« 全開!!ファンタジーSとアルゼンチン共和国杯とみやこS2010の結果 | トップページ | 全開!!京王杯2歳Sと京都ジャンプSと武蔵野Sとエリザベス女王杯2010 »

2010年11月 9日 (火)

☆ 【成年コミック】 幸田朋弘 『ちょこっとLOVERS』

最近、本文を書くのは大分慣れてきたんですけど、冒頭のこの部分に案外書く事がありません。

 

 

ちょこっとLOVERS (セラフィンコミックス) ちょこっとLOVERS (セラフィンコミックス)
幸田 朋弘

ヒット出版社  2010-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙・裏表紙の通り、おっぱいのぽよんとした女の子盛りだくさんな一冊。表紙買いで大丈夫です。

 

「秋風さやか」はオールカラー掌編。体育祭中に抜け出して体育倉庫でキャッキャウフフ。体操服はエロくていいのですが、どうせならブルマずらし挿入の方が個人的には好きです。あと、鉢巻はありそうでないアイテム。動きに合わせて揺れるのがいいですね。

「カラクリ×ホリック」は、オールカラー掌編。ピンク髪のドジっ娘メイドロボがご主人様にお仕置きされます。

「今日こそRevenge」は、オールカラー掌編。身長143cmのロリっ娘(年齢不詳)が身長187cmの彼氏から主導権を奪うため手錠で拘束するもののあっさり逆転されて、自分が拘束されるはめに。最後のコマのおさげ姿がかわいい。

「突撃!隣りのお姉さん」は、冒頭部カラー。幼なじみのお姉ちゃんのオナニー姿をおかずにしてたら本人降臨。おいしくいただかれてしまいます。お隣りの家で窓をつたって行き来する設定はファンタジーすなぁ。やっぱり童貞奪いに来るおねーさんは騎乗位ですよ。

「お隣ナオちゃん」も屋根伝い。宿題お教わりに来ては眠り込んでしまうお隣のナオちゃんに性的なお仕置き。最終的にはちんこ挿入まで至りますが、そこで寝たフリが発覚。いただいたつもりがいただかれてしまっていたという、うらやまけしからん展開に。中出し固めが「逃がさないぞ」みたいな感じで愛を感じます。そして、略称がタカちゃんになる当ブログ管理人大歓喜。

G
イヤッッホォォォオオォオウ!父さん母さんありがとう!幸田先生ありがとう!!

「ふにっとライフ」は、彼氏のメシがうますぎて太ったのでエロダイエット。スレンダーなのはそれはそれで好きなのですが、プニッとした感触も捨てがたいですよねぇ。確かにちょっとだけ食い込んでる感は至高。若干アホの子なのもチャームポイント。

「ぶる~さま~♪」は、どエロ先輩と夏の浜辺で青姦。いろんな意味でオープンエロなのは楽しそうでいいですね。青姦だけど見られそうになるシーンとかはなし。最後のページのポニテ先輩もかわいい。

「すの~ほわいと…」は「ぶる~さま~♪」の続編。雪が積もった日に学校へ来た二人。「清らかなものを汚したい」と歪んだ情熱を燃やす先輩と屋上で青姦。日本の四季を体で感じようと(性的な意味で)する先輩の姿勢は素晴らしいですな。ちなみにこの作品も、休みの日の学校が舞台なので見られそうになるシーンはなし。春と秋の作品が待たれるところです。

「はじめての委員長」は、主人公の一之瀬くんが友達から借りたエロ本を取りに学校へ忍び込むと、自分の席で角オナする委員長と遭遇。慌てて逃げ出すものの、追いつかれておいしくいただかれてしまいます。むさぼるように求めてくる委員長エロい。メガネ顔射もしっかりおさえてます。ことが終わって二人で帰るときに口調がぶっきらぼうになってるのがいい。

「ラッキー☆ルーム」は、エロ漫画家が破格の条件で住むアパートで座敷童子のお守り。座敷童子のイメージとは逆にボンキュッボンでエロエロ。一緒に遊ぶと福をもたらすのは伝承に近くもあり、精気を吸い取ってしまうのはサキュバスっぽくもあり。衣装がドテラなのはなかなか珍しいですね。

「るっくみぃ~」は、奥手な彼女が裸にコート一丁でやってきます。ウブだった子が知識を得て、経験はないのにド淫乱になる設定はギャップがグッときますね。あと、世のお父さん型はコレクションの管理をしっかりしましょう。

「セカ×セカっ#8」は、既刊からの続き。読んでなくてもエロシーンでの支障はありませんが、やっぱり読んでたほうがよさそうです。今度チェックしてみるか……。メガネっ娘のエロ編集者が作家先生の息子さんの息子さんをおいしくいただいてしまいます。


メガネ、外しちゃうんですか……

「あとがき」は作者コメント。『セカ×セカっ』は大人の事情で未完だそうです。こんなにエロイの描く作家さんでも連載作が未完になるのか……厳しいんですね。

 

「おいしくいただかれて」云々の表現の引き出し少ない文章をご覧いただいて分かるように、どちらかといえば女の子から積極的にアタックしてくるお話が多いです。ショートカットが多いのも活発さをイメージしたデザインといえそうです。極端ではないもののアホの子臭のするキャラクターも多く、明るく楽しいエロシーンでキャッキャウフフが繰り広げられます。絵も安定しており読みやすさ、キャラクター、エロと三拍子揃った良作。個人的にはタカちゃんという呼び名が非常にグッとくる「お隣ナオちゃん」がよかったです。本作唯一に近いひんぬーさん(「今日こそRevenge」はロリっ娘だけどそれなりに乳はある)なのはちょっと残念でしたけども。収録作「セカ×セカっ#8」の前のストーリーは既刊『セカ×セカっ』でまとまっているので、気に入ったらそちらをチェックするのもよさそうです。また遡って感想書くのか……

 

既刊多数のため関連作のみ紹介

セカ×セカっ 1 (セラフィンコミックス) セカ×セカっ 1 (セラフィンコミックス)
幸田 朋弘

ヒット出版社  2007-09-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 全開!!ファンタジーSとアルゼンチン共和国杯とみやこS2010の結果 | トップページ | 全開!!京王杯2歳Sと京都ジャンプSと武蔵野Sとエリザベス女王杯2010 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こういうふうに「イヤッッホォォォオオォオウ」とか書き続けてると、
タカちゃんと読んでくれるエロマンガのタレコミがあるかもしれんと
いう淡い期待。

投稿: カワタカ | 2010年11月 9日 (火) 03時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/37547021

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 幸田朋弘 『ちょこっとLOVERS』:

« 全開!!ファンタジーSとアルゼンチン共和国杯とみやこS2010の結果 | トップページ | 全開!!京王杯2歳Sと京都ジャンプSと武蔵野Sとエリザベス女王杯2010 »