« 全開!!宝塚記念2010の結果 | トップページ | 立候補者意識調査 »

2010年6月29日 (火)

犯罪報道は正式の罪状名で

明らかな刑法犯を「いじめ」として扱うから青少年が善悪の区別をつけられなくなる。こっちのほうが創作物よりもよっぽど害悪。

<いじめ>中1女子生徒を裸にして撮影 岐阜県の公立中

 岐阜県内の公立中学校1年の女子生徒(12)が、2年の女子生徒ら5人に呼び出され、椅子に縛り付けられて衣服を脱がされ、その様子を撮影した動画が少なくとも十数人の生徒にメール送信されていたことが分かった。生徒の家族が28日、県警に被害届を出した。同校の校長は毎日新聞の取材に「いじめ行為はあった」と認め「事前に察知できず、申し訳なかった」と謝罪した。

 校長らによると、今年5月の連休明けから今月初めにかけて計5回のいじめ行為があった。2年生の女子生徒4人と男子生徒1人がスーパーの駐輪場などに女子生徒を呼び出し、その場で下着を脱がせるなどした。

 さらに「勉強を教えてあげる」などと言って中心的にいじめをしたとされる女子生徒の自宅に呼び出し、椅子に縛り付けて衣服を脱がせ、その様子を携帯電話のカメラで動画撮影。5人を含めた十数人にメール送信した。

 学校側は21日に被害に遭った生徒から相談を受けて調査。5人とその両親がいじめ行為を認めたため、学校側が21日夜に被害生徒との面会の場を設置。5人と両親は謝罪の意思を示したという。

 学校はメールを受信した生徒らに動画を削除させた。校長は「二度といじめが起こらないよう再発防止策を考えたい」と話した。被害生徒の母親は「許せない。いじめられる側の立場になり、法の下で責任を取ってほしい」と話している。【三上剛輝、小林哲夫】

学校側がこれを「いじめ行為」と捉えているのが恐ろしくてなりません。強制わいせつと、児ポの製造・譲渡にあたりそうなんですが。「犯罪行為」と「そうでない行為」の区別がついていないのは誰かという話です。

産経 「いじめで後輩女子の裸撮影 中2女子生徒、メール送信も

児童ポルノじゃないものを「漫画児童ポルノ」と呼ぶ新聞社が、本物の児童ポルノ事件は「いじめ」と呼ぶ。ふしぎ!

 

追記

別の報道では、児童ポルノ禁止法違反で調べる予定とのこと。FNNはちゃんと報道したけど産経本紙はどうですかね。しばらく注視しようと思います。

岐阜・可児市女子中1生いじめ問題 女子生徒、「勉強を教えてあげる」と呼び出される

|

« 全開!!宝塚記念2010の結果 | トップページ | 立候補者意識調査 »

疑似科学」カテゴリの記事

表現規制」カテゴリの記事

コメント

この事件いまいちわからないんですよね?
少年法に守られてるの?
ぶっちゃけこれがいじめで通るなら、
小中学生が裸の写真ネットにアップしまくって
大金稼いでもいじめになるの?
変な話非現実ですら犯罪だとほざくのに
なんでこんなにぬるいの?
そういや厨房が、ワンピースを先行公開しまくって
逮捕された事件もあるけどぶっちゃけ
少年法で守るほど子供は無知なのか?
いい加減少年法の対象小学生未満位まで下げちゃえよ!
自分の同級生でも小三で、親に自分の喰う分は自分で稼げと言われて
小学生にして車上荒らし3ケタやってた奴さえいるんだから!
(親もなんちゅう金の稼ぎ方教えるんだか・・。)

投稿: ポニ萌え | 2010年6月29日 (火) 22時06分

続報では児童ポルノ禁止法容疑で調べる予定、とあります。
この事件は学校の対応がクズ過ぎます。被害者の女の子は
よく大人に相談したと思います。児ポ法で大切なのは絵を
規制しようとすることではなく、事案を見聞きした大人に
通報義務を課すことと、被害児童の保護体制を整えること
なのは間違いなさそうです。単純所持禁止論者や表現規制推進派
は実在する児童の保護にあまりにも無頓着。リソースの無駄遣いです。

現行の少年法は少年院送致の対象年齢を「おおむね12歳以上」
としているみたいです。統計上は少年犯罪が激減してるから
現行でよさそうな気もします。厳罰化してもわざと罪を犯す
のと、バカが罪を犯すのは止められませんし。法律上、色々
青少年の権利は制限されているので大人と同等にすると公平
ではない(納得しづらいけど、バランスが取れない)から、
しょうがないんでしょうねぇ。

投稿: カワタカ | 2010年6月29日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76978/35565365

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪報道は正式の罪状名で:

« 全開!!宝塚記念2010の結果 | トップページ | 立候補者意識調査 »