« 福山競馬のこと 続報 | トップページ | 全開!!キーンランドカップと新潟記念2010 »

2010年8月26日 (木)

☆ 【成年コミック】 そうま竜也 『もっちゃん』

Twitterでおっぱいとかエロゲとかばっかりつぶやいているとフォロワーが減る法則。

もっちゃん (TENMAコミックス LO) もっちゃん (TENMAコミックス LO)
そうま 竜也

茜新社 2010-07-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Amazonはリンク切れのためDMMのリンク
もっちゃん

よそのレビューを見た限り評判よさそうだったし、なんといってもメガネっ娘ですからね。ホイホイ買っちゃいましたよ。帯によるとLO掲載時から単行本の問い合わせが続出だったそうです。

大まかな筋としては、むっちりロリっ娘のもっちゃんこと宮本理奈ちゃんと先輩の大川あきひこ君の性欲まみれの日々を描いています。ただし単なるイチャラブではなく、きっかけは行きずりだし、セックスはそれぞれがわりと自分勝手な思惑でしてたりと、ちょっと変化球。

 

「もっちゃん」は、もっちゃんと大川先輩の出会い。土砂降りの中奇行に走るもっちゃん。それを見ていた先輩に「ちんこ入れませんか」と持ちかけるもっちゃん。優等生の彼女はエロ妄想で勉強に手がつかないという理由で初体験をしようとしていたのです。そして挿入へ……ロストバージンの瞬間が分からないのは嫌だから一気に入れてほしいと頼んだり、バックで激しくされると「レイプはいや」と言ったり、好奇心と未発達さのアンバランスが印象的です。

「もっちゃんの夏ぅ」は、プライベートビーチ(?)でキャッキャウフフ。「セックスだけじゃなく遊び倒したい」と先輩を誘うものの、結局押し倒されてセックスまみれ。最初はスク水だったのに全裸になっちゃうのは少し残念な気も。

「もっちゃん大川家へ行く!!」は、先輩の家で。ここに来て初めて屋内というのもなんだかアブノーマルな気がしますね。この回では男女の性欲の違いを描くとともに、もっちゃんが先輩に好意を持っているということが明示され、好きな人とセックスをすることによってイクのを覚えることになります。

「もっちゃん 飛びます!」は、前話の続き。イッたことに戸惑いつつも再度イクもっちゃん。先輩に中出しさせてあげたい気持ちはあるものの、ヤバい日ということで口内発射……するものの飲み込めず落ち込みます。

「もっちゃん るんるん♥」は、前話の続きでお風呂シーン。洗いっこしてるうちにムラムラしてシックスナイン→もう一回→今度は口内発射成功……で感極まった先輩がついに「理奈ちゃん大好き」と言ったことから、もっちゃんも先輩に想いを伝えます。部屋に戻ってもう一回。

「もっちゃんで どんっ!」は、さらに前話の続き。今までどちらか一方だけがイクというちぐはぐな二人がついにシンクロ。今までにないよがり方のもっちゃんがエロい。

「もっちゃん最終回」は、先輩の妹に見つかって避妊をするよう叱られた二人。しかしながらコンドームを付けてしても互いに気持ちよくなくて……我慢出来ない二人は安全な日を見計らって再び生で。水浴びの時でも着けていたメガネを外したセックスシーンが貴重。

「ぴかち」は別シリーズ。処女なのに友達に性知識を伝授していた、ぴかちことひかりちゃん。ところがその友達に彼氏ができて、彼氏もいなけれりゃえっちしたこともないぴかちは狼狽。自分の嘘で友達が泣くようなことがあってはいけない、と隣に住む浪人生の学君に初体験をお願いすることに。舞台は九州地方のどこか。たぶん長崎か福岡か熊本のどれかだと思うんですが分かりません。方言フェチの方におすすめ。エロは少ないけど。

「スーパーぴかち―前園ひかる改―」は続編。初体験が半ば襲われるような形であっという間に終わってしまったため再チャレンジするぴかち。今度はツインテ+スク水。もっちゃんシリーズでも描かれていましたけど、男女の性欲の差によるすれ違いとそれを埋める気持ちが描かれています。

 

全体として「好きな人とするセックスは気持ちいい」というテイストで描かれており、好意を認識して以降の感じ方という辺りが見所だと思います。

|

« 福山競馬のこと 続報 | トップページ | 全開!!キーンランドカップと新潟記念2010 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/36352472

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 そうま竜也 『もっちゃん』:

« 福山競馬のこと 続報 | トップページ | 全開!!キーンランドカップと新潟記念2010 »