« 全開!!クイーンSと北九州記念2010の結果 | トップページ | 全開!!新潟ジャンプSとレパードSと札幌記念2010 »

2010年8月18日 (水)

☆ 【成年コミック】 藤坂リリック 『FEVER!ぱっくん妹(こ)』

いいエロマンガは感想書いてる途中でムラムラしてくるのでなかなか進みません。各話タイトルだけとりあえず入力するのが吉だなぁ、と読んでる人にはあまり関係ない話。

FEVER!ぱっくん妹(こ) (ホットミルクコミックス 310) FEVER!ぱっくん妹(こ) (ホットミルクコミックス 310)
藤坂リリック

コアマガジン 2009-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者のコアマガジン初単行本。帯には同社刊の『コミック○EX』の宣伝が載ってますが、同誌はもうないあたりに出版業界の変遷を感じます。

 

「弥侑FEVER!プレリュード」は、カラー掌編。兄妹で一緒に入浴した兄がつるぺた妹に妄想をぶつけます。

「弥侑FEVER!」は、一緒の入浴を断られた兄が「パンツだけでも」と懇願し、そこからなし崩し的にクンニ→フェラ→挿入。未知の快感にとまどう妹がよいですよ。

「反省莉緒ちゃん」は、風紀委員の莉緒ちゃんがカタブツ風紀委員長を篭絡……しようとするものの、見せ合いっこをしてるうち逆に我慢しきれなくなっておねだり。デレる莉緒ちゃんがたまりませんな。

「純情すく水スクール」は、転校前の想い人に告白する緋月(きょぬー)と葵依(ひんぬー)のお話。スイミングスクールを舞台にしているだけあって、全員水着で葵依にいたっては水着+上半身セーラー服というけしからん格好。

「純情すく水スクール2」は、後編。同じく三人で、今度はローション+緋月メイン。

「せいちょうのしおり」は、オナニー好きな姉が弟の部屋に忍び込んでしていたところ、弟の保健体育のテストの不甲斐なさにエロいレッスン。その最中に兄が入ってきて……

「イロドリいろは」は、冒頭部カラー。ところ構わず発情してしまう病気の兄の性処理をつづけていたところ、自分も発症した妹。やむを得ず互いに性処理することに。「ん…ちょっとだけ…なら……」のコマの表情がエロい。

「オナQ」は、誕生日にもらったオナホを見られ使っているところを見せることに。その後オナホと本物どちらが気持ちいいか比べることに。

「揺れるお誘い」は、きょぬー彼女と勉強するも乳に惑わされて集中できず直に触らせてもらうことに。パイズリフェラをしてるうちに彼女も我慢できなくなり、結局最後まで。

「莉々奈さん養成日記」は、は溜めた精液が大好きな莉々奈さんが、オナ禁中の椎名くんをじらしプレイ。一見デレてないように見えるデレがいいですな。

「菜摘まっさかり」は、兄をからかおうとノーパン+絆創膏で挑発したのが裏目に出た妹。ムラムラした兄が夜這いをしかけに行きます。

「はにかみラビット」は、無口っ娘に告白したらあっさりOKで、いきなりラブホテルへ。『こいびとどうしですることぜんぶ』を思い出してしまいます。ウサミミハァハァ。

 

全体的に表紙で描かれているような、くりっとした瞳と丸みを帯た線で描かれた女の子ばかりなので、表紙買いアリ。ワレメはつるりとした一本線で表現される一方、チンコは皮の皺や血管が浮き出ているところまでしっかり描かれており、その対比がエロさを増幅させています。頭身はロリっ娘でもわりと胸がぽよんとした感じの子もおり、つるぺた・ロリ巨乳どちらの属性持ちでも充分満足できる内容です。近親描写もわりとあるのですが、登場人物がタブー感をわりとあっさり乗り越えて明るくエロシーンに突入するので、苦手な方でもたぶん大丈夫。個人的には大好物の無口っ娘が出てきた「はにかみラビット」がストライクでした。

|

« 全開!!クイーンSと北九州記念2010の結果 | トップページ | 全開!!新潟ジャンプSとレパードSと札幌記念2010 »

成年コミック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/35285082

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【成年コミック】 藤坂リリック 『FEVER!ぱっくん妹(こ)』:

« 全開!!クイーンSと北九州記念2010の結果 | トップページ | 全開!!新潟ジャンプSとレパードSと札幌記念2010 »