ専門の2号店の方は初エロゲを購入したり、エロマンガの単行本を買い始めた時期とも重なる思い出深いお店です。

 

「なめなめ」はオールカラー。廃校となった母校で出会ったきょぬーの「あかなめ」娘・ユリカさんになめなめされるお話。エロマンガで垢といえば恥垢ですし、こういう時の食事は上の口と舌の口両方と決まっています。リコーダーオナニーにフェラ、挿入、さらには乱交で二穴汁まみれと、盛りだくさんの内容です。

「かぱかぱ」は冒頭部カラー。シリーズにほぼ通しで出てくるカッパのマオちゃんが登場。人間の男の精を求めて人里近くにやってきたマオちゃんは、緊張して人間に接触することができず「練習」と称してオナニーしているところをコウタロウに見られてしまいます。ものはついでと精をもらえるようお願いしてフェラ→挿入。飲めなくて申し訳なさそうにしてる表情がかわいすぎる。頭の皿がラーメンどんぶりなデザインは、これ考えただけで勝ちだと思います。

「ろんろん」は、雨乞いのため龍神様のところへお願いに。ロリ龍神様が汁まみれになって大人化。ムチムチプリンなボディなのにコウタロウとするときは初々しさが溢れんばかりな龍神様かわいい。

「ほわほわ」は、雪かき作業中に現れた雪ん子と3P。雪かきの一環ということで、おしっこや精液をかけまくり。チンコが凍傷になったりしないのかな、などと余計な心配をしてしまいます。チョイ役の雪女や冬将軍もなかなかエロい。

「みこみこ」は、マオちゃんとコウタロウが神社でいたしていたところを、妖怪退治をする巫女さんに目撃され襲われます。マオちゃんをかばうコウタロウですが、かばう方法が巫女さんにいただかれてしまうことってのはいかにもエロマンガ的。ある意味正しい天狗面の使い方もあります。

「てんてん」は、冒頭部カラー。修験者の皆さんとエロ修行に励む天狗のフウコ様が人里に下りてきます。ところがドジっ娘すぎて精力切れ。コウタロウや街の皆さんの協力で回復します。宙吊りお漏らしはなかなか上級ですねぇ。

「こんこん」は、キツネ耳のロリ神様のお願いで精を出すことに(性的な意味で)。「お兄ちゃん」は破壊力抜群であります。

「さくさく」は、「こんこん」の続き。桜の精の力を取り戻すために精を出すことに(性的な意味で)。途中、通りかかった村長一行にもエロいおもてなし。村長の一族は昔からエロかったんですな。まあ、妖怪がエロいことしに下りてくる村ですからね。

「にゃんにゃん」は、新任の教師が発情期のネコマタに囲まれてうらやまけしからんことに。教師としての務めを思い出して何とか振り切るも、今度は罠にかかったネコマタを発見。助けを求められて精を注ぐことに。やっぱり猫耳は王道ですなぁ。

以上が「妖怪発情期」シリーズ。全体的におっぱいたゆん。一部ロリ。ほぼ毎回マオちゃんとコウタロウの絡みもあります。

「お嬢様のお戯れ」は、非モテ男子にじらしプレイを仕掛けてくるお嬢様。さんざんじらされた後に連れて行かれたのは「ペット愛好会」の部室。飼われたい……と思ってしまったらもう末期でしょうか。さらには粗相の躾なおしと称して他の部員のお姉さん方にも責められて、それなんてご褒美?

「ロボオット」は、妻を満足させられない夫が事故にあい、マッドサイエンティストの改造によりバイオロイドとして復活。感度が3倍になったり、持ちが3倍になったり、チンコがバイブになったりと、色々アレな感じに。物語のきっかけとオチが超シュール。奥さんがアホ過ぎる。

「ヨリミチ」は、初々しい学生カップルのエロエロ寄り道を描いたリア充爆発しろ作品。みなちゃんは前歯かわいい。

「あとがき漫画」は、4コマと「『妖怪発情期』シリーズ最終回」のネタ。

 

全体的にややタレ目がちでおっぱいぷるんぷるんな女の子たちが登場。多人数も多いです。絵はほぼ表紙通りといっていいので、安心の表紙買いです。マオちゃんが許してしまうのとストーリ上の必要性もあってコウタロウがほぼ誰とでもいたしてしまう状態ですが、それに拒否感がなければ大丈夫かと思います。汁一杯でエロい。

|

« 全開!!エリザベス女王杯2010の結果 | トップページ | 全開!!マイルチャンピオンシップ2010 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/37677862

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 いーむす・アキ 『モノノケアクメ』:

« 全開!!エリザベス女王杯2010の結果 | トップページ | 全開!!マイルチャンピオンシップ2010 »