« 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS | トップページ | 全開!!スプリンターズステークス2010の結果 »

2010年10月 2日 (土)

☆ 【成年コミック】 なまもななせ 『ツンとバツ』

出版社のサイトで好きな作家さんの新刊チェックをしていたら、今まで知らなかった作家さんの新刊もほしくなる症状。

 

 

ツンとバツ (メガストアコミックスシリーズ No. 274) ツンとバツ (メガストアコミックスシリーズ No. 274)
なまも ななせ

コアマガジン 2010-07-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なまもななせと藤坂リリック……ちょっと時々ごっちゃになるねん。わかってるねん、わかってるねんで?

著者5冊目の単行本。初期は陵辱色強めの単行本を出されていたみたいですが、現在Amazonでの取り扱いはないようです。エロ方面に強い通販だと扱ってるところもあるみたいですね。当ブログ管理人は前々作の『スイート☆パラダイス』から買い続けている作家さんです。

表紙でも分かるように、目のクリっとしたかわいらしい女の子が登場します。おっぱいも形よくほどよい大きさでぽよんとした感じに描かれるキャラクターが多いです。中身の絵も表紙に近い水準なので表紙買いで大丈夫かと。

 

「例のアレのきっかけ」は、カラー掌編。次の「涼奈さんは肉便器カレーメイドだと思う」の関連作なんですが、タイトルに「きっかけ」とあるわりに時系列的には後になるような気が……この話のきっかけになるのが次の話、という解釈でいいんでしょうか。黒ニーソは正義ですな。

「涼奈さんは肉便器カレーメイドだと思う」は、タイトルからすると陵辱スカトロに見えますが中身はおバカなテンションのギャグなのでご安心を。式神刀馬にラブレターを送りつけてきたのは、その一言で世界経済を動かしてしまう超絶お嬢様の相葉菜子那と、うかつに発言できない菜子那の想いを代弁する「国家代弁士」兼メイドの涼奈。私利私欲のために菜子那を利用しているようにしか見えない涼奈に「乳の大きいうんこ製造機」の確信を得る刀馬。その時「O(お嬢様が)S(舌で拭いてと)I(言ったので)」と菜子那のいるトイレの個室に押し込まれ……などと説明しても意味が分からないと思います。僕も分かりません。涼奈の代弁している言葉は全て涼奈自身の本心なわけで、ツンデレをさらにひねるとこういう変人になるという見本ですね。代弁を変換しようとしたら「大便」が第一候補に出てきてヘコんだとともに、代弁・カレーメイドとかかってたんだな、と気付きました。それと「おっとアソコが滑ったぁ!!」はエロマンガ史に残る名言。

「こたツン」は、こたつの半径85cmが世界の全てなひきこもりとハルヒっぽい髪型の直球ツンデレ娘。一緒の学校に通ってキャッキャウフフしたかった奈々花は義則をこたつから引っ張り出すためにあの手この手の方策を取るも果たせず、最終手段として「こたつと一つになる」ことを選びます。一途な思いと方法のバカさのギャップがいいです。エロマンガとこたつの相性は素晴らしいですね。逆にエロゲではあまり見ない気がします。

「二人のエリ」は、幼馴染の秀才ツンデレっ娘と、塾終わりにいつも会う真反対な女の子との間で揺れる男の子のお話。これもデレの方法がちょっとおかしいですけど、そういうのを気にしちゃダメです。

「神さまのいるお宮」は、神様を騙って幼馴染のツンデレ巫女さんにエロい命令。神様の命令を逆手にとって思いを遂げちゃう巫女さんというのも、これはこれでアリですな。

「神さまのいるお宮 弐」は、神様を騙った罰で本物の神様にいただかれてしまいます。膣内から鈴が出てくるとか新しすぎる。そして、ロリっ娘妹神も登場して二回戦。ちんこの皮を口で引っ張ったり、サディスティックな目で見るところがなんともエロい。

「感じるツンデレ」は、「こたツン」とほぼ同じ流れ。エロゲーマーのひきこもりのところにツンデレクラスメイトがやってきます。早く大人になりたいツンデレさんが、その気持を逆手に取られてエロ行為に及んでいきます。結合時に毛が生えてるように見えて喜ぶアホの子ぶりがかわいらしいですね。

「レトロ図書館」は、ツインテールでヤンデレ気味の読書部部長が先輩を犬扱い。ところが不可抗力の事故でコンプレックスが露呈してデレ化。ヤンデレ気質の子はデレるとエロに積極的だけどなんか心臓に悪いです。水をかぶったあとの2コマ目の表情は水じゃなくて涙のような気がします。そう考えたほうがエロい。

「イリスと執事の何という関係」は、拾われた執事がお嬢様の部屋でパンツを発見し変態仮面ごっこ、そこへお嬢様が帰ってきてクローゼットに避難。お嬢様は脱ぎ捨ててあった執事の服をおかずにオナニー、そこへメイド長が入ってクローゼットに避難。鉢合わせて息を潜めているうちにムラムラしたお嬢様が執事をいただいてしまいます。この作品はツン少なめ。メイド長にバレると大変なことになりそうなんですが、オチがハッピーエンドフラグのような気がします。

「ツンな罰」は、描き下ろし。「こたツン」か「感じるツンデレ」のどっちかの後日談。ツインテの長さからすると後者。こたつも見えるしどっちか分かりません。脱ひきこもりのためにブルマで誘惑してくれるわけですが、そんなステキイベントが発生するならひきこもりつづけちゃうよなぁ、という話。

「あとがき」は、若干電波気味なコメントと二頭身キャラのイラスト。カバー下にもイラストあり。裏表紙側のカバー下イラストは好みのどストライク。

 

相変わらずカラーがきれいな作家さん。絵も、もともとあるかわいらしさを残したまますっきりしてきた感じ。ツインテとツン多め。キャラの描きわけに少々難がありますが、逆にいうと表紙絵が好みと合えば全部ストライクに入ります。話の筋は気にしたら負け。収録作にダークなオチの作品がないのにカバーの配色が陵辱系っぽいこのがちょっともったいない気も。

 

既刊

スイート☆パラダイス (メガストアコミックスシリーズ No. 198) スイート☆パラダイス (メガストアコミックスシリーズ No. 198)
なまも ななせ

コアマガジン 2008-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アイコイ (ムーグコミックス) アイコイ (ムーグコミックス)
なまも ななせ

ジーウォーク 2009-09-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コンスタントな刊行でありがたいです。

|

« 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS | トップページ | 全開!!スプリンターズステークス2010の結果 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/37026127

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 なまもななせ 『ツンとバツ』:

« 全開!!札幌2歳SとシリウスSとスプリンターズS | トップページ | 全開!!スプリンターズステークス2010の結果 »